Veritas NetBackup PureDisk™ ストレージプールインストールガイド

Veritas NetBackup PureDisk™
ストレージプールインストール
ガイド
Windows、Linux、および UNIX
リリース 6.5.1
出版リリース 6.5.1、リビジョン 1
このマニュアルで説明するソフトウェアは、使用許諾契約に基づいて提供され、その内容に同意す
る場合にのみ使用することができます。
マニュアルバージョン 6.5.1、リビジョン 1
法的通知
Copyright © 2009 Symantec Corporation.All rights reserved.
Symantec、Symantec ロゴおよび PureDisk は Symantec または同社の米国およびその他の国に
おける関連会社の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は各社の登録商標または
商標です。
本書に記載する製品は、使用、コピー、頒布、逆コンパイルおよびリバース・エンジニアリングを制限
するライセンスに基づいて頒布されています。Symantec からの書面による許可なく本書を複製す
ることはできません。
Symantec Corporation が提供する技術文書は Symantec Corporation の著作物であり、Symantec
Corporation が保有するものです。保証の免責: 技術文書は現状有姿で提供され、Symantec
Corporation はその正確性や使用について何ら保証いたしません。技術文書またはこれに記載さ
れる情報はお客様の責任にてご使用ください。本書には、技術的な誤りやその他不正確な点を含
んでいる可能性があります。Symantec は事前の通知なく本書を変更する権利を留保します。
本ソフトウェアは、FAR 12.212 の規定によって商業用コンピュータソフトウェアと見なされ、FAR
52.227-19 「Commercial Computer Software - Restricted Rights」、DFARS 227.7202 「Rights
in Commercial Computer Software or Commercial Computer Software Documentation」、そ
の他の後継規制の規定により制限された権利の対象となります。米国政府による本ソフトウェアの使
用、修正、複製のリリース、実演、表示または開示は、本使用許諾契約の条項に従ってのみ行われ
るものとします。
テクニカルサポート
技術的なサポートについては、http://www.symantec.com/business/support/index.jsp
を参照し、[Find Your Product] フィールドで [NetBackup]、[PureDisk] を入力してくだ
さい。
ライセンスと登録
お使いの Symantec 製品の登録もしくはライセンスキーが必要な場合は、次の URL に
アクセスして詳細を確認してください。
www.symantec.com/techsupp/
目次
テクニカルサポート .............................................................................................. 3
第1章
インストールの概要 ............................................................. 13
PureDisk のインストールについて ......................................................
初期インストール ......................................................................
アップグレード .........................................................................
他社製コンポーネント ................................................................
PureDisk のインストール処理について ................................................
クラスタ化されていないストレージプールのインストール .......................
クラスタ化されたストレージプールのインストール ...............................
特定の機能のための環境の設定 ........................................................
第2章
13
13
14
14
14
14
15
17
PureDisk オペレーティングシステムのインストー
ル ...................................................................................... 19
PureDisk オペレーティングシステム (PDOS) のインストールについて ............ 19
PDOS のインストールの準備 .............................................................. 20
インストール方式の比較 ................................................................... 21
第3章
PDOS の Onedisk インストールの実行 ............................ 25
Onedisk インストール処理について .....................................................
Onedisk インストールの開始 .............................................................
(該当する場合) パーティション分割とファイルシステムの変更 ................
(省略可能) 追加のソフトウェアの追加 ............................................
ソフトウェアのインストール .................................................................
アドレス指定の設定 ........................................................................
NIC の情報の収集 ...................................................................
静的なアドレス指定の設定 .........................................................
Onedisk のインストールの完了 ..........................................................
インストールの確認 .........................................................................
第4章
25
26
28
28
28
29
29
31
33
33
JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行 .................. 37
JBOD-Onedisk インストールオプションについて ...................................... 37
JBOD-Onedisk のディスクのパーティション分割 ................................ 38
JBOD-Onedisk の処理の概要 ..................................................... 38
6
目次
JBOD-Onedisk インストールの開始 .....................................................
システム日時の設定 .......................................................................
アドレス指定の設定 ........................................................................
NIC の情報の収集 ...................................................................
静的なアドレス指定の設定 .........................................................
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない
場合) ....................................................................................
ストレージのパーティションについて ..............................................
ハードウェアの互換性の確認 .......................................................
(該当する場合) マルチパスの無効化 .............................................
ディスクグループの作成 .............................................................
/Storage パーティションの設定 ....................................................
(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションの
設定 ...............................................................................
ストレージの設定の完了 .............................................................
JBOD-Onedisk インストールの完了 .....................................................
インストールの確認 .........................................................................
第5章
39
40
42
42
44
46
46
50
51
53
53
54
56
56
57
PDOS の Manual インストールの実行 ............................. 59
Manual インストールオプションについて ...............................................
ファイルシステムの設定 .............................................................
手動処理の概要 ......................................................................
手動インストールの開始 ...................................................................
/boot、swap、/ パーティションの設定 ..................................................
/boot、swap、/ パーティションについて ..........................................
/boot、swap、/ パーティションの設定 ............................................
ホスト名、ネットワーキングとその他の設定の指定 ....................................
アドレス指定の設定 ........................................................................
NIC の情報の収集 ...................................................................
静的なアドレス指定の設定 .........................................................
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない
場合) ....................................................................................
ストレージのパーティションについて ..............................................
ハードウェアの互換性の確認 .......................................................
(該当する場合) マルチパスの無効化 .............................................
ディスクグループの作成 .............................................................
/Storage パーティションの設定 ....................................................
(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションの
設定 ...............................................................................
ストレージの設定の完了 .............................................................
Manual インストールの完了 ..............................................................
インストールの確認 .........................................................................
59
60
60
61
62
62
63
65
66
67
68
71
71
75
76
78
78
79
81
81
82
目次
第6章
クラスタソフトウェアのインストール
.................................. 85
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストールについて ............... 86
クラスタの例 ............................................................................ 86
VCS の必要条件の確認 ............................................................. 88
専用ハートビートのための NIC の確認 ................................................. 88
このノードの NIC のアドレス指定の検査 .......................................... 88
(該当する場合) 専用ハートビート NIC からのアドレス指定の削除 ........... 91
(該当する場合) すべてのノードの /etc/hosts ファイルの編集 ..................... 92
パスワードの同期 ........................................................................... 95
各ノードの認証キーの生成 ......................................................... 95
SSH の公開キーの収集 ............................................................. 96
キーファイルの配布 .................................................................. 97
(省略可能) SSH のアクセスの確認 ................................................ 98
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール .......................... 99
VCS 4.1 MP3 のインストール ....................................................... 99
VCS 4.1 MP4 のインストール ..................................................... 104
VCS の設定 ................................................................................ 107
/Storage パーティションの指定 ........................................................ 113
(該当する場合) マルチパスの無効化 ................................................. 115
YaST を使用した /Storage の作成 .................................................... 117
YaST の開始 ........................................................................ 117
/Storage の作成 .................................................................... 118
Veritas Enterprise Administrator (VEA) を使用した /Storage の作
成 ................................................................................ 119
VxVM を使用した /Storage の作成 ............................................ 120
クラスタ化されたストレージプールの /Storage/data と /Storage/databases
のパーティションについて ......................................................... 123
(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage パー
ティションにマウントして書き込むことができることの確認 ..................... 124
各ノードが /Storage のすべてのパーティションをマウントし、書き込む
ことができることの確認 ....................................................... 124
自身のノードへの /Storage ディスクの再マウント ............................. 127
仮想 IP アドレスの追加 .................................................................. 128
第7章
PureDisk ストレージプールのインストール .................... 131
ストレージプールソフトウェアのインストール処理について .........................
(省略可能) ストレージプール認可ノードへの接続 ..................................
インストールディレクトリへのストレージプールソフトウェアの書き込み ...........
トポロジーウィザードについて ...........................................................
クラスタ化されていないストレージプールのストレージプール情報の収
集 ................................................................................
クラスタ化されたストレージプールのストレージプール情報の収集 .........
131
132
132
134
134
135
7
8
目次
[Node System Configuration]ページ ........................................
[Storage Pool Details]ページ ..................................................
[Passwords]ページ ...............................................................
[Number of nodes]、[Number of active nodes]、[Add Node]、
[Add Spare Node]ページ ..................................................
[Local root broker]、[remote root broker]および[external root
broker]ページ ................................................................
[License Key and Add License Key]ページ .................................
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定 .............................
トポロジーウィザード内のナビゲーション ........................................
トポロジーウィザードによるストレージプールの設定 ..........................
禁止文字について ..................................................................
ストレージプールの設定の修正について .......................................
topology.ini と topology_nodes.ini ファイルについて ......................
第8章
139
143
149
150
150
150
157
158
158
クラスタソフトウェアの設定 ............................................... 161
クラスタ設定処理について ..............................................................
クラスタの例 ..........................................................................
cluster_config.sh のデフォルトについて ......................................
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェ
アのインストール .....................................................................
クラスタ設定スクリプトの情報収集 ................................................
クラスタ設定スクリプトの実行 ......................................................
Veritas Cluster Server マネージャの Java コンソールのインストー
ル ................................................................................
第9章
135
136
138
インストールの完了
161
161
162
162
163
163
168
........................................................... 173
ストレージプールのインストールの完了 ............................................... 173
NIC の数の判断 ..................................................................... 175
ストレージプールのファイアウォールの設定 .................................... 175
第 10 章
PureDisk ソフトウェアのアップグレード .......................... 177
PureDisk 6.5 へのアップグレードについて ..........................................
PureDisk 6.5 のアップグレード方針 ............................................
アップグレードの効果 ..............................................................
ストレージプールのアップグレードの優先度付け .............................
環境の確認 ................................................................................
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレー
ド .......................................................................................
(該当する場合) 新しいライセンスキーの追加 ..................................
PDOS のアップグレードの開始 ...................................................
177
178
178
179
180
183
183
184
目次
PDOS のアップグレードの実行 ...................................................
PDOS のアップグレードの完了 ...................................................
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード ...............
ストレージプールソフトウェアのアップグレードの開始 ........................
メタベースエンジンのクリーンアップスクリプトの実行 .........................
アップグレードの再開 ..............................................................
アップグレードの終了 ..............................................................
トラブルシューティングと注意 ...........................................................
失敗したアップグレードの修正 ...................................................
PureDisk 6.5 にアップグレードした後のパッチの適用 .......................
アップグレードの間のレポート ....................................................
PureDisk クライアントの手動アップグレード .........................................
付録 A
YaST2 インターフェースのナビゲート ............................. 199
YaST2 インターフェースについて .....................................................
YaST2 の開始 .......................................................................
YaST2 ナビゲーションのキー順 ..................................................
ファンクションキー ...................................................................
付録 B
199
199
200
200
ワークシートのインストール (クラスタ化されていな
い場合) ........................................................................... 201
インストールワークシートについて .....................................................
ストレージプールの ID 番号の入手 ..............................................
エージェントの ID 番号の入手 ....................................................
インストールワークシート .................................................................
ワークシート 1 ........................................................................
ワークシート 2 ........................................................................
ワークシート 3 ........................................................................
ワークシート 4 ........................................................................
ワークシート 5 ........................................................................
ワークシート 6 ........................................................................
付録 C
186
187
189
189
191
191
193
195
195
195
195
196
201
202
202
203
203
204
205
205
206
207
外部ディレクトリサービスの認証の設定 ........................ 209
外部ディレクトリサービスの認証について .............................................
仮定 ...................................................................................
ユーザーアカウント .................................................................
ディレクトリサービスの情報の入手 .....................................................
Active Directory サービスの例 .................................................
OpenLDAP ディレクトリサービスの例 ...........................................
(省略可能) PureDisk グループのディレクトリサービスへの追加 .................
(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー ......................................
210
210
211
211
213
216
220
221
9
10
目次
サーバー名の確認 .................................................................
ストレージプール認可への証明書の書き込み .................................
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク ....................................
通信の設定 ..........................................................................
ユーザーグループの管理 .........................................................
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポリ
シーの有効化 ........................................................................
[General]タブの入力 .............................................................
[Scheduling]タブの入力 .........................................................
同期の前後の Web UI のビューの例 ...........................................
Common Internet File System (CIFS) の設定 ....................................
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期するPureDisk のシステムポリ
シーの有効化 ........................................................................
ユーザーかグループの追加、変更、削除 ............................................
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの youruserclass、
yourloginattrib、yournameattrib 変数の変更 .............................
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの yourdescriptionattrib 変数
または yourmailattrib 変数の変更 .............................................
外部認証の無効化 .......................................................................
TLS の指定の変更 .......................................................................
基礎検索パスの修正 .....................................................................
付録 D
トラブルシューティング
221
222
224
225
231
232
233
234
234
235
236
236
237
238
239
240
240
...................................................... 243
PureDisk のインストールのトラブルシューティングについて ......................
PureDisk のオペレーティングシステム (PDOS) のインストールのトラブル
シューティング .......................................................................
ディスクの誤設定によって引き起こされるエラー ...............................
ディスク容量の不足によって引き起こされるエラー ............................
パーティションの以前の Windows のインストールによって引き起こさ
れるエラー ......................................................................
CD-ROM デバイスのトラブルシューティング ...................................
停止した VxVM のドライバによって引き起こされるエラー ...................
ストレージプールのインストールのトラブルシューティング .........................
1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ化されていない場
合) .....................................................................................
すべてのサービスの停止 ..........................................................
すべてのサービスの開始 ..........................................................
再ブートなしでのすべてのサービスの開始 .....................................
個々のサービスの停止と開始 ....................................................
1 つの PureDisk ノードでスタ化されている場合) ...................................
マルチノードの PureDisk ストレージプールの停止と開始 ........................
243
243
244
244
244
245
246
246
246
247
247
247
247
249
250
目次
クラスタ化されたストレージプールのネットワーク情報カード (NIC) の置
換 ...................................................................................... 252
付録 E
PureDisk での Veritas Storage Foundation のツー
ルを使用 ........................................................................ 253
PureDisk ストレージプールの Veritas Enterprise Administrator ロール
について ..............................................................................
VEA のインストールと設定について ...................................................
各 PureDisk ノードでの VEA のサーバーソフトウェアのインストー
ル ................................................................................
VEA クライアントソフトウェアのインストール .....................................
PureDisk ストレージプールにおける VxVM の役割について ....................
付録 F
254
255
255
シングルポート通信の設定 .............................................. 257
シングルポート通信について ...........................................................
シングルポート通信の設定 ..............................................................
(該当する場合) FQDN を使うための PureDisk ストレージプールの再
定義 .............................................................................
DNS サーバー (DNS) とファイアウォールの設定 ..............................
各サービスへの FQDN の追加 ...................................................
シングルポートの設定を持つ新しい部門の作成 ..............................
設定ファイルテンプレートでのデフォルトポートとしてのポート番号 443
の指定 ..........................................................................
(該当する場合) レプリケートポリシーでの 443 番のポートの設定 ................
クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストールまたはクライアント
の移動 ................................................................................
初期インストールでのエージェントのソフトウェアのインストール ............
アップグレードのための新しい部門へのクライアントの移動 .................
付録 G
253
254
257
258
259
260
262
263
265
266
267
267
268
Veritas NetBackup PureDisk: 他社製ソフトウェアの
権利に関する通知 ....................................................... 269
Veritas NetBackup PureDisk: 他社製ソフトウェアの権利に関する通
知 ...................................................................................... 269
索引
.................................................................................................................... 271
11
12
目次
1
インストールの概要
この章では以下の項目について説明しています。
■
PureDisk のインストールについて
■
PureDisk のインストール処理について
■
特定の機能のための環境の設定
PureDisk のインストールについて
『Veritas NetBackup PureDisk ストレージプールインストールガイド』では次の事項を説
明します。
■
ストレージプールにはじめて PureDisk をインストールする方法。
■
既存の PureDisk のインストールをアップグレードする方法。
初期インストール
PureDisk ソフトウェアのインストール処理は、ネットワーク設定を指定する方法やディスク
をパーティション分割する方法など、Linux システムのインストール手順の知識があること
を前提とします。インストールを開始する前に、次のマニュアルの説明をお読みください。
『Veritas NetBackup PureDisk ストレージプールインストールガイド』を参照してくださ
い。
より多くの情報が必要な場合は、次の Novell 社のマニュアルの Web サイトで SUSE の
マニュアルを参照してください:
www.novell.com/documentation/suse.html
PureDisk 6.5.1 リリースをインストールするには、この『Veritas NetBackup PureDisk ス
トレージプールインストールガイド』の手順を実行して PureDisk 6.5 をインストールしてく
ださい。アップグレードの完了後、PureDisk 6.5.1 の Readme ファイルの手順を使って
PureDisk 6.5.1 のソフトウェアをインストールしてください。
14
第 1 章 インストールの概要
PureDisk のインストール処理について
アップグレード
既存の PureDisk 環境を PureDisk 6.5 または 6.5.x にアップグレードする場合は、次の
アップグレード手順を実行してください。
p.177 の 「PureDisk 6.5 へのアップグレードについて」 を参照してください。
他社製コンポーネント
PureDisk はアーキテクチャの一部分として他社製のコンポーネントを使います。特に、
PureDisk は Apache、PHP と PostGreSQL を使います。管理者として、他社製コンポー
ネントを新しいバージョンにアップグレードしないでください。シマンテック社はこれらの他
社製品のリリースを監視します。また、PureDisk 機能に影響する可能性のある脆弱性、
パフォーマンスと安定性の問題に対応するアップグレードまたはパッチも提供します。
PureDisk のインストール処理について
PureDisk のインストール処理は、クラスタ化されたストレージプールとクラスタ化されてい
ないストレージプールのどちらをインストールするかによって異なります。
クラスタ化されていないストレージプールのインストール
クラスタ化されていないストレージプールは少なくとも 1 つの PureDisk ノードを含んでい
ます。バックアップに変更が必要な際に、ノードを後で追加できます。
クラスタ化されていないストレージプールでは、ノードは災害の場合にはフェールオー
バーできません。この種類のストレージプールを設定するとき、クラスタソフトウェアをイン
ストールする必要はありません。
図 1-1 は、クラスタ化されていない 2 ノードのストレージプールの例と、両方のノードにあ
るサービスを示します。
図 1-1
クラスタ化されていない 2 ノードのストレージプール
ストレージプール認可
メタベースサーバー
CIFS
コンテンツルーター
メタベースエンジン + コントローラ
NetBackup エクスポートエンジン
図 1-2 はクラスタ化されていないストレージプールの場合のストレージプールのインストー
ル処理の概要を提供します。
第 1 章 インストールの概要
PureDisk のインストール処理について
主なインストールステップ - クラスタ化されていないストレージプール
のインストール
図 1-2
各ノードに PDOS をインストールします。次の方式のいず
れかを使います。
* JBOD-Onedisk
* Manual
ストレージプールソフトウェアをストレージプール認可ノード
にインストールし、ストレージプールを設定します。
インストーラは他のすべてのノードにソフトウェアをプッシュ
型で転送します。
クライアントを接続します。
クラスタ化されたストレージプールのインストール
クラスタ化されたストレージプールは少なくとも 2 つの PureDisk ノードを含んでいます。
バックアップに変更が必要な際に、アクティブノードかスペアノードを後で追加できます。
これらのノードは次の通りです:
■
アクティブノードは、PDOS のソフトウェアと他の PureDisk ソフトウェアをインストール
したノードです。アクティブノードはアクティブな PureDisk のサービスをホストします。
■
スペアノードは、PDOS のソフトウェアと他の PureDisk ソフトウェアをインストールした
ノードです。ただし、スペアノードは、アクティブな、または実行中の PureDisk のサー
ビスはホストしません。
クラスタ化されたストレージプールでは、アクティブノードは災害の場合にはフェールオー
バーできます。この種類のストレージプールを設定するとき、インストール手順の一部とし
て Veritas Cluster Server (VCS) のソフトウェアをインストールし、設定する必要がありま
す。
図 1-3 は、クラスタ化された 3 ノードのストレージプールの例と、両方のノードにあるサー
ビスを示します。
15
16
第 1 章 インストールの概要
PureDisk のインストール処理について
図 1-3
クラスタ化された 3 ノードのストレージプール
ノード 1:
ストレージプール認可
メタベースサーバー
メタベースエンジン + コントローラ
コンテンツルーター
CIFS
ノード 2:
コンテンツルーター
メタベースエンジン + コントローラ
NetBackup エクスポートエンジン
ノード 3:
ノードごとの 3
つのネットワー
ク接続。1 つは
パブリックネッ
トワークにクラ
スタを接続しま
す。
他の 2 つは専用
のハートビート
の監視を形成し
ます。
スペアノード
図 1-3 では、最初のノードはオールインワンシステムです。第 2 ノードは追加のコンテン
ツルーター、追加のメタベースエンジンまたはコントローラと NetBackup エクスポートエ
ンジンをホストします。第 3 ノードはスペアです。
図 1-4 はクラスタ化されたストレージプールの場合のストレージプールのインストール処
理の概要を提供します。
第 1 章 インストールの概要
特定の機能のための環境の設定
主なインストールステップ - クラスタ化されたストレージプールのイン
ストール
図 1-4
PDOS の JBOD-Onedisk インス
トール方式を使い、PDOS を各
ノードにインストールします。
主なステップ:
* インストールの開始
* アドレスの設定
PDOS の Manual インストール
方式を使い、各ノードに PDOS
をインストールします。
主なステップ:
* インストールの開始
* 内蔵ブートディスクでの boot、
swap、/ の設定
* ホスト名、ネットワーキング等
の指定
* アドレスの設定
1 つのノードに VCS をインストールし、設定します。
インストーラは他のすべてのノードに VCS ソフトウェアと設定をプッシュ型で
転送します。
外部ディスクの /Storage のパーティションを設定
します。
ストレージプール認可ノードにストレージプールソフトウェア
をインストールし、設定します。
インストーラは他のすべてのノードにソフトウェアをプッシュ
型で転送します。
各ノードにログインし、PureDisk の
クラスタ設定スクリプトを実行します。
クライアントを接続します。
図 1-4 に示すように、PDOS をインストールするには、[JBOD-Onedisk]方式か[Manual]
方式を使うことができます。
特定の機能のための環境の設定
PureDisk インターフェースは、ストレージプールの設定方法に柔軟性を提供します。設
定の選択によっては、特定の機能との互換性がないことがあります。PureDisk ストレージ
プールのインストール手順は、これらの選択が可能な場合に選択を支援します。次の機
能を実装する場合は、インストール時にこれらの機能についてストレージプールを設定し
てください:
17
18
第 1 章 インストールの概要
特定の機能のための環境の設定
■
NetBackup との相互運用。NetBackup エクスポートエンジン、NetBackup のディザ
スタリカバリの方式、シングルポート通信では、FQDN で環境を定義する必要がありま
す。
■
高可用性。高可用性を有効にする場合は、複数の PureDisk ノードに Veritas Cluster
Server (VCS) ソフトウェアをインストールできます。VCS のソフトウェアをインストール
する場合、サービスグループにノードのサービスを設定します。グループのサービス
は 1 つのノードから他のノードに自動的にフェールオーバーできます。高可用性を実
装する場合は、すべての PureDisk ノードを外部ディスクに接続する必要があります。
シマンテック社は、PureDisk 6.5 のストレージプールをインストールしてから高可用性
のためにそのストレージプールを再設定する機能をサポートしません。高可用性のス
トレージプールを必要とする場合、製品を最初にインストールするときにそのストレー
ジプールに高可用性を設定してください。
後日、これらの機能のいくつかを変更するために環境を再設定できます。ただし、そのよ
うな再設定には時間と現地での動作のテストが必要です。
2
PureDisk オペレーティング
システムのインストール
この章では以下の項目について説明しています。
■
PureDisk オペレーティングシステム (PDOS) のインストールについて
■
PDOS のインストールの準備
■
インストール方式の比較
PureDisk オペレーティングシステム (PDOS) のインストー
ルについて
PureDisk ノードとして使うように計画するあらゆるコンピュータに PDOS ソフトウェアをイ
ンストールしてください。たとえば次の通り、PureDisk を配備できます:
■
コンピュータが 2 つある場合、2 つのコンピュータに PureDisk サービスを配布できま
す。1 つのコンピュータでコンテンツルーターをホストし、別のコンピュータで他の全
サービスをホストするように設定できます。サービスをインストールする前に、必ず両
方のコンピュータに PDOS をインストールしてください。
■
コンピュータが複数ある場合は、クラスタ化されたストレージプールを作成できます。
クラスタを設定するには、最初に、スペアノードを含め、ストレージプールで使うすべ
てのコンピュータに PDOS をインストールします。インストール処理の後半で、クラスタ
ソフトウェアをインストールします。
PDOS のインストール手順は、Linux のディスクパーティション分割の知識があることを前
提にします。Linux は大文字と小文字の区別があります。インストール手順が /Storage
パーティションを作成するように指示する場合、必ず大文字の S を入力してください。
PureDisk はこのパーティションが大文字の S と名付けられることを期待します。PureDisk
20
