働く者を大切にしろJ - 東京統一管理職ユニオン

東京ジョブステーション(青山 愴代表・元都副知事)は
働く者を大切にしろJ
元都職員以外はリストラ対象!?功労者には不当解雇!
東京都庁で働く皆さん!都民の皆さん!
☆東京ジョブステーションは、全面的に厚生労働省、東京都、特別区人事・厚生事務組
合の支援を受けて運営しています。構成メンバーは、大学教授、経済団体役員、労働
組合役員、福祉行政担当役員、福祉法人やNPO法人責任者です。その団体で信じられ
ないような不当解雇が行われました。
私たちの組合員である松島義雄さんは、6年間にわたり、この協議会の業務(うち2年間は派遣)
に就き、協議会が求める就労相談と求人開拓で実績を上げてきました。今年3月末に協議会は、松
島さんの生活を奪いました。ホームレスの就業支援組織である東京ホームレス就業支援事業推進協
議会(東京ジョブステーション)でその組織の目的と大きく矛盾した「不当解雇」が生じています。
その理由は、なかなか明らかにされませんでしたが、私たち組合と協議会の間で持たれた第1回、
第2回の団体交渉で協議会の東京都元職員の小林一夫事務局長は、何回も「松島さんはお金があり
そうだから」と全く根拠がない予断に基づいたものでした。
さらに、協議会は、組合の反論で松島さんの解雇理由を作り上げられなくなると、団休交渉の開
催を拒否するという違法行為(労働組合法7条と日本国憲法28条に違反)にでました。
組合員松島さんの解雇撤回を話し合うために東京都労働委員会に斡旋申請を致しました。そして
6月2日に第一回斡旋が行われましたが、その場で東京ジョブステーション側は開き直り、解雇の
責任を取ろうとしませんでした。東京統一管理職ユニオンは、東京都労働委員会の斡旋を通じて団
体交渉を拒否してまで強行した協議会の解雇手続き行為が解雇権の濫用に当たることを明らかに
啓ぜ、功労者が解雇まれ、元都職員lさ守られるのか7
今回の解雇問題は、東京都と深い関係があります。そもそも、東京ジョブステーションで今回解
雇を強行したのは元東京都職員でした。今年は3名が退職勧奨に遭い、退職勧奨に応じなかった松
島さんが解雇されたのです。その解雇理由は上記にあるようなでたらめなものです。第一、ホーム
レスの就労支援活動の現場第一線で働き多くの人たちの就労に貢献してきた職員が人員削減対象
となること自体異常です。民間企業ならばあり得ないことです。東京ジョブステーションの代表は
元東京都副知事であり、事務方の責任者も元都職員ですが、だからといって、このホームレス就労
支援組織が東京都職員の利益の為にあるとしたら、それは利権・組織腐敗と言われてもおかしくは
ありません。舛添要一都知事はこの間題をきちんと把握しているのでしょうか?
オりンピャクでの無駄金遣い、として労働者
いじ助に税金が使われることに捗大反対です!
いま、東京は2020年オリンピックに向けて動き始めています。しかし、そのオリンピックに
ついては霞ヶ丘国立競技場の建て替え問題など多くの問題、税金の無駄遣い問題が生じています。
国立競技場の建て替え問題については、500億円とかが東京都から支出されるとか、あるいは
それ以上かかるとか………? 雇用対策、福祉に振り分けるべき税金なのでは?
オリンピックの経済効果云々が語られていますが、長期的に見たら本当に都民の為になるのでし
ょうか?東京都と周辺の関連団体(天下り先)や関連業者だけが税金を食いつぶすのではないでし
ょうか?私たちは、「東京ジョブステーション」で起きている解雇問題に取り組む中で、東京都関
係団体の問題点を強く感じました。
「東京ジョブステーション」は、平成17年に、「ホームレスの自立支援等に関する特別措置法」
(平成14年法律第105号)に基づいて設立され、「厚生労働省、東京都、特別区、特別区人事・
厚生事務組合から委託を受けて(中略)無料職業紹介を行う機関」(東京ジョブステーションパン
フレットより)です。その現場の第一線では、今回不当解雇された松島さんのような人たちが汗を
流しています。ホームレス問題は、数字的にみると対象者は減少しているように見えますが、実際
は若年化しネットカフェなどに場を移すなど、問題は深刻化して見えにくくなっています。新たな
対策が必要です。オリンピックを開催するからと表面的に繕ってもダメなのです。ホームレス就労
支援の現場第一線で働いた経験を持つ人たちが絶対必要なのです。ところが、元東京都副知事と、
元職員の事務責任者そして協議会(運営に当たる)の半数以上が東京都関係者で占められている東
京ジョブステーションでは、これら経験ある人たちがリストラ対象者で、退職勧奨を受けないのは
元「都職員」達なのです。いったい誰の為の「東京ジョブステーション」でしょうか?
東京統一管理職ユニオンは、組合員である松島さんに対する不当解雇が撤回され、雇用保証が実
現するまで闘います。税金が無駄に使われないように、民間出身r職員」への差別的待遇が無くな
るように、これからも地域・職場の皆さんのご支援ご協力よろしくお願いします。
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
抗議先>>>〒110−0015台東区乗上野3−18−3マツバビル2F代表 青山 恰氏
血03−383ト3740 FAXO3−3831−3772
◎一人でも誰でも入れる労働組合 一・・・■− − ◆
東京統一管理職ユ_オン 〒170・0013東京都豊島区東池袋3−21−18第一笠原ビル302
Tbl:03・5957・7757 Fax:03−5957−7759
労働相談受付は、月曜日・火曜日・木曜日・金曜日10:00∼18:00、水曜日10:00∼
20:00、土曜日13:00∼18:00です。お気軽にご相談ください。
`