2012 年医局業績報告 発 表 論 文 奈良県立医科大学 〔2011 年遺補〕 原

2012 年医局業績報告
発 表 論 文
奈良県立医科大学
〔2011 年遺補〕
原 著
1)
Three-dimentional visualization of the sylvian vein adherent to a middle
cerebral artery aneurysm using contrast-enhanced computed tomography volumetric
imaging with the TeraRecon Aquarius Workstation.
Motoyama Y.,Yamada S.,Nakagawa I.,Nakase H.
Progress in Computed Imaging 33:83-91, 2011
〔2012 年〕
著 書
2)
中瀬 裕之, 本山
靖 : 静脈の損傷 合併症の予防と対処.
(担当編集委員 大
畑 建治 編集委員 寺本
明,新井
一,塩川 芳昭,大畑 建治 : NS NOW 18 脳
神経外科手術のトラブルシューティングリスクの克服 Ⅱ構造別のトラブルシューティン
グ, 株式会社メジカルビュー社(東京), 2012, pp.32-41)
総 説
3)
脳卒中. -予防と治療-
中瀬 裕之
大阪府内科医会会誌, p.33-37, 2012
4)
てんかん診断における脳波.
田村健太郎
精神科 20: 44-50, 2012
5)
脊髄血管障害.
竹島 靖浩,中瀬 裕之
医学と薬学 68: 223-230, 2012
原 著
6)
A rare brainstem hemorrhage during transvenous embolization of a cavernous
dural arteriovenous fistula.
Nakagawa I.,Wada T.,Nakagawa H.,Hironaka Y.,Kichikawa K.,Nakase H.
J Clin Neurosci 19:589-592, 2012
7)
Pupil-sparing oculomotor nerve palsy caused by upward compression of a large
posterior communicating artery aneurysm. Case report.
Motoyama Y.,Nonaka J.,Hironaka Y.,Park Y-S,Nakase H.
Neurol Med Chir (Tokyo) 52:202-205, 2012
8)
Carnitine-induced senescence in glioblastoma cells(学位論文).
Yamada S.,Matsuda R.,Nishimura F.,Nakagawa I.,Motoyama Y.,Park Y-S,
Nakamura M.,Nakase H.,Ouji Y.,Yoshikawa M.
Exp Ther Med 4:21-25, 2012
9)
Discriminant analysis prediction of the need for ventriculoperitoneal shunt
after subarachnoid hemorrhage.
Yamada S.,Nakase H.,Park Y-S,Nishimura F.,Nakagawa I.
J Stroke Cerebrovasc Dis 21:493-497, 2012
10)
Subarachnoid hemorrhage in a case of segmental arterial mediolysis with
coexisting intracranial and intraabdominal aneurysms.
Matsuda R.,Hironaka Y.,Takeshima Y.,Park Y-S,Nakase H.
J Neurosurg 116:948-951, 2012
11)
Awake mapping for resection of cavernous angioma and surrounding gliosis in
the left dominant hemisphere: surgical technique and functional results.
Matsuda R.,Coello AF.,De Benedictis A.,Martinoni M.,Duffau H.
J Neurosurg 117:1076-1081, 2012
12)
Hemodialysis-related upper cervical extradural amyloidoma presenting with
intractable radiculopathy.
Takeshima Y.,Kotsugi M.,Park Y-S,Nakase H.
Eur Spine J 21:S463-S466, 2012
13)
An unusual case of primary central nervous system germinoma with
meningeal dissemination.
Takeshima Y.,Yamada S.,Motoyama Y.,Park Y-S,Nakase H.
Childs Nerv Syst 28: 2173-2176, 2012
14)
Accuracy for predicting adhesion between meningioma and the brain by using
brain surface motion imaging: comparison between single and double acquisition
methods.
Taoka T.,Yamada S.,Sakamoto M.,Akashi T.,Miyasaka T.,Ochi T.,Wada
T.,
Uchikoshi M.,Nakase H.,Kichikawa K.
Neuroradiology 54: 1313-20, 2012
15)
脳底動脈先端部動脈瘤の治療. -好成績を維持するための戦略-
弘中 康雄
Video Journal of Japan Neurosurgery, 2012
16)
脳血行再建術時における ICG-videography の有用性と工夫.
弘中 康雄,中川 一郎,本山
靖,朴
永銖,中瀬 裕之
The Mt.Fuji Workshop on CVD(イメージテクノロジーの進歩と脳卒中治療(別冊))
30:128-131, 2012
17)
高齢者くも膜下出血急性期における中枢性ナトリウム血症の予後に対する影響.
中川 一郎,松田 良介,山田 修一,西村 文彦,弘中 康雄,本山
靖,
朴
永銖,中瀬 裕之
Geriatric Neurosurgery 24:57-61, 2012
18)
頭蓋内静脈逆流を伴う硬膜動静脈瘻における susceptibility-weighted imaging の
有用性.
中川 一郎,弘中 康雄,本山
靖,朴
永銖,中瀬 裕之,和田
敬,
田岡 俊昭,吉川 公彦,中川 裕之
The Mt.Fuji Workshop on CVD(イメージテクノロジーの進歩と脳卒中治療(別冊))
30:137-140, 2012
19)
フィルターデバイスを用いた CAS における NIRS の有用性.
中川 一郎,和田
敬,中川 裕之,吉川 公彦,弘中 康雄,本山
靖,
朴
永銖,中瀬 裕之
脳循環代謝 23:129-134, 2012
20)
増大傾向を示した高齢者未破裂脳動脈瘤の治療方針.
山田 修一,西村 文彦,中川 一郎,弘中 康雄,本山
靖,朴
永銖,
中瀬 裕之
Geriatric Neurosurgery 24:47-50, 2012
21)
転移性脳腫瘍に対する LQ モデルに基づく分割照射方法の効果比較.
吉峰
正,池口 俊孝,石見
浩,福神
敏,上野山文男,杉本
正,
中瀬 裕之,玉本 哲郎,長谷川正俊
奈医誌 63:17-24, 2012
22)
医療事故調査のあり方に関する日本脳神経外科学会の基本的考え.−医療事故調査
に関する実りある議論のために−
宝金 清博,嘉山 孝正,大野喜久郎,鈴木 倫保,新井
一,伊達
勲,
中瀬 裕之,藤井 幸彦,寺本
明
日本医事新報 4591: 25-29, 2012
`