第 2 章 PureDisk オペレーティングシステムのインストール
PDOS のインストールの準備
の排他的な使用のために /Storage を予約することを確かめてください。このパーティ
ションにデータを書き込まないでください。
メモ: パフォーマンス上の理由から、PDOS 6.5 は PDOS 6.2 のファームウェア RPM とと
もに出荷されます。広範なテストにより、新しいバージョンのファームウェアのパッケージ
ではパフォーマンスが低下することがわかりました。
PDOS のインストールの準備
次の手順は、PDOS のインストールのためにコンピュータを準備する方法を説明していま
す。
メモ: PureDisk 6.5 リリースは、シマンテック社が CD-ROM ディスクで配布する予定の最
後の PureDisk リリースです。シマンテック社は、将来、PureDisk メディアキットに DVD
のメディアを含める予定です。すべてのリリースは、シマンテック社のダウンロードの Web
サイトから引き続き利用可能です。
コンピュータを PDOS のインストールのために準備するには
1
(該当する場合) 新しい PDOS のインストールのためにシステムを準備してください。
サーバーに 2 回目に PDOS をインストールする場合はこのステップを実行してくだ
さい。たとえば、ベータサイトでリリース前のソフトウェアを持っている場合はこのステッ
プを実行します。この場合、次を達成するために Linux コマンドを使用します:
■
PDOS を再インストールする前にディスクから Logical Volume Manager (LVM)
を削除してください。以前のインストールの Volume Manager は、インストーラ
がディスクを正しくパーティション分割することを防ぐことがあります。このタスクを
実行するために YaST を使うことができます。
■
別の場所に保存したい /Storage のデータを移動してください。2 回目のインス
トールは /Storage にあるデータを破壊します。
■
(省略可能) ノードに接続するディスクのためにハードウェア RAID のコントローラ
を設定してください。
シマンテック社は RAID 技術を使うことを推奨します。ハードウェア RAID を使う
ためには、ここで設定してください。ソフトウェア RAID も使えます。たとえば、ソ
フトウェア RAID を設定するために Veritas Volume Manager (VxVM) を使うこ
とができます。
2
CD-ROM ドライブに[PureDisk Operating System]のラベルが付いている PureDisk
ソフトウェアのディスクを挿入してください。
3
(該当する場合) 以前のインストールから情報を削除してください。
第 2 章 PureDisk オペレーティングシステムのインストール
インストール方式の比較
以前に他の目的で使われたディスクに PDOS をインストールする場合はこのステッ
プを実行してください。この場合、次のステップを実行してください:
■
サーバーをリブートする次のコマンドを入力してください。
# reboot
サーバーをブートするとき、コンピュータが CD-ROM ドライブからブートすること
を指定するために BIOS のセットアッププログラムに入る必要があることがありま
す。
サーバーブートの後で、PDOS の最初のページが表示されます。最初のページ
を読んでください。しかしこの時点でインストール方式を選択するためにキーを
押さないでください。
■
レスキューモードでシステムを再ブートしてください。ブートを実行するには、PDOS
の最初のページのメニューの最後にある[Rescue]を選択します。
■
ルートとしてログインします。パスワードを提供する必要がありません。
■
ディスクを消す次のようなコマンドを入力してください:
# dd if=/dev/zero of=/dev/disk_type bs=512 count=4096
disk_type には、これらのディスクのための定義を入力してください。例:sda、
hda、または別のディスクの種類。
4
サーバーをリブートする次のコマンドを入力してください。
# reboot
サーバーをブートするとき、コンピュータが CD-ROM ドライブからブートすることを指
定するために BIOS のセットアッププログラムに入る必要があることがあります。
サーバーブートの後で、PDOS の最初のページが表示されます。最初のページを
読んでください。しかしこの時点でインストール方式を選択するためにキーを押さな
いでください。
5
次のトピックの情報を参照し、インストール方式を選択してください:
p.21 の 「インストール方式の比較」 を参照してください。
インストール方式の比較
PDOS の最初のページに複数のインストール方式が表示されます。
表 2-1 は PDOS メニューで選択できるインストール方式の概略を示します。
21
22
第 2 章 PureDisk オペレーティングシステムのインストール
インストール方式の比較
表 2-1
PDOS のインストールオプション
メニューオプション
使用のための情報および条件
Boot from Hard Disk
インストールを実行したが、CD-ROM ドライブから PDOS ディスクを取
り出さなかった場合、このオプションを使ってください。
Onedisk
デモンストレーションのために 1 つのディスクに PDOS をインストール
する場合はこのオプションを使います。
メモ: シマンテック社は、インストールのテストを目的とする場合のみこ
のオプションを推奨します。実稼働の使用では、[Manual]インストー
ルオプションはより多くの柔軟性と高いパフォーマンスを提供します。
クラスタ化されたストレージプールをインストールする場合はこのオプ
ションを選択しないでください。
JBOD-Onedisk
サーバーが外部ストレージのキャビネットで複数のディスクを備えてい
たらこのオプションを選択してください。このオプションは 1 つのディ
スクに PDOS をインストールします。このオプションを選択する場合、
他の外部ディスクにストレージパーティションを手動で作成します。
Manual
サーバーに種類を問わず何らかのディスクがあり、自分自身でディス
クを設定する場合は、このオプションを選択してください。このオプショ
ンは自分自身で PDOS インストールを完全にインストールし、カスタ
マイズすることを可能にします。このオプションは最適なパフォーマン
スをもたらします。
シマンテック社はこのオプションを推奨します。
Memtest
シマンテック社のサポートスタッフによる内部使用のために予約され
ます。
Rescue
トラブルシューティング、インストール前に実行するタスクなどにこのオ
プションを使ってください。
図 2-1 は PDOS の最初のページのメニューオプションを示します。
第 2 章 PureDisk オペレーティングシステムのインストール
インストール方式の比較
図 2-1
PDOS の最初のページ
PureDisk のインストーラは自動的に Veritas Volume Manager (VxVM) のソフトウェア
をインストールします。VxVM を別々にインストールすることを試みないでください。
PureDisk のインストールを完了した後、ディスクボリュームを管理する VxVM コマンドを
使うことができます。
表 2-2 は、各インストールオプションが自動的に設定する機能と、ユーザーが設定する
必要がある機能を示します。
表 2-2
PureDisk のインストールオプション
特性
Onedisk
目的
デモンストレーションとインストー 実稼働。クラスタ化された、また 実稼働。クラスタ化された、また
ルのテストのみ。
はクラスタ化されていないスト
はクラスタ化されていないスト
レージプールに適する。
レージプールに適する。
ログインとパスワード
自動的に両方とも root に設
定。
JBOD-Onedisk
自動的に両方とも root に設
定。
Manual
手動で設定。
23
24
第 2 章 PureDisk オペレーティングシステムのインストール
インストール方式の比較
特性
Onedisk
JBOD-Onedisk
Manual
IP アドレス
DHCP を使って自動的に設定さ
れる。PureDisk は固定 IP アド
レスを必要とする。DHCP 予約
を使わない場合、YaST を使っ
てノードの設定を固定アドレスに
変更する。
DHCP を使って自動的に設定さ
れる。PureDisk は固定 IP アド
レスを必要とする。DHCP 予約
を使わない場合、YaST を使っ
てノードの設定を固定アドレスに
変更する。
DHCP を使って自動的に設定さ
れる。PureDisk は固定 IP アド
レスを必要とする。DHCP 予約
を使わない場合、YaST を使っ
てノードの設定を固定アドレスに
変更する。
ホスト名
デフォルトは PureDisk。この
値を変更し、各ノードに一意の
ホスト名を与える。
デフォルトは PureDisk。この
値を変更し、各ノードに一意の
ホスト名を与える。
手動で設定。各ノードに一意の
ホスト名があることを確かめる。
ドメイン名
設定されない。
設定されない。
手動で設定。
タイムゾーン
自動的に America/Pacific に
設定。ロケールと一致させるた
めにこの値を変更しなければな
らないことがある。
自動的に America/Pacific に 手動で設定。
設定。ロケールと一致させるた
めにこの値を変更しなければな
らないことがある。
実行レベル
ネットワークありのコマンドライン ネットワークありのコマンドライン 手動で設定。
の「3」に自動的に設定。
の「3」に自動的に設定。
SSH の設定
PureDisk のインストールツール PureDisk のインストールツール 手動で設定。
と互換性があるように自動的に と互換性があるように自動的に
設定。
設定。
PDOS の場所
1 つのディスクに自動的にイン
ストールされる。
1 つのディスクに自動的にイン
ストールされる。
手動で設定。
VxVM Volume
Manager
VxVM はルートディスクでサ
ポートされない。
自動的にインストールされる。
ディスクを手動で設定。
自動的にインストールされる。
ディスクを手動で設定。
ファイルシステム
自動的に VxFS に設定。
手動で設定。
手動で設定。
ストレージのパーティショ 1 つのパーティションで設定され 手動で設定。
ン
る。
手動で設定。
PDOS をインストールする前に、PDOS CD-ROM ディスクのルートディレクトリにある、
COPYRIGHT.SYMANTEC ライセンスファイルを読んでください。
インストール方式について詳しくは、次を参照してください:
■
p.25 の 「Onedisk インストール処理について」 を参照してください。
■
p.37 の 「JBOD-Onedisk インストールオプションについて」 を参照してください。
■
p.59 の 「Manual インストールオプションについて」 を参照してください。
3
PDOS の Onedisk インストー
ルの実行
この章では以下の項目について説明しています。
■
Onedisk インストール処理について
■
Onedisk インストールの開始
■
ソフトウェアのインストール
■
アドレス指定の設定
■
Onedisk のインストールの完了
■
インストールの確認
Onedisk インストール処理について
[Onedisk]オプションはすべてのインストールオプションで最も自動化されていますが、
柔軟性も最も低いです。シマンテック社は、インストールのテストを目的とする場合のみこ
の方式を推奨します。このノードでクラスタ化を有効にする場合はこの方式を使わないで
ください。
すべての PDOS のインストール方式は SUSE YaST のインターフェースを使います。この
インターフェースについて詳しくは、次の情報の 1 つを参照してください:
■
p.199 の 「YaST2 インターフェースについて」 を参照してください。
■
次の Web サイトで SUSE Linux の 10.1 のマニュアルを参照してください:
www.novell.com/documentation/suse.html
26
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
Onedisk インストールの開始
メモ: シマンテック社は、インストールのテストを目的とする場合のみ Onedisk インストー
ル方式を推奨します。実稼働の使用では、[Manual]インストールオプションはより多くの
柔軟性と高いパフォーマンスを提供します。
次の手順は [Onedisk]インストールを実行するために完了する必要があるタスクを説明
します。
Onedisk インストールを実行するには
1
インストールを開始してください。
p.26 の 「Onedisk インストールの開始」 を参照してください。
2
アドレスを設定してください。
p.29 の 「アドレス指定の設定」 を参照してください。
3
インストールを完了してください。
p.33 の 「Onedisk のインストールの完了」 を参照してください。
4
インストールを確認してください。
p.33 の 「インストールの確認」 を参照してください。
Onedisk インストールの開始
次の手順は[Onedisk]インストールを開始する方法を説明します。この手順では、デフォ
ルトのパーティション分割スキームを実装します。表 3-1 にパーティション分割スキームを
示します。またデフォルト以外のパーティション分割スキームを実装する方法も説明しま
す。
表 3-1 は[Onedisk]のデフォルトのパーティション分割スキームを示します。
表 3-1
Onedisk のデフォルトのパーティション分割
マウントポイント
サイズ
ファイルシステム
/boot
100 MB
EXT3
/
10 GB
EXT3
swap
4 GB
swap
/Storage
残り
VxFS
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
Onedisk インストールの開始
Onedisk のインストールを開始するには
1
矢印キーを使って、PDOS の[Onedisk]インストールオプションを選択してください。
システムはインストールの間、画面に経過表示を書き込みます。インストールを中止
するには、[Abort]をクリックするか、または ALT-r を押してください。[Help]をいつ
でもクリックできます。
2
メニュー選択を確認するために Enter キーを押してください。
システムは複数のインストールステップを実行します。これらのステップには、CD-ROM
ドライブから PDOS のソフトウェアのロード、ハードディスクからの再ブート、設定の処
理の完了が含まれます。
3
[Installation Settings]ページで次のいずれかの処置をとってください:
■
デフォルト設定を受け入れるには、[Accept]をクリックしてください。
デフォルトで、[Onedisk]インストールは /Storage のパーティションを作成し、
そのパーティションに VxFS ファイルシステムを作成します。
VxFS がディスクをサポートすることを確かめてください。次の Web サイトの
PureDisk の互換性のリストは、VxFS がサポートするディスクデバイスを説明し
ます:
http://www.symantec.com/business/support/compatibility.jsp?language=english&view=comp&
pid=52672
次のトピックに進みます。
p.28 の 「ソフトウェアのインストール」 を参照してください。
■
デフォルトのパーティション分割を変更するには、[Partitioning]のラベルをク
リックしてください。
表 3-1 はデフォルトのパーティション分割を表します。
たとえば、VxFS は XFS に iSCSI のディスクをサポートしないため、持っている
ディスクが iSCSI のディスクである場合は、/Storage のファイルシステムを XFS
に変更します。
次のトピックに進みます。
p.28 の 「(該当する場合) パーティション分割とファイルシステムの変更」 を参照
してください。
■
デフォルトのソフトウェア設定を変更するには、[Software]ラベルをクリックして
ください。
たとえばカーネルのモジュールのコンパイルを有効にするために追加のソフト
ウェアをインストールする必要があったら[Software]のラベルをクリックしてくだ
さい。
次のトピックに進みます。
p.28 の 「(省略可能) 追加のソフトウェアの追加」 を参照してください。
27
28
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
ソフトウェアのインストール
(該当する場合) パーティション分割とファイルシステムの変更
XFS ファイルシステムを設定する必要があるか、パーティション分割を変更する必要があ
るか、ファイルシステムのレイアウトを変更する必要がある場合、この手順を実行してくだ
さい。
パーティション分割とファイルシステムを変更するには
1
[Expert Partitioner]ページで、[/Storage]を選択してください。
2
[Edit]をクリックしてください。
3
[Edit Partition disk_name]ページの[Format]の下で、ドロップダウンリストを使っ
て[XFS]を選択してください。
4
[OK]をクリックしてください。
5
[Finish]をクリックしてください。
6
[Installation Settings]ページで次のいずれかの処置をとってください:
■
設定を受け入れるには、[Accept]をクリックしてください。
次のトピックに進みます。
p.28 の 「ソフトウェアのインストール」 を参照してください。
■
ソフトウェアを追加するには、[Software]ラベルをクリックしてください。
次のトピックに進みます。
p.28 の 「(省略可能) 追加のソフトウェアの追加」 を参照してください。
(省略可能) 追加のソフトウェアの追加
カーネルのモジュールをコンパイルするためにソフトウェアを追加する必要がある場合は、
この手順を実行してください。この追加のソフトウェアはデフォルト以外のハードウェアの
ためのドライバをコンパイルすることを可能にします。
追加のソフトウェアを追加するには
1
[Development]の下で、[C/C++ Compiler and Tools]のフィールドをクリックして
ください。
2
[Accept]をクリックしてください。
3
[Installation Settings]ページで、[Accept]をクリックしてください。
4
次のトピックに進みます。
p.28 の 「ソフトウェアのインストール」 を参照してください。
ソフトウェアのインストール
次の手順はインストールを完了する方法を説明します。
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
アドレス指定の設定
ソフトウェアをインストールしてインストールを完了するには
1
[Confirm Installation]ページで、[Install]をクリックしてください。
2
ログインのプロンプトで、システムにログインしてください。
ログインに root を、パスワードに root を使ってください。
3
passwd(1) コマンドを入力し、root のパスワードを変更してください。
自動化されたインストールソフトウェアは root にこのパスワードを設定します。
4
次のトピックに進みます。
p.29 の 「アドレス指定の設定」 を参照してください。
アドレス指定の設定
この手順は、このノードの唯一の NIC かプライマリ NIC に静的なアドレス指定を設定する
方法を説明します。
PureDisk は動的アドレスをサポートしません。PureDisk は、固定アドレスになる場合の
み、Dymanic Host Configuration Protocol (DHCP) をサポートします。この手順は
DHCP サーバーを使わないと想定します。DHCP の予約を使うように DHCP サーバーが
設定されている場合、設定を確認するためにこの手順を使います。
メモ: PDOS の制限事項のために、DHCP と固定アドレスを組み合わせることができませ
ん。固定アドレスを使うとき、[Update Name Servers and search list via DHCP]
のオプションは[Hostname and Name Server Configuration]ページでグレーにな
ります。選択した状態で[Update Name Servers and search list via DHCP]のオ
プションがグレーになっている場合、それを無効にできません。このトピックの手順は、こ
の問題を避ける方法での設定の処理を示します。
NIC の情報の収集
次の手順では、このノードで静的なアドレス指定を設定するのに必要な情報を集める方
法について説明します。
NIC の情報を集めるには
1
このコンピュータのプライマリ NIC についての情報を記録してください。
次の表の情報をネットワーク管理者に問い合わせます。
必要な情報
NIC データ
29
30
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
アドレス指定の設定
MAC アドレス
________________________________________
メモ: この情報を入力する必要はありません
がこのノードに複数の NIC があれば有用で
す。この情報を取得するには、ip a(8) コマ
ンドを使います。
NIC のパブリック IP アドレス
________________________________________
サブネットマスク
________________________________________
NIC のパブリックホスト名
________________________________________
ネットワークのこのコンピュータのためのドメイ ________________________________________
ン名
DNS サーバーまたはネームサーバーの IP
アドレス
________________________________________
このネットワークのためのドメイン
________________________________________
デフォルトゲートウェイの IP アドレス
________________________________________
メモ: 複数のステップで、FQDN かホスト名を指定する必要があります。これらのフィー
ルドに下線文字 (_) を含めることができません。
ip a(8) コマンドから必要な情報の一部を入手できます。次は ip a(8) コマンドの出
力例です。
# ip a
1: lo:<LOOPBACK,UP> mtu 16436 qdisc noqueue
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:<BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 100
link/ether 00:11:43:e4:0b:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.80.92.102/21 brd 10.80.95.255 scope global eth0
inet6 fec0::80:211:43ff:fee4:b2a/64 scope site dynamic
valid_lft 2591999sec preferred_lft 604799sec
inet6 fe80::211:43ff:fee4:b2a/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1:<NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:11:43:e4:0b:2b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: eth2:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:86 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
アドレス指定の設定
5: eth3:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:87 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
6: sit0:<NOARP> mtu 1480 qdisc noop
link/sit 0.0.0.0 brd 0.0.0.0
2
静的なアドレス指定を設定するために次のトピックに進んでください:
p.31 の 「静的なアドレス指定の設定」 を参照してください。
静的なアドレス指定の設定
次の手順は YaST を起動する方法と、このノードのプライマリ NIC のために静的なアドレ
ス指定を設定する方法を説明します。
メモ: このトピックの手順はホスト名とネームサーバーのために DCHP を使うようにネット
ワークが設定されていないことを想定します。
YaST を起動するには
◆
SUSE Linux の YaST の設定ツールを起動する次のコマンドを入力します。
# yast
インターフェースを開始するために yast か YaST を入力できます。大文字と小文字
の他の組み合わせを入力しないでください。
静的なアドレス指定を設定するには
1
[YaST Control Center]のメインページで、[Network Devices]>[Network Card]
を選択し、Enter キーを押してください。
2
[Network Setup Method]ページで、[Traditional Method with ifup]を選択し、
[Next]を選択してください。
3
[Network Card Configuration Overview]ページで、プライマリ NIC を選択し、
[Edit]を選択してください。
最下のペインで、[Device Name]フィールドは MAC アドレスによって各 NIC を識
別します。
4
タブキーを押して[Hostname and Name Server]に移動し、Enter キーを押してく
ださい。
5
(該当する場合) 表示されるポップアップで、[Modify]を選択し Enter キーを押して
ください。
ポップアップが表示されたらこのステップを実行します。
31
32
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
アドレス指定の設定
6
[Hostname and Name Server Configuration]ページで、次のステップを実行し
てください:
■
[Hostname]のフィールドに、一意のホスト名を入力します。
デフォルトの PDOS のホスト名は PureDisk ですが、各ノードに一意のホスト名
がなければなりません。
■
タブキーを押してカーソルを[Domain Name]フィールドに置き、このネットワー
クのためのドメイン名を入力します。
■
タブキーを押してカーソルを[Change Hostname via DHCP]に置き、Enter キー
を押してそれを選択解除します。
■
カーソルを[Name Server 1]に置くためにタブを押し、DNS サーバーまたはネー
ムサーバーの IP アドレスを入力してください。
■
(省略可能) 必要に応じて、[Name Server 2]と[Name Server 3]フィールドに
追加の IP アドレスを入力してください。
■
タブキーを押してカーソルを[Update Name Servers and search list via DHCP]
に置き、Enter キーを押してそれを選択解除します。
■
タブキーを押して[OK]に移動し、Enter キーを押します。
7
[Network Address Setup]ページで、[Static Address Setup]を選択します。
8
[IP Address]フィールドを選択するまでタブキーを押し、ノードのプライマリ NIC に
割り当てたい IP アドレスを入力してください。
9
タブキーを押して[Subnet Mask]を表示し、デフォルトのサブネットマスクを受け入
れるか、自分自身のサブネットマスクを入力します。
クラスレスドメイン間ルーティング (CIDR) 表示法を使わないでください。
10 [Network Address Setup]ページで、[Routing]を選択し、Enter キーを押します。
11 [Routing Configuration]ページで、デフォルトゲートウェイの IP アドレスを指定し、
[OK]を選択します。
12 [Network Address Setup]ページで、[Next]を選択します。
13 [Finish]を選択します。
14 [Quit]を選択します。
15 VxVM を起動する次のコマンドを入力します。
# /etc/init.d/boot.vxvm start
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
Onedisk のインストールの完了
16 このノードのホスト名に Volume Manager のホスト ID を設定する次のコマンドを入
力します。
# vxdctl hostid hostname
hostname には、ステップ 6 で指定したホスト名を入力します。
17 次のトピックに進みます。
p.33 の 「Onedisk のインストールの完了」 を参照してください。
Onedisk のインストールの完了
次の手順は [Onedisk] インストールを終える方法を説明します。
Onedisk のインストールを完了するには
1
インストールが終わるとき、CD-ROM ディスクを取り出してください。
2
次の通り、インストールを評価してください。
■
インストールが正常に完了したら、次のトピックに進んでください:
p.33 の 「インストールの確認」 を参照してください。
■
インストールが失敗したら、システムを再ブートし、[Manual]のインストールを実
行してください。[Manual]のインストールについて詳しくは、次のトピックを参照
してください:
p.59 の 「Manual インストールオプションについて」 を参照してください。
インストールの確認
次の手順は PDOS のインストールを確認する方法を説明します。
インストールを確認するには
1
(省略可能) サーバーの他のアカウントを作成します。
より多くのユーザーを追加するか、またはサイトの設定に従ってアカウントを変更す
るために YaST2 インターフェースを使ってください。
2
パーティションを調べる次のコマンドを入力してください:
# df -hl
出力が次の項目を示すことを確かめます:
■ rootfs
■ /
のファイルシステム
のパーティション
■ boot
のパーティション
33
34
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
インストールの確認
■
設定したストレージのパーティション (クラスタ化されていないノードのみ)
必要ならば、ディスクのパーティション分割を変更する YaST2 か VEA を使ってくだ
さい。
3
次の通りネットワークの別のサーバーへの接続を確認する ping(1) コマンドを使い
ます:
■
このノードが設定した最初のノードである場合、ゲートウェイアドレス、ローカルホ
スト、またはノード自体に ping を実行します。
■
このノードが 2 番目以降に設定したノードである場合、他のストレージプールの
ノードの 1 つに ping を実行します。
PureDisk のインストールが正しく動作するために、ノード間のネットワークの ping(1)
は問題なく動作する必要があります。つまり、icmp のエコーは遮断されず、ノード間
のルーターは ping(1) が制限されない必要があります。
ping(1) コマンドが正常に完了しないなら、YaST2 を再び開始し、ネットワークカー
ドの設定を調べます。
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
インストールの確認
4
YaST2 の DNS エントリを確認します。DNS エントリがなくなっている場合、次のトピッ
クの手順を実行します。
p.31 の 「静的なアドレス指定の設定」 を参照してください。
DNS エントリのリセット後、ここに戻ります。
5
次のいずれかに進んでください:
参照先
状況
p.131 の 「ストレージプールソフトウェアのイン このノードがオールインワンストレージプール
ストール処理について」 を参照してください。 に含めてほしい唯一のノードである場合。
または
このノードが、マルチノードでクラスタ化されて
いないストレージプールのための PDOS をイ
ンストールする必要がある唯一のノードである
場合。
p.19 の 「PureDisk オペレーティングシステ より多くのノードに PDOS をインストールする
ム (PDOS) のインストールについて」 を参照し 必要がある場合。
てください。
クラスタ化されているか、またはクラスタ化され
ていないかどうかにかかわらず、すべてのマ
ルチノードのストレージプールのすべてのコ
ンピュータでこの手順を実行します。クラスタ
ソフトウェアかストレージプールソフトウェアを
インストールする前に、すべてのノードに
PDOS をインストールする必要があります。
p.243 の 「PureDisk のインストールのトラブル インストールが失敗したら、問題をトラブル
シューティングについて」 を参照してください。 シューティングしてください。
35
36
第 3 章 PDOS の Onedisk インストールの実行
インストールの確認
4
JBOD-Onedisk PDOS のイン
ストールの実行
この章では以下の項目について説明しています。
■
JBOD-Onedisk インストールオプションについて
■
JBOD-Onedisk インストールの開始
■
システム日時の設定
■
アドレス指定の設定
■
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
■
JBOD-Onedisk インストールの完了
■
インストールの確認
JBOD-Onedisk インストールオプションについて
[JBOD-Onedisk]オプションはインストールステップのいくつかを自動化します
が、/Storage を設定する必要があります。
すべての PDOS のインストール方式は SUSE YaST のインターフェースを使います。この
インターフェースについて詳しくは、次の情報の 1 つを参照してください:
p.199 の 「YaST2 インターフェースについて」 を参照してください。
次の Web サイトで SUSE Linux の 10.1 のマニュアルを参照してください:
www.novell.com/documentation/suse.html
38
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
JBOD-Onedisk インストールオプションについて
JBOD-Onedisk のディスクのパーティション分割
サーバーに内部ブートディスクがあり、外部ストレージのキャビネットのディスクにも接続し
ていれば、[JBOD-Onedisk]オプションを使います。[JBOD-Onedisk]オプションは少な
くとも 2 つの物理ディスクを必要とします。[JBOD-Onedisk]オプションは 1 つのディスク
をオペレーティングシステム用に、もう 1 つのディスクをストレージパーティション用に使い
ます。[JBOD-Onedisk]のインストール方式では内部ディスクに PDOS をインストールし
ます。
表 4-1 は、[JBOD-Onedisk]のインストール方式で /boot、swap、/ パーティションを設
定する方法を示します。
表 4-1
/boot、swap、/ のためのディスクパーティションのレイアウト
マウントポイント
サイズ
ファイルシステム
/boot
自動的に 100 MB として設定。
自動的に EXT3 として設定。
swap
自動的に 4 GB として設定。
自動的に swap として設定。
/
ブートディスクの残りとして自動的
に設定。
自動的に EXT3 として設定。
JBOD-Onedisk の処理の概要
次の手順は[JBOD-Onedisk]インストールを実行する方法を説明します。
JBOD-Onedisk インストールを実行するには
1
インストールを開始してください。
p.39 の 「JBOD-Onedisk インストールの開始」 を参照してください。
2
システム日時を設定してください。
p.40 の 「システム日時の設定」 を参照してください。
3
アドレスを設定してください。
p.42 の 「アドレス指定の設定」 を参照してください。
4
(該当する場合) ストレージのパーティションを指定してください。
p.46 の 「(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていな
い場合)」 を参照してください。
5
インストールを完了してください。
p.56 の 「JBOD-Onedisk インストールの完了」 を参照してください。
6
インストールを確認してください。
p.57 の 「インストールの確認」 を参照してください。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
JBOD-Onedisk インストールの開始
JBOD-Onedisk インストールの開始
次の手順は[JBOD-Onedisk]インストールを開始する方法を説明します。
JBOD-Onedisk インストールを開始するには
1
(省略可能) PureDisk を正しいドライブにインストールするために、必要なステップを
実行します。
このステップを達成するには、次のいずれかの操作を実行します。
■
外部ディスクを切断してください。
■
すべての外部ドライブをオフにしてください。
■
システム BIOS で内部ドライブを無効にしてください。
この手順の残りのステップでは、PDOS のインストール後にこれらの処理を逆に実行
するように指示します。
2
(該当する場合) [PureDisk Operating System]というラベルが付いたディスクがド
ライブにロードされているシステムをブートしてください。
1 を実行したらこのステップを実行してください。
3
[JBOD-Onedisk]インストールオプションの選択に矢印キーを使ってください。
システムはインストールの間、ページに経過表示を書き込みます。インストールを中
止するには、[Abort]をクリックするか、または ALT-r を押してください。[Help]をい
つでもクリックできます。
4
メニュー選択を確認するために Enter キーを押してください。
システムは複数のインストールステップを実行します。これらのステップには、CD-ROM
ドライブから PDOS のソフトウェアのロード、ハードディスクからの再ブート、設定の処
理の完了が含まれます。
5
6
ページに表示された情報を見直し、[Installation Settings]のページで次のいず
れかをクリックしてください:
■
ページの設定を受け入れる場合は[Accept]をクリックしてください。ステップ 7
に進んでください。
■
ソフトウェアを追加するには、[Software]ラベルをクリックしてください。場合に
よっては、デフォルト以外のハードウェアのドライバをコンパイルすることを可能
にするソフトウェアを追加する必要があります。
ステップ 6 に進んでください。
(省略可能) 追加のソフトウェアを追加してください。
デフォルト以外のハードウェアのためのカーネルのモジュールをコンパイルするため
にソフトウェアを追加する必要があったら、このステップを実行してください。
次のステップを実行してください:
39
40
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
システム日時の設定
■
[Development]の下で、[C/C++ Compiler and Tools]のフィールドをクリック
してください。
■
[Accept]をクリックしてください。
■
[Installation Settings]ページで、[Accept]をクリックしてください。
7
[Confirm Installation]ページで、[Install]をクリックしてください。
8
インストールが終わるのを待ちます。
このアクティビティには数分かかる場合があります。
9
PDOS の開始ページで[Boot from Hard Disk]を選択するために矢印キーを使っ
てください。
代替として、インストールが完了した後数分間待ち、ノードが自分自身でブートする
のを待つこともできます。AutoYaST ページは再び表示され、自分自身で終了しま
す。
10 ログインのプロンプトで、システムにログインしてください。
ログインに root を、パスワードに root を使ってください。
11 root のパスワードを変更するには passwd(1) コマンドを使ってください。
自動化されたインストールソフトウェアは root にこのパスワードを設定します。
12 このノードをオフにする次のコマンドを入力してください:
# poweroff
13 (該当する場合) 外部ディスクを再接続するか、外部ドライブの電源を入れるか、また
はシステム BIOS の内部ドライブを再び有効にしてください。
この手順のはじめのほうでこれらの機能のいずれかを無効にしている場合は、この
ステップを実行してください。
14 ノードで電源ボタンを押し、ノードをオンにしてください。
15 インストールディスクを取り出します。
16 次に進みます。
p.40 の 「システム日時の設定」 を参照してください。
システム日時の設定
次の手順はシステム日時を設定する方法を説明します。デフォルトで、システム日時は中
央ヨーロッパ標準時 (CET) に設定されます。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
システム日時の設定
システム日時を設定するには
1
root としてノードにログインしてください。
2
コマンドプロンプトで、SUSE Linux の YaST の設定ツールを起動する次のコマンド
を入力してください。
# yast
インターフェースを開始するために yast か YaST を入力できます。大文字と小文字
の他の組み合わせを入力しないでください。
3
[YaST Control Center]のメインページで、[System]>[Date and Time]を選択
し、Enter キーを押してください。
4
[Clock and Time Zone]ページで、タブキーを押してこのページのフィールドにナ
ビゲートし、次のステップを完了します。
■
[Region]を選択します。
■
[Time Zone]を選択します。
■
(省略可能) [Hardware Clock Set To]のフィールドで、[Local Time]を選択す
るか、または[UTC]のデフォルトを受け入れます。
このステップはオペレーティングシステムの時間とハードウェアの時間を同期しま
す。選択は BIOS ハードウェアの時計がこのノードでどのように設定されるかに
よって決まります。
時計がグリニッジ標準時 (GMT) に設定されれば、システムは標準時間から夏時
間へ、夏時間から標準時間への自動切り替えを PDOS に任せることができます。
GMT は UTC に対応します。
時計が現地時間に設定されている場合は、[Local Time]を選択できます。
■
タブキーを押して[Time and Date]フィールドの[Change]に移動し、Enter キー
を押します。
■
[Change System Date and Time]のポップアップで、タブキーを押して[Current
Time]フィールドへ移動し、現在の時間を設定します。
タブキーを押して[Current Date]フィールドへ移動し、日付を設定します。これ
らの設定が日付が月の前に表示されるヨーロッパの日時形式を使うことに注意し
ます。
■
タブキーを押して[Time and Date]フィールドの[Change]に移動し、Enter キー
を押します。
■
[Change System Date and Time]のポップアップで、タブキーを押して[Current
Time]フィールドへ移動し、現在の時間を設定します。
タブキーを押して[Current Date]フィールドへ移動し、日付を設定します。これ
らの設定が日付が月の前に表示されるヨーロッパの日時形式を使うことに注意し
ます。
41
42
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
アドレス指定の設定
タブキーを押して[Apply]に移動し、Enter キーを押します。
■
5
[Accept]を選択します。
次のトピックに進みます。
p.42 の 「アドレス指定の設定」 を参照してください。
アドレス指定の設定
この手順は、このノードの唯一の NIC かプライマリ NIC に静的なアドレス指定を設定する
方法を説明します。
PureDisk は動的アドレスをサポートしません。PureDisk は、固定アドレスになる場合の
み、Dymanic Host Configuration Protocol (DHCP) をサポートします。この手順は
DHCP サーバーを使わないと想定します。DHCP の予約を使うように DHCP サーバーが
設定されている場合、設定を確認するためにこの手順を使います。
クラスタのこのノードを設定するように意図する場合、後述の手順はアドレスを指定せず
に、専用のハートビートのための 2 つの NIC を設定する方法を説明します。後述の手順
では、クラスタの専用のハートビートのために使う 2 つの NIC にも、コンピュータで使われ
ていないどの NIC にも、アドレス設定を行いません。
メモ: PDOS の制限事項のために、DHCP と固定アドレスを組み合わせることができませ
ん。固定アドレスを使うとき、[Update Name Servers and search list via DHCP]のオプ
ションは[Hostname and Name Server Configuration]ページでグレーになります。選
択した状態で[Update Name Servers and search list via DHCP]のオプションがグレー
になっている場合、それを無効にできません。このトピックの手順は、この問題を避ける方
法での設定の処理を示します。
NIC の情報の収集
次の手順では、このノードで静的なアドレス指定を設定するのに必要な情報を集める方
法について説明します。
NIC の情報を集めるには
1
このコンピュータのプライマリ NIC についての情報を記録してください。
クラスタ化されたストレージプールにこのノードを含めたい場合は、この情報を集め、
計画の表計算ワークシートの PureDisk_ClusterPlanning.xls に記録したことを
確かめます。
クラスタ化されていないストレージプールにこのノードを含めるには、次の表の情報
をネットワーク管理者に問い合わせます。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
アドレス指定の設定
必要な情報
NIC データ
MAC アドレス。
________________________________________
メモ: この情報を入力する必要はありません
がこのノードに複数の NIC があれば有用で
す。この情報を取得するには、ip a(8) コマ
ンドを使います。
NIC のパブリック IP アドレス。
________________________________________
サブネットマスク。
________________________________________
NIC のパブリックホスト名。
________________________________________
ネットワークのこのコンピュータのためのドメイ ________________________________________
ン名。
DNS サーバーまたはネームサーバーの IP
アドレス。
________________________________________
このネットワークのためのドメイン。
________________________________________
デフォルトゲートウェイの IP アドレス。
________________________________________
メモ: 複数の場所に FQDN かホスト名を指定する必要があります。これらのフィール
ドに下線文字 (_) を含めることができません。
ip a(8) コマンドから必要な情報の一部を入手できます。次は ip a(8) コマンドの出
力例です。
# ip a
1: lo:<LOOPBACK,UP> mtu 16436 qdisc noqueue
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:<BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 100
link/ether 00:11:43:e4:0b:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.80.92.102/21 brd 10.80.95.255 scope global eth0
inet6 fec0::80:211:43ff:fee4:b2a/64 scope site dynamic
valid_lft 2591999sec preferred_lft 604799sec
inet6 fe80::211:43ff:fee4:b2a/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1:<NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:11:43:e4:0b:2b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
43
44
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
アドレス指定の設定
4: eth2:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:86 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
5: eth3:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:87 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
6: sit0:<NOARP> mtu 1480 qdisc noop
link/sit 0.0.0.0 brd 0.0.0.0
2
静的なアドレス指定を設定するために次のトピックに進んでください:
p.44 の 「静的なアドレス指定の設定」 を参照してください。
静的なアドレス指定の設定
次の手順は、このノードのプライマリ NIC のために静的なアドレス指定を設定する方法を
説明します。
クラスタ化されたストレージプールにこのノードを設定する場合は、現時点で専用のハー
トビートの NIC にアドレス設定しないでください。
メモ: このトピックの手順はホスト名とネームサーバーのために DCHP を使うようにネット
ワークが設定されていないことを想定します。
静的なアドレス指定を設定するには
1
[YaST Control Center]のメインページで、[Network Devices]>[Network Card]
を選択し、Enter キーを押してください。
2
[Network Setup Method]ページで、[Traditional Method with ifup]を選択し、
[Next]を選択してください。
3
[Network Card Configuration Overview]ページで、プライマリ NIC を選択し、
[Edit]を選択してください。
最下のペインで、[Device Name]フィールドは MAC アドレスによって各 NIC を識
別します。
クラスタにこのノードを含めたい場合、ホストアドレス、サービスアドレス、FQDN を設
定したい NIC を選択します。
4
タブキーを押して[Hostname and Name Server]に移動し、Enter キーを押してく
ださい。
5
(該当する場合) 表示されるポップアップで、[Modify]を選択し Enter キーを押して
ください。
ポップアップが表示されたらこのステップを実行します。
6
[Hostname and Name Server Configuration]ページで、次のステップを実行し
てください:
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
アドレス指定の設定
■
[Hostname]のフィールドに、一意のホスト名を入力します。
デフォルトの PDOS のホスト名は PureDisk ですが、各ノードに一意のホスト名
がなければなりません。
■
タブキーを押してカーソルを[Domain Name]フィールドに置き、このネットワー
クのためのドメイン名を入力します。
■
タブキーを押してカーソルを[Change Hostname via DHCP]に置き、Enter キー
を押してそれを選択解除します。
■
カーソルを[Name Server 1]に置くためにタブを押し、DNS サーバーまたはネー
ムサーバーの IP アドレスを入力してください。
■
(省略可能) 必要に応じて、[Name Server 2]フィールドと[Name Server 3]
フィールドに追加の IP アドレスを入力してください。
■
タブキーを押してカーソルを[Update Name Servers and search list via DHCP]
に置き、Enter キーを押してそれを選択解除します。
■
タブキーを押して[OK]に移動し、Enter キーを押します。
7
[Network Address Setup]ページで、[Static Address Setup]を選択します。
8
[IP Address]フィールドを選択するまでタブキーを押し、ノードのプライマリ NIC に
割り当てたい IP アドレスを入力してください。
9
タブキーを押して[Subnet Mask]を表示し、デフォルトのサブネットマスクを受け入
れるか、自分自身のサブネットマスクを入力します。
クラスレスドメイン間ルーティング (CIDR) 表示法を使わないでください。
10 [Network Address Setup]ページで、[Routing]を選択し、Enter キーを押します。
11 [Routing Configuration]ページで、デフォルトゲートウェイの IP アドレスを指定し、
[OK]を選択します。
12 [Network Address Setup]ページで、[Next]を選択します。
13 [Finish]を選択します。
14 [Quit]を選択します。
15 VxVM を起動する次のコマンドを入力します。
# /etc/init.d/boot.vxvm start
45
46
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
16 このノードのホスト名に Volume Manager のホスト ID を設定する次のコマンドを入
力します。
# vxdctl hostid hostname
hostname には、ステップ 6 で指定したホスト名を入力します。
17 次のトピックの 1 つに進んでください:
参照先
状況
p.46 の 「(該当する場合) ストレージのパー
ティションの設定 (クラスタ化されていない場
合)」 を参照してください。
このノードをクラスタ化されていないストレージ
プールに含める場合。
p.56 の 「JBOD-Onedisk インストールの完了」 このノードをクラスタ化されているストレージ
を参照してください。
プールに含める場合。
メモ: クラスタ化されたストレージプールにこ
のノードを含めるには、現時点では
/Storage のパーティションを設定しないで
ください。この後の手順は /Storage パー
ティションを設定する方法を説明します。
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラ
スタ化されていない場合)
クラスタ化されていないストレージプールでの使用のためにこのノードを設定するときのみ
このトピックの手順を実行します。
メモ: クラスタ化されたストレージプールで使うためにこのノードを設定するには、現時点
で (PDOS のインストール中に) ストレージのパーティションを設定しないでください。Veritas
Cluster Server (VCS) ソフトウェアをインストールした後ストレージのパーティションを設
定してください。この後の手順では、クラスタ化されたストレージで使用するためにストレー
ジのパーティションを設定する方法を説明します。
ストレージのパーティションについて
PureDisk は次のストレージのパーティションの 1 つ以上を設定することを可能にします。
■ /Storage/databases
■ /Storage/data
です。
はサービスのデータベースをホストします。
は PureDisk がすべてのファイルの内容を書き込むパーティション
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
■ /Storage
はデータベースのキューファイルのためのリポジトリです。
同じパーティションに /Storage そして /Storage/data を作成することは可能です
が /Storage/data のディレクトリでディスクの断片化が増加する危険性があります。
ただし、両方のディレクトリのための 1 つのパーティションを作成する利点は、ステー
ジングエリアのための容量を失わないことです。1 つのパーティションの場合は、バッ
クアップデータを格納するためにより多くの容量を割り当てます。これらのパーティショ
ンを組み合わせる場合は、RAID 5 を使います。
マルチノードのストレージプールを作成する場合はシマンテック社は各ノードのストレー
ジを同一に設定することを推奨します。
次の表はクラスタ化されていないストレージプールのノードのためのディスクのパーティ
ション分割の 3 つのオプションの概略を示します。パフォーマンスはオプション 2 かオプ
ション 3 を使えば向上します。
次の表は /Storage パーティションだけがあるディスクレイアウトのためのディスクのパー
ティション分割の概略を示したものです。
表 4-2
オプション 1:/Storage パーティション
マウントポイント
サービス
RAID
I/O の必要条件
/Storage
すべて
RAID 0、RAID 1、また 通常の I/O 速度が必
は RAID 5
要
サイズ
8 TB まで
次の表は /Storage と /Storage/data パーティションがあるディスクレイアウトのための
ディスクのパーティション分割の概略を示したものです。
表 4-3
オプション 2:/Storage + /Storage/data パーティション
マウントポイント
サービス
RAID
I/O の必要条件
/Storage
すべて
RAID 0、RAID 1、また 通常の I/O 速度が必
は RAID 5
要
/Storage/data
コンテンツルーター
RAID 5
通常の I/O 速度が必
要
サイズ
/Storage/data の
サイズの 15%
8 TB まで
次の表は /Storage、/Storage/data、/Storage/databases パーティションがあるレ
イアウトのためのディスクのパーティション分割の概略を示したものです。
47
48
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
表 4-4
オプション 3:/Storage + /Storage/data + /Storage/databases パー
ティション
マウントポイント
サービス
RAID
/Storage
すべて
RAID 0、RAID 1、また 通常の I/O 速度が必
は RAID 5
要
/Storage/data
コンテンツルーター
RAID 5
/Storage/databases メタベースエンジン、コ RAID 1
ンテンツルーター、スト
レージプール認可
I/O の必要条件
サイズ
/Storage/data の
サイズの 5%
通常の I/O 速度が必
要
8 TB まで
高速な I/O が必要
/Storage/data の
サイズの 10%
ストレージのパーティション設定ツールの代替
ストレージのパーティションを設定するために YaST か Veritas Enterprise Administrator
(VEA) を使うことができます。インストール手順は YaST の使用によってストレージを設定
する方法を記述しています。
YaST の代替として、ストレージパーティションを設定するために VEA をインストールし、
使うことができます。VEA は GUI を含んでいます。ストレージプールに多くのノードを含
める場合は、VEA を使うことで簡単になる場合があります。VEA を使うことにしたら、現時
点でストレージのパーティションを設定しないでください。その代わり、ストレージのパー
ティションを設定しないでこのノードの PDOS のインストールを完了します。PDOS のイン
ストールの完了後、VEA をインストールし、VEA を使ってストレージのパーティションを設
定します。VEA をインストールし使う方法については次を参照してください:
p.253 の 「PureDisk ストレージプールの Veritas Enterprise Administrator ロールにつ
いて」 を参照してください。
ファイルシステムの代替
パフォーマンスと保守の理由のために、シマンテック社はストレージのパーティションに
VxFS ファイルシステムを作成することを推奨します。VxFS がディスクのデバイスをサポー
トしなければ、XFS ファイルシステムを代わりに作成します。たとえば、VxFS は iSCSI の
ディスクデバイスをサポートしません。次の Web サイトの互換性のリストは、VxFS がサ
ポートするディスクのデバイスを説明します:
http://www.symantec.com/business/support/compatibility.jsp?language=english&view=comp&
pid=52672
ディスクのパーティションの指定は大文字と小文字の区別があります。パーティションの名
前を入力するとき、この手順に示すようにそれらを正確に入力してください。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
RAID の設定の代替
シマンテック社は、PureDisk ストレージプールに含めるディスクに Redundant Array of
Independent Disks (RAID) 技術を使うことを推奨します。ハードウェア RAID のコント
ローラや、Veritas Volume Manager (VxVM) または他のある種の RAID の技術を通し
て設定したソフトウェア RAID を使えます。
ハードウェア RAID のコントローラはより安定しており、ソフトウェア RAID より保守し易い
です。さらに、ハードウェア RAID は次の利点があります。
■
サーバーの CPU の負荷を軽減し続けます
■
障害が発生したドライブを容易に置換できます
■
通常、ソフトウェア RAID より速いです
ただし次の状況ではソフトウェア RAID の使用を検討します:
■
ハードウェア RAID のコントローラが低質であるかまたは低速な場合。
■
ハードウェア RAID のコントローラが PDOS でサポートされていない場合。
■
ハードウェア RAID のコントローラがアレイ拡張をサポートしない場合。
メモ: PureDisk にはコンテンツルーター、メタベースエンジンとストレージプール認可の
サービスのためのデータベースがあります。シマンテック社はそれらの PureDisk のデー
タベースが存在するパーティションに RAID 6 の設定を使わないことを推奨します。RAID
6 の設定により PureDisk のデータベースのパフォーマンスはかなり低下し、PureDisk
の処理のパフォーマンスが低下します。
ストレージのパーティションの設定処理の概要
次の手順はストレージのパーティションを設定する方法を説明します。
ストレージのパーティションを指定するには
1
ハードウェアの互換性を確認します。
p.50 の 「ハードウェアの互換性の確認」 を参照してください。
2
(該当する場合) マルチパスを無効にします。
p.51 の 「(該当する場合) マルチパスの無効化」 を参照してください。
3
ディスクグループを作成します。
p.53 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
4
/Storage パーティションを設定します。
p.53 の 「/Storage パーティションの設定」 を参照してください。
49
50
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
5
(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションを設定します。
p.54 の 「(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションの設定」
を参照してください。
6
ストレージの設定を完了します。
p.56 の 「ストレージの設定の完了」 を参照してください。
ハードウェアの互換性の確認
次の手順はディスクのハードウェアを確認し、必要に応じて追加のソフトウェアをダウン
ロードする方法を説明します。
ハードウェアの互換性を確認するには
1
次の Web サイトの Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストを表示
します。
ftp://exftpp.symantec.com/pub/support/products/VolumeManager_UNIX/277905.pdf
2
Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストで、使用しているディスクの
ハードウェアを検索します。
次の処置の 1 つを行ってください:
3
■
使用しているディスクのハードウェアがハードウェア互換性リストにある場合は、
VxVM 列に X が記載されています。この手順の次のステップに進みます。
■
ディスクのハードウェアがハードウェア互換性リストにない場合は、使用している
ディスクの動的マルチパス (DMP) が VxVM ではサポートされません。次のトピッ
クに進みます。
p.51 の 「(該当する場合) マルチパスの無効化」 を参照してください。
Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストで、使用しているディスクの
ハードウェアの行で、DMP 列を参照してください。
動的マルチパス (DMP) は、PDOS から LUN またはデバイスへの複数のパスを有効
にするパフォーマンスの強化機能です。DMP はインストール処理に次のように影響
します。
■
使用しているハードウェアの DMP 列に X が記載されている場合、VxVM では
デフォルトでそのハードウェアの DMP をサポートします。次のトピックに進みま
す。
p.53 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
■
使用しているハードウェアの DMP 列に X 以外の文字が表示されている場合、
Array Support Library (ASL) や Advanced Power Management (APM) ソフ
トウェアを追加でダウンロードします。この手順の次のステップに進みます。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
4
(該当する場合) ASL や APM のソフトウェアをダウンロードしてインストールするか、
シマンテック社のテクニカルサポートに問い合わせてください。
このステップは、ディスクハードウェアに追加ソフトウェアが必要であることがハード
ウェア互換性リストに記載されている場合にのみ実行します。
Web ページのダウンロードリンクをたどり、ダウンロードページの手順を使ってソフト
ウェアをインストールします。
5
次のトピックに進みます。
p.53 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
(該当する場合) マルチパスの無効化
ハードウェアの確認手順によって、VxVM がこのノードの外部ディスクの DMP をサポー
トしないことが判明した場合、このトピックの手順を実行します。
このノードに接続したディスクによっては、システムがマルチパスをデフォルトで有効にし
ていることがあります。次の手順は、マルチパスを無効にして VxVM との競合を防ぐ方法
を説明します。
マルチパスを無効にするには
1
root としてノードにログインしてください。
2
次のコマンドを入力してください:
# vxdiskadm
3
[Volume Manager Support Operations]の画面で、19 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[List currently suppressed/non-multipath devices]を選択し
ます。
4
次の見出しの下に YaST によって表示される情報を確認します。
[Devices excluded from multipathing by vxdmp:]
■
次の情報が表示されたら、この手順を完了しないでください:
[All devices have been excluded from multipathing by vxdmp]
■
5
他の情報が表示されたら、続行し、この手順を完了します。
メインメニューに戻るためには Enter キーを押します。
51
52
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
6
[Volume Manager Support Operations]の画面で、17 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[Prevent multipathing/Suppress devices from VxVM's view]
を選択します。
7
[Exclude Devices]の画面で、続行するために Enter キーを押します。
この処理はデフォルトの y を受け入れ、続行します。
8
[Volume Manager Device Operations]の画面で、5 を入力し、Enter キーを押
します。
9
[Exclude controllers from DMP]の画面で、all を入力し、Enter キーを押し
ます。
10
[Continue operation? ... ]のプロンプトで y を入力し、Enter キーを押しま
す。
11
[Hit RETURN to continue]のプロンプトで、Enter キーを押します。
12 ノードを再ブートしてください。
13 root としてノードにログインしてください。
14 次のコマンドを入力してください:
# vxdiskadm
15
[Volume Manager Support Operations]の画面で、19 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[List currently suppressed/non-multipath devices]を選択し
ます。
16 すべてのデバイスが除外されることを確認します。
表示は次の見出しと状態を含むはずです。
[Devices excluded from multipathing by vxdmp:]
[All devices have been excluded from multipathing by vxdmp]
17 メインメニューに戻るためには Enter キーを押します。
18 中止するには q を押し、Enter キーを押します。
19 次のトピックに進みます。
p.53 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
ディスクグループの作成
次の手順は YaST を開始しディスクグループを作成する方法を説明します。
ディスクグループを作成するには
1
SUSE Linux の YaST の設定ツールを起動する次のコマンドを入力します。
# yast
インターフェースを開始するには yast か YaST を入力します。大文字と小文字の他
の組み合わせを入力しないでください。
2
[YaST Control Center]のメインページで、[System]>[Partitioner]を選択してく
ださい。
3
警告のポップアップで[Yes]を選択してください。
4
[Expert Partitioner]のページで、[VxVM]を選択してください。
5
[Create a Disk Group]ポップアップで、ディスクグループにサイト固有の名前を入
力するか、またはデフォルトを受け入れてください。
6
[OK]をクリックしてください。
7
[Veritas Volume Manager: Disks Setup]ページで、ディスクグループに含めたい
ディスクを選択します。
8
[Add Disk]を選択し、Return キーを押してください。
まだパーティション分割されていないディスクのみを追加できます。パーティションが
付いているディスクを追加することを試みればディスクグループへのディスクの追加
は成功しません。パーティションを追加することを試みる前にディスクからすべての
パーティションを削除します。
ディスクのすべてのパーティションを削除するには、YaST のインターフェースの
[Expert]を選択し、[Delete Partition Table and Disk Label]を選択します。
9
ディスクグループに含めたいすべてのディスクで次のステップを繰り返します。
■
ステップ 7
■
ステップ 8
10 [Next]をクリックしてください。
11 次のトピックに進みます。
p.53 の 「/Storage パーティションの設定」 を参照してください。
/Storage パーティションの設定
次の手順は /Storage パーティションを設定する方法を説明します。
53
54
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
/Storage パーティションを設定するには
1
[Veritas Volume Manager: Volumes]ページで、[Add]をクリックしてください。
[Create Volume]ポップアップが表示されます。
2
VxFS のファイルシステムを作成できるかどうか、または XFS ファイルシステムを作成
する必要があるかどうかを決定します。
VxFS のファイルシステムは推奨されたデフォルトです。ただし、ディスクが VxFS で
サポートされない場合、XFS ファイルシステムを設定する必要があることがあります。
次の通り進みます:
■
ディスクが VxFS をサポートする場合、次のステップに進みボリューム名を指定
します。
■
ディスクが VxFS をサポートしない場合、[File System]のフィールドで、ドロップ
ダウンリストから XFS を選択します。
3
[Volume Name]フィールドで、名前を指定してください。たとえば、Storage。
4
[Mount Point]フィールドに、/Storage を入力してください。ドロップダウンリストに
ないのでこの名前を入力する必要があります。
5
[OK]をクリックしてください。
6
[Next]をクリックしてください。
7
次のトピックの 1 つに進んでください:
■
パフォーマンスを拡張するために /Storage/data か /Storage/databases
のパーティションを設定する場合は次に進みます:
p.54 の 「(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションの
設定」 を参照してください。
メモ: マルチノードのストレージプールでは、各ノードで同じパーティション分割ス
キームを指定することを確かめます。
■
追加のパーティションを設定したくない場合、次に進みます:
p.56 の 「ストレージの設定の完了」 を参照してください。
(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションの設定
/Storage/data と /Storage/databases のパーティションを設定する場合は次の手順
を実行します。シマンテック社はこれらの追加のパーティションの設定を必要としません
が、これらの追加のパーティションはストレージプールパフォーマンスを高めることができ
ます。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの設定 (クラスタ化されていない場合)
これらの追加のパーティションを設定したら、次の方法の 1 つでそれらを設定してくださ
い:
■ /Storage/data
を設定します。
または
■ /Storage/data
と /Storage/databases を設定します。
/Storage/data と /Storage/databases のパーティションを設定するには
1
/Storage/data のためにパーティションを指定します。
高性能の /Storage/data のパーティションを作成するために次のステップを実行
してください:
2
■
[Veritas Volume Manager: Volumes]ページで、[Add]をクリックしてくださ
い。
[Create Volume]ポップアップが表示されます。
■
(該当する場合) [File System]のフィールドで、VxFS がユーザーのディスクの
種類をサポートしなければドロップダウンリストから XFS を選択します。すべての
ストレージのパーティションに同じファイルシステムを指定することを確かめます。
■
[Volume Name]フィールドで、Storage_data を指定します。
■
[Size]フィールドで、このパーティションのためにサイズを指定してください。詳
しくは、次のトピックを参照してください。
p.46 の 「ストレージのパーティションについて」 を参照してください。
■
[Mount Point]フィールドに、/Storage/data を入力してください。ドロップダ
ウンリストにないのでこの名前を入力する必要があります。
■
[OK]をクリックしてください。
/Storage/databases のためにパーティションを指定します。
高性能の /Storage/databases のパーティションを作成するために次のステップ
を実行してください:
■
[Veritas Volume Manager: Volumes]ページで、[Add]をクリックしてくださ
い。
[Create Volume]ポップアップが表示されます。
■
(該当する場合) [File System]のフィールドで、VxFS がユーザーのディスクの
種類をサポートしなければドロップダウンリストから XFS を選択します。すべての
ストレージのパーティションに同じファイルシステムを指定することを確かめます。
■
[Volume Name]フィールドで、Storage_databases を指定します。
■
[Size]フィールドで、このパーティションのためにサイズを指定してください。詳
しくは、次のトピックを参照してください。
p.46 の 「ストレージのパーティションについて」 を参照してください。
55
56
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
JBOD-Onedisk インストールの完了
■
[Mount Point]フィールドに、/Storage/databases を入力してください。ドロッ
プダウンリストにないのでこの名前を入力する必要があります。
■
[OK]をクリックしてください。
3
[Next]をクリックしてください。
4
次のトピックに進みます。
p.56 の 「ストレージの設定の完了」 を参照してください。
ストレージの設定の完了
次の手順はストレージの設定を終える方法を説明します。
ストレージの設定を完了するには
1
[Expert Partitioner]ページで、表示される情報を確認してください。
[Mount]の列を表示するために右矢印のキーを押してください。[Mount]の列が
正しいことを確かめてください。そうでない場合、YaST を中止し、ストレージの設定
をもう一度試してください。
2
右下隅のアイコンをクリックします。
使ったインストールオプションによって、このアイコンは[Apply]または[Finish]のい
ずれかです。
3
表示される[Changes]ポップアップで、[Apply]をクリックしてください。
4
[Finish]を選択します。
5
[Quit]を選択します。
6
次のトピックに進みます。
p.56 の 「JBOD-Onedisk インストールの完了」 を参照してください。
JBOD-Onedisk インストールの完了
次の手順は[JBOD-Onedisk]インストールを完了する方法を説明します。
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
インストールの確認
JBOD-Onedisk インストールを完了するには
1
インストールが終わるとき、CD-ROM ディスクを取り出してください。
2
インストールを評価してください。
参照先
状況
p.57 の 「インストールの確認」 を参照してくだ インストールが正常に完了した場合。
さい。
p.59 の 「Manual インストールオプションにつ インストールが失敗したら、システムを再ブー
いて」 を参照してください。
トして手動インストールを実行してください。
インストールの確認
次の手順は PDOS のインストールを確認する方法を説明します。
インストールを確認するには
1
(省略可能) サーバーの他のアカウントを作成します。
より多くのユーザーを追加するか、またはサイトの設定に従ってアカウントを変更す
るために YaST2 インターフェースを使ってください。
2
パーティションを調べる次のコマンドを入力してください:
# df -hl
出力が次の項目を示すことを確かめます:
■ rootfs
■ /
のパーティション
■ boot
■
のファイルシステム
のパーティション
設定したストレージのパーティション (クラスタ化されていないノードのみ)
必要ならば、ディスクのパーティション分割を変更する YaST2 か VEA を使ってくだ
さい。
3
出力が次の項目を示すことを確かめます:
■
このノードが設定した最初のノードである場合、ゲートウェイアドレス、ローカルホ
スト、またはノード自体に ping を実行します。
■
このノードが 2 番目以降に設定したノードである場合、他のストレージプールの
ノードの 1 つに ping を実行します。
57
58
第 4 章 JBOD-Onedisk PDOS のインストールの実行
インストールの確認
PureDisk のインストールが正しく動作するために、ノード間のネットワークの ping(1)
は問題なく動作する必要があります。つまり、icmp のエコーは遮断されず、ノード間
のルーターは ping(1) が制限されない必要があります。
ping(1) コマンドが正常に完了しないなら、YaST2 を再び開始し、ネットワークカー
ドの設定を調べます。
4
YaST2 の DNS エントリを確認します。DNS エントリがなくなっている場合、次のトピッ
クの手順を実行します。
p.44 の 「静的なアドレス指定の設定」 を参照してください。
DNS エントリのリセット後、ここに戻ります。
5
状況によって次のトピックの 1 つに進んでください。
参照先
状況
p.131 の 「ストレージプールソフトウェアのイン このノードがオールインワンストレージプール
ストール処理について」 を参照してください。 に含めてほしい唯一のノードである場合。
または
このノードが、マルチノードでクラスタ化されて
いないストレージプールのための PDOS をイ
ンストールする必要がある唯一のノードである
場合。
p.19 の 「PureDisk オペレーティングシステ より多くのノードに PDOS をインストールする
ム (PDOS) のインストールについて」 を参照し 必要がある場合。
てください。
この手順は、クラスタ化されているか、または
クラスタ化されていないかどうかにかかわらず、
すべてのマルチノードのストレージプールに
適用されます。クラスタソフトウェアかストレー
ジプールソフトウェアをインストールする前に、
すべてのノードに PDOS をインストールしま
す。
p.86 の 「Veritas Cluster Server (VCS) ソフ このノードがクラスタ化されたストレージプー
トウェアのインストールについて」 を参照して ルに含めたい最後のノードなら、VCS クラスタ
ください。
ソフトウェアをインストールします。
p.243 の 「PureDisk のインストールのトラブル インストールが失敗したら、問題をトラブル
シューティングについて」 を参照してください。 シューティングしてください。
5
PDOS の Manual インストー
ルの実行
この章では以下の項目について説明しています。
■
Manual インストールオプションについて
■
手動インストールの開始
■
/boot、swap、/ パーティションの設定
■
ホスト名、ネットワーキングとその他の設定の指定
■
アドレス指定の設定
■
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
■
Manual インストールの完了
■
インストールの確認
Manual インストールオプションについて
[Manual]インストールオプションでは、サーバーのすべての設定を自分で指定する必
要があります。[Manual]オプションを選択した後、システムは YaST インターフェースを
示します。YaST インターフェースを使って、パーティション分割、ネットワークアドレス、
ユーザーのリスト、その他の指定を設定できます。
すべての PDOS のインストール方式は SUSE YaST のインターフェースを使います。この
インターフェースについて詳しくは、次の情報の 1 つを参照してください:
■
p.199 の 「YaST2 インターフェースについて」 を参照してください。
■
次の Web サイトで SUSE Linux の 10.1 のマニュアルを参照してください:
www.novell.com/documentation/suse.html
60
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
Manual インストールオプションについて
ファイルシステムの設定
手動インストールの間に VxVM か VxFS を設定することを試みないでください。インストー
ルの間に VxVM か VxFS を設定しようとすると、次のようになります。
■
最終的な再ブートに失敗します。
■
システムは VxVM と VxFS のデーモンとドライバについてのメッセージを発行します。
インストール処理の終わりの方で、インストール手順はインストール後のスクリプト
pdos-postinstall.sh の実行を指示します。インストール後のスクリプトは VxVM と
VxFS 操作を有効にします。
手動処理の概要
各インストールは異なっているので、インストール手順の一部のステップは、一般的な条
件で書かれています。サイトの設定を満足するために YaST で追加の設定を指定する必
要があることがあります。
このマニュアルが記述するディスクのパーティションは推奨されたレイアウトです。ユー
ザーの装置によってここに規定されるディスクレイアウトを変える必要があることがありま
す。VxVM には 2 つの別々の物理ディスクデバイスが必要です。
次の手順は[Manual]インストールを実行する方法を説明します。
手動インストールを実行するには
1
インストールを開始してください。
p.61 の 「手動インストールの開始」 を参照してください。
2
/boot、swap、/ パーティションを設定します。
p.62 の 「/boot、swap、/ パーティションの設定」 を参照してください。
3
ホスト名、ネットワーキング、その他の設定を指定します。
p.65 の 「ホスト名、ネットワーキングとその他の設定の指定」 を参照してください。
4
アドレスを設定してください。
p.66 の 「アドレス指定の設定」 を参照してください。
5
(該当する場合) ストレージのパーティションを指定してください。
p.71 の 「(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていな
い場合)」 を参照してください。
6
インストールを完了してください。
p.81 の 「Manual インストールの完了」 を参照してください。
7
インストールを確認してください。
p.82 の 「インストールの確認」 を参照してください。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
手動インストールの開始
手動インストールの開始
次の手順は[Manual]インストールを開始する方法を説明します。
手動インストールを開始するには
1
矢印キーを使って PDOS メニューの[Manual]を選択し、Enter キーを押してくださ
い。
[Manual]を選択すると、YaST2 インターフェースが表示されます。YaST を使って
PureDisk ノードのすべての面を設定します。YaST を使って、ノードのパーティショ
ン分割、ネットワークアドレス、ユーザーのリスト、その他の項目を設定します。
次に YaST2 インターフェースのためのナビゲーションの一部を示します:
■
YaST2 インターフェースでメニュー項目を選択するためには、Alt キーと項目の
名前で下線が付いているまたは選択されている英字を押します。たとえば次の
通りメニュー項目が表示されることを想定してください:
Change
この項目を選択するためには、Alt-c を入力してください。
■
ページのほとんどは次のページに進むために[Next]を選択するか、または Alt-n
を入力するように要求します。
2
[Language]のページで、[English(US)]を指定し、[Next]を選択してください。
3
最初の[License Agreement]ページで、使用許諾契約を受け入れ、[Next]を選
択します。
4
2 番目の[License Agreement]ページで、使用許諾契約を受け入れ、[Next]を選
択します。
5
[Installation Mode]ページで、[New Installation]を選択し[Next]を選択してく
ださい。
[Include Add-on Products]を選択しないでください。
6
[Clock and Time Zone]ページで、次のステップを完了します。
■
[Region]を選択します。
■
[Time Zone]を選択します。
■
(省略可能) [Hardware Clock Set To]のフィールドで、[Local Time]を選択す
るか、または[UTC]のデフォルトを受け入れます。
このステップはオペレーティングシステムの時間とハードウェアの時間を同期しま
す。選択は BIOS ハードウェアの時計がこのノードでどのように設定されるかに
よって決まります。
時計がグリニッジ標準時 (GMT)に設定されれば、システムは標準時間から夏時
間へ、夏時間から標準時間への自動切り替えを PDOS に任せることができます。
GMT は UTC に対応します。
61
62
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
/boot、swap、/ パーティションの設定
時計が現地時間に設定されている場合は、[Local Time]を選択できます。
■
7
[Next]を選択してください。
[Installation Settings]ページで、次のステップを実行してください:
■
選択が記録されていることを確かめるために表示を確認してください。
■
[Partitioning]をクリックしてください。
8
[Suggested Partitioning Screen]で、[Create Custom Partition Setup ]を選択
し、[Next]を選択してください。
9
[Preparing Hard Disk: Step 1]ページで、[Custom Partitioning (for experts)]
を選択し、[Next]を選択してください。
10 次に進みます。
p.62 の 「/boot、swap、/ パーティションの設定」 を参照してください。
/boot、swap、/ パーティションの設定
次の手順は /boot、swap、/ のためのディスクのパーティションを作成する方法を説明し
ます。
/boot、swap、/ パーティションについて
[Manual]のインストール方式は自動的にディスクパーティションを設定しません。次の表
は、/boot、swap、/ パーティション用に作成する必要があるディスクパーティションを示
します。設定手順が示すように、これらのパーティションには EXT3 かスワップファイルシ
ステムを使ってください。他のファイルシステムを使うと、パフォーマンスは低下し、保守は
より困難です。
表 5-1
/boot、swap、/ のためのディスクパーティションのレイアウト
マウントポイント
サイズ
ファイルシステム
/boot
100 MB として設定。
EXT3 として設定。
swap
4 GB として設定。
swap として設定。
/
ブートディスクの残りの空き容量を EXT3 として設定。
使用。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
/boot、swap、/ パーティションの設定
/boot、swap、/ パーティションの設定
シマンテック社は /boot、swap、/ パーティションのために VxFS か XFS を選択しないこ
とを推奨します。手順に示すように EXT3 かスワップファイルシステムを使ってください。
他のファイルシステムを選択すれば、パフォーマンスは低下し、保守はより困難です。
次の手順は /boot、swap、/ のためのパーティションを設定する方法を説明します。
/boot、swap、/ のためのパーティションを作成するには
1
(該当する場合) 既存のパーティションを削除してください。
別のアプリケーションのためのディスクのパーティションに現在設定されているディス
クを再利用する必要があったらこのステップを実行してください。
次のステップを完了してください:
■
[Expert Partitioner]ページで、ディスクを選択してください。
■
[Delete]をクリックしてください。
■
[Really delete all partitions on disk_name?]ポップアップで、[Yes]をクリック
してください。
2
[Expert Partitioner]ページで、[Create]をクリックしてください。
3
/boot のためのパーティションを作成するために次のステップを完了してください:
4
■
(該当する場合) [Disk to Partition]ポップアップで、パーティションを作成した
いディスクを選択し、[OK]をクリックしてください。
YaST は複数のディスクから選択できるときのみこのオプションを示します。
■
[Partition Type]ポップアップで、[Primary]を選択してください。
■
[OK]をクリックしてください。
■
[Create a Primary Partition on disk_name]ページの[Format]ペインの
[Format]フィールドで、[Ext3]を選択してください。
■
[Size]のペインの[End]のフィールドに、/boot のための 100 MB パーティショ
ンを作成するために +100MB と入力してください。
■
[Mount Point]フィールドで、ドロップダウンリストから[/boot]を選択してくださ
い。
■
[OK]をクリックしてください。
swap のためのパーティションを作成するために次のステップを完了してください:
■
[Create]をクリックしてください。
■
(該当する場合) [Disk to Partition]ポップアップで、パーティションを作成した
いディスクを選択し、[OK]をクリックしてください。
YaST は複数のディスクから選択できるときのみこのオプションを示します。
63
64
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
/boot、swap、/ パーティションの設定
5
■
[Partition Type]ポップアップで、[Primary]を選択してください。
■
[OK]をクリックしてください。
■
[Create a Primary Partition on disk_name]ページの[Format]ペインの
[Format]フィールドで、[Swap]を選択してください。
■
[Size]のペインの[End]のフィールドに、swap のための 4 GB パーティションを
作成するために +4GB と入力してください。
■
[OK]をクリックしてください。
/ のためのパーティションを作成するために次のステップを完了してください:
■
[Create]をクリックしてください。
■
(該当する場合) [Disk to Partition]ポップアップで、パーティションを作成した
いディスクを選択し、[OK]をクリックしてください。
YaST は複数のディスクから選択できるときのみこのオプションを示します。
■
[Partition Type]ポップアップで、[Primary]を選択してください。
■
[OK]をクリックしてください。
■
[Create a Primary Partition on disk_name]ページの[Format]ペインの
[Format]フィールドで、[Ext3]を選択してください。
■
[Size]のペインの[End]のフィールドに、このパーティションのためのサイズを入
力してください。
別のディスクにストレージのパーティションを作成することを計画している場合、
デフォルトのサイズを受け入れます。この処理はストレージにこのディスクの残り
を割り当てます。
このディスクにストレージのパーティションも置く必要があれば、+10GB と入力し
ます。
■
[OK]をクリックしてください。
6
[Finish]をクリックしてください。
7
[Installation Settings]ページで、設定を確認し、[Accept]を選択してください。
8
[Confirm Installation]のポップアップウインドウで、[Install]を選択してください。
システムは CD-ROM からファイルをコピーし、ディスクをフォーマットします。このア
クティビティには数分かかる場合があります。
9
ハードディスクから自動的にブートすることをシステムに許可してください。
システムはブートし、YaST インターフェースを示します。
10 次に進みます。
p.65 の 「ホスト名、ネットワーキングとその他の設定の指定」 を参照してください。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
ホスト名、ネットワーキングとその他の設定の指定
ホスト名、ネットワーキングとその他の設定の指定
次の手順は、ホスト名、パスワード、ネットワーキングの情報を指定する方法を説明しま
す。
ホスト名、ネットワーキングとその他の設定を指定するには
1
2
[Hostname and Domain name]ページで、次のステップを実行してください:
■
一意のホスト名を入力します。
■
ドメイン名を入力します。
■
[Change Hostname via DHCP]を選択解除してください。このステップを実行
するためには、この行を選択し、スペースキーを押してください。
■
[Next]を選択してください。
[Password for System Administrator "root"]ページで、root ユーザーのための
パスワードを入力し、パスワードを再入力して確認し、[Next]を選択してください。
このパスワードのための指針は次の通りです:
3
■
8 文字以上の長さ
■
少なくとも 1 つの大文字
■
少なくとも 1 つの数字
■
少なくとも 1 つの英数字以外の文字
■
英語辞書の語に基づかない
[Network Configuration]ページで、次を指定してください:
■
[Change]を選択してください。
■
[Firewall]を選択し、Enter キーを押してください。
■
[Start-Up]と[Service Start]を選択してください。
■
[Service Start]を[Manually]に設定してください。
このステップはファイアウォールを無効にします。インストールが完了した後、
PureDisk は自身のファイアウォールを作成します。ただし次の理由のため、イ
ンストールの間ファイアウォールを無効にする必要があります:
■
インストーラはインストールの間、ノードにソフトウェアをプッシュ型で転送す
る必要があります。
■
各ノードへのセキュアシェル (SSH) の接続を有効にする必要があります。
■
[Next]を選択してください。
■
[Next]を選択してください (再び)。
65
66
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
アドレス指定の設定
4
[Test Internet Connection]ページで、テストをスキップするためにタブキーを押し
て[No]に移動し、[Next]を選択してください。
5
[Installation Settings]ページで、[Skip Configuration]を選択し[Next]を選択
してください。
6
[User Authentication Method]ページで、[Local]を選択し、[Next]を選択して
ください。
[NIS]、[LDAP]、または[Windows Domain]を選択しないでください。
7
[New Local User]ページで、[Next]を選択してください。
8
表示される[Empty User Login]ポップアップで、[Yes]を選択してください。
この処理はユーザー名を空のまま残します。
9
[Release Notes]ページで、リリースノートを読むかどうかを決定し、[Next]を選択し
てください。
10 (省略可能) [Hardware Configuration]ページが表示されれば、[Skip
Configuration]を選択して[Next]を選択します。
周辺装置を追加するために YaST を後日開始することができます。
11 (省略可能) [Installation Completed]ページで、一番下で[Clone this System
for Autoyast]を選択解除します。
インストールは[Clone this System for Autoyast]を選択解除すればもっとすばや
く完了します。
12 [Finish]を選択します。
13 システムがインストールを完了する間、待ってください。
14 [login:]プロンプトで、root としてログインします。
[Skipped services at runlevel 3]を表示した後システムが停止するようなら、[login:]
プロンプトを表示するために Enter キーを押してください
15 次に進みます。
p.66 の 「アドレス指定の設定」 を参照してください。
アドレス指定の設定
この手順は、このノードの唯一の NIC かプライマリ NIC に静的なアドレス指定を設定する
方法を説明します。
PureDisk は動的アドレスをサポートしません。PureDisk は、固定アドレスになる場合の
み、Dymanic Host Configuration Protocol (DHCP) をサポートします。この手順は
DHCP サーバーを使わないと想定します。DHCP の予約を使うように DHCP サーバーが
設定されている場合、設定を確認するためにこの手順を使います。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
アドレス指定の設定
クラスタのこのノードを設定するように意図する場合、後述の手順はアドレスを指定せず
に、専用のハートビートのための 2 つの NIC を設定する方法を説明します。後述の手順
では、クラスタの専用のハートビートのために使う 2 つの NIC にも、コンピュータで使われ
ていないどの NIC にも、アドレス設定を行いません。
メモ: PDOS の制限事項のために、DHCP と固定アドレスを組み合わせることができませ
ん。固定アドレスを使うとき、[Update Name Servers and search list via DHCP]
のオプションは[Hostname and Name Server Configuration]ページでグレーにな
ります。選択した状態で[Update Name Servers and search list via DHCP]のオ
プションがグレーになっている場合、それを無効にできません。このトピックの手順は、こ
の問題を避ける方法での設定の処理を示します。
NIC の情報の収集
次の手順では、このノードで静的なアドレス指定を設定するのに必要な情報を集める方
法について説明します。
NIC の情報を集めるには
1
このコンピュータのプライマリ NIC についての情報を記録してください。
クラスタ化されたストレージプールにこのノードを含めたい場合は、この情報を集め、
計画の表計算ワークシートの PureDisk_ClusterPlanning.xls に記録したことを
確かめます。
クラスタ化されていないストレージプールにこのノードを含めるには、次の表の情報
をネットワーク管理者に問い合わせます。
必要な情報
NIC データ
MAC アドレス。
________________________________________
メモ: この情報を入力する必要はありません
がこのノードに複数の NIC があれば有用で
す。この情報を取得するには、ip a(8) コマ
ンドを使います。
NIC のパブリック IP アドレス。
________________________________________
サブネットマスク。
________________________________________
NIC のパブリックホスト名。
________________________________________
ネットワークのこのコンピュータのためのドメイ ________________________________________
ン名。
67
68
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
アドレス指定の設定
DNS サーバーまたはネームサーバーの IP
アドレス。
________________________________________
このネットワークのためのドメイン。
________________________________________
デフォルトゲートウェイの IP アドレス。
________________________________________
メモ: 複数の場所に FQDN かホスト名を指定する必要があります。これらのフィール
ドに下線文字 (_) を含めることができません。
ip a(8) コマンドから必要な情報の一部を入手できます。次は ip a(8) コマンドの出
力例です。
# ip a
1: lo:<LOOPBACK,UP> mtu 16436 qdisc noqueue
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:<BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 100
link/ether 00:11:43:e4:0b:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.80.92.102/21 brd 10.80.95.255 scope global eth0
inet6 fec0::80:211:43ff:fee4:b2a/64 scope site dynamic
valid_lft 2591999sec preferred_lft 604799sec
inet6 fe80::211:43ff:fee4:b2a/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1:<NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:11:43:e4:0b:2b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: eth2:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:86 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
5: eth3:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:87 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
6: sit0:<NOARP> mtu 1480 qdisc noop
link/sit 0.0.0.0 brd 0.0.0.0
2
次に進みます。
p.68 の 「静的なアドレス指定の設定」 を参照してください。
静的なアドレス指定の設定
次の手順は YaST を起動する方法と、このノードのプライマリ NIC のために静的なアドレ
ス指定を設定する方法を説明します。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
アドレス指定の設定
クラスタ化されたストレージプールにこのノードを設定する場合は、現時点で専用のハー
トビートの NIC にアドレス設定しないでください。
メモ: このトピックの手順はホスト名とネームサーバーのために DCHP を使うようにネット
ワークが設定されていないことを想定します。
YaST を起動するには
◆
SUSE Linux の YaST の設定ツールを起動する次のコマンドを入力します。
# yast
インターフェースを開始するために yast か YaST を入力できます。大文字と小文字
の他の組み合わせを入力しないでください。
静的なアドレス指定を設定するには
1
[YaST Control Center]のメインページで、[Network Devices]>[Network Card]
を選択し、Enter キーを押してください。
2
[Network Setup Method]ページで、[Traditional Method with ifup]を選択し、
[Next]を選択してください。
3
[Network Card Configuration Overview]ページで、プライマリ NIC を選択し、
[Edit]を選択してください。
最下のペインで、[Device Name]フィールドは MAC アドレスによって各 NIC を識
別します。
クラスタにこのノードを含めたい場合、ホストアドレス、サービスアドレス、FQDN を設
定したい NIC を選択します。
4
タブキーを押して[Hostname and Name Server]に移動し、Enter キーを押してく
ださい。
5
(該当する場合) 表示されるポップアップで、[Modify]を選択し Enter キーを押して
ください。
ポップアップが表示されたらこのステップを実行します。
6
[Hostname and Name Server Configuration]ページで、次のステップを実行し
てください:
■
[Hostname]のフィールドに、一意のホスト名を入力します。
デフォルトの PDOS のホスト名は PureDisk ですが、各ノードに一意のホスト名
がなければなりません。
■
タブキーを押してカーソルを[Domain Name]フィールドに置き、このネットワー
クのためのドメイン名を入力します。
69
70
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
アドレス指定の設定
■
タブキーを押してカーソルを[Change Hostname via DHCP]に置き、Enter キー
を押してそれを選択解除します。
■
カーソルを[Name Server 1]に置くためにタブを押し、DNS サーバーまたはネー
ムサーバーの IP アドレスを入力してください。
■
(省略可能) 必要に応じて、[Name Server 2]フィールドと[Name Server 3]
フィールドに追加の IP アドレスを入力してください。
■
タブキーを押してカーソルを[Update Name Servers and search list via DHCP]
に置き、Enter キーを押してそれを選択解除します。
■
タブキーを押して[OK]に移動し、Enter キーを押します。
7
[Network Address Setup]ページで、[Static Address Setup]を選択します。
8
[IP Address]フィールドを選択するまでタブキーを押し、ノードのプライマリ NIC に
割り当てたい IP アドレスを入力してください。
9
タブキーを押して[Subnet Mask]を表示し、デフォルトのサブネットマスクを受け入
れるか、自分自身のサブネットマスクを入力します。
クラスレスドメイン間ルーティング (CIDR) 表示法を使わないでください。
10 [Network Address Setup]ページで、[Routing]を選択し、Enter キーを押します。
11 [Routing Configuration]ページで、デフォルトゲートウェイの IP アドレスを指定し、
[OK]を選択します。
12 [Network Address Setup]ページで、[Next]を選択します。
13 [Finish]を選択します。
14 [Quit]を選択します。
15 VxVM を起動する次のコマンドを入力します。
# /etc/init.d/boot.vxvm start
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
16 このノードのホスト名に Volume Manager のホスト ID を設定する次のコマンドを入
力します。
# vxdctl hostid hostname
hostname には、ステップ 6 で指定したホスト名を入力します。
17 次のいずれかに進んでください:
参照先
状況
p.71 の 「(該当する場合) ストレージのパー
ティションの指定 (クラスタ化されていない場
合)」 を参照してください。
このノードをクラスタ化されていないストレージ
プールに含める場合。
p.81 の 「Manual インストールの完了」 を参
照してください。
このノードをクラスタ化されているストレージ
プールに含める場合。
メモ: クラスタ化されたストレージプールにこ
のノードを含めるには、現時点では
/Storage のパーティションを設定しないで
ください。この後の手順は /Storage パー
ティションを設定する方法を説明します。
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラ
スタ化されていない場合)
クラスタ化されていないストレージプールでの使用のためにこのノードを設定するときのみ
このトピックの手順を実行します。
メモ: クラスタ化されたストレージプールで使うためにこのノードを設定するには、現時点
で (PDOS のインストール中に) ストレージのパーティションを設定しないでください。Veritas
Cluster Server (VCS) ソフトウェアをインストールした後ストレージのパーティションを設
定してください。この処理についてはこの後の手順で説明します。
ストレージのパーティションについて
PureDisk は次のストレージのパーティションの 1 つ以上を設定することを可能にします。
■ /Storage/databases
■ /Storage/data
です。
はサービスのデータベースをホストします。
は PureDisk がすべてのファイルの内容を書き込むパーティション
71
72
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
■ /Storage
はデータベースのキューファイルのためのリポジトリです。
同じパーティションに /Storage そして /Storage/data を作成することは可能です
が /Storage/data のディレクトリでディスクの断片化が増加する危険性があります。
ただし、両方のディレクトリのための 1 つのパーティションを作成する利点は、ステー
ジングエリアのための容量を失わないことです。1 つのパーティションの場合は、バッ
クアップデータを格納するためにより多くの容量を割り当てます。これらのパーティショ
ンを組み合わせる場合は、RAID 5 を使います。
マルチノードのストレージプールを作成する場合はシマンテック社は各ノードのストレー
ジを同一に設定することを推奨します。
次の表はクラスタ化されていないストレージプールのノードのためのディスクのパーティ
ション分割の 3 つのオプションの概略を示します。パフォーマンスはオプション 2 かオプ
ション 3 を使えば向上します。
次の表は /Storage パーティションがあるレイアウトのためのディスクのパーティション分
割の概略を示したものです。
表 5-2
オプション 1:/Storage パーティション
マウントポイント
サービス
RAID
I/O の必要条件
サイズ
/Storage
すべて
RAID 0、RAID 1、また 通常の I/O 速度が必要 8 TB まで
は RAID 5
次の表は /Storage パーティションと /Storage/data パーティションがあるレイアウトの
ためのディスクのパーティション分割の概略を示したものです。
表 5-3
オプション 2:/Storage + /Storage/data パーティション
マウントポイント
サービス
RAID
I/O の必要条件
サイズ
/Storage
すべて
RAID 0、RAID 1、また 通常の I/O 速度が必要 /Storage/data のサ
は RAID 5
イズの 15%
/Storage/data
コンテンツルーター
RAID 5
通常の I/O 速度が必要 8 TB まで
次の表は /Storage、/Storage/data、/Storage/databases パーティションがあるレ
イアウトのためのディスクのパーティション分割の概略を示したものです。
表 5-4
オプション 3:/Storage + /Storage/data + /Storage/databases パー
ティション
マウントポイント
サービス
RAID
I/O の必要条件
サイズ
/Storage
すべて
RAID 0、RAID 1、また 通常の I/O 速度が必要 /Storage/data のサ
は RAID 5
イズの 5%
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
マウントポイント
サービス
RAID
I/O の必要条件
/Storage/data
コンテンツルーター
RAID 5
通常の I/O 速度が必要 8 TB まで
/Storage/databases メタベースエンジン、コ RAID 1
ンテンツルーター、スト
レージプール認可
高速な I/O が必要
サイズ
/Storage/data のサ
イズの 10%
ストレージのパーティション設定ツールの代替
ストレージのパーティションを設定するために YaST か Veritas Enterprise Administrator
(VEA) を使うことができます。インストール手順は YaST の使用によってストレージを設定
する方法を記述しています。
YaST の代替として、ストレージパーティションを設定するために VEA をインストールし、
使うことができます。VEA は GUI を含んでいます。ストレージプールに多くのノードを含
めたい場合、各ノードのストレージのパーティションを設定するとき VEA を使ったほうが
容易であることがあります。VEA を使うことにしたら、現時点でストレージのパーティション
を設定しないでください。その代わり、ストレージのパーティションを設定しないでこのノー
ドの PDOS のインストールを完了します。PDOS のインストールの完了後、VEA をインス
トールし、VEA を使ってストレージのパーティションを設定します。VEA をインストールし
使う方法については次を参照してください:
p.253 の 「PureDisk ストレージプールの Veritas Enterprise Administrator ロールにつ
いて」 を参照してください。
ファイルシステムの代替
パフォーマンスと保守の理由のために、シマンテック社はストレージのパーティションに
VxFS ファイルシステムを作成することを推奨します。VxFS がディスクのデバイスをサポー
トしなければ、XFS ファイルシステムを代わりに作成します。たとえば、VxFS は iSCSI の
ディスクデバイスをサポートしません。次の Web サイトの互換性のリストは、VxFS がサ
ポートするディスクのデバイスを説明します:
http://www.symantec.com/business/support/compatibility.jsp?language=english&view=comp&
pid=52672
ディスクのパーティションの指定は大文字と小文字の区別があります。パーティションの名
前を入力するとき、この手順に示すようにそれらを正確に入力してください。
RAID の設定の代替
シマンテック社は、PureDisk ストレージプールに含めるディスクに Redundant Array of
Independent Disks (RAID) 技術を使うことを推奨します。ハードウェア RAID のコント
ローラや、Veritas Volume Manager (VxVM) または他のある種の RAID の技術を通し
て設定したソフトウェア RAID を使えます。
73
74
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
ハードウェア RAID のコントローラはより安定しており、ソフトウェア RAID より保守し易い
です。さらに、ハードウェア RAID は次の利点があります。
■
サーバーの CPU の負荷を軽減し続けます
■
障害が発生したドライブを容易に置換できます
■
通常、ソフトウェア RAID より速いです
ただし次の状況ではソフトウェア RAID の使用を検討します:
■
ハードウェア RAID のコントローラが低質であるかまたは低速な場合。
■
ハードウェア RAID のコントローラが PDOS でサポートされていない場合。
■
ハードウェア RAID のコントローラがアレイ拡張をサポートしない場合。
メモ: PureDisk にはコンテンツルーター、メタベースエンジンとストレージプール認可の
サービスのためのデータベースがあります。シマンテック社はそれらの PureDisk のデー
タベースが存在するパーティションに RAID 6 の設定を使わないことを推奨します。RAID
6 の設定により PureDisk のデータベースのパフォーマンスはかなり低下し、PureDisk
の処理のパフォーマンスが低下します。
ストレージのパーティションの設定処理の概要
次の手順はストレージのパーティションを設定する方法を説明します。
ストレージのパーティションを指定するには
1
ハードウェアの互換性を確認します。
p.75 の 「ハードウェアの互換性の確認」 を参照してください。
2
(該当する場合) マルチパスを無効にします。
p.76 の 「(該当する場合) マルチパスの無効化」 を参照してください。
3
ディスクグループを作成します。
p.78 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
4
/Storage パーティションを設定します。
p.78 の 「/Storage パーティションの設定」 を参照してください。
5
(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションを設定します。
p.79 の 「(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションの設定」
を参照してください。
6
ストレージの設定を完了します。
p.81 の 「ストレージの設定の完了」 を参照してください。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
ハードウェアの互換性の確認
次の手順はディスクのハードウェアを確認し、必要に応じて追加のソフトウェアをダウン
ロードする方法を説明します。
ハードウェアの互換性を確認するには
1
次の Web サイトの Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストを表示
します。
ftp://exftpp.symantec.com/pub/support/products/VolumeManager_UNIX/277905.pdf
2
Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストで、使用しているディスクの
ハードウェアを検索します。
次の処置の 1 つを行ってください:
3
■
使用しているディスクのハードウェアがハードウェア互換性リストにある場合は、
VxVM 列に X が記載されています。この手順の次のステップに進みます。
■
ディスクのハードウェアがハードウェア互換性リストにない場合は、使用している
ディスクの動的マルチパス (DMP) が VxVM ではサポートされません。次のトピッ
クに進みます。
p.76 の 「(該当する場合) マルチパスの無効化」 を参照してください。
Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストで、使用しているディスクの
ハードウェアの行で、DMP 列を参照してください。
動的マルチパス (DMP) は、PDOS から LUN またはデバイスへの複数のパスを有効
にするパフォーマンスの強化機能です。DMP はインストール処理に次のように影響
します。
■
使用しているハードウェアの DMP 列に X が記載されている場合、VxVM では
デフォルトでそのハードウェアの DMP をサポートします。次のトピックに進みま
す。
p.78 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
■
使用しているハードウェアの DMP 列に X 以外の文字が表示されている場合、
Array Support Library (ASL) や Advanced Power Management (APM) ソフ
トウェアを追加でダウンロードします。この手順の次のステップに進みます。
75
76
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
4
(該当する場合) ASL や APM のソフトウェアをダウンロードしてインストールするか、
シマンテック社のテクニカルサポートに問い合わせてください。
このステップは、ディスクハードウェアに追加ソフトウェアが必要であることがハード
ウェア互換性リストに記載されている場合にのみ実行します。
Web ページのダウンロードリンクをたどり、ダウンロードページの手順を使ってソフト
ウェアをインストールします。
5
次に進みます。
p.78 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
(該当する場合) マルチパスの無効化
ハードウェアの確認手順によって、VxVM がこのノードの外部ディスクの DMP をサポー
トしないことが判明した場合、このトピックの手順を実行します。
このノードに接続したディスクによっては、システムがマルチパスをデフォルトで有効にし
ていることがあります。次の手順は、マルチパスを無効にして VxVM との競合を防ぐ方法
を説明します。
マルチパスを無効にするには
1
root としてノードにログインしてください。
2
次のコマンドを入力してください:
# vxdiskadm
3
[Volume Manager Support Operations]の画面で、19 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[List currently suppressed/non-multipath devices]を選択し
ます。
4
次の見出しの下に YaST によって表示される情報を確認します。
[Devices excluded from multipathing by vxdmp:]
■
次の情報が表示されたら、この手順を完了しないでください:
[All devices have been excluded from multipathing by vxdmp]
■
5
他の情報が表示されたら、続行し、この手順を完了します。
メインメニューに戻るためには Enter キーを押します。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
6
[Volume Manager Support Operations]の画面で、17 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[Prevent multipathing/Suppress devices from VxVM's view]
を選択します。
7
[Exclude Devices]の画面で、続行するために Enter キーを押します。
この処理はデフォルトの y を受け入れ、続行します。
8
[Volume Manager Device Operations]の画面で、5 を入力し、Enter キーを押
します。
9
[Exclude controllers from DMP]の画面で、all を入力し、Enter キーを押し
ます。
10
[Continue operation? ... ]のプロンプトで y を入力し、Enter キーを押しま
す。
11
[Hit RETURN to continue]のプロンプトで、Enter キーを押します。
12 ノードを再ブートしてください。
13 root としてノードにログインしてください。
14 次のコマンドを入力してください:
# vxdiskadm
15
[Volume Manager Support Operations]の画面で、19 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[List currently suppressed/non-multipath devices]を選択し
ます。
16 すべてのデバイスが除外されることを確認します。
表示は次の見出しと状態を含むはずです。
[Devices excluded from multipathing by vxdmp:]
[All devices have been excluded from multipathing by vxdmp]
17 メインメニューに戻るためには Enter キーを押します。
18 中止するには q を押し、Enter キーを押します。
19 次に進みます。
p.78 の 「ディスクグループの作成」 を参照してください。
77
78
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
ディスクグループの作成
次の手順は YaST を開始しディスクグループを作成する方法を説明します。
ディスクグループを作成するには
1
SUSE Linux の YaST の設定ツールを起動する次のコマンドを入力します。
# yast
インターフェースを開始するには yast か YaST を入力します。大文字と小文字の他
の組み合わせを入力しないでください。
2
[YaST Control Center]のメインページで、[System]>[Partitioner]を選択してく
ださい。
3
警告のポップアップで[Yes]を選択してください。
4
[Expert Partitioner]のページで、[VxVM]を選択してください。
5
[Create a Disk Group]ポップアップで、ディスクグループにサイト固有の名前を入
力するか、またはデフォルトを受け入れてください。
6
[OK]をクリックしてください。
7
[Veritas Volume Manager: Disks Setup]ページで、ディスクグループに含めたい
ディスクを選択します。
8
[Add Disk]を選択し、Return キーを押してください。
まだパーティション分割されていないディスクのみを追加できます。パーティションが
付いているディスクを追加することを試みればディスクグループへのディスクの追加
は成功しません。パーティションを追加することを試みる前にディスクからすべての
パーティションを削除します。
ディスクのすべてのパーティションを削除するには、YaST のインターフェースの
[Expert]を選択し、[Delete Partition Table and Disk Label]を選択します。
9
ディスクグループに含めたいすべてのディスクで次のステップを繰り返します。
■
ステップ 7
■
ステップ 8
10 [Next]をクリックしてください。
11 次のトピックに進みます。
p.78 の 「/Storage パーティションの設定」 を参照してください。
/Storage パーティションの設定
次の手順は /Storage パーティションを設定する方法を説明します。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
/Storage パーティションを設定するには
1
[Veritas Volume Manager: Volumes]ページで、[Add]をクリックしてください。
[Create Volume]ポップアップが表示されます。
2
VxFS のファイルシステムを作成できるかどうか、または XFS ファイルシステムを作成
する必要があるかどうかを決定します。
VxFS のファイルシステムはデフォルトです。ただし、ディスクが VxFS でサポートさ
れない場合、XFS ファイルシステムを設定する必要があることがあります。次の通り
進みます:
■
ディスクが VxFS をサポートする場合、次のステップに進みボリューム名を指定
します。
■
ディスクが VxFS をサポートしない場合、[File System]のフィールドで、ドロップ
ダウンリストから XFS を選択します。
3
[Volume Name]フィールドで、名前を指定してください。たとえば、Storage。
4
[Mount Point]フィールドに、/Storage を入力してください。ドロップダウンリストに
ないのでこの名前を入力する必要があります。
5
[OK]をクリックしてください。
6
[Next]をクリックしてください。
7
次のいずれかに進んでください:
参照先
状況
p.79 の 「(省略可能) /Storage/data と
パフォーマンスを拡張するために
/Storage/databases パーティションの設定」 /Storage/data か
を参照してください。
/Storage/databases のパーティションを
設定する場合。
メモ: マルチノードのストレージプールでは、
各ノードで同じパーティション分割スキームを
指定することを確かめます。
p.81 の 「ストレージの設定の完了」 を参照し 追加のパーティションを設定しない場合。
てください。
(省略可能) /Storage/data と /Storage/databases パーティションの設定
/Storage/data と /Storage/databases のパーティションを設定する場合は次の手順
を実行します。シマンテック社はこれらの追加のパーティションの設定を必要としません
が、これらの追加のパーティションはストレージプールパフォーマンスを高めることができ
ます。
79
80
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
(該当する場合) ストレージのパーティションの指定 (クラスタ化されていない場合)
これらの追加のパーティションを設定したら、次の方法の 1 つでそれらを作成してくださ
い:
■ /Storage/data
を作成します。
または
■ /Storage/data
と /Storage/databases を作成します。
/Storage/data と /Storage/databases のパーティションを設定するには
1
/Storage/data のためにパーティションを指定します。
高性能の /Storage/data のパーティションを作成するために次のステップを実行
してください:
2
■
[Veritas Volume Manager: Volumes]ページで、[Add]をクリックしてくださ
い。
[Create Volume]ポップアップが表示されます。
■
(該当する場合) [File System]のフィールドで、VxFS がユーザーのディスクの
種類をサポートしなければドロップダウンリストから XFS を選択します。すべての
ストレージのパーティションに同じファイルシステムを指定することを確かめます。
■
[Volume Name]フィールドで、Storage_data を指定します。
■
[Size]フィールドで、このパーティションのためにサイズを指定してください。詳
しくは、次のトピックを参照してください。
p.71 の 「ストレージのパーティションについて」 を参照してください。
■
[Mount Point]フィールドに、/Storage/data を入力してください。ドロップダ
ウンリストにないのでこの名前を入力する必要があります。
■
[OK]をクリックしてください。
/Storage/databases のためにパーティションを指定します。
高性能の /Storage/databases のパーティションを作成するために次のステップ
を実行してください:
■
[Veritas Volume Manager: Volumes]ページで、[Add]をクリックしてくださ
い。
[Create Volume]ポップアップが表示されます。
■
(該当する場合) [File System]のフィールドで、VxFS がユーザーのディスクの
種類をサポートしなければドロップダウンリストから XFS を選択します。すべての
ストレージのパーティションに同じファイルシステムを指定することを確かめます。
■
[Volume Name]フィールドで、Storage_databases を指定します。
■
[Size]フィールドで、このパーティションのためにサイズを指定してください。詳
しくは、次のトピックを参照してください。
p.71 の 「ストレージのパーティションについて」 を参照してください。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
Manual インストールの完了
■
[Mount Point]フィールドに、/Storage/databases を入力してください。ドロッ
プダウンリストにないのでこの名前を入力する必要があります。
■
[OK]をクリックしてください。
3
[Next]をクリックしてください。
4
次に進みます。
p.81 の 「ストレージの設定の完了」 を参照してください。
ストレージの設定の完了
次の手順はストレージの設定を終える方法を説明します。
ストレージの設定を完了するには
1
[Expert Partitioner]ページで、表示される情報を確認してください。
[Mount]の列を表示するために右矢印のキーを押してください。[Mount]の列が
正しいことを確かめてください。そうでない場合、YaST を中止し、ストレージの設定
をもう一度試してください。
2
右下隅のアイコンをクリックします。
使ったインストールオプションによって、このアイコンは[Apply]または[Finish]のい
ずれかです。
3
表示される[Changes]ポップアップで、[Apply]をクリックしてください。
4
[Finish]を選択します。
5
[Quit]を選択します。
6
次のトピックに進みます。
p.81 の 「Manual インストールの完了」 を参照してください。
Manual インストールの完了
次の手順は [Manual]インストールを完了する方法を説明します。
81
82
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
インストールの確認
Manual インストールを完了するには
1
CD-ROM をマウントするようにコマンドを入力します。
例:
# mkdir /cdrom
# mount /dev/cdrom /cdrom
少数のハードウェアプラットフォームでは、CD ROM のデバイスの /dev/cdrom は
デフォルトでは利用可能ではありません。/dev/cdrom を見つけることができなかっ
たら次のトピックを参照してください。
p.245 の 「CD-ROM デバイスのトラブルシューティング」 を参照してください。
2
インストール後のスクリプトを実行する次のコマンドを入力してください。
# sh /cdrom/pdextras/pdos-postinstall.sh
このコマンドが VxVM の起動失敗メッセージを戻す場合は、無視してください。
3
CD-ROM をマウント解除し、取り出してください。
例:
# umount /cdrom
# eject
4
CD-ROM ドライブから PDOS のディスクを取り出してください。
5
次のトピックに進みます。
p.82 の 「インストールの確認」 を参照してください。
メモ: SUSE Linux Enterprise Server 10.1 にデフォルトでは含まれていないハード
ウェアをサポートするためにドライバを追加する必要がある場合があります。ドライバ
を追加する必要がある場合は、ハードウェアベンダーかソフトウェアベンダーに手順
を問い合わせます。ドライバが SUSE Linux Enterprise Server 10.1 で認定されて
いることを確かめてください。
インストールの確認
次の手順は PDOS のインストールを確認する方法を説明します。
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
インストールの確認
インストールを確認するには
1
(省略可能) サーバーの他のアカウントを作成します。
より多くのユーザーを追加するか、またはサイトの設定に従ってアカウントを変更す
るために YaST2 インターフェースを使ってください。
2
パーティションを調べる次のコマンドを入力してください:
# df -hl
出力が次の項目を示すことを確かめます:
■ rootfs
■ /
のパーティション
■ boot
■
のファイルシステム
のパーティション
設定したストレージのパーティション (クラスタ化されていないノードのみ)
必要ならば、ディスクのパーティション分割を変更する YaST2 か VEA を使ってくだ
さい。
3
次の通りネットワークの別のサーバーへの接続を確認する ping(1) コマンドを使い
ます:
■
このノードが設定した最初のノードである場合、ゲートウェイアドレス、ローカルホ
スト、またはノード自体に ping を実行します。
■
このノードが 2 番目以降に設定したノードである場合、他のストレージプールの
ノードの 1 つに ping を実行します。
PureDisk のインストールが正しく動作するために、ノード間のネットワークの ping(1)
は問題なく動作する必要があります。つまり、icmp のエコーは遮断されず、ノード間
のルーターは ping(1) が制限されない必要があります。
ping(1) コマンドが正常に完了しないなら、YaST2 を再び開始し、ネットワークカー
ドの設定を調べます。
83
84
第 5 章 PDOS の Manual インストールの実行
インストールの確認
4
YaST2 の DNS エントリを確認します。DNS エントリがなくなっている場合、次のトピッ
クの手順を実行します。
p.68 の 「静的なアドレス指定の設定」 を参照してください。
DNS エントリのリセット後、ここに戻ります。
5
状況によって次のトピックの 1 つに進んでください。
参照先
状況
p.161 の 「クラスタ設定処理について」 を参照 このノードがオールインワンストレージプール
してください。
に含めてほしい唯一のノードである場合。
または
このノードが、マルチノードでクラスタ化されて
いないストレージプールのための PDOS をイ
ンストールする必要がある唯一のノードである
場合。
p.19 の 「PureDisk オペレーティングシステ より多くのノードに PDOS をインストールする
ム (PDOS) のインストールについて」 を参照し 必要がある場合。
てください。
これは、クラスタ化されているか、またはクラス
タ化されていないかどうかにかかわらず、すべ
てのマルチノードのストレージプールに適用
されます。クラスタソフトウェアかストレージプー
ルソフトウェアをインストールする前に、すべ
てのノードに PDOS をインストールする必要
があります。
p.86 の 「Veritas Cluster Server (VCS) ソフ このノードがクラスタ化されたストレージプー
トウェアのインストールについて」 を参照して ルに含めたい最後のノードなら、VCS クラスタ
ください。
ソフトウェアをインストールする手順に進むこ
とができます。
p.243 の 「PureDisk のインストールのトラブル インストールが失敗したら、問題をトラブル
シューティングについて」 を参照してください。 シューティングしてください。
6
クラスタソフトウェアのインス
トール
この章では以下の項目について説明しています。
■
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストールについて
■
専用ハートビートのための NIC の確認
■
(該当する場合) すべてのノードの /etc/hosts ファイルの編集
■
パスワードの同期
■
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
■
VCS の設定
■
/Storage パーティションの指定
■
(該当する場合) マルチパスの無効化
■
YaST を使用した /Storage の作成
■
クラスタ化されたストレージプールの /Storage/data と /Storage/databases のパー
ティションについて
■
(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage パーティション
にマウントして書き込むことができることの確認
■
仮想 IP アドレスの追加
86
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストールについて
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストー
ルについて
このトピックは VCS の必要条件を確認し、VCS ソフトウェアのインストールのために
PureDisk ノードを準備します。
このストレージプールのためのクラスタ化を実装したいときのみこのトピックの手順を実行
してください。
クラスタ化を実装しない場合は、次のトピックに進んでください:
p.161 の 「クラスタ設定処理について」 を参照してください。
クラスタの例
この章の手順は次のクラスタ設定例を実装する方法を示します。この例は、手順を完了
するための参考にできます。
たとえば 図 6-1 の 3 ノードクラスタを設定したいことを想定してください。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストールについて
図 6-1
3 ノードクラスタの例
第 1 パブリック
ネットワーク
第 1 ハートビート
ネットワーク
第 2 ハートビート
ネットワーク
ノード 1 - オールインワン
NIC 1:
ホスト IP: 100.100.100.100
ホスト FQDN: node1.acme.com
仮想 IP: 100.100.100.101
仮想 FQDN: node1v.acme.com
NIC 2:
プライベートネットワークに接続される。
IP なし。
NIC 3:
プライベートネットワークに接続される。
IP なし。
ノード 2 - メタベースエンジン +
コンテンツルーター
NIC 1:
ホスト IP: 100.100.100.110
ホスト FQDN: node2.acme.com
仮想 IP: 100.100.100.111
仮想 FQDN: node2v.acme.com
NIC 2:
プライベートネットワークに接続される。
IP なし。
NIC 3:
プライベートネットワークに接続される。
IP なし。
ノード3 - スペア
NIC 1:
ホスト IP: 100.100.100.120
ホスト FQDN: node3.acme.com
仮想 IP:
仮想 FQDN:
NIC 2:
プライベートネットワークに接続される。
IP なし。
NIC 3:
プライベートネットワークに接続される。
IP なし。
SAN
図 6-1 では、2 つのアクティブノードと 1 つのスペアがあります。ノード 1 を、すべての
PureDisk のサービスがインストールされたオールインワンシステムとして設定することを
計画します。ノード 2 に追加のコンテンツルーターと追加のメタベースエンジンを設定す
ることを計画します。スペアノードとしてノード 3 を設定することを計画します。
87
88
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
専用ハートビートのための NIC の確認
VCS の必要条件の確認
次の手順は VCS の必要条件を確認します。
VCS のインストールを準備するには
1
次のマニュアルに記述されている HA インストールの前提条件をよく理解しているこ
とを確かめてください:
『Veritas NetBackup PureDisk スタートガイド』。
PureDisk ソフトウェアの配布に含まれている表計算ワークシートを完了することを確
かめてください。表計算ワークシートは、インストールを始める前に集める必要がある
すべての情報を示します。この情報はディザスタリカバリを実行する必要があるか、
またはストレージプールを再設定する場合に後で使うことができます。
表計算ワークシートは PureDisk Application ディスクの puredisk/documentation
のディレクトリの次のファイルに存在し、次の名前です。
PureDisk_ClusterPlanning.xls
2
次に進みます。
p.88 の 「専用ハートビートのための NIC の確認」 を参照してください。
専用ハートビートのための NIC の確認
PureDisk は各ノードに 2 つの NIC がアドレス指定なしで設定されることを必要とします。
これらの NIC はクラスタの専用ハートビート用です。次の手順は各ノードの NIC を確認
し、もし必要なら、2 つの NIC からアドレス指定を削除する方法を説明します。
このノードの NIC のアドレス指定の検査
この手順は各 NIC の既存のアドレス指定を確認する方法を説明します。また、この手順
は専用ハートビートに必要な 2 つの NIC からアドレスを削除する方法も説明します。
クラスタに含めたい各ノードに対して、2 つの NIC がアドレス指定なしで設定されることを
PureDisk は必要とします。これらの 2 つの NIC は、クラスタのハートビートを監視するた
めに VCS が使うプライベートネットワークを構成します。
各ノードに対して次の手順を繰り返してください。
NIC を確認するには
1
ノードの 1 つにログインしてください。
2
このノードのための NIC の情報を取り込む ip a(8) コマンドを入力します。
ip a(8) コマンドの出力は link/ether フィールドに各 NIC の MAC アドレスを含
みます。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
専用ハートビートのための NIC の確認
3
ip a(8) のコマンド出力を確認します。
次の 2 つの例は正しく設定されたノードと不正確に設定されたノードを示します。
例 1 - 正しく設定された NIC:
# ip a
1: lo:<LOOPBACK,UP> mtu 16436 qdisc noqueue
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:<BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 100
link/ether 00:11:43:e4:0b:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.80.92.102/21 brd 10.80.95.255 scope global eth0
# << note the IP addr
inet6 fec0::80:211:43ff:fee4:b2a/64 scope site dynamic
valid_lft 2591999sec preferred_lft 604799sec
inet6 fe80::211:43ff:fee4:b2a/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1:<NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:11:43:e4:0b:2b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: eth2:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:86 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
5: eth3:<BROADCAST,MULTICAST> mtu 1500 qdisc noop qlen 1000
link/ether 00:04:23:b0:4f:87 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
6: sit0:<NOARP> mtu 1480 qdisc noop
link/sit 0.0.0.0 brd 0.0.0.0
例 2 - 不正確に設定された NIC:
# ip a
1: lo:<LOOPBACK,UP> mtu 16436 qdisc noqueue
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: eth0:<BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 100
link/ether 00:11:43:e4:0b:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.81.92.102/21 brd 10.80.95.255 scope global eth0
# << note the IP addr
inet6 fec0::80:211:43ff:fee4:b2a/64 scope site dynamic
valid_lft 2591999sec preferred_lft 604799sec
inet6 fe80::211:43ff:fee4:b2a/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
3: eth1:<BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 100
link/ether 00:11:43:e4:0b:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
89
90
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
専用ハートビートのための NIC の確認
inet 10.82.92.102/21 brd 10.80.95.255 scope global eth1
# << note the IP addr
inet6 fec0::80:211:43ff:fee4:b2a/64 scope site dynamic
valid_lft 2591999sec preferred_lft 604799sec
inet6 fe80::211:43ff:fee4:b2a/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
4: eth2:<BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 100
link/ether 00:11:43:e4:0b:2a brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 10.83.92.102/21 brd 10.80.95.255 scope global eth2
# << note the IP addr
inet6 fec0::80:211:43ff:fee4:b2a/64 scope site dynamic
valid_lft 2591999sec preferred_lft 604799sec
inet6 fe80::211:43ff:fee4:b2a/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever
5: eth3:<NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast qlen 1000
link/ether 00:11:43:e4:0b:2b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
6: sit0:<NOARP> mtu 1480 qdisc noop
link/sit 0.0.0.0 brd 0.0.0.0
例 2 では、ノードのパブリック NIC に eth0 を使うことができます。eth1 と eth2 を専
用ハートビートに使うことができるように、これらの NIC からアドレス指定を削除する
必要があります。
4
ip a(8) コマンド出力からの MAC アドレスの情報を記録します。
YaST のインターフェースは MAC アドレスによって各 NIC を識別します。専用ハー
トビートのために使いたい 2 つの NIC の MAC アドレスを知る必要があります。
この情報を集め、計画の表計算ワークシートの、PureDisk_ClusterPlanning.xls
に記録したことを確かめます。
5
状況に応じて次のようにインストールを進めてください:
参照先
状況
この手順のステップ 1 を参照してください。
次の条件が該当する場合、このノードのアド
レス指定は正しいです。
このノードの 1 つの NIC のみに IP アドレ
スが設定されています。
■ このノードの他の 2 つの NIC はアドレス設
定されていません。
■
ステップ 1 に戻り、次のノードについてこの手
順を繰り返します。
p.91 の 「(該当する場合) 専用ハートビート
NIC からのアドレス指定の削除」 を参照して
ください。
このノードの 1 つまたは 2 つの NIC からアド
レス指定を削除する必要がある場合。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
専用ハートビートのための NIC の確認
参照先
状況
p.92 の 「(該当する場合) すべてのノードの 各ノードの /etc/hosts を編集してクラスタ
/etc/hosts ファイルの編集」 を参照してくださ 内のノード間の通信を有効にする必要がある
い。
場合。
たとえば、サイトに DNS サーバー (DNS) がな
ければ、/etc/hosts を編集する必要があ
ります。必要ならば、サイトのネットワーク管理
者に問い合わせてください。
p.95 の 「パスワードの同期」 を参照してくだ
さい。
各ノードの専用ハートビートのための NIC が
アドレス設定されておらず、/etc/hosts ファ
イルを編集して通信を設定する必要がない場
合。
(該当する場合) 専用ハートビート NIC からのアドレス指定の削除
このノードの 1 つまたは 2 つの NIC からアドレス指定を削除する必要があったら次の手
順を実行します。
アドレス指定を削除するには
1
YaST を起動し、[Network Card Configuration Overview]画面を表示してくださ
い。
YaST インターフェースを起動するために次のステップを実行してください:
■
コマンドプロンプトで、SUSE Linux の YaST の設定ツールを起動する次のコマ
ンドを入力してください。
# yast
2
■
[YaST Control Center]のメイン画面で、[Network Devices]>[Network Card]
を選択してください。
■
[Network Setup Method Screen]で、[Traditional Method with ifup]を選
択し、[Next]を選択してください。
[Network Card Configuration Overview]の画面で、ハートビートのために使う
NIC の 1 つをハイライトし、[Edit]を選択します。
最下のペインで、[Device Name]フィールドは MAC アドレスによって各 NIC を識
別します。このノードのセカンダリ NIC を 1 つ選択します。PDOS のインストール手
順の一部としてホストアドレス (管理アドレス) を設定したプライマリ NIC を選択しない
でください。
3
[Network Address Setup]画面で、[None Address Setup]を選択し、[Next]を
選択してください。
91
92
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(該当する場合) すべてのノードの /etc/hosts ファイルの編集
4
ステップ 2 とステップ 3 を繰り返し、2 番目の専用 NIC に[None Address Setup]を
設定します。
5
パブリックネットワークに接続するプライマリ NIC に、固定アドレスを再設定します。
注意: この手順の先行するステップは、専用ハートビートのために使われる 2 つの
NIC からアドレス指定を削除するように指示しました。PDOS の既知の問題により、こ
の処理の間に、パブリック NIC のルートが削除されます。
このような問題があるため、次のトピックに記述されているようにパブリック NIC に固
定アドレスを再設定する必要があります。
p.44 の 「静的なアドレス指定の設定」 を参照してください。
パブリック NIC に固定アドレスを再設定した後、ここに戻ります。
6
[Finish]を選択します。
7
[Quit]を選択します。
8
状況によって次のうち 1 つに進んでください。
参照先
状況
p.88 の 「専用ハートビートのための NIC の確 別のノードにログインし、そのノードで、アドレ
認」 を参照してください。
ス指定せずに専用ハートビート NIC を設定す
る必要がある場合。
p.92 の 「(該当する場合) すべてのノードの 各ノードの /etc/hosts ファイルを編集して
/etc/hosts ファイルの編集」 を参照してくださ ノード間の通信を有効にする必要がある場
い。
合。
たとえば、サイトに DNS サーバー (DNS) がな
ければ、/etc/hosts を編集する必要があ
ります。必要ならば、サイトのネットワーク管理
者に問い合わせてください。
p.95 の 「パスワードの同期」 を参照してくだ
さい。
各ノードの専用ハートビートのための NIC が
アドレス設定されておらず、/etc/hosts ファ
イルを編集して通信を設定する必要がない場
合。
(該当する場合) すべてのノードの /etc/hosts ファイルの
編集
次の状況の下でこの手順を実行してください:
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(該当する場合) すべてのノードの /etc/hosts ファイルの編集
■ /etc/hosts ファイルを編集してノード間の通信を有効にするようにネットワーク管理
者に助言された場合。
■
サイトに DNS がない場合。
各ノードの /etc/hosts ファイルは、クラスタの他のノードについての情報を含むことを必
要とします。この情報を含むように最初のノードの /etc/hosts ファイルを編集後、他の
ノードに情報をコピーできます。
このノードで情報を /etc/hosts に追加するには
1
root としてクラスタの最初のノードにログインしてください。
2
ファイル /etc/hosts を開くためにテキストエディタを使ってください。
3
パブリックネットワークのクラスタに使われる IP アドレスについての情報を含めるため
に /etc/hosts を編集してください。
必要とする IP アドレスと FQDN はノードのパブリック NIC にあります。次の項目を必
要とします。
■
ホスト IP アドレスとホスト FQDN。
■
仮想 IP アドレスと仮想 FQDN。必要ならば、ネットワーク管理者から仮想 IP アド
レスと仮想 FQDN を入手します。
/etc/hosts ファイルに行を追加するためにテキストエディタを使ってください。目的
は /etc/hosts ファイルに次のように 2 つのグループの行を設定することです:
■
グループ 1 - このグループの行は、パブリックネットワークの各ノードの IP アドレ
スを含んでいます。このグループの行はホスト FQDN を含んでいます。
■
グループ 2 - このグループの行は各ノードの仮想 IP アドレスと仮想 FQDN を含
んでいます。このグループにアクティブノードのみ含めてください。この情報はイ
ンストールのこの時点では必要になりませんが、このファイルを後で再編集する
ことを避けるためにこの情報を今追加します。グループ 2 にスペアノードについ
ての情報を含めないでください。
例:
# Group 1:
100.100.100.100
110.110.110.110
120.120.120.120
# Group 2:
101.101.101.101
111.111.111.111
node1.acme.com
node2.acme.com
node3.acme.com
node1v.acme.com
node2v.acme.com
このファイルでは 2 つの列を区切るためにタブ文字を使用します。次は、3 ノードク
ラスタの完成した /etc/hosts ファイルの例です:
93
94
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(該当する場合) すべてのノードの /etc/hosts ファイルの編集
{¥rtf1¥ansi¥ansicpg1252¥deff0¥deflang1033{¥fonttbl{¥f0¥fswiss¥fcharset0 Arial;}}
{¥*¥generator Msftedit 5.41.15.1507;}¥viewkind4¥uc1¥pard¥f0¥fs20
#
# hosts
This file describes a number of hostname-to-address
#
mappings for the TCP/IP subsystem.It is mostly
#
used at boot time, when no name servers are running.
#
On small systems, this file can be used instead of a
#
"named" name server.
# Syntax:
#
# IP-Address Full-Qualified-Hostname Short-Hostname
#
127.0.0.1
localhost
# special IPv6 addresses
::1
localhost ipv6-localhost ipv6-loopback
fe00::0
ipv6-localnet
ff00::0
ipv6-mcastprefix
ff02::1
ipv6-allnodes
ff02::2
ipv6-allrouters
ff02::3
ipv6-allhosts
#
# Group 1 (host addresses):
100.100.100.100
node1.acme.com
110.110.110.110
node2.acme.com
120.120.120.120
node3.acme.com
# Group 2 (virtual addresses):
101.101.101.101
node1v.acme.com
111.111.111.111
node2v.acme.com
}
4
他のすべてのノードのすべての /etc/hosts ファイルに、このノードの /etc/hosts
ファイルのアドレス指定を定義する行をコピーしてください。
追加した行のみコピーしてください。/etc/hosts の他の行をコピーしないでくださ
い。
5
ノードの 1 つにログインしてください。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
パスワードの同期
6
/etc/hosts ファイルで指定したホスト IP FQDN で、ノードが互いを認識できること
を確認するために ping(8) コマンドを発行します。
たとえば、各ノードで次のコマンドを入力し、ノードが各名前を認識することを確かめ
るために出力を確認してください:
# ping node1.acme.com
# ping node2.acme.com
# ping node3.acme.com
7
クラスタの各ノードで ping(8) コマンドを発行し終わるまで、ステップ 5 とステップ 6
を繰り返します。
スペアノードを含むクラスタの各ノードで確実に ping(8) コマンドを順次発行します。
8
次に進みます。
p.95 の 「パスワードの同期」 を参照してください。
パスワードの同期
クラスタのすべてのノードのパスワードを同期し、配布するために次の手順を実行します。
各ノードの認証キーの生成
次の手順はストレージプール認可ノードとして使いたいノードから認証キーを生成する方
法を説明します。
認証キーを生成するには
1
ストレージプール認可ノードとして使いたいノードにログインします。
2
次の ssh-keygen(1) コマンドを入力し、プロンプトに応答してください:
# ssh-keygen -t rsa
このコマンドは認証キーを作成します。次の通り複数のプロンプトが発行されます:
■
デフォルトの場所にファイルを保存するために次のプロンプトで Enter キーを押
してください:
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):
■
次のプロンプトで空のパスフレーズを作成するために Enter キーを押してくださ
い:
Enter passphrase (empty for no passphrase):
95
96
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
パスワードの同期
■
次のプロンプトで空のパスフレーズを確認するために再び Enter キーを押して
ください:
Enter same passphrase again:
■
コマンドの概略を読んでください。例:
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
85:66:10:cc:c8:6a:b3:c0:6a:69:85:32:5c:ed:fb:64 [email protected]
クラスタの各ノードでこのコマンドを発行することを確かめてください。
3
別のノードにログインします。
4
クラスタの各ノードで ssh-keygen(1) コマンドを発行し終わるまで、ステップ 2 と 3
を繰り返してください。
メモ: 各ノードで確実に ssh-keygen(1) コマンドを発行します。
5
次に進みます。
p.96 の 「SSH の公開キーの収集」 を参照してください。
SSH の公開キーの収集
次の手順はクラスタのすべてのノードにソフトウェアをプッシュ型で転送できる前に VCS
のインストーラが必要とする信頼を設定します。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
パスワードの同期
安全なキーを集めるには
1
ストレージプール認可ノードとして使いたいノードにログインします。
2
このノードからの次の ssh(1) コマンドを発行し、公開キーを生成してファイルに書き
込みます。
ssh FQDN_of_this_node cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
例:
node1:# ssh node1.acme.com cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
このコマンドはダイアログボックスを開始します。環境によって、このコマンドは異なる
質問を発行する場合があります。y か yes でプロンプトに応答し、パスワードプロン
プトに対してノードのためのルートパスワードを入力してください。たとえば、コマンド
が、すでに存在するキーファイルを検出し、それらを上書きするかどうかを尋ねる場
合、y か yes と応答してください。
3
このノードからの別のノードに次の ssh(1) コマンドを発行します。
ssh FQDN_of_another_node cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
4
クラスタの各ノードについて、ステップ 3 を繰り返してください。
目的はこのノードからの他のすべてのノードへ ssh (1) のコマンドを発行することで
す。
たとえば、3 ノードのクラスタの場合、終了時に次のコマンドが画面に表示されること
があります。
node1:# ssh node1.acme.com cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
node1:# ssh node2.acme.com cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
node1:# ssh node3.acme.com cat ~/.ssh/id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys
5
次に進みます。
p.97 の 「キーファイルの配布」 を参照してください。
キーファイルの配布
次の手順はキーを配布する方法を説明します。この手順を使うと、将来どんなノードがス
トレージプール認可ノードになっても、そこからクラスタのソフトウェアを確実にアップグレー
ドできます。
97
98
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
パスワードの同期
キーを他のノードに配布するには
1
他のすべてのノードに authorized_keys のファイルを配布する scp(1) コマンドを
使います。
例:
scp ~/.ssh/authorized_keys [email protected]:~/.ssh/authorized_keys
node には、他のいずれかのノードのホスト FQDN を指定します。
2
ステップ 1 を繰り返し、他のノードのそれぞれにキーファイルをコピーする scp(1) コ
マンドを発行します。
3
次のいずれかに進んでください:
■
SSH のアクセスを確認する場合は、次に進みます:
p.98 の 「(省略可能) SSH のアクセスの確認」 を参照してください。
■
VCS のソフトウェアをインストールすることを開始する場合は、次に進みます:
p.99 の 「Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール」 を参照して
ください。
(省略可能) SSH のアクセスの確認
次の手順は、SSH が、パスワードのプロンプト表示なしに、他のノードに加えてローカル
ノードにアクセスできることを確認する方法を説明します。
SSH のアクセスを確認するには
1
ノードの 1 つにログインしてください。
2
接続性をテストする次のコマンドを入力してください:
ssh host_FQDN_of_this_node w
たとえば、クラスタのストレージプール認可ノードからの次のコマンドを発行できます。
# ssh node1.acme.com w
3
(該当する場合) 次のプロンプトが表示されたら yes と応答します。
Are you sure you want to continue connecting (yes, no) ? yes
4
次のように、このコマンドからの出力を分析します。
■
正しく設定されたクラスタでは、このコマンドからの出力はユーザー、システム負
荷などについての情報を含んでいます。
■
不正確に設定されたクラスタでは、このコマンドからの出力はパスワードのための
プロンプトです。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
5
このノードから他の各ノードに対して、さらに ssh(1) コマンドを入力します。
ステップ 2 の ssh(1) のコマンド形式を使いますが、別のノードのホスト FQDN を指
定します。
6
クラスタの他の各ノードで、ステップ 5 を繰り返します。
7
別のノードにログインします。
8
クラスタの他の各ノードで、ステップ 2 からステップ 6 を繰り返します。
9
次に進みます。
p.99 の 「Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール」 を参照してくだ
さい。
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストー
ル
次の手順は VCS ソフトウェアをインストールする方法を説明します。
VCS 4.1 MP3 のインストール
ストレージプール認可として使いたいノードでこの手順を実行します。インストーラは自動
的にすべてのノードにソフトウェアをプッシュ型で転送し、すべてのノードにソフトウェアを
インストールします。
次の注意はこの手順に関係し、手順の適切なステップで説明されます:
■
この手順は VCS のメニュー方式のインストーラを使います。メニューで選択をした後、
Enter キーを押してください。多くのプロンプトでデフォルトの値が提案されます。デ
フォルトを受け入れる場合は、Enter キーを押してください。
■
PDOS は VCS ディスクのすべてのサービスを使うわけではないため、すべてのサー
ビスをインストールしないでください。たとえば、スクリプトが次の VCS のサービスをイ
ンストールするように促す場合は、Y、y、または Enter キーで応答しないでください:
■
VRTSvcsApache
■
VRTScssim
PureDisk はこれらの VCS のサービスを使いません。
■
スクリプトが VCS を設定するように促す場合は、Y、y、または Enter キーで応答しな
いでください。後の手順は、PureDisk 用に調整された設定スクリプトで VCS を設定
するように要求します。
99
100
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
注意: 次の手順の各ステップに伴う指示を読んでください。各プロンプトに応じて Y、y、ま
たは Enter キーを押して PureDisk 環境に VCS をインストールすることはできません。
PureDisk と互換性がないインストールになります。手順は、不要なまたは互換性がない
コンポーネントのインストールをいつ却下するかを説明します。
VCS 4.1 MP3 をインストールするには
1
ストレージプール認可として使いたいノードのドライブに 「High Availability 1」のラ
ベルが付いているディスクを入れます。
このディスクには PD-VCS-4.1MP3 が含まれます。
2
(該当する場合) CD-ROM をマウントするようにコマンドを入力します。
例:
# mkdir /cdrom
# mount /dev/cdrom /cdrom
少数のハードウェアプラットフォームでは、cdrom のデバイスの /dev/cdrom はデ
フォルトでは利用可能ではありません。デバイスが /dev/cdrom を見つけることがで
きなかったら次のトピックを参照してください。
p.245 の 「CD-ROM デバイスのトラブルシューティング」 を参照してください。
3
マウントディレクトリに変更する次のコマンドを入力してください:
# CD /cdrom
4
インストーラを開始する次のコマンドを入力してください:
# ./installer
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
5
次の表が記述するようにスクリプトの開始時のプロンプトに応答してください。
プロンプト
推奨する処理
注意
Enter a Selection:
[I,C,L,P,U,D,Q,?]
I と入力し、Enter キーを押します。
製品をインストールすることを選択肢 I
は示します。
Select a product to
install:[1-5,b,q]
1 と入力し、Enter キーを押します。
Veritas Cluster Server をインストール
することを選択肢 1 は示します。
Enter the system names
separated by spaces on
which to install VCS:
クラスタの各ノードの一意のホスト FQDN これらをスペースで区切られた FQDN の
を入力します。各 FQDN を区切るために リストとして指定してください。シマンテッ
スペースを使ってください。
ク社は FQDN を指定することを推奨しま
すが、IP アドレスも指定できま
す。/etc/hosts ファイルで指定した
ノードの FQDN を入力してください。
例:node1.acme.com
node2.acme.com
node3.acme.com
Initial system check
completed
successfully.
Enter キーを押してください。
インストーラはインストール前のシステム
チェックに関するメッセージを生成しま
す。成功を示す最終的なメッセージの後
で Enter キーを押してください。
VERITAS
Infrastructure rpms
installed
successfully.
Enter キーを押してください。
インストーラは RPM に関するメッセージ
を生成します。成功を示す最終的なメッ
セージの後で Enter キーを押してくだ
さい。
6
プロンプト
次の表が記述するようにスクリプトのライセンスプロンプトに応答してください。
推奨する処理
注意
101
102
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
Do you want to enter
another license key for
node?[y,n,q,?](n)
Enter キーを押してください。
(各ノードに対するプロンプトに、Enter
キーを押すことを確かめてください。)
PDOS インストーラは VCS のために必要
とするライセンスキーをインストールしまし
た。VCS インストーラはクラスタのすべて
のノードのライセンスキーを順次に調べ、
追加のキーをインストールするように促し
ます。
次のいずれかの処置を行って、追加の
キーのインストールを拒否します。
■
Enter キーを押します。
■
n を入力します。
■
no を入力します。
追加のキーをインストールする必要はあ
りません。
VCS licensing verified
successfully.
Press [Enter] to continue:
Enter キーを押してください。
VCS licensing completed
successfully.
Enter キーを押してください。
7
次の表が記述するようにオプションのパッケージに関するスクリプトのパッケージプロ
ンプトに応答します。
プロンプト
推奨する処理
注意
Select the optional rpms
to be installed on all
systems?[1-3,q,?] (1)
3 と入力し、Enter キーを押します。
RPM の説明を表示し、オプションの RPM
を選択してください。
Do you want to install
the VRTSvcsmn rpm on all
systems?[y,n,q] (y)
Enter キーを押してください。
VRTSvcsmn のパッケージをインストール
するためには、Enter キーを押します。
Do you want to install
the VRTSvcsApache rpm on
all systems?[y,n,q] (y)
n と入力し、Enter キーを押します。
VRTSvcsApache パッケージをインス
トールしないでください。
Do you want to install
the VRTSvcsdc rpm on all
systems?[y,n,q] (y)
Enter キーを押してください。
VRTSvcsdc のドキュメンテーションパッ
ケージをインストールするためには、
Enter キーを押します。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
Do you want to install
the VRTScscm rpm on all
systems?[y,n,q] (y)
Enter キーを押してください。
VRTScscm の Cluster Manager Java
コンソールのパッケージをインストールす
るためには、Enter キーを押します。シ
マンテック社は PDOS プラットフォームで
Cluster Manager Web コンソールをサ
ポートしません。
Do you want to install
the VRTScssim rpm on all
systems?[y,n,q] (y)
n と入力し、Enter キーを押します。
Veritas Cluster Server Simulator パッ
ケージをインストールしないでください。
Press [Enter] to continue:
表示された情報を確認し、Enter キーを インストーラは次の見出しの後で、インス
トールするパッケージのリストを表示しま
押してください。
す:
Installer will install the
following VCS rpms:
パッケージのリストを見直します。次のパッ
ケージはリストにあってはいけません:
Press [Enter] to continue:
■
VRTSvcsApache
■
VRTScssim
表示された情報を確認し、Enter キーを インストーラは次の見出しの後で、インス
トールチェックの出力を表示します:
押してください。
Checking system
installation requirements:
Are you ready to
configure VCS?
[y,n,q] (y)
n と入力し、Enter キーを押します。
この時点で VCS を設定しないでくださ
い。
Would you like to install
Cluster Server on all
systems simultaneously?
[y,n,q,?](y)
Enter キーを押してください。
Enter キーを押して、すべてのノードにク
ラスタサーバーを同時にインストールしま
す。
Cluster Server
installation completed
successfully.
表示された情報を確認し、Enter キーを インストーラは進捗メッセージを表示しま
す。
押してください。
Press [Enter] to continue:
103
104
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
Press [Enter] to continue:
PERSISTENT_NAME メッセージに対し /etc/udev/rules.d/
て Enter キーを何回か押してください。 30-net_persistent_names.rules
によって永続的な名前付けが保証される
ので、設定を訂正する処置をとる必要は
ありません。
PERSISTENT_NAME に関係する警告
メッセージを安全に無視できます。
The README.1st file has
more information about
VCS.Read it Now?[y,n,q]
(y)
8
Enter キーを押します。
または
README ファイルを読むかどうか決定
し、それに応じて応答してください。
n と入力し、Enter キーを押します。
CD-ROM ディスクをマウント解除し取り出すためにコマンドを入力します。
例:
# cd /
# umount /cdrom
# eject
9
ディスクを取り出してください。
10 次に進みます。
p.104 の 「VCS 4.1 MP4 のインストール」 を参照してください。
注意: この時点では再ブートしないでください。再ブートする前に VCS 4.1 MP4 をイ
ンストールしてください。
VCS 4.1 MP4 のインストール
次の手順は VCS 4.1 MP4 をインストールする方法を説明します。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
VCS 4.1 MP4 をインストールするには
1
「High Availability 2」のラベルが付いているディスクをドライブに入れます。
このディスクには PD-VCS-4.1MP4 が含まれます。
2
ディスクをマウントする次のコマンドを入力してください:
# mount /dev/cdrom /cdrom
# cd /cdrom/
少数のハードウェアプラットフォームでは、cdrom のデバイスの /dev/cdrom はデ
フォルトでは利用可能ではありません。デバイスが /dev/cdrom を見つけることがで
きなかったら次のトピックを参照してください。
p.245 の 「CD-ROM デバイスのトラブルシューティング」 を参照してください。
3
インストーラを開始する次のコマンドを入力してください:
# ./installmp
4
次の表が記述するようにクラスタに関するスクリプトのプロンプトに応答します。
プロンプト
推奨する処理
注意
Enter the system names
separated by spaces on
which to install VERITAS
Maintenance Pack 4:
クラスタの各ノードの一意のホスト FQDN FQDN のスペースで区切られたリストを
を入力します。各 FQDN を区切るために 指定してください。シマンテック社は
スペースを使ってください。
FQDN を指定することを推奨します。また
IP アドレスを指定できま
す。/etc/hosts ファイルで指定した
ノードの FQDN を入力してください。
例:node1.acme.com
node2.acme.com
node3.acme.com
Press [Enter] to continue:
Enter キーを押してください。
インストーラは次の見出しの後で、通信
チェックの出力を表示します:
Checking system
communication:
5
プロンプト
次の表が記述するようにノード特定のインストール特性に関するスクリプトのプロンプ
トに応答します。
推奨する処理
注意
105
106
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
Veritas Cluster Server (VCS) ソフトウェアのインストール
y と入力し、Enter キーを押します。
インストーラがアップグレードの必要条件
を調べるとき、次のパッケージについて
の警告メッセージを生成します。
■
VRTSvxvmcommon
■
VRTSvxvmplatform
■
VRTSvxfscommon
■
VRTSvxfsplatform
これらのパッケージのそれぞれについて
のメッセージに応じて y を入力し、インス
トールを続行します。
これらのメッセージのいくつかはより新し
いバージョン (4.1.40.00) のパッケージが
インストールされることを示します。これら
のメッセージは、PDOS のパッチが原因
で表示されます。それぞれのプロンプト
に応答して y を入力し、Enter キーを押
して続行します。
Do you want to stop these
processes and install
patches on node?
[y,n,q] (y)
Enter キーを押してください。
インストーラは各ノードの処理を停止する
ように促します。各ノードの停止を確認し
てください。
メモ: スクリプトはクラスタの各ノードでこれらの質問を繰り返します。各ノードのプロン
プトに応答してください。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
VCS の設定
6
次の通り完了に関するスクリプトのプロンプトに応答します。
プロンプト
推奨する処理
注意
Press [Enter] to continue:
Enter キーを押してください。
インストーラは次の見出しの後で、通信
チェックの出力を表示します:
Upgrade requirement checks
completed successfully.
Would you like to upgrade
VERITAS Maintenance Pack
4 rpms on all systems
simultaneously?
[y,n,q,?](y)
Enter キーを押してください。
すべてのノードにクラスタサーバーのアッ
プグレードを同時にインストールします。
VERITAS Maintenance Pack
4 installation completed
successfully.
Enter キーを押してください。
このステップによってインストールが完了
します。
Press [Enter] to continue:
7
CD をマウント解除し、取り出します。
例:
# cd /
# umount /cdrom
# eject
8
次に進みます。
p.107 の 「VCS の設定」 を参照してください。
VCS の設定
VCS を設定するために次の手順を使ってください。最初のステップでは、クラスタについ
ての情報を集めます。このクラスタについて一意の情報を指定する必要があります。
107
108
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
VCS の設定
VCS を設定するには
1
計画の表計算ワークシート、PureDisk_ClusterPlanning.xls を完了したことを
確かめます。
表計算ワークシートのための多くの NIC の情報を取り込むために、各ノードで ip
a(8) コマンドを入力する場合があります。
2
このクラスタの一意の名前そしてクラスタ ID 番号の両方をネットワーク管理者に確
認します。
メモ: クラスタ ID 番号はパブリックネットワークで一意でなければなりません。既存の
クラスタ ID との競合は、予測不能な結果を生成する可能性があります。
3
ストレージプール認可ノードとして設定したいノードにログインします。
4
インストールソフトウェアが存在するディレクトリへ変更してください。
例:
# cd /opt/VRTS/install
5
インストールプログラムを開始する次のコマンドを入力してください:
# ./installvcs -configure
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
VCS の設定
6
次の表が記述するようにスクリプトの開始時のプロンプトに応答してください。
プロンプト
推奨する処理
注意
Enter the system names
separated by spaces on
which to configure VCS:
クラスタの各ノードの一意のホスト FQDN FQDN のスペースで区切られたリストを
を入力します。各 FQDN を区切るために 指定してください。シマンテック社は
スペースを使ってください。
FQDN を指定することを推奨します。IP
アドレスも指定できます。/etc/hosts
ファイルで指定したノードの FQDN を入
力してください。例:node1.acme.com
node2.acme.com
node3.acme.com
Press [Enter] to continue:
Enter キーを押してください。
インストーラは次の見出しの後で、通信
チェックの出力を表示します:
Checking system
communication:
VCS licensing verified
successfully.
Enter キーを押してください。
追加のライセンスキーを入力しないでく
ださい。
Press [Enter] to continue:
Do you want to stop VCS processes?
Enter キーを押してください。
[y,n,q] (y)
VCS processes are stopped
VCS の処理を停止してください。
Enter キーを押してください。
スクリプトはすべての VCS の処理を停止
します。
Enter キーを押してください。
スクリプトはプロンプトに応答する方法に
ついての情報を表示します。
Press [Enter] to continue:
No configuration changes
are made to the systems
until all configuration
questions are completed
and confirmed.
Press [Enter] to continue:
109
110
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
VCS の設定
7
次の表が記述するようにスクリプトのクラスタ名とクラスタ ID の設定プロンプトに応答
してください:
プロンプト
推奨する処理
注意
Enter the unique cluster name:
このクラスタの一意の名前を入力してくだ この名前はネットワークで一意でなけれ
さい。
ばなりません。この名前にスペースか数
字を含めることはできません。
Enter the unique Cluster
ID number between
0-65535: [b,?]
このクラスタの一意の ID 番号を入力して この番号はネットワークで一意でなけれ
ください。
ばなりません。
注意: 次のステップに進む前に、このクラスタの一意のクラスタ名と、一意のクラスタ
ID を必ず記録してください。
8
ハートビート情報を指定し、インストーラが検出するユーザーの設定についてのプロ
ンプトに応答します。
メモ: インストーラのプロンプトは、設定によって異なります。次はセッション例です。
例:
Discovering NICs on node1 .........................................................
discovered eth0 inet6 eth1 inet6 eth2 sit0
Enter the NIC for the first private heartbeat link on node1:[b,?] eth0
eth0 is probably active as a public NIC on node1
Are you sure you want to use eth0 for the first private heartbeat link?[y,n,q,b,?](n)
y
Would you like to configure a second private heartbeat link?[y,n,q,b,?](y)
Enter the NIC for the second private heartbeat link on node1:[b,?] eth2
eth2 is probably active as a public NIC on node1
Are you sure you want to use eth2 for the second private heartbeat link?[y,n,q,b,?]
(n) y
Would you like to configure a third private heartbeat link?[y,n,q,b,?](n)
9
プライマリ NIC に第 3 専用ハートビートを設定したくないことを確認するために Enter
キーを押します。
例:
Do you want to configure an additional low priority heartbeat link?[y,n,q,b,?](n)
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
VCS の設定
10 他のノードの NIC に関するプロンプトに応じて、y か n を入力し、Enter キーを押し
ます。
y と入力する場合は、各ノードが同じ順序で NIC を含んでいることを確認します。
n と入力する場合は、クラスタの各ノードのために同じプロンプトを再発行するように
システムに要求します。このプロンプトの順序は、設定に応じて各インストールで異
なります。
Are you using the same NICs for private heartbeat links on all systems?[y,n,q,b,?](y)
y
11 クラスタ情報を確認するために Enter キーを押してください。
例:
Cluster information verification:
Cluster
Cluster
Private
Private
Private
Name:pdvcs1
ID Number: 1
Heartbeat NICs for node1:link1=eth0 link2=eth2
Heartbeat NICs for node2:link1=eth0 link2=eth2
Heartbeat NICs for node3:link1=eth0 link2=eth2
Is this information correct?[y,n,q] (y)
111
112
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
VCS の設定
12 次の表が記述するようにスクリプトの終了時の質問に応答してください。
プロンプト
推奨する処理
注意
Do you want to configure
Cluster Manager (Web
Console) [y,n,q] (y)
n と入力し、Enter キーを押します。
Cluster Manager を設定しないでくださ
い。シマンテック社は PDOS プラット
フォームで Cluster Manager をサポート
しません。
シマンテック社は、後述の手順で設定す
る Cluster Manager Java コンソールを
PDOS のプラットフォームでサポートしま
す。
Do you want to configure
SMTP notification?
[y,n,q] (y)
n と入力し、Enter キーを押します。
SMTP を設定しないでください
Do you want to configure
SNMP notification?
[y,n,q] (y)
n と入力し、Enter キーを押します。
SNMP を設定しないでください。
Press [Enter] to continue:
PERSISTENT_NAME メッセージに対し Enter キーを押して各ノードと NIC に対
て Enter キーを何回か押してください。 するすべての PERSISTENT_NAME メッ
セージを無視します。
/etc/udev/rules.d/
30-net_persistent_names.rules
によって永続的な名前付けが保証される
ので、設定を訂正する処置をとる必要は
ありません。
PERSISTENT_NAME に関係する警告
メッセージを安全に無視できます。
Cluster Server configured
successfully.
Enter キーを押してください。
Press [Enter] to continue:
Cluster Server was
started successfully.
Press [Enter] to continue:
Enter キーを押してください。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
/Storage パーティションの指定
The README.1st file has
more information about
VCS.Read it Now?
[y,n,q] (y)
Enter キーを押します。
または
README ファイルを読むかどうか決定
し、それに応じて応答してください。
n と入力し、Enter キーを押します。
13 開いているリンクの状態を調べる次のコマンドを入力してください:
# lltstat -n
出力はリンクの状態を示す表を戻します。出力には、各ノードのための行と、各ノー
ドの各専用ハートビートのリンクのための行が含まれます。LINKS フィールドはノード
ごとの専用ハートビートの数を示します。それぞれが OPEN の状態にあるべきです。
14 クラスタ化されたストレージプールの各ノードで、ステップ 13 を繰り返します。
15 次に進みます。
p.113 の 「/Storage パーティションの指定」 を参照してください。
/Storage パーティションの指定
PureDisk は /Storage のパーティションにバックアップデータ、メタデータとシステム情
報を書き込みます。YaST、VEA、または VxVM を使って、/Storage パーティションを作
成することができます。
アクティブノードにのみ /Storage のパーティションを作成する必要があります。アクティ
ブノードは PureDisk のサービスをインストールするノードです。スペアノードのために
/Storage のパーティションを作成する必要はありません。
このトピックの手順は次を説明します:
■
Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストでディスクのハードウェアを確
認する方法
■ /Storage
パーティションを指定する方法が記載されている場所
/Storage パーティションを指定するには - 予備のステップ
1
次の Web サイトの Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストを表示
します。
ftp://exftpp.symantec.com/pub/support/products/VolumeManager_UNIX/277905.pdf
2
Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストで、使用しているディスクの
ハードウェアを検索します。
次の処置の 1 つを行ってください:
113
114
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
/Storage パーティションの指定
3
■
使用しているディスクのハードウェアがハードウェア互換性リストにある場合は、
VxVM 列に X が記載されています。次のステップに進んでください。
■
ディスクのハードウェアがハードウェア互換性リストにない場合は、VxVM では
使っているディスクの動的マルチパス (DMP) がサポートされません。
DMP はデフォルトで有効なため、ディスクのマルチパスを無効にする必要があ
ります。次のトピックに進みます。
p.115 の 「(該当する場合) マルチパスの無効化」 を参照してください。
Veritas Storage Foundation ハードウェア互換性リストで、使用しているディスクの
ハードウェアの行で、DMP 列を確認してください。
動的マルチパス (DMP) は、PDOS から LUN またはデバイスへの複数のパスを有効
にするパフォーマンスの強化機能です。DMP はインストール処理に次のように影響
します。
4
■
使用しているハードウェアの DMP 列に X が記載されている場合、VxVM では
デフォルトでそのハードウェアの DMP をサポートします。ステップ 5 に進んでく
ださい。
■
使用しているハードウェアの DMP 列に X 以外の文字が表示されている場合、
ソフトウェアを追加でダウンロードする必要があります。Array Support Library
(ASL) や Advanced Power Management (APM) ソフトウェアを追加する必要
がある場合があります。ステップ 4 に進んでください。
(該当する場合) ASL や APM のソフトウェアをダウンロードしてインストールするか、
シマンテック社のテクニカルサポートに問い合わせてください。
このステップは、ディスクハードウェアに追加ソフトウェアが必要であることがハード
ウェア互換性リストに記載されている場合にのみ実行します。
Web ページのダウンロードリンクをたどり、ダウンロードページの手順を使ってソフト
ウェアをインストールします。ソフトウェアをインストールしたらここに戻ります。
5
/Storage パーティションを作成します。
3 つの方式の 1 つを使って、/Storage を作成するタスクを完了できます。/Storage
を作成する方法について詳しくは、次のいずれかに進んでください:
■
YaST を使うには、次に進んでください:
p.117 の 「YaST を使用した /Storage の作成」 を参照してください。
■
VEA を使うには、次に進んでください:
p.119 の 「Veritas Enterprise Administrator (VEA) を使用した /Storage の作
成」 を参照してください。
■
VxVM を使うには、次に進んでください:
p.120 の 「VxVM を使用した /Storage の作成」 を参照してください。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(該当する場合) マルチパスの無効化
(該当する場合) マルチパスの無効化
ハードウェアの確認手順によって、VxVM がこのノードの外部ディスクの DMP をサポー
トしないことが判明した場合、このトピックの手順を実行します。
このノードに接続したディスクによっては、システムがマルチパスをデフォルトで有効にし
ていることがあります。このトピックの手順はマルチパスを無効にし、VxVM の競合を防ぎ
ます。
マルチパスを無効にするには
1
root としてノードにログインしてください。
2
次のコマンドを入力してください:
# vxdiskadm
3
[Volume Manager Support Operations]の画面で、19 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[List currently suppressed/non-multipath]デバイスを選択しま
す。
4
次の見出しの下の表示の情報を確認します。
[Devices excluded from multipathing by vxdmp:]
■
次の情報が表示されたら、ステップ 20 に直接移動し、この手順を完了しないで
ください:
[All devices have been excluded from multipathing by vxdmp]
■
他の情報が表示されたら、続行し、この手順を完了します。
5
メインメニューに戻るためには Enter キーを押します。
6
[Volume Manager Support Operations]の画面で、17 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[Prevent multipathing/Suppress devices from VxVM's view]
を選択します。
7
[Exclude Devices]の画面で、続行するために Enter キーを押します。
この処理はデフォルトの y を受け入れ、続行します。
8
[Volume Manager Device Operations]の画面で、5 を入力し、Enter キーを押
します。
9
[Exclude controllers from DMP]の画面で、all を入力し、Enter キーを押し
ます。
115
116
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(該当する場合) マルチパスの無効化
10
[Continue operation? ... ]のプロンプトで y を入力し、Enter キーを押しま
す。
11
[Hit RETURN to continue]のプロンプトで、Enter キーを押します。
12 ノードを再ブートしてください。
13 root としてノードにログインしてください。
14 次のコマンドを入力してください:
# vxdiskadm
15
[Volume Manager Support Operations]の画面で、19 を入力し、Enter キーを
押します。
この処理は[List currently suppressed/non-multipath devices]を選択し
ます。
16 すべてのデバイスが除外されることを確認します。
表示は次の見出しと状態を含むはずです。
[Devices excluded from multipathing by vxdmp:]
[All devices have been excluded from multipathing by vxdmp]
17 メインメニューに戻るためには Enter キーを押します。
18 中止するには q を押し、Enter キーを押します。
19 このノードが、クラスタで DMP を無効にする必要がある最後のノードかどうかを判断
します。
20
■
このノードが最後のノードなら、次のステップは /Storage のパーティションを作
成することです。ステップ 20 に進んでください。
■
このノードが最後のノードでなければ、ステップ 1 に戻り、別のノードの DMP を
無効にしてください。
/Storage を作成する方法について詳しくは、次のいずれかのトピックに進んでくだ
さい:
■
p.117 の 「YaST を使用した /Storage の作成」 を参照してください。
■
p.119 の 「Veritas Enterprise Administrator (VEA) を使用した /Storage の作
成」 を参照してください。
■
p.120 の 「VxVM を使用した /Storage の作成」 を参照してください。
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
YaST を使用した /Storage の作成
YaST を使用した /Storage の作成
次の手順は /Storage のパーティションを作成するために YaST のインターフェースを
使う方法を説明します。
YaST の開始
次の手順は YaST を開始する方法を説明します。
YaST を呼び出すには
1
アクティブノードの 1 つにログインします。
アクティブノードは PureDisk のサービスをインストールするノードです。
2
SUSE Linux の YaST の設定ツールを起動する次のコマンドを入力します。
# yast
インターフェースを呼び出すために yast か YaST を入力できます。大文字と小文字
の他の組み合わせを入力しないでください。
3
[YaST Control Center]のメイン画面で、[System]>[Partitioner]を選択してくだ
さい。
4
警告のポップアップで[Yes]を選択してください。
5
[Expert Partitioner]の画面で、[VxVM]を選択してください。
6
(該当する場合) [Add Group]を選択します。
少なくとも 1 つのグループが現在設定されているときのみ[Add Group]を選択する
オプションがあります。
7
[Create a Disk Group]のポップアップで、このノードのディスクグループの一意の
名前を入力します。
8
[OK]を選択します。
9
[Veritas Volume Manager: Disks Setup]画面で、ディスクグループに含めたい
ディスクをハイライトします。
10 [Add Disk]をハイライトし、Return キーを押してください。
まだパーティション分割されていないディスクのみを追加できます。パーティションが
付いているディスクを追加することを試みればディスクグループへのディスクの追加
は成功しません。パーティションを追加することを試みる前にディスクからすべての
パーティションを削除します。
ディスクのすべてのパーティションを削除するには、YaST のインターフェースの
[Expert]を選択し、[Delete Partition Table and Disk Label]を選択します。
11 [Add a name for the disk]のポップアップで、ディスクの名前を入力します。
117
118
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
YaST を使用した /Storage の作成
12 [OK]を選択します。
13 ディスクグループに含めたいすべてのディスクで、ステップ 9 からステップ 12 を繰り
返します。
14 [Next]を選択してください。
15 次に進みます。
p.118 の 「/Storage の作成」 を参照してください。
/Storage の作成
次の手順は /Storage を作成する方法を説明します。
/Storage を作成するには
1
[Veritas Volume Manager: Volumes]の画面で、[Add]を選択します。
[Create Volume]ポップアップが表示されます。
2
[Create Volume]のポップアップで、[Volume Name]のフィールドに名前を指定
します。たとえば、Storage。
メモ: サイズかマウントポイントを指定しないでください。
3
[OK]を選択します。
4
[Next]を選択してください。
5
[Apply]を選択します。
6
表示される[Changes]ポップアップで、[Apply]を選択します。
7
[Quit]を選択します。
8
[Quit]を (再び) 選択します。
9
(省略可能) ノードを再ブートします。
再ブートの永続性のためにノードをテストする場合はこのステップを実行します。
10 このノードのディスクの概略を表示する次のコマンドを入力します。
# vxdisk -o alldgs list
11
/Storage のディレクトリを作成する次のコマンドを入力します。
# mkdir /Storage
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
YaST を使用した /Storage の作成
12 このノードの /Storage をマウントする mount(8) コマンドを発行します。
このコマンドは次の形式です:
mount -t vxfs /dev/vx/dsk/disk_group_name/volume_name /Storage
disk_group_name と volume_name には、ステップ 2 で作成したボリュームへの絶
対ハードウェアパスを指定します。
例:
# mount -t vxfs /dev/vx/dsk/dg1/disk1 /Storage
各ノードの /Storage をマウントする際、各 PureDisk ノードで異なるディスクにマウ
ントが接続することを確かめます。異なる LUN に各ノードを接続してください。
13 次の通り進みます:
■ /Storage のパーティションを作成する必要がある追加のアクティブノードがあっ
たら次のトピックに進みます:
p.117 の 「YaST の開始」 を参照してください。
■
このノードがストレージプールの最後のアクティブノードの場合、次のトピックに
進みます:
p.124 の 「(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage
パーティションにマウントして書き込むことができることの確認」 を参照してくださ
い。
Veritas Enterprise Administrator (VEA) を使用した /Storage の作成
VEA は VxVM のボリュームを管理するために使うことができる GUI のツールです。VEA
を使って、/Storage パーティションを作成することができます。
VEA を使って /Storage を作成するには
1
VEA をインストールするには次のトピックの手順を使ってください:
p.254 の 「VEA のインストールと設定について」 を参照してください。
2
アクティブノードの 1 つにログインします。
アクティブノードは PureDisk のサービスをインストールするノードです。
3
このノードにディスクグループを作成し、ディスクグループにディスクを割り当てるた
めに VEA を使います。
4
(省略可能) ノードを再ブートします。
再ブートの永続性のためにノードをテストする場合はこのステップを実行します。
119
120
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
YaST を使用した /Storage の作成
5
このノードのディスクの概略を表示する次のコマンドを入力します。
# vxdisk -o alldgs list
6
/Storage のディレクトリを作成する次のコマンドを入力します。
# mkdir /Storage
7
このノードの /Storage をマウントする mount(8) コマンドを発行します。
このコマンドは次の形式です:
mount -t vxfs path_to_device /Storage
path_to_device には、作成したボリュームへの絶対ハードウェアパスを指定します。
例:
# mount -t vxfs /dev/vx/dsk/dg1/disk1 /Storage
各ノードの /Storage をマウントする際、各 PureDisk ノードで異なるディスクにマウ
ントが接続することを確かめます。異なる LUN に各ノードを接続してください。
8
次の通り進みます:
■ /Storage のパーティションを作成する必要がある追加のアクティブノードがあっ
たら、この手順のステップ 2 に戻ります:
■
このノードがストレージプールの最後のアクティブノードの場合、次に進みます:
p.124 の 「(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage
パーティションにマウントして書き込むことができることの確認」 を参照してくださ
い。
VxVM を使用した /Storage の作成
VxVM コマンドを使って、/Storage パーティションを作成することができます。
VxVM コマンドを使用して /Storage を作成するには
1
アクティブノードの 1 つにログインします。
アクティブノードは PureDisk のサービスをインストールするノードです。
2
この設定のセッションを初期化する次のコマンドを入力します。
# vxdctl enable
3
このノードで利用可能なディスクをリストする次のコマンドを入力します。
# vxdisk -o alldgs list
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
YaST を使用した /Storage の作成
4
使いたいディスクを初期化する vxdisksetup(1M) コマンドを発行します。
このコマンドの形式は次の通りです:
vxdisksetup -i hdw_device_name format=sliced
hdw_device_name には、vxdisk(1M) のリストで表示されるようにデバイス名を指
定します。
例:
# /etc/vx/bin/vxdisksetup -i sdc format=sliced
5
ディスクグループを初期化し、ディスクを割り当てる vxdg(1M) コマンドを発行します。
このコマンドの形式は次の通りです:
vxdg init disk_group_name disk_name=hdw_device_name
このコマンドは次の引数を受け入れます。
disk_group_name
クラスタのこのノードに一意のディスクグループの名前を指
定します。
disk_name
このディスクグループに一意のディスクの名前を指定しま
す。
hdw_device_name
vxdisk(1M) のリストで表示されるようにハードウェアデバ
イスの名前を指定します。
例:
# vxdg init dg1 disk1=sdc
6
ボリュームのサイズを取り込む vxassist(1M) コマンドを発行します。
このコマンドは次の形式です:
vxassist -g disk_group_name maxsize
disk_group_name には、ステップ 5 でこのディスクグループに割り当て済みの名前
を指定します。
121
122
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
YaST を使用した /Storage の作成
7
ボリュームを作成する vxassist(1M) コマンドを (再び) 発行します。
このコマンドは次の形式です:
vxassist -g disk_group_name make volume_name maxsize
このコマンドは次の引数を受け入れます。
disk_group_name
ステップ 5 でこのディスクグループに割り当て済みの名前を
指定します。
volume_name
このディスクグループのボリュームの名前を指定します。
maxsize
vxassist(1M) コマンドが戻したサイズを指定します。この
コマンドはステップ 6 で入力した vxassist(1M) コマンド
です。
例:
# vxassist -g dg1 make Storage 300g
8
ボリュームが有効でアクティブであることを確認する次のコマンドを入力します:
# vxprint -ht
9
このディスクボリュームで VxFS のファイルシステムを作成する mkfs(1M) コマンドを
発行します。
このコマンドは次の形式です:
mkfs -t vxfs path_to_device
path_to_device には、ステップ 7 で作成したボリュームへの絶対ハードウェアパス
を指定します。
例:
# mkfs -t vxfs /dev/vx/dsk/dg1/disk1
10
/Storage のディレクトリを作成する次のコマンドを入力します。
# mkdir /Storage
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
クラスタ化されたストレージプールの /Storage/data と /Storage/databases のパーティションについて
11 このノードの /Storage をマウントする mount(8) コマンドを発行します。
このコマンドは次の形式です:
mount -t vxfs path_to_device /Storage
path_to_device には、ステップ 7 で作成したボリュームへの絶対ハードウェアパス
を指定します。
例:
# mount -t vxfs /dev/vx/dsk/dg1/disk1 /Storage
各ノードの /Storage をマウントする際、各 PureDisk ノードで異なるディスクにマウ
ントが接続することを確かめます。異なる LUN に各ノードを接続してください。
12 (省略可能) このノードのディスクの概略を表示する次のコマンドを入力します。
# vxdisk -o alldgs list
13 次の通り進みます:
参照先
状況
この手順のステップ 1。
/Storage のパーティションを作成する必要
がある追加のアクティブノードがある場合。
p.124 の 「(省略可能) 各ノードがその他すべ 次の両方が該当する場合
てのノード上のすべての /Storage パーティ
■ このノードがストレージプールの最後のア
ションにマウントして書き込むことができること
クティブノードです。
の確認」 を参照してください。
■ 互いのノードの /Storage パーティショ
ンをマウントおよびマウント解除できること
を確認するために各ノードをテストします。
p.128 の 「仮想 IP アドレスの追加」 を参照し 次の両方が該当する場合
てください。
■ このノードがストレージプールの最後のア
クティブノードです。
■ この時点で各ノードの仮想 IP アドレスを
作成します。
クラスタ化されたストレージプールの /Storage/data と
/Storage/databases のパーティションについて
現時点で /Storage/data か /Storage/databases のための追加のパーティションを
作成できません。ただし、PureDisk のインストール処理を完了した後、パフォーマンス上
123
124
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage パーティションにマウントして書き込むことができること
の確認
の理由からこれらのパーティションの作成を検討できます。これらのパーティションを作成
する方法については、シマンテック社のテクニカルサポート Web サイトで次の TechNote
を参照してください。
http://seer.entsupport.symantec.com/docs/304086.htm
(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべて
の /Storage パーティションにマウントして書き込むこと
ができることの確認
次の省略可能な手順はインストールには不要ですが、ディスクの接続性とディスクのフォー
マットをテストするために使うことができます。
次の手順は各ノードがノードの /Storage のパーティションを互いにマウントできることを
確認します。各アクティブノードとスペアノードでこのトピックの手順を実行します。
各ノードが /Storage のすべてのパーティションをマウントし、書き込むこ
とができることの確認
次の手順は、各ノードがすべての /Storage パーティションをマウントし、書き込むことが
できることを確認する方法を説明します。
各ノードが /Storage のすべてのパーティションをマウントし、書き込むことができること
を確認するには
1
ノードの 1 つにログインしてください。
この手順は、node1 としてテストする最初のノードを示します。
2
ルートディレクトリに変更する次のコマンドを入力します:
# cd /
3
/Storage のディレクトリを作成する次のコマンドを入力します。
# mkdir /Storage
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage パーティションにマウントして書き込むことができること
の確認
4
/Storage のパーティションをマウントします。
次の形式で mount(8) コマンドを入力します。
mount -t vxfs /dev/vx/dsk/disk_group_name/volume_name /Storage
このコマンドは次の値を受け入れます。
disk_group_name
/Storage のディスクグループに指定した名前
volume_name
ボリュームに指定した名前
例:
# mount -t vxfs /dev/vx/dsk/dg1/vol1 /Storage
5
テストファイルを作成する次のコマンドを入力します。
# touch /Storage/test
6
ファイルをリストできることを確認する次のコマンドを入力します。
# ls -al /Storage
7
/Storage のパーティションをマウント解除できることを確認する次のコマンドを入力
します。
# umount /Storage
8
/Storage がマウント解除されたことを確認する次のコマンドを入力します。
# mount | grep /Storage
ディスクが正しくマウント解除されたら、このコマンドはシステムプロンプトに戻ります。
9
最初のノードのディスクグループを接続解除する次のコマンドを入力します。
# vxdg deport disk_group_name
disk_group_name には、/Storage のディスクグループに指定した名前を指定しま
す。
10 他のいずれかのノードにログインします。
11 ノードの /Storage のディレクトリをマウント解除します。
12 ルートディレクトリに変更する次のコマンドを入力します:
# cd /
125
126
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage パーティションにマウントして書き込むことができること
の確認
13 (省略可能) /Storage のディレクトリを作成する次のコマンドを入力します。
# mkdir /Storage
このディレクトリを作成していない場合のみこのステップを実行してください。クラスタ
のインストール手順に従っていれば、このディレクトリはすでに存在します。
14 最初のノードのディスクグループを接続する次のコマンドを入力します。
# vxdg import disk_group_name
disk_group_name には、ステップ 1 のノード 1 の/Storage のディスクグループに
指定した名前を指定します。
または、現時点で作業しているいずれかのノードの情報を指定します。
15 次のコマンドを入力してください:
# vxvol -g disk_group_name startall
16
/Storage のパーティションをマウントします。
次の形式で mount(8) コマンドを入力します。
mount -t vxfs /dev/vx/dsk/disk_group_name/volume_name /Storage
このコマンドは次の値を受け入れます。
disk_group_name
/Storage のディスクグループに指定した名前
volume_name
ボリュームに指定した名前
例:
# mount -t vxfs /dev/vx/dsk/dg1/vol1 /Storage
17 ファイルをリストできることを確認する次のコマンドを入力します。
# ls -al /Storage
18
/Storage のパーティションをマウント解除できることを確認する次のコマンドを入力
します。
# umount /Storage
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
(省略可能) 各ノードがその他すべてのノード上のすべての /Storage パーティションにマウントして書き込むことができること
の確認
19
/Storage がマウント解除されたことを確認する次のコマンドを入力します。
# mount | grep /Storage
ディスクが正しくマウント解除されたら、このコマンドはシステムプロンプトに戻ります。
20 ノードのディスクグループを接続解除する次のコマンドを入力します。
# vxdg deport disk_group_name
disk_group_name には、/Storage のディスクグループに指定した名前を指定しま
す。
21 次の通り進みます:
参照先
状況
この手順のステップ 10。
より多くのノードのマウントをテストしなければ
ならない場合は、追加のノードでこの手順を
繰り返す必要があります。
p.127 の 「自身のノードへの /Storage ディス すべてのノード (スペアノードを含む) に接続
クの再マウント」 を参照してください。
したすべてのストレージのボリュームでこの手
順を実行した場合。
自身のノードへの /Storage ディスクの再マウント
次の手順はすべての /Storage パーティションを元のノードにマウントし直す方法を説明
します。
/Storage のディスクを自身のノードにマウントし直すには
1
ノードの 1 つにログインしてください。
2
このノードに適切なディスクグループを接続する次のコマンドを入力します。
# vxdg import disk_group_name
disk_group_name には、このノードの /Storage のディスクグループに指定した名
前を指定します。
3
次のコマンドを入力してください:
# vxvol -g disk_group_name startall
127
128
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
仮想 IP アドレスの追加
4
/Storage のパーティションをマウントします。
次の形式で mount(8) コマンドを入力します。
mount -t vxfs /dev/vx/dsk/disk_group_name/volume_name /Storage
このコマンドは次の値を受け入れます。
disk_group_name
/Storage のディスクグループに指定した名前
volume_name
ボリュームに指定した名前
例:
# mount -t vxfs /dev/vx/dsk/dg1/vol1 /Storage
5
(省略可能) 各アクティブノードに、マウントされる自身の /Storage のパーティション
があることを確認します。
クラスタのインストール手順に従ったら、パーティションは正しくマウントされます。確
信がない場合は、すべてのノードを調べます。
メモ: 各ノードの /Storage のパーティションは進む前にマウントする必要がありま
す。
6
次に進みます。
p.128 の 「仮想 IP アドレスの追加」 を参照してください。
仮想 IP アドレスの追加
次の手順は各ノードに仮想 IP アドレスを一時的に追加します。ストレージプールソフト
ウェアのインストーラはこの IP アドレスを使います。
各アクティブノードで次の手順を完了することを確かめます。スペアノードでこの手順を完
了する必要はありません。
仮想 IP アドレスを追加するには
1
ノードの 1 つにログインしてください。
2
/bin ディレクトリに変更する次のコマンドを入力してください:
# cd /opt/VRTS/bin
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
仮想 IP アドレスの追加
3
次のコマンドを入力してください:
# ./hastatus -summary
このコマンドの出力はクラスタによって参照されるシステム状態を示したものです。す
べての状態は RUNNING 状態であるべきです。
4
このノードのパブリック NIC の仮想 IP アドレスを作成します。
PureDisk サービスは仮想アドレスと関連付けされなければなりません。VCS が 1 つ
のノードから別のノードにサービスを移動するとき、VCS は仮想 IP アドレスと仮想
FQDN も移動します。サービスアドレスを作成する次のコマンドを入力します。
ip address add virtual_address dev ethn
このコマンドは次の引数を受け入れます。
virtual_address
このノードの仮想 IP アドレス。
n
このノードのパブリック NIC の ethn のデバイス番号。
たとえば、node1.acme.com で、次のコマンドを入力します。
# ip address add 100.100.100.101 dev eth1
メモ: この IP アドレスは次の再ブートにわたって持続しません。この手順を完了する
間と、ストレージプールソフトウェアをインストールする間は、ノードを再ブートしない
でください。
5
ステップ 1 に移動し、クラスタの次のアクティブノードのためにこの手順を繰り返して
ください。
クラスタのすべてのアクティブノードでこの手順を繰り返すことを確かめてください。
クラスタのスペアノードでこの手順を実行しないでください。
6
次に進みます。
p.131 の 「ストレージプールソフトウェアのインストール処理について」 を参照してくだ
さい。
129
130
第 6 章 クラスタソフトウェアのインストール
仮想 IP アドレスの追加
7
PureDisk ストレージプール
のインストール
この章では以下の項目について説明しています。
■
ストレージプールソフトウェアのインストール処理について
■
(省略可能) ストレージプール認可ノードへの接続
■
インストールディレクトリへのストレージプールソフトウェアの書き込み
■
トポロジーウィザードについて
■
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
ストレージプールソフトウェアのインストール処理につい
て
PureDisk のインストール処理の間に、各サーバーに PureDisk オペレーティングシステ
ム (PDOS) をインストールします。PDOS をインストールすると、サーバーを PureDisk ノー
ドとして呼び出すことができます。これらのノードの 1 つで、ストレージプール認可のロー
ルを想定する必要があります。ストレージプール認可ノードに PureDisk ストレージプー
ルソフトウェアをインストールします。それから、他のノードにソフトウェアをプッシュ型で転
送します。
次は PureDisk ストレージプールのインストール処理の概要です。
132
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
(省略可能) ストレージプール認可ノードへの接続
PureDisk ストレージプールのソフトウェアをインストールするには
1
ストレージプール認可ノードに接続します。
p.132 の 「(省略可能) ストレージプール認可ノードへの接続」 を参照してください。
2
ストレージプールソフトウェアをインストールディレクトリに書き込みます。
p.132 の 「インストールディレクトリへのストレージプールソフトウェアの書き込み」 を参
照してください。
3
トポロジーを計画し、トポロジーウィザードのプロンプトについて確認します。
p.134 の 「トポロジーウィザードについて」 を参照してください。
4
トポロジーウィザードを開始し、設定を実行してください。
p.150 の 「トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定」 を参照してくださ
い。
(省略可能) ストレージプール認可ノードへの接続
このインストールがリモートインストールであるときのみこのステップを実行してください。
次の手順はストレージプール認可ノードに接続する方法を記述します。
ストレージプール認可に接続するには
1
ストレージプール認可ノードとして設定したい PureDisk ノードに接続するために
SSH のエージェントを使ってください。
PDOS のインストール方式は SSH 接続を有効にします。無償ダウンロードとして
PuTTY のような SSH のエージェントを入手できます。
2
次の手順に進みます:
p.132 の 「インストールディレクトリへのストレージプールソフトウェアの書き込み」 を参
照してください。
インストールディレクトリへのストレージプールソフトウェ
アの書き込み
PureDisk ソフトウェアをストレージプール認可ノードに転送し、ソフトウェアを正しいディ
レクトリにインストールするために次の手順を実行します。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
インストールディレクトリへのストレージプールソフトウェアの書き込み
133
インストールディレクトリにストレージプールソフトウェアを書き込むには
1
ストレージプール認可ノードの CD-ROM ドライブに「PureDisk Application」のラベ
ルが付いているディスクを挿入してください。
2
メディアをマウントする mount(8) コマンドを使ってください。
たとえば、次のコマンドを入力してください:
# mkdir /cdrom
# mount /dev/cdrom /cdrom
少数のハードウェアプラットフォームでは、cdrom のデバイスの /dev/cdrom はデ
フォルトでは利用可能ではありません。コンピュータが /dev/cdrom を見つけること
ができなかったら次のトピックを参照してください。
p.245 の 「CD-ROM デバイスのトラブルシューティング」 を参照してください。
3
PureDisk ソフトウェアをストレージプール認可ノードにコピーし、正しいディレクトリ
に書き込む次のコマンドを入力してください:
# sh /cdrom/puredisk/software/install.sh
コマンドを入力するとき、次のオプションの 1 つを使う必要があることがあります:
■ --force。このオプションを以下の場合使ってください:
■
PureDisk 6.5 のリリース前のバージョンにインストールするため。サイトがベー
タテストに参加している場合は、このオプションを使ってください。
■
ストレージプールをディザスタリカバリの一部として再インストールするため。
■ --help。すべての可能なオプションを表示するためにこのオプションを使ってく
ださい。
4
インストール前の処理を説明する画面の情報を読み込み、続行するために Enter
キーを押してください。
5
ソフトウェアがインストールされるのを待ってください。
install.sh のスクリプトは終わるとき、次のメッセージを表示します:
Now define your topology using '/opt/pdinstall/edit_topology.sh', then r
6
次に進みます。
p.134 の 「トポロジーウィザードについて」 を参照してください。
134
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
トポロジーウィザードについて
PureDisk のトポロジーウィザードはインストール処理を示します。ウィザードで入力ペー
ジが表示されたら、これらのページに新しいストレージプールについての情報を入力しま
す。
トポロジーウィザードを開始する前に、次の手順の 1 つを実行してください:
p.134 の 「クラスタ化されていないストレージプールのストレージプール情報の収集」 を参
照してください。
p.135 の 「クラスタ化されたストレージプールのストレージプール情報の収集」 を参照して
ください。
メモ: トポロジーエディタが FQDN かホスト名を入力するように促す場所が複数あります。
これらのフィールドに下線文字 (_) を含めることができません。
クラスタ化されていないストレージプールのストレージプール情報の収集
次の手順は、クラスタ化されていないストレージプールのストレージプール情報を集める
方法を説明します。手順には複数の表が含まれます。表を印刷し、それらの表に書き込
むことで、必要な情報を集めることが容易になります。
クラスタ化されていないストレージプールのためのトポロジーの情報を集めるには
◆
[My information]という見出しの下の、次の表の左端の列に、サイトに関係する情
報を書き込みます:
■
p.135 の 表 7-1 を参照してください。
■
p.137 の 表 7-2 を参照してください。
■
p.138 の 表 7-3 を参照してください。
■
p.140 の 表 7-4 を参照してください。
■
p.145 の 表 7-5 を参照してください。 、p.145 の 表 7-6 を参照してください。
、p.148 の 表 7-7 を参照してください。
トポロジーウィザードとのセッションは、ウィザードを呼び出す前にこの表を完了すれ
ば、より効率的である場合もあります。
この表を完了すれば、災害の場合にシステムを作成し直すために表のデータを使う
ことができます。表はディザスタリカバリのために必要な情報を含んでいます。
これらの表は、トポロジーウィザードが要求するすべての情報を示します。多くのノー
ドか複数のストレージプールをインストールするには、この情報を記録するためにこ
れらの表の紙のコピーを必要に応じて取ってください。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
クラスタ化されたストレージプールのストレージプール情報の収集
次の手順は、クラスタ化されたストレージプールのストレージプール情報を集める方法を
説明します。
クラスタ化されたストレージプールのためのトポロジーの情報を集めるには
◆
計画の表計算ワークシート、PureDisk_ClusterPlanning.xls を完了したことを
確かめます。この表計算ワークシートは、ストレージプール情報を記録する場所にな
ります。トポロジーウィザードを開始した後、ウィザードを完了するために表計算ワー
クシートのデータを使うことができます。
[Node System Configuration]ページ
表 7-1 は、[Node System Configuration]ページで入力する情報を示します。
[Node System Configuration]ページ
表 7-1
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
NTP server
ストレージプールのための有効な NTP サーバーアドレス。このアドレスは次のい
ずれかになります:
■
FQDN。例:spa2.acme.min.com。
■
ホスト名。
■
IP アドレス。
相互運用性の理由から、シマンテック社は FQDN (優先) またはホスト名を指定す
ることを推奨します。
ストレージプールがクラスタ化されている場合、ストレージプール認可の仮想
FQDN、仮想ホスト名、または仮想 IP アドレスを指定します。ホスト FQDN、ホスト
型のホスト名、またはホスト IP アドレスを指定しないでください。
エディタは /usr/sbin/ntpdate が利用可能であること、および指定する値で
実行できることを確認します。
135
136
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
Time zone
ストレージプールが存在するタイムゾーン。次のディレクトリのタイムゾーンのリスト
からタイムゾーンを入力してください:/usr/share/zoneinfo。
たとえば、America/Phoenix を指定すれば、PureDisk はファイル
/usr/share/zoneinfo/America/Phoenix を使用します。他の
例:US/Central、Europe/Brussels。
ストレージプールには 1 つのタイムゾーンのみ指定できます。PureDisk はストレー
ジプールの複数のタイムゾーンをサポートしません。
クライアントとタイムゾーンの管理について詳しくは、次のマニュアルを参照してく
ださい:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
SMTP server
使いたいメールサーバーのための有効なサーバーアドレス。このアドレスは次の
いずれかになります:
■
完全修飾ドメイン名 (FQDN)。例:ms1.wy.mycompany.com
■
ホスト名
■
IP アドレス
相互運用性の理由から、シマンテック社は FQDN (優先) またはホスト名を指定す
ることを推奨します。
PureDisk は電子メールによってイベントの昇格を送信するときこの SMTP サー
バー情報を使います。エディタは、それがこのサーバーに ping を実行できること
を確認します。
[Storage Pool Details]ページ
表 7-2 は、[Storage Pool Details]ページで PureDisk が要求する情報を示します。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
[Storage Pool Details]ページ
表 7-2
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
ID
デフォルトのストレージプール ID を受け入れるか、または自分自身の整数値を指
定してください。PureDisk はストレージプールに ID をランダムに割り当てます。
環境に複数のストレージプールを作成することを計画している場合は、各ストレー
ジプールに一意の ID があることを確かめてください。たとえば、各ストレージプー
ルに異なる ID があることをレプリケーションは必要とします。指定する値は 2147
未満でなければなりません。例: 12.
注意: 安全な場所にストレージプール ID を記録してください。たとえば、インス
トールワークシートの 1 つに ID を記録できます。
p.203 の 「インストールワークシート」 を参照してください。
この ID 番号を記録して再利用することができない場合、SPAR のリストアか他の
ディザスタリカバリ操作の後、ストレージプールが操作不能になることがあります。
Name
このストレージプールの名前。名前に特殊文字を含めることができます。この名前
は Web UI に表示されます。
例:storage pool boston。
Description
(省略可能) このストレージプールの説明。説明に特殊文字を含めることができま
す。
Enable Central
Reporting (1|0)
このストレージプールが中央ストレージプール認可であるかどうか指定します。中
央ストレージプールを設定する場合、シマンテック社は 1 つの中央ストレージプー
ルのみ設定することを推奨します。次の通り、0 か 1 を指定してください:
1 を指定すれば、ストレージプールは、中央ストレージプールのレポート機能
を備える中央ストレージプールになります。中央ストレージプール認可は、
PureDisk が中央ストレージプールと関連付けしたすべてのストレージプール
のためのライセンスと容量のレポートを生成できます。
すべてのストレージプールをインストールした後、中央ストレージプールが管
理できるストレージプールを指定するために Web UI を使ってください。手順
については、『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』のレポートの章
の中央ストレージプール認可のトピックを参照してください。
■ 0 を指定すれば、このストレージプールで生成できるレポートはこのストレージ
プールのみの範囲に限定されます。
■
中央レポートについては、次の通り、『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイ
ド』を参照してください:
中央レポート機能の有効と無効を後日切り替える方法を記述するストレージ
プール管理のトピック。
■ ストレージプールについての情報を取り込むための中央レポート機能を使う方
法を記述する中央レポートのトピック。
■
137
138
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
Location
このストレージプールに含めた PureDisk ノードの場所。場所名に特殊文字を含
めることができます。この名前は Web UI に表示されます。
PureDisk では、場所名で指定した先頭または末尾のスペースが無視されます。
Department
このストレージプールの部門。部門名に特殊文字を含めることができます。この名
前は Web UI に表示されます。
PureDisk では、部門名で指定した先頭または末尾のスペースが無視されます。
[Passwords]ページ
表 7-3 は、[Passwords]ページで PureDisk が要求する情報を示します。
表 7-3
My information
[Passwords]ページ
フィールドプロンプ 追加情報
ト
Storage pool
authority
password
ストレージプール認可の Web UI のためのパスワード。このパスワードはストレー
ジプールの管理者のアカウント用です。
ストレージプールの管理者のアカウントは Linux の root ユーザーと同じである必
要はありませんが、同じにすることもできます。
Database password ストレージプールのすべてのデータベースのためのパスワード。データベースは
このストレージプールのストレージプール認可、メタベースエンジンおよびコンテ
ンツルーターのデータベースを含みます。
このパスワードは 50 文字以内の長さでなければなりません。
Internal LDAP
admin password
ストレージプール認可の内部 OpenLDAP ディレクトリサービスのサーバーのため
のパスワード。PureDisk はユーザー認証のために内部 OpenLDAP ディレクトリ
サービスを常に保守します。このパスワードは PureDisk の内部 OpenLDAP ディ
レクトリサービスへの管理者のログインを可能にします。
このパスワードはストレージプール認可パスワードと同じにすることができます。
このサービスは PureDisk の内部 OpenLDAP サービスに加えてあります。
外部ディレクトリサービスによって PureDisk を認証するために設定する方法につ
いて詳しくは、次を参照してください:
p.210 の 「外部ディレクトリサービスの認証について」 を参照してください。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
Int.LDAP Samba
adm. passw.
ストレージプール認可の内部 OpenLDAP ディレクトリサービスにアクセスするた
めに Common Internet File System (CIFS) 機能が使うアカウントのためのパス
ワード。CIFS 機能を実装することを計画していなくてもこのパスワードを指定して
ください。
このアカウントは Linux の root ユーザーと同じである必要はありませんが、同じ
にすることもできます。このパスワードはストレージプール認可パスワードと同じに
することができます。
[Number of nodes]、[Number of active nodes]、[Add Node]、[Add
Spare Node]ページ
ノードの指定ページはストレージプールのノードの数を指定するように促します。インス
トーラは次のページを示します。
■
PureDisk が VCS のソフトウェアを検出するかどうかによって、トポロジーウィザードは
次のいずれかのページを表示します。
■
[Number of active nodes]ページ。
■
[Number of nodes]ページ。
これらのページに、このストレージプールに含めたいアクティブノードの数を指定しま
す。
メモ: ウィザードがノードの数を指定するようにプロンプトを表示したら、この数にスペ
アノードを含めないでください。
インストーラは次の通りページを示します。
■
インストーラがノードで VCS のソフトウェアを検出すると、インストーラはスペアノー
ドとして 1 つ以上のノードを設定すると想定します。[Number of active nodes]
ページが表示されます。
インストーラがノードで VCS のソフトウェアを検出しなければ、インストーラはクラス
タ化されていないストレージプールを設定すると想定します。この場合、すべての
ノードはアクティブノードであり、インストーラは[Number of nodes]ページを示し
ます。
指定できる最小の数値はオールインワンシステムでは 1 です。
■
■
[Add node number]ページで、各ノードの情報を指定します。ウィザードは設定した
いアクティブノードごとに 1 つのページを示します。たとえば、2 ノードシステムを設定
する場合、ウィザードは[Add node 1]と表示されるページと[Add node 2]と表示され
るページを示します。
139
140
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
■
[Add spare node]ページで、スペアノードを指定します。クラスタ化されたストレージ
プールをインストールするには、スペアノードの情報を[Add spare node]ページで指
定します。
表 7-4 は[Add node number]ページでウィザードが要求するノード固有の情報を示し
ます。
メモ: PureDisk は設定によって 表 7-4 が記述するフィールドのサブセットのみ表示する
ことがあります。
表 7-4
My information
[Add Node]および[Add Spare Node]ページ
フィールドプロンプ 追加情報
ト
IP/Hostname
このノードのホスト FQDN、ホスト型のホスト名、またはホスト IP アドレスを指定しま
す。
メモ: シマンテック社は FQDN ですべてのノードを設定することを推奨します。
FQDN を使う場合は、NetBackup との相互運用性を確認します。シマンテック社
は代替の設定の方式としてこのフィールドでホスト名と IP アドレスをサポートしま
す。
エディタはアクセス可能であることを確かめるためにノードに ping を実行します。
PureDisk 環境のノードとクライアント間のシングルポート通信を有効にするには、
FQDN かホスト名を入力します。IP アドレスを使うことができません。
1 つのストレージプールの中では、FQDN、ホスト名、IP アドレスで定義したノード
を混在させることができます。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
Virtual
IP/Hostname
(該当する場合) 次のどちらかが該当する場合、このフィールドを完了します:
■
高可用性のクラスタにこのノードを含めたい
■
このノードのスクリプトベースのフェールオーバーを有効にしたい
クラスタのノードには、次のいずれかを指定してください:
仮想 FQDN。FQDN はすべてのインストールに推奨されます。シングルポート
通信と NetBackup エクスポートエンジンの機能には FQDN を指定する必要
があります。
■ ノードの /etc/hosts ファイルで指定した、または DNS で解決可能なノー
ドの仮想ホスト名。
■ 仮想 IP アドレス。
■
PureDisk はノードに存在するサービスとこの値を関連付けします。フェールオー
バーを実行するとき、PureDisk はエラーが発生したノードからスペアノードにサー
ビスグループと Virtual IP/Hostname の値を転送します。
PureDisk 環境のノードとクライアント間のシングルポート通信を有効にするには、
このフィールドに FQDN かホスト名を使ってください。IP アドレスを使わないでく
ださい。
141
142
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
Services
ノードにインストールしたい PureDisk のサービスを指定してください。個々のサー
ビスを分けるためにカンマ (,) を使ってください。
インストールする必要のある PureDisk のサービスは次の通りです。
コンテンツルーターのための cr。ストレージプールあたり少なくとも 1 つの cr
を指定してください。
■ メタベースエンジンとコントローラのための mbe。これらのサービスは PureDisk
ノードに一緒にインストールします。ストレージプールあたり少なくとも 1 つの
mbe を指定してください。
■
メタベースサーバーのための mbs。ストレージプールあたり正確に 1 つの mbs
を指定してください。
■ ストレージプール認可のための spa。ストレージプールあたり正確に 1 つの
spa を指定してください。
■
オプションの PureDisk のサービスの一部。ノードに次の省略可能なサービスの
1 つ以上を指定できます:
CIFS インターフェースのための cifs。インストールする場合、ストレージプー
ル認可をインストールするのと同じノードにインストールする必要があります。
■ NetBackup エクスポートエンジンのための nbu。あらゆるノードに nbu サー
ビスをインストールできます。また、それはノードの唯一のサービスである場合
もあります。このソフトウェアは PureDisk のコンテンツルーターから NetBackup
にファイルデータをエクスポートすることを可能にします。ストレージプールあ
たり複数の NetBackup エクスポートエンジンをインストールできます。
■
たとえば、1 つの PureDisk ノードにすべてのサービスをインストールするには、
次の通り、すべての引数を指定してください:
services=spa,mbs,mbe,cr,cifs,nbu
メモ: PureDisk はすべてのコンテンツルーターに同じサイズのストレージがある
ことを想定します。ストレージの量が異なるコンテンツルーターがあることがありま
す。このインストール手順が終わった後、バックアップを実行する前に、異なるサ
イズを定義するために Web UI を使ってください。コンテンツルーターのサイズを
定義する方法について詳しくは、次のマニュアルの、サービスの追加と削除に関
するトピックを参照してください。
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
System password
(省略可能) 個々のノードのルートパスワード。このパスワードは、Linux の root
ユーザーについて指定したパスワードより優先されます。
エディタはこのパスワードでノードにアクセスするために SSH 接続を使うことがで
きることを確認します。
このフィールドに情報を入力しなければ、PureDisk は Linux の root ユーザー
パスワードを使います。このパスワードはセッションを開始するときエディタがプロ
ンプトを表示する最初のフィールドです。
Enabled (0/1)
このスペアノードに 0 (無効) または 1 (有効) を指定してください。
クラスタのスペアノードには、1 を指定してください。
スクリプトベースのフェールオーバーの環境で使いたいスペアノードには、0 か 1
を指定してください。0 を指定すれば、PureDisk はフェールオーバーの間にこの
ノードを使うことができません。1 を指定すれば、PureDisk はフェールオーバー
の間にこのノードを使うことができます。
[Local root broker]、[remote root broker]および[external root broker]
ページ
PureDisk はストレージプール認可にログインするときユーザーを認証するために
Symantec Product Authentication Service を使います。トポロジーウィザードはスト
レージプール認可ノードのみのブローカーの種類を入力するよう促します。
ブローカーをインストールする前に
ブローカーを新しい PureDisk ストレージプール認可にインストールして設定する前に、
次に注意してください:
■
次のマニュアルの Symantec Product Authentication Service についての情報を
確認してください:
『Veritas NetBackup PureDisk スタートガイド』を参照してください。
このマニュアルはブローカーについての情報を含み、インストールオプションを説明
します。
■
シマンテック社はエンタープライズネットワークに 1 つのルートブローカーのみインス
トールすることを推奨します。PureDisk は指定に従ってローカル、外部、またはリモー
トのルートブローカーをインストールします。PureDisk はストレージプール認可ノード
に認証ブローカーもインストールします。
143
144
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
メモ: PureDisk 環境に複数のルートブローカーをインストールしないでください。環境
にストレージプールをインストールするとき[Local]オプションを複数回指定すれば、
PureDisk は複数のルートブローカーをインストールします。
■
エンタープライズネットワークの外部ホストの既存のルートブローカーを使うことができ
ます。そのルートブローカーと外部ホストについての情報を集める必要があることを覚
えてください。次のマニュアルでは、この情報を集める手順を説明しています:
『Veritas NetBackup PureDisk スタートガイド』を参照してください
トポロジーウィザードを開始して PureDisk ストレージプールソフトウェアをインストー
ルする前に、情報を集める手順を実行してください。
ルートブローカーのインストールの種類のウィザードでの選択
トポロジーウィザードの[Root broker]画面は、新しい PureDisk ストレージプールに使っ
てほしいルートブローカーの種類を指定するようにプロンプトを表示します。
ルートブローカーの種類を選択するには
◆
次の表に示すようにルートブローカーの種類を選択する1、2、または3 を選択しま
す:
メニューの選択
インストールの種類
詳しくは、次を参照してください。
1
ローカル
ローカルインストールに関して詳しくは、次を参
照してください。
p.144 の 「ローカルルートブローカー」 を参照し
てください。
2
リモート
リモートインストールに関して詳しくは、次を参照
してください。
p.145 の 「リモートルートブローカー」 を参照して
ください。
3
外部
外部インストールに関して詳しくは、次を参照し
てください。
p.146 の 「外部ルートブローカー」 を参照してく
ださい。
ローカルルートブローカー
この設定では、PureDisk は新しいストレージプール認可ノードに認証ブローカーとルー
トブローカーを両方インストールします。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
メモ: エンタープライズネットワークで設定される他のルートブローカーがないときのみ、ス
トレージプール認可ノードのローカルルートブローカーを設定してください。複数のスト
レージプールを設定したら、1 つのみにローカルルートブローカーを設定してください。
表 7-5 は入力する必要がある情報を示します。
表 7-5
My information
[Local root broker configuration]ページ
フィールドプロンプ 追加情報
ト
Host name of this
SPA
PureDisk はデフォルトとしてストレージプール認可の FQDN を使います。
ストレージプール認可のサービスが存在するノードのホスト FQDN を指定します。
リモートルートブローカー
リモートルートブローカーの設定では、PureDisk は新しいストレージプール認可ノードに
認証ブローカーのみインストールします。この設定は、ネットワークの他の場所の異なるス
トレージプールのストレージプール認可ノードにローカルルートブローカーをインストール
したことを想定します。
表 7-6 は入力する必要がある情報を示します。
表 7-6
My information
[Remote root broker configuration]ページ
フィールドプロンプ 追加情報
ト
IP/Host name
エンタープライズネットワークのルートブローカーをホストする PureDisk ストレー
ジプール認可ノードの FQDN、ホスト名、または IP アドレスを指定してください。ク
ラスタ化されたストレージプールのストレージプール認可ノードにルートブローカー
が存在する場合、ストレージプール認可の仮想 FQDN を指定します。
PureDisk 環境のノードとクライアント間のシングルポート通信を有効にするには、
このフィールドに FQDN を使ってください。
Root broker
password
リモートストレージプールのルートブローカーのホストのパスワードを指定してくだ
さい。このパスワードはこのストレージプールのルートログインパスワードです。
メモ: このパスワードを安全に保つためには、インストールの最後に
topology.ini のファイルを暗号化します。インストーラはこのファイルを暗号
化するように促します。
Host name of this
SPA
ストレージプール認可のサービスが存在するノードのホスト FQDN を指定します。
145
146
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
外部ルートブローカー
この設定では、PureDisk は新しいストレージプール認可ノードに認証ブローカーのみイ
ンストールします。この設定は、新しいストレージプールで、あらゆる PureDisk ノードの
外部のホストにあるルートブローカーを使いたい場合を想定します。
表 7-7 は外部のルートブローカーとホストマシンから集める必要がある情報を入手する方
法を示します。
次の手順は、PureDisk 以外のホストにインストールされた外部ルートブローカーのため
の情報を集める方法を説明します。
外部ルートブローカーを設定するために必要な情報を集めるには
1
共有ストレージのディスクがマウントされていることを確かめます。
ディスクをどのように設定したかによって、共有ストレージは
/Storage、/Storage/data、または /Storage/databases の 1 つ以上でマウン
トできます。
2
(省略可能) UNIX または Windows のホストに Symantec Product Authentication
Service のルートブローカーをインストールしてください。
PureDisk のホストにルートブローカーを置くことができず、ネットワークに他のルート
ブローカーがないときのみ、このステップを実行してください。
3
外部ルートブローカーのホストを特定し、表 7-7 の[IP/Host name]フィールドに外
部ルートブローカーのホストの IP アドレスかホスト名を記録してください。
4
外部ルートブローカーをホストするコンピュータにルートとしてログインしてください。
5
ルートブローカーのプライベートドメインのドメイン名を入手する次のコマンドのいず
れかを入力してください:
■
UNIX のホストでは、次のコマンドを入力してください:
/opt/VRTSat/bin/vssat listpd --pdrtype root
■
Windows のホストでは、次のコマンドを入力してください:
C:¥Program files¥VERITAS¥Security¥Authentication¥bin¥vssat.exe listpd --pdrtype root
このコマンドからの出力は次の通りです:
Domain(s) Found 1
****************************
Domain Name [email protected]
Expiry Interval 0
****************************
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
次のステップのために [email protected] の行からの情報を必要とします。
6
表 7-7 の[Domain name]フィールドに、ステップ 5 からの [email protected] の情報
であるドメイン名の情報を記録してください。
ルートブローカーのプライベートドメインのリポジトリにあるのは、ルートプライベート
ドメインという 1 つのプライベートドメインだけです。
7
外部ホストの認証プリンシパルを作成する次のコマンドのいずれかを入力してくださ
い:
■
UNIX のホストでは、次のコマンドを入力してください:
/opt/VRTSat/bin/vssat addprpl --pdrtype root --domain [email protected]
¥
--prplname
puredisk_authbroker
--password
password
■
Windows のホストでは、1 つの行に次のコマンドをすべて入力してください:
C:¥Program Files¥VERITAS¥Security¥Authentication¥bin¥vssat.exe addprpl --pdrtype root
--domain [email protected]
--prplname
puredisk_authbroker
--password
password
これらのコマンドは次の引数を受け入れます:
hostname
ステップ 5 からの hostname の情報。
puredisk_authbroker
外部ルートブローカーを使うために必要とする PureDisk
ノードのための識別子。通常、このノードはストレージ
プール認可です。シマンテック社はこの値を完全修飾
ドメイン名 (FQDN) にすることを推奨します。
password
この認証プリンシパルのために使いたいパスワード。現
時点でこのパスワードを作成します。
次はこのコマンドからの出力例です:
createprpl
----------------------
147
148
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
Created Principal:puredisk_authbroker
8
PureDisk ストレージプールにルートハッシュファイルを転送してください。
外部ルートブローカーは UNIX のホストまたは Windows のホストに存在することが
あります。コピーしたいファイルは各ホストの種類の異なる場所で次の通り、見つかり
ます:
■
UNIX のホストでは、ファイル /opt/VRTSat/bin/root_hash をコピーしてくだ
さい。
■
Windows のホストでは、次のファイルをコピーしてください:
C:¥Program Files¥VERITAS¥Security¥Authentication¥bin¥root_hash
目的は外部ホストのルートハッシュファイルの複製を作成することです。それからスト
レージプール認可ノードに複製を安全に転送します。
ストレージプール認可ノードに PureDisk オペレーティングシステムをインストールし
た後、トポロジーウィザードを呼び出す前に複製を転送します。インストール手順は
この処理を記述します。次の通り複製を作成してください:
(1) または sftp (1) のようなファイル転送方式を使うには、現時点で複製を
実行しないでください。
■ scp
■
9
ストレージプール認可ノードへ後で転送するためにディスクにルートハッシュファ
イルをコピーするには、ディスクコピーを今作成してください。インストール手順は
ストレージプールにこの複製を移動する方法を記述します。
ステップ 5 から 8 で入手した情報を、次の表の適切なフィールドにコピーしてくださ
い:
p.148 の 表 7-7 を参照してください。
既存の外部ルートブローカーを使う PureDisk ストレージプールをインストールする
ためにトポロジーウィザードを始めた後、表を参照してください。
10 表 7-7 の残りの空白のフィールドに入力してください。
表 7-7
My information
[External root broker configuration]ページ
フィールドプロンプ 追加情報
ト
IP/Host name
エンタープライズネットワークのルートブローカーをホストする外部サーバーの
FQDN、ホスト名、または IP アドレスを指定してください。このサーバーがクラスタ
にインストールされたら、サーバーのホスト FQDN を指定します。
PureDisk 環境のノードとクライアント間のシングルポート通信を有効にするには、
このフィールドに FQDN を使ってください。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードについて
My information
フィールドプロンプ 追加情報
ト
2821
Root broker port
デフォルトのポート値は 2821 です。必要ならば、環境に合わせてこの値を変更
してください。
Authentication
broker login
ルートブローカーのプリンシパルを作成したとき使ったログイン名を指定してくだ
さい。このプリンシパルは新しいストレージプールの認証ブローカーと通信するた
めに使われます。
Authentication
broker password
ルートブローカーのプリンシパルを作成したとき使ったパスワードを指定してくだ
さい。このプリンシパルは新しいストレージプールの認証ブローカーと通信するた
めに使われます。
Domain name
外部ルートブローカーのプライベートドメイン名を指定してください。
ステップ 6 に記述されているように listpd コマンドからの出力を使ってください。
たとえば、[email protected] fqdn または [email protected] hostname .
vx
Domain type
ドメインのデフォルト値は vx です。
メモ: この値を修正しないでください。
Location of root
hash (full path)
このストレージプールに計画したルートハッシュファイルへの絶対パスを指定して
ください。次の手順でストレージプール認可ノードにこのファイルを書き込みます:
p.150 の 「トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定」 を参照してくだ
さい。
たとえば、ストレージプール認可ノードの /root にこのファイルを書き込むことが
できます。
Host name of this
SPA
ストレージプール認可のサービスが存在するノードのホスト FQDN を指定します。
[License Key and Add License Key]ページ
トポロジーウィザードは 2 つのページ、[License key menu]ページと[Add license key]
メニューページでライセンス情報を必要とします。トポロジーウィザードとのセッションの間
に、シマンテック社によって提供されたとおりにライセンスキーを正確に入力してください。
追加のライセンスキーを後日追加するか、または管理できます。より多くのキーを追加す
るために PureDisk の Web UI かトポロジーエディタを使ってください。PureDisk の Web
UI では、より多くのキーを追加するために[Configuration]>[Configuration]>[License
management]をクリックしてください。
期限切れのライセンスキーを追加しようとすると、PureDisk は次のメッセージを生成しま
す:
149
150
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
Key not registered:No such file or directory
このメッセージが表示されたらライセンスキーの有効期限を調べてください。
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
topology.ini ファイルはストレージプール認可に常に存在し、常にこのノードでこのファ
イルを編集します。
トポロジーウィザード内のナビゲーション
トポロジーウィザードをナビゲートするために使う必要があるキーはすべての入力ページ
の場合と同じです。表 7-8 はトポロジーウィザードをナビゲートする方法を説明します。
表 7-8
エディタキー
キー
処理
Tab
入力域から[OK]または[Cancel]へ移動します。
↑
ハイライトされるフィールドの上に表示されるフィールドへ移動します。
↓
ハイライトされるフィールドの下に表示されるフィールドへ移動します。
←
一番下の行で、メニューページの一番下の行のハイライトされた処理の
左側の処理を選択します。
→または Tab
一番下の行で、メニューページの一番下の行のハイライトされた処理の
右側の処理を選択します。
Enter
フォーカスがメニュー項目フィールドにあるときに Enter キーを押すと、
カーソルは下部の水平なメニューバーに移動します。
フォーカスが下部の水平なメニューバーにあるときに Enter キーを押す
と、エディタは選択した処理を実行します。
左クリック
アイテムを選択します。
トポロジーウィザードによるストレージプールの設定
次の手順はストレージプールを設定する方法を説明します。
ストレージプールを設定し、ストレージプールのサービスを指定するには
1
トポロジーウィザードに入力する必要があるすべての情報を集めたことを確認してく
ださい。
クラスタ化されていないストレージプールの場合は、次のトピックの表を完了したこと
を確かめてください:
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
■
p.135 の 「[Node System Configuration]ページ」 を参照してください。
■
p.136 の 「[Storage Pool Details]ページ」 を参照してください。
■
p.138 の 「[Passwords]ページ」 を参照してください。
■
p.139 の 「[Number of nodes]、[Number of active nodes]、[Add Node]、
[Add Spare Node]ページ」 を参照してください。
■
p.143 の 「[Local root broker]、[remote root broker]および[external root
broker]ページ」 を参照してください。
■
p.149 の 「[License Key and Add License Key]ページ」 を参照してください。
クラスタ化されたストレージプールの場合は、ファイル
PureDisk_ClusterPlanning.xls のインストール表計算ワークシートを完了した
ことを確かめてください。
2
(該当する場合) 外部ルートブローカーのホストからストレージプール認可にルート
ハッシュファイルの複製を書き込んでください。
認証のためにネットワークサーバーの外部ルートブローカーを使い、ストレージプー
ル認可ノードを設定するためにこのステップを実行してください。
ストレージプール認可にルートハッシュファイルを転送してください。転送を実行す
るためにあらゆる安全な方式を使い、あらゆる安全な場所にファイルを書き込むこと
ができます。例:
3
■
ファイルを移動するには、scp (1)、sftp (1)、または安全なディスクの転送の方
式を使用します。たとえば、ディスクにファイルを書き込み、そのディスクからスト
レージプール認可にファイルを転送できます。
■
ストレージプール認可ノードの安全な場所にファイルを書き込んでください。たと
えば、ストレージプール認可の /root に root_hash を書き込んでください。イ
ンストール計画では、この値は次の表の[Location of root hash (full path)]
フィールドに表示されます。
p.148 の 表 7-7 を参照してください。
/tmp ディレクトリにルートハッシュファイルを書き込まないでください。
ストレージプール認可ノードとして設定したいノードで、トポロジーウィザードを開始
する次のコマンドを入力してください:
# sh /opt/pdinstall/edit_topology.sh
ウィザードはインストールの手順を示し、ファイル /opt/pdinstall/topology.ini
を書き込みます。後日、トポロジーを変更する場合は、このコマンドがトポロジーエ
ディタを呼び出します。
151
152
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
4
(該当する場合) 画面をできるだけ大きくするためにサイズ調整をしてください。
画面ができるだけ大きくないと、ページの下の方にあるフィールドは表示されないこ
とがあります。
5
トポロジーウィザードのようこそページを読み、Enter キーを押してください。
6
次の質問を表示するポップアップで[Yes]か[No]を選択してください:
Is VERITAS Cluster Server installed to deliver High
Availability?WARNING:when using VCS, the manual PureDisk failover
features will be disabled.
7
ストレージプールのノードの情報を指定してください。
メモ: トポロジーウィザードでは、ある特定の特殊文字を入力フィールドに指定できま
せん。禁止文字のリストには、空白、タブ、スラッシュなどの文字が含まれます。禁止
文字について詳しくは、次のトピックを参照してください:
p.157 の 「禁止文字について」 を参照してください。
トポロジーウィザードは、システム設定の情報の入力に使用するために、次のページ
を以下の順で示します:
■
[Node system configuration]
■
[Storage pool details]
■
[Number of nodes]か[Number of active nodes]。
クラスタを設定するには、設定したいアクティブノードの数を指定してください。こ
の数にスペアノードを含めないでください。後のステップで、スペアノードを設定
します。クラスタの設定のセッションでは、ウィザードは[Reminder]ページを示
し、そのページの[OK]を選択できます。
■
[Add node number]。ウィザードは設定したいノードごとに 1 つの[Add node
number]ページを示します。
ページに情報を入力した後、[Save]を選択してください。この処理は入力したもの
を保存し、次のページへと進めます。
エディタは、入力した次のフィールドの情報を確認します:
■
[NTP server]
■
[Time zone]
■
[SMTP server]
■
[Number of active nodes]
■
[IP/Host name]
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
■
[Comma-separated list of services]エディタは、セッションを保存した後この
フィールドの追加の確認を実行します。
他のすべてのフィールドでは、エディタはセッションを保存した後内容を確認します。
8
ルートブローカーの情報を指定してください。
トポロジーウィザードは、システム設定の情報の入力に使用するために、次のページ
を以下の順で示します:
■
[Root broker]
■
[Local root broker]、[Remote root broker]、または[External root broker]
ページ。
リモートルートブローカーか外部ルートブローカーを設定するには、次に注意してく
ださい:
9
■
次のマニュアルの Symantec Product Authentication Service の必要条件に
ついての情報を理解してください:
『Veritas NetBackup PureDisk スタートガイド』を参照してください。
■
次の情報をよく読んでください:
p.143 の 「[Local root broker]、[remote root broker]および[external root
broker]ページ」 を参照してください。
■
(該当する場合) 外部ルートブローカーの場合、次の手順を完了してください:
p.145 の 「リモートルートブローカー」 を参照してください。
ウィザードがブローカーをインストールしようとする場所に関するメッセージを読み、
確認のため Enter キーを押してください。
10 [License Key]メニューページで、[2 - Add license key]を選択し、シマンテック社
から受け取ったライセンスキーを追加してください。
11 [Add License Key]メニューで、ライセンスキーを示されたとおりに正確に入力し、
Enter キーを押してください。
12 (該当する場合) さらに多くのライセンスキーがある場合はステップ 10 とステップ 11
を繰り返してください。
13 (省略可能) [Add Node]メニューで、フェールオーバーのためのスペアノードをもう
1 つ指定してください。
次のスペアノードのためにこのステップを実行してください:
■
クラスタに含める必要があるスペアノード
■
スクリプトベースのフェールオーバーのためにストレージプールに含める必要が
あるスペアノード
複数のスペアノードを設定できます。
153
154
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
このインストール処理の後半で、ノードにストレージプールソフトウェアをプッシュ型
で転送する install_newStoragePool.sh コマンドを入力します。このコマンドが
実行される場合、スペアノードにサービスをインストールしません。
スペアノードを設定するために次のステップを完了してください:
1.
トポロジーウィザードのメインメニューで、5 の[Add a node]を選択します。
2.
[Add node]メニューで、2 の[Add spare node (for failover)]を選択します。
3.
[ IP/Hostname]フィールドと[Enabled]フィールドに情報を指定してください。
4.
1 のデフォルトを受け入れてください (有効にするため)。
[Add Node]メニューのオプションについて詳しくは、次を参照してください:
p.139 の 「[Number of nodes]、[Number of active nodes]、[Add Node]、[Add
Spare Node]ページ」 を参照してください。
フェールオーバーについて詳しくは、次のマニュアルを参照してください。
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
14 エディタセッションを保存してください。
メインメニューに戻り、[Save topology]を選択してください。
15 ウィザードセッションを中止してください。
トポロジーウィザードのメインメニューで、オプション 10 の[Quit]を選択すれば、エ
ディタは、まず保存したいかどうか尋ねます。変更をまだ保存していなかったら Yes
を選択してください。オプション 9 の Save を使用してすでに変更をトポロジーエディ
タで保存している場合は、Yes とNo のどちらを選択するかは重要ではありません。
16 (該当する場合) yes と応答するか、またはノード間の信頼の確立について尋ねるメッ
セージに応じてノードパスワードを入力します。
促されたらこのステップを実行します。
PureDisk はすべてのアクティブノード、スペアノードとリモートルートブローカーと、
RSA のキーを交換します。キーがある特定のコンピュータでまだ交換されていなかっ
たら、PureDisk はこれらのプロンプトを発行します。
17 PureDisk にトポロジーファイルを暗号化してほしいかどうか指定してください。
次の通り、プロンプトに yes か no と応答してください:
■
暗号化のプロンプトに yes と答えれば、PureDisk は暗号化パスワードの入力を
求めるプロンプトを表示します。暗号化の後で、PureDisk は topology.ini.enc
にファイル名を変更します。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
■
暗号化のプロンプトに no と答えれば、PureDisk は topology.ini と呼ばれる
テキストファイルにトポロジーファイルを保存します。別の時にファイルを暗号化
するには、次のコマンドを使ってください:
# /opt/pdinstall/enc_topology.sh -e
18 PureDisk 環境を配備するには次のコマンドのいずれかを入力してください:
■
ログファイルを書き込まないで配備するには、次のコマンドを入力してください:
/opt/pdinstall/install_newStoragePool.sh
■
配備し、ログファイルを書き込むには、次のコマンドを入力してください:
/opt/pdinstall/install_newStoragePool.sh | tee /root/pdinstall.log
注意: install_newStoragePool.sh コマンドは /Storage のすべてのデータ
を破壊します。いままで PureDisk ノードではなかったシステムにデータを保存
するには、別のシステムに /Storage のディレクトリとファイルを移動することを確
認してください。
155
156
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
19 (省略可能) ディザスタリカバリの暗号化を設定する次のコマンドを入力してください:
# /opt/pdag/bin/pdkeyutil -insert
ローカルファイルシステムまたは Samba の共有ファイルシステムにストレージプール
のバックアップを作成することを計画している場合は、このコマンドを入力してくださ
い。
NetBackup にストレージプールのバックアップを作成することを計画している場合
は、このコマンドを入力しないでください。NetBackup は自身の暗号化機構を提供
するため、pdkeyutil は必要ではありません。ただし、キーを入力したら、それをリ
ストア時に入力できるように覚えてください。
pdkeyutil コマンドは pdkeyutil ユーティリティの対話セッションを開始します。
ユーティリティは、ディザスタリカバリバックアップおよびリストア中に使う暗号化ユー
ティリティのパスワードを指定するようにプロンプトを表示します。
入力するパスワードを覚えてください。災害の場合に PureDisk ストレージプール認
可の設定ファイルをリストアするためにこのパスワードを使うことができます。ただし、
このパスワードを覚えていなければ、リストアを完了できません。ディザスタリカバリの
バックアップとディザスタリカバリのリストアについて詳しくは、次のマニュアルを参照
してください:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
ヒント:トポロジーファイルの暗号化パスワードと pdkeyutil コマンドのパスワードを
同一にすればもっと簡単に覚えられます。
20 (該当する場合) 再ブートの後、デフォルトで xinetd デーモンを開始する次の
chkconfig (8) コマンドを入力してください:
# chkconfig -s xinetd on
このノードに NetBackup クライアントをインストールするなら、このステップを実行し
てください。
xinetd デーモンは NetBackup クライアント操作に必要です。このノードに
NetBackup クライアントをインストールすることを計画しているなら、次の再ブートの
前にこのデーモンを有効にしてください。
chkconfig(8) コマンドを実行し、再ブートの前に NetBackup クライアントをインス
トールしなければ、システムは xinetd の失敗についてのメッセージを発行します。
メッセージは無視できます。
chkconfig (8) コマンドを実行しても PureDisk 操作に影響しません。xinetd デー
モンは、以降この PureDisk ノードにインストールした NetBackup クライアントにの
み影響します。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
21 CD-ROM をマウント解除する umount(8) コマンドを使ってください。
# umount /cdrom
# eject
22 CD-ROM ドライブからディスクを取り出してください。
23 次のいずれかに進んでください:
■
インストールが正常であり、クラスタソフトウェアを設定しない場合は、次に進んで
ください:
p.173 の 「ストレージプールのインストールの完了」 を参照してください。
■
インストールが正常であり、クラスタソフトウェアを設定する場合は、次に進んでく
ださい:
p.131 の 「ストレージプールソフトウェアのインストール処理について」 を参照して
ください。
■
インストールが失敗したら、/tmp/pdconfigure.log ファイルで診断情報を参
照するか、次を参照してください:
p.243 の 「PureDisk のインストールのトラブルシューティングについて」 を参照し
てください。
禁止文字について
トポロジーエディタでは、ある特定の文字をフィールドに入力できません。
表 7-9 は禁止文字のリストを示します。
表 7-9
無効なパスワード文字
無効な文字
名前および 16 進コード
&
アンド記号 (0x26)
"
引用符 (0x22)
#
シャープ記号 (0x23)
<
小なり記号 (0x3c)
>
大なり記号 (0x3e)
'
単一引用符 (0x27)
)
閉じ丸カッコ (0x29)
}
閉じ波カッコ (0x7d)
¥
バックスラッシュ (0x5c)
157
158
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
無効な文字
名前および 16 進コード
|
縦線 (0x7c)
Tab
タブ文字 (0x09)
スペース
空白文字 (0x20)
すべての各国の文字
--
ストレージプールの設定の修正について
インストールウィザードを終了した後、PureDisk のインストールスクリプトは topology.ini
のファイルと topology.nodes.ini ファイルを書き込みます。
トポロジーに後日変更を加えたい場合、edit_topology.sh コマンドを実行してくださ
い。edit_topology.sh コマンドは、ファイル /opt/pdinstall/topology.ini と
/opt/pdinstall/topology.nodes.ini があるかどうか調べます。ファイルがあれば、
PureDisk はトポロジーエディタを開始します。トポロジーエディタを通して変更を加える
ことができない場合、トポロジーファイルと Web UI 間の競合を引き起こすことがあります。
管理者ガイドの手順では、トポロジーエディタと Web UI の両方を併用して設定変更を行
うように指示することがあります。どのような変更を行った場合でも、ストレージプールの設
定が実際の環境と一致することを確認する必要があります。
後日ノードを追加するか、またはストレージプールの構造を変更する必要がある場合は、
次のマニュアルを参照してください:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
メモ: シマンテック社はトポロジーエディタを使ってストレージプールのトポロジーを変更す
ることを推奨します。テキストエディタで topology.ini ファイルまたは
topology.nodes.ini ファイルを直接編集しないことを推奨します。これらのファイルを
直接編集すると、予期しない結果が生ずる場合があります。
topology.ini と topology_nodes.ini ファイルについて
ストレージプールを設定すると、PureDisk はストレージプールのトポロジー情報を次の
ファイルに書き込みます:
■ topology.ini のファイルはパスワード、認証ブローカーの情報と他の重要な情報を
含んでいます。インストールの最後に、システムはこのファイルを暗号化するように促
します。
■ topology_nodes.ini のファイルは各ノードのホストアドレス、サービスアドレス、サー
ビスのリストを含んでいます。このファイルは暗号化できません。
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
PureDisk は、設定を後日変更する必要があれば使う次のスクリプトを
/opt/pdconfigure/scripts/support のディレクトリにインストールします:
■ convert_to_hostnames.sh。topology.ini ファイルの IP アドレスを DNS のホス
ト名と置換する。
■ convert_to_IP.sh。topology.ini
ファイルの DNS のホスト名を IP アドレスと置
換する。
■ changeIP.sh。PureDisk
ノードの IP アドレスを変更する。
サポートのディレクトリは PDgetlogs.sh のような複数のスクリプトを含んでいます。スクリ
プトはシマンテック社のテクニカルサポートを使用すれば使えるように設計されています。
これらのスクリプトを使う方法について詳しくは、次のマニュアルの再設定の情報を参照
してください。
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
159
160
第 7 章 PureDisk ストレージプールのインストール
トポロジーウィザードを使ったストレージプールの設定
8
クラスタソフトウェアの設定
この章では以下の項目について説明しています。
■
クラスタ設定処理について
■
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインス
トール
クラスタ設定処理について
クラスタに含めるようにノードを設定したときのみこのトピックの手順を実行してください。ク
ラスタの各ノードでこれらの手順を実行してください。
クラスタ化ソフトウェアはノードのハードウェアとソフトウェアをサービスグループに分けま
す。このトピックの手順は、各ノードのリソースをグループに設定する方法を説明します。
クラスタの例
図 8-1 は、クラスタの例、ノード、ノードに設定できるサービスグループを示します。
162
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
図 8-1
sp_boston のサービスグループ
PureDisk のサービス
VCS のサービスグループ
ストレージプール認可
メタベースサーバー
メタベースエンジン + コントローラ
コンテンツルーター
CIFS
NetBackup エクスポートエンジン
ノードの VCS グループ名 = pd_group_allinone
ノードのサービスの VCS 名 = pd_server_allinone
VCS のディスクグループ名 = pd_dg_allinone
VCS のボリューム名 = pd_vol_allinone
VCS のマウントポイント名 = pd_mount_allinone
VCS の NIC 名 = pd_nic_allinone
VCS のホスト IP 名 = pd_ip_allinone
コンテンツルーター
メタベースエンジン + コントローラ
ノードの VCS グループ名 = pd_group_crmbe
ノードのサービスの VCS 名 = pd_server_crmbe
VCS のディスクグループ名 = pd_dg_crmbe
VCS のボリューム名 = pd_vol_crmbe
VCS のマウントポイント名 = pd_mount_crmbe
VCS の NIC 名 = pd_nic_crmbe
VCS のホスト IP 名 = pd_ip_crmbe
なし
スペアノード
cluster_config.sh のデフォルトについて
cluster_config.sh スクリプトを実行すると、デフォルトで次のようなメッセージが表示
されます:
Enter the VCS group name for the PureDisk group
(pd_group):
この例では、pd_group がデフォルトとして提案されます。このデフォルトを受け入れるに
は、Enter キーを押してください。
ただし、提案されるデフォルトの多くは不適切です。この手順は、デフォルトが適している
ステップと、ユーザー固有の値を指定するようにシマンテック社が推奨するステップを説
明します。
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コ
ンソールソフトウェアのインストール
次の手順はクラスタソフトウェアの設定を完了する方法を説明します。
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
クラスタサービスグループを設定し、マネージャコンソールをインストールするには
1
クラスタ設定スクリプトの情報を集めます。
p.163 の 「クラスタ設定スクリプトの情報収集」 を参照してください。
2
クラスタ設定スクリプトを実行します。
p.163 の 「クラスタ設定スクリプトの実行」 を参照してください。
3
クラスタマネージャの Java コンソールをインストールしてください。
p.168 の 「Veritas Cluster Server マネージャの Java コンソールのインストール」 を
参照してください。
クラスタ設定スクリプトの情報収集
この手順は VCS ソフトウェアで管理するためにノードをサービスグループに設定する方
法を説明します。このスクリプトは、ダイアログボックスを開始し、クラスタについての情報
の入力を促します。スクリプトは、ユーザーに次の 2 つの種類の情報を要求します:
■
以前の設定手順からのクラスタについての情報。
■
クラスタのサービスグループの名前。たとえば、スクリプトはサービスグループの名前、
マウントポイントの名前などを要求します。
クラスタ設定スクリプトのための情報を集めるには
1
計画の表計算ワークシート、PureDisk_ClusterPlanning.xls を完了したことを
確かめます。
計画の表計算ワークシートはクラスタ設定スクリプトを起動する前に集める必要があ
る情報を示します。
2
次のトピックに進みます。
p.163 の 「クラスタ設定スクリプトの実行」 を参照してください。
クラスタ設定スクリプトの実行
次の手順は 1 つのサービスグループを設定するためにクラスタ設定スクリプトを実行する
方法を説明します。
サービスグループを設定するには
1
root としてクラスタのノードの 1 つへログインしてください。
2
次のディレクトリに変更するために cd(1) コマンドを使ってください:
# cd /opt/pdcl/bin/cluster
163
164
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
3
クラスタ設定スクリプトを起動する次のコマンドを入力してください:
# sh cluster_config.sh -s PD
4
次の表が記述するようにノードの識別に関するスクリプトのプロンプトに応答します。
プロンプト
推奨する処理
注意
Enter the VCS group name
for the PureDisk group
(pd_group):
このノードとリソースの一意のグループ名 デフォルトを受け入れないでください。た
を入力してください。
とえば、pd_group_allinone か
pd_group_crmbe。
Enter the VCS resource
name for PureDisk
(pd_server):
このノードの PureDisk サービスの一意
のリソースグループ名を入力します。
デフォルトを受け入れないでください。た
とえば、pd_server_allinone か
pd_server_crmbe。
Enter each node name you
would like PureDisk to
run on.(node node node):
Enter キーを押してください。
PureDisk は各アクティブノードとスペア
ノードのホスト FQDN かホスト型のホスト
名を検出し、デフォルトを提案します。名
前を確認し、正しければデフォルトを受
け入れるために Enter キーを押してく
ださい。
Enter the IP addresses
of the nodes (Space
separated list):
クラスタの各ノードのホスト IP アドレスを
入力します。
これらはスペースで区切られたリストで指
定してください。PureDisk はこれらのア
ドレスを検出しません。この情報を取り込
むには、ip a(8) か nslookup(1) コマ
ンドを使います。たとえば、
100.100.100.100
100.100.100.110
100.100.100.120
Is this correct?[y,n]:
y を入力してください。
概略を確認してください。y か n を押して
ください。
n を押せば、戻って訂正できます。
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
5
次の表が記述するようにディスクボリュームに関するスクリプトのプロンプトに応答し
ます。
プロンプト
推奨する処理
注意
Enter the disk
configuration:
1 を入力してください。
ディスクグループを作成するために 1 を
指定してください。
Enter the VCS disk group
resource name for the
PureDisk (pd_dg):
このノードに接続するディスクグループの デフォルトを受け入れないでください。た
一意のリソース名を入力してください。
とえば、pd_dg_allinone か
pd_dg_crmbe。
Enter the disk group for
the PureDisk:
/Storage を作成したときにこのノード たとえば、allinonedg か crmbedg。
に指定したディスクグループの名前を入
力します。
Enter the Start Volumes
for the PureDisk [0,1]:
1 を入力してください。
常に 1 を指定します。
Enter the Stop Volumes
for the PureDisk [0,1]:
1 を入力してください。
常に 1 を指定します。
Do you have volume
resources to configure?
[y,n]:
y を入力してください。
常に y を指定します。
Enter the VCS Resource
name for your volume
(pd_vol):
このディスクボリュームの一意のリソース
名を入力してください。
デフォルトを受け入れないでください。た
とえば、pd_vol_allinone か
pd_vol_crmbe。
Enter the name of your
volume:
PDOS が認識しているボリュームの名前 たとえば、allinonevol か
を入力してください。
crmbevol。
Is this correct?[y,n]:
y を入力してください。
概略を確認してください。y か n を押して
ください。
n を押せば、戻って訂正できます。
165
166
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
6
次の表が記述するようにマウントポイントに関するスクリプトのプロンプトに応答しま
す。
プロンプト
推奨する処理
注意
Enter the VCS resource
name for the PureDisk
shared disk mount point
(pd_mount):
このノードに接続するディスクの一意のマ デフォルトを受け入れないでください。た
ウントポイント名を入力してください。
とえば、pd_mount_allinone か
pd_mount_crmbe。
Enter the mount point for
the PureDisk disk
(/Storage):
Enter キーを押してください。
Enter the Block Device
for the PureDisk disk:
PDOS が認識している共有 SAN ディス たとえ
クボリュームへの絶対パスを入力してくだ ば、/dev/vx/dsk/allinonedg/allinonevol
さい。
か
/dev/vx/dsk/crmbedg/crmbevol
Enter the FS Type for the
PureDisk file system:
vxfs を入力してください。
常に vxfs を指定します。
Enter any mount options
Enter キーを押してください。
you would like passed to
the PureDisk disk (Enter for none):
常に Enter キーを押します。
Enter any fsck options
you would like passed to
the PureDisk disk
(Default is -y. This must
be included if options
are added):
Enter キーを押してください。
常に Enter キーを押します。
Is this correct?[y,n]:
y を入力してください。
Enter キーを押すと、追加の fsck コマ
ンドラインオプションを指定する機会を拒
否します。
概略を確認してください。y か n を押して
ください。
n を押せば、戻って訂正できます。
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
7
次の表が記述するようにネットワーク情報に関するスクリプトのプロンプトに応答しま
す。
プロンプト
推奨する処理
Enter the VCS resource
name for the NIC (pd_nic):
このノードの中のネットワークカード (NIC) デフォルトを受け入れないでください。た
のリソースの一意の名前を入力してくだ とえば、pd_nic_allinone か
さい。
pd_nic_crmbe。
Enter the network device
for PureDisk:
このノードの中のパブリック NIC のネット ネットワーク管理者または ip a(8) コマ
ワークデバイス名を入力してください。
ンドの出力からこの情報を入手します。
たとえば、eth1。
Is the Network Device,
eth1, the same for all
nodes [y,n]?
これらのプロンプトに適切に応答してくだ
さい。正しい応答は、クラスタに含めたい
ノードの中で NIC がどのように設定され
るかによって決まります。
Enter the network device
for PureDisk on node:
パブリックネットワークカードのデバイス名
がクラスタ内のすべてのノードで同じ場合
は、最初のプロンプトに y と答えてくださ
い。
パブリックネットワークカードのデバイス名
が、クラスタに含めたいすべてのノードで
同じでなければ、n を入力してください。
n を入力すれば、スクリプトは他のノード
のデバイス名を要求します。
Enter the network device
for PureDisk on node:
Enter the VCS resource
name for the PureDisk
server IP (pd_ip):
注意
ストレージプール認可ノードのホスト IP
アドレスの一意の名前を入力してくださ
い。
デフォルトを受け入れないでください。
各ノードで cluster_config.sh スク
リプトを実行するときは、クラスタ内のすべ
てのノードに対してこのプロンプトで同じ
名前を指定してください。
たとえば、pd_ip_allinone。
Enter the virtual name
for PureDisk:
ストレージプール認可ノードの仮想
FQDN を入力します。
クラスタのすべてのノードに同じ仮想
FQDN を指定します。
各ノードで cluster_config.sh スク
リプトを実行するときは、クラスタ内のすべ
てのノードに対してこのプロンプトで同じ
FQDN を指定します。
たとえば、ros2pdv1。
167
168
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
Enter the netmask for the
PureDisk service
(netmask):
ストレージプール認可ノードの中のパブ ネットワーク管理者からこの情報を入手し
リック NIC のサブネットマスクを入力して てください。
ください。
各ノードで cluster_config.sh スク
デフォルトが正しければ、受け入れるた リプトを実行するときは、クラスタ内のすべ
めに Enter キーを押してください。
てのノードに対してこのプロンプトで同じ
サブネットマスクを指定してください。
たとえば、200.200.0.0。
Enter the IP address for
name:
ストレージプール認可ノードの仮想 IP ア ネットワーク管理者からこの情報を入手し
ドレスを入力してください。
てください。
name には、スクリプトプロンプトはスト
レージプール認可ノードの仮想 FQDN
を使います。
たとえば、100.100.100.101。
y を入力してください。
Is this correct?[y,n]:
概略を確認してください。y か n を押して
ください。
n を押せば、戻って訂正できます。
8
実行時のスクリプトの出力を確認してください。
最後のメッセージは次に類似しています:
PD Response file is /opt/pdcl/bin/cluster/NBU_RSP_pd_group1
9
次の通り進みます:
■
クラスタで設定する PureDisk ノードがさらにある場合は、ステップ 1 に戻ります。
必ずすべてのアクティブノードで cluster_config.sh スクリプトを実行してくだ
さい。
■
これが設定する必要がある最後のノードの場合、次のトピックに進みます:
p.168 の 「Veritas Cluster Server マネージャの Java コンソールのインストール」
を参照してください。
Veritas Cluster Server マネージャの Java コンソールのインストール
高可用性版 PureDisk を設定したらこのトピックの手順を実行してください。この GUI は、
Linux または Windows プラットフォームの管理コンソールから HA の PureDisk を監視
することを可能にします。たとえば、リソースを管理し、コマンドを実行し、計画的なフェー
ルオーバーを実行し、トラブルシューティングするためにこのインターフェースを使うこと
ができます。このコンソールについて詳しくは、次のマニュアルを参照してください:
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
『Veritas Cluster Server ユーザーズガイド』の Linux 版のバージョン 4.1 を参照してく
ださい。
クラスタサーバーマネージャの Java コンソールをインストールするには
1
次の手順の 1 つを実行して、クライアントソフトウェアをインストールしてください。
■
Linux のプラットフォームの場合は次に進んでください:
p.169 の 「クラスタサーバーマネージャの Java コンソールの Linux クライアントの
インストール」 を参照してください。
■
Windows のプラットフォームの場合は次に進んでください:
p.170 の 「クラスタサーバーマネージャの Java コンソールの Windows クライアン
トのインストール」 を参照してください。
クライアントのハードウェアの必要条件について詳しくは、次のマニュアルを参照し
てください:
『Veritas NetBackup PureDisk スタートガイド』を参照してください。
2
コンソールに接続できるクラスタ内の各ノードに管理者アカウントを追加してください。
次のトピックの手順を使ってください:
p.170 の 「クラスタサーバーマネージャの Java コンソール管理者ソフトウェアのインス
トール」 を参照してください。
クラスタサーバーマネージャの Java コンソールの Linux クライア
ントのインストール
次の手順は、Linux のコンピュータでクラスタサーバーマネージャの Java コンソールクラ
イアントをインストールする方法を説明します。
Java コンソールを Linux のプラットフォームにインストールするには
1
GUI をサポートする Linux のクライアントを選択します。
たとえば、PureDisk ノードに Java コンソールをインストールしないでください。PDOS
は GUI をサポートしません。
2
システムのドライブに High Availability 1 (これは PD-VCS-4.1MP3 です) とラベル
の付いたディスクを挿入します。
ソフトウェアは自動的に /mnt/cdrom にディスクをマウントします。
3
(該当する場合) ディスクを手動でマウントしてください。
ディスクが自動的にマウントしなかったときのみこのステップを実行してください。
次のコマンドを入力してください:
# mount -o ro /dev/cdrom /cdrom
169
170
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
4
(該当する場合) ソフトウェアのディレクトリに変更してください。
オペレーティングシステムがこのディレクトリに自動的に移動しなかったら、このステッ
プを実行してください。
次のコマンドを入力してください:
# cd /cdrom/cluster_server/rpms
5
ソフトウェアをインストールする次のコマンドを入力してください:
# rpm -i VRTScscm-4.4.30.00-MP3_GENERIC.noarch.rpm
6
次のトピックに進みます。
p.170 の 「クラスタサーバーマネージャの Java コンソール管理者ソフトウェアのインス
トール」 を参照してください。
クラスタサーバーマネージャの Java コンソールの Windows クラ
イアントのインストール
次の手順は、Windows のコンピュータでクラスタサーバーマネージャの Java コンソール
クライアントをインストールする方法を説明します。
Java コンソールを Windows のプラットフォームにインストールするには
1
システムのドライブに High Availability 1 (これは PD-VCS-4.1MP3 です) とラベル
の付いたディスクを挿入します。
2
ディスクドライブを選択するために Windows エクスプローラを使ってください。
3
次のディレクトリに変更してください:
エwindowsエWindowsInstallersエWindowClusterManagerエEN
4
setup.exe をダブルクリックしてください。
5
ソフトウェアをインストールするためにインストールウィザードを使ってください。
6
次のトピックに進みます。
p.170 の 「クラスタサーバーマネージャの Java コンソール管理者ソフトウェアのインス
トール」 を参照してください。
クラスタサーバーマネージャの Java コンソール管理者ソフトウェア
のインストール
次の手順は、クラスタノードの 1 つにクラスタサーバーマネージャの Java コンソール管理
者ソフトウェアをインストールする方法を説明します。各アクティブノードと予備の各ノード
それぞれについて、この手順を一度実行してください。
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
クラスタ管理者を追加するには
1
root としてクラスタノードの 1 つにログインしてください。
クラスタ化されたストレージプールのすべてのアクティブノードとすべての予備のノー
ドで確実にこの手順を実行します。
2
VCS 設定を書き込み可能にする次のコマンドを入力してください:
# /opt/VRTSvcs/bin/haconf -makerw
3
管理者を追加する次のコマンドを入力してください:
# /opt/VRTSvcs/bin/hauser -add username -priv Administrator
username には、選択した管理者アカウントの名前を指定してください。
4
システムがパスワードを聞いていたら、パスワードを入力してください。
5
読み取り専用に設定をリセットする次のコマンドを入力してください:
# /opt/VRTSvcs/bin/haconf -dump -makero
6
次の通り進みます:
■
さらに多くのノードでこの手順を実行する必要がある場合は、別のノードにログイ
ンして、そのノードでこの手順を実行してください。
■
すべてのノードでこの手順を実行したら、次のトピックに進みます:
p.173 の 「ストレージプールのインストールの完了」 を参照してください。
171
172
第 8 章 クラスタソフトウェアの設定
サービスグループの設定とクラスタマネージャの Java コンソールソフトウェアのインストール
9
インストールの完了
この章では以下の項目について説明しています。
■
ストレージプールのインストールの完了
ストレージプールのインストールの完了
次の手順はストレージプールのインストールを完了するために実行する必要があるタスク
をリストします。
ストレージプールのインストールを完了するには
1
(該当する場合) インストールワークシートを完了してください。
クラスタ化されていないストレージプールをインストールしたらこのステップを実行し
てください。
インストールワークシートに、災害の場合に使うことができるストレージプールについ
ての情報を記録することができます。クラスタ化されていないストレージプールにの
みこれらのワークシートを使います。
ワークシートのコピーについては、次のトピックを参照してください:
p.201 の 「インストールワークシートについて」 を参照してください。
2
ストレージプール認可ノードとメタベースサーバーのノードのパブリック NIC 番号を
確認してください。
詳しくは、次のトピックを参照してください。
p.175 の 「NIC の数の判断」 を参照してください。
174
第 9 章 インストールの完了
ストレージプールのインストールの完了
3
(該当する場合) ストレージプールのファイアウォールを設定してください。
この手順の以前のステップで、ストレージプール認可かメタベースサーバーを 2 つ
以上のパブリック NIC があるノードにインストールすることが決定している場合は、こ
の手順を実行してください。オールインワンシステムをインストールした場合でもこの
手順を実行してください。
詳しくは、次のトピックを参照してください。
p.175 の 「ストレージプールのファイアウォールの設定」 を参照してください。
4
(省略可能) 外部ディレクトリサービスの認証を設定してください。
PureDisk の内部 OpenLDAP ディレクトリサービスに既存の OpenLDAP ディレクト
リサービスをリンクする場合はこの手順を実行してください。
PureDisk はユーザーを次のように認証できます:
■
内部 OpenLDAP データベースから。これがデフォルトです。PureDisk の内部
OpenLDAP データベースを使う場合は、外部ディレクトリサービス認証を設定す
る必要はありません。
■
外部 OpenLDAP ディレクトリサービスから。
■
外部 Active Directory ディレクトリサービスから。
外部ディレクトリサービスの認証について詳しくは、次のトピックを参照してください:
p.210 の 「外部ディレクトリサービスの認証について」 を参照してください。
5
PureDisk エージェントのソフトウェアまたは PureDisk Deduplication Option (PDDO)
のプラグインを配布およびインストールします。
PureDisk エージェントには次の 2 つの種類があります:
■
PureDisk エージェントソフトウェアは、バックアップを作成したいクライアントとス
トレージプールが通信することを可能にします。詳しくは、次のマニュアルを参照
してください。
『Veritas NetBackup PureDisk クライアントインストールガイド』を参照してくだ
さい。
■
PDDO プラグインは、PureDisk ストレージプールを NetBackup OpenStorage
ユニットとして使うことを可能にします。詳しくは、次のマニュアルを参照してくだ
さい。
『Veritas NetBackup PureDisk Deduplication Option ガイド』を参照してくだ
さい。
ヒント:NetBackup メディアサーバーに PDDO プラグインをインストールする場合は、
シマンテック社はメディアサーバーで標準の PureDisk クライアントを最初にインス
トールすることを推奨します。次に、すべてのシステムが正しく設定されているかどう
かを確認するために、バックアップを実行してください。設定が正しいことを確認した
第 9 章 インストールの完了
ストレージプールのインストールの完了
ら、標準の PureDisk クライアントを削除し、メディアサーバーに PDDO プラグインを
インストールしてください。
NIC の数の判断
メタベースサーバーのファイアウォールは、すべてのストレージプール認可とメタベース
サーバーの IP アドレスからのアクセスを許可する必要があります。PureDisk はインストー
ル処理の間に最初の NIC をすべてのファイアウォールルールに自動的に含めます。こ
のノードのパブリック NIC の数を判断するには、次の手順を使ってください。
NIC の数を判断するには
1
root としてストレージプール認可ノードにログインしてください。
2
ネットワークインターフェースカード (NIC) の数を取り込む次のコマンドを入力してく
ださい:
# ip a | egrep "^[0-9]:eth" | wc -l
3
root としてメタベースサーバーノードにログインしてください。
4
ネットワークインターフェースカード (NIC) の数を取り込む次のコマンドを入力してく
ださい:
# ip a | egrep "^[0-9]:eth" | wc -l
5
次の情報を使って結果を分析してください。
■ ip コマンド出力はストレージプール認可かメタベースサーバーをホストするサー
バーに NIC が 1 つのみあることを示すことがあります。そのケースでは、ファイア
ウォールの設定を変更する必要はありません。
■ ip コマンド出力はストレージプール認可かメタベースサーバーをホストするサー
バーに NIC が複数あることを示すことがあります。この場合、次の手順を実行し
てください:
p.175 の 「ストレージプールのファイアウォールの設定」 を参照してください。
ストレージプールのファイアウォールの設定
2 つ目以上の追加の NIC のファイアウォールルールを作成するにはこの手順を実行して
ください。
ファイアウォールの設定を変更するには
1
root としてストレージプール認可ノードにログインしてください。
2
次のファイルを開くためにテキストエディタを使ってください:
/etc/puredisk/custom_iptables_rules
175
176
第 9 章 インストールの完了
ストレージプールのインストールの完了
3
ストレージプール認可ノードとメタベースサーバーノードの追加の NIC の IP アドレ
スを定義するためにファイル custom_iptables_rules を編集してください。
このファイルは追加の NIC の IP アドレスを指定する行をさらに追加するために使う
ことができる表を含んでいます。
例:
# protocol (tcp,udp,icmp,all)
tcp
# source[/mask]
172.30.100.100
# port
10085
4
ファイルを保存し、閉じてください。
5
新しいルールの PureDisk のファイアウォール情報を再ポピュレートする次のコマン
ドを実行してください:
# sh /opt/pdconfigure/scripts/installers/ChangeIPTables.sh
6
必要ならば、前述のステップをメタベースサーバーノードで繰り返してください。
10
PureDisk ソフトウェアのアッ
プグレード
この章では以下の項目について説明しています。
■
PureDisk 6.5 へのアップグレードについて
■
環境の確認
■
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード
■
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード
■
トラブルシューティングと注意
■
PureDisk クライアントの手動アップグレード
PureDisk 6.5 へのアップグレードについて
このトピックは PureDisk 環境を PureDisk 6.5 リリースにアップグレードする方法を記述
します。
PureDisk ソフトウェアをはじめてインストールする場合はこのトピックの手順を使わないで
ください。初回インストールを実行する方法については、次のトピックの情報から開始して
ください:
p.19 の 「PureDisk オペレーティングシステム (PDOS) のインストールについて」 を参照
してください。
メモ: PureDisk 6.5.1 リリースは、PureDisk 6.5 にアップグレードした後でインストールで
きます。PureDisk 6.5.1 のリリースをインストールするには、このトピックの手順を実行して
PureDisk 6.5 にアップグレードしてください。その後で、PureDisk 6.5.1 の Readme ファ
イルの手順を使って PureDisk 6.5.1 のソフトウェアをインストールしてください。
178
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PureDisk 6.5 へのアップグレードについて
PureDisk 6.5 のアップグレード方針
PureDisk 6.5 のソフトウェアリリースには次のアップグレードが含まれます:
■
PDOS のためのアップグレード。PDOS を PDOS 6.5 にアップグレードする前に、
PureDisk ストレージプールソフトウェアをアップグレードする必要があります。
■
PureDisk ストレージプールソフトウェアのためのアップグレード。
ストレージプールは、PureDisk 6.5 のアップグレードの手順を使うために最低限、次のソ
フトウェアのレベルを実行することを必要とします:
■
PureDisk サーバーとエージェントのアプリケーションのために、ストレージプールは
PureDisk 6.2 以降を実行している必要があります。
■
PureDisk オペレーティングシステム (PDOS) のために、各 PureDisk ノードは PDOS
6.2 以降を実行している必要があります。
ストレージプールがこれらのソフトウェアの最低限のレベルを実行していなかったら、シマ
ンテック社のテクニカルサポートに問い合わせてください。それらのノードのために、6.2
にアップグレードする方法を説明する手順については PureDisk 6.2 のマニュアルを参
照してください。
アップグレードの効果
このアップグレードをインストールした直後、システムと Web UI は著しく遅いことがありま
す。この状況は一時であり、次の要因によります:
■
アップグレードのソフトウェアはコンテンツルーターを再起動します。この処理はフィン
ガープリントのキャッシュを再ロードします。コンテンツルーターは Puredisk 6.2 の方
式を使用してアップグレードが起きるまでキューの項目を処理します。アップグレード
の後で、コンテンツルーターは PureDisk 6.5 の方式に従ってこれらのジョブを実行
します。
PureDisk 6.5 は新しいストレージレイアウトスキームを含んでいます。PureDisk 6.5
にアップグレードした後、新しいデータは新しいストレージレイアウトに従って格納され
ます。古いストレージレイアウトに従ってコンテンツルーターにすでに格納されたデー
タは影響されません。アップグレードされた PureDisk 6.5 のストレージプールのコン
テンツルーターは両方のストレージレイアウトを透過的に使います。
■
アップグレードのソフトウェアはメタベースエンジンに常に存在するコントローラサービ
スを再起動します。次に、エージェントは、各エージェントのソフトウェアをアップグレー
ドするために、多かれ少なかれ同時に各コントローラに再接続します。このアクティビ
ティは多くのクライアントがあれば時間がかかります。
■
アップグレードのソフトウェアは各エージェントのためにエージェントのアップグレード
ジョブを開始します。通常、アップグレードの 15 分以内にこれらのジョブはスタートし
ます。PureDisk がこの時点でクライアントにアクセスしないようにバックアップ処理時
間帯を定義しても、ジョブはスタートします。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PureDisk 6.5 へのアップグレードについて
PureDisk がエージェントをアップグレードする間、そのエージェントのための新しい
データ選択を定義できません。そうすることを試みれば PureDisk はエラーメッセージ
を発行します。アップグレードの間、エージェントが他の処理に応答するには余りにも
ビジー状態であるので、この動作は正常です。メッセージテキストは PureDisk がエー
ジェントにメッセージを転送できないことを報告します。
■
アップグレード後、後でこの環境にノードを追加する場合は、64 ビットのハードウェア
に PDOS 6.5 をインストールします。
これらの新しいノードにサーバーソフトウェアをプッシュ型で転送するとき、
prepare_additionalNode.sh のスクリプトは PureDisk 6.5 のサーバーソフトウェア
をインストールします。
新しいノードに PDOS 6.5 のソフトウェアをインストールするためには、次のトピックの
手順を使ってください:
p.19 の 「PureDisk オペレーティングシステム (PDOS) のインストールについて」 を参
照してください。
■
アップグレードは topology.ini ファイルを変更します。アップグレードの処理の一
部としてこのファイルを編集する必要がありません。アップグレードの処理はファイル
topology_nodes.ini を作成します。
■
アップグレードのソフトウェアは自動的に PureDisk クライアントのエージェントのソフ
トウェアをアップグレードします。PureDisk 6.5 のデータロックパスワード機能は、次
のタスクを実行できるようになる前にユーザーがパスワードを入力するように要求する
ことを可能にします:
■
レポートの生成
■
リストアの実行
ディレクトリ名、ディレクトリの内容、ファイル名、またはファイルの内容を表示する
他の操作の実行
データロックパスワードはアップグレードの前にどのクライアントにもないので、PureDisk
はデータロックパスワードなしでクライアントをアップグレードします。
データロックパスワードを有効にするには、アップグレードを実行してから、PureDisk
6.5 エージェントソフトウェアをクライアントに再インストールして、パスワードを指定し
ます。データロックパスワードを指定した後、Web UI によってそれを修正できます。
データロックのパスワードの機能について詳しくは、次のマニュアルを参照してくださ
い:
『Veritas NetBackup PureDisk クライアントインストールガイド』を参照してください。
■
ストレージプールのアップグレードの優先度付け
サイトに複数のストレージプールがあれば、ストレージプールのアップグレードの順序を
計画してください。次の機能はアップグレードの順序に影響します。
179
180
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
環境の確認
■
レプリケーション。レプリケーションを実装した場合は、最初にターゲットの (レプリケー
ト先) ストレージプールをアップグレードするように計画します。レプリケーションはスト
レージプールが両方とも同じリリースレベルにあるか、またはレプリケート先ストレージ
プールのほうが高いリリースレベルにあることを必要とします。レプリケート元ストレー
ジプールのほうが低いリリースレベルでもかまいません。
シマンテック社は PureDisk 6.2.1 のリリースレベルのレプリケート元ストレージプール
と PureDisk 6.5 のリリースレベルのレプリケート先ストレージプール間のレプリケー
ションをサポートします。シマンテック社は PureDisk 6.5 にすべてのストレージプー
ルをできるだけ早くアップグレードすることを推奨します。
■
ストレージプール認可レプリケート (SPAR)。SPAR を実装した場合は、最初にレプリ
ケート元ストレージプールをアップグレードするように計画します。SPAR はストレージ
プールが両方とも同じリリースレベルにあるか、またはレプリケート元ストレージプール
のほうが高いリリースレベルにあることを必要とします。ターゲットの (レプリケート元)
ストレージプールのほうが低いリリースレベルでもかまいません。順序は次の通りです:
■
最初に、ストレージプール認可のレプリケート元のストレージプールをアップグレー
ドします。これはレプリケート元ストレージプールです。
2 番目に、ストレージプール認可のレプリケート先のストレージプールをアップグ
レードします。これはターゲットの (レプリケート先) ストレージプールです。
たとえば環境がストレージプール A とストレージプール B を含んでいることを想定し
てください。ストレージプール A のストレージプール認可をストレージプール B にレプ
リケートするポリシーがあります。この場合、最初にストレージプール A をアップグレー
ドする必要があり、それから B をアップグレードできます。
不正な順序でストレージプールをアップグレードすれば、SPAR は壊れます。この場
合、シマンテック社のテクニカルサポートに問い合わせてください。
■
■
レプリケーションと SPAR が同時に有効。2 つのストレージプールが存在し、レプリケー
ションと SPAR を両方有効にしている場合は、これらのレプリケーションが動作し続け
ることができるように両方のストレージプールをアップグレードする必要があります。アッ
プグレードの順序がこれら 2 つのレプリケーション形式で異なる (この前述のリストの
箇条書きを参照) ので、アップグレードの間に無効にするレプリケーションを決定する
必要があります。
たとえば、アップグレードの間に SPAR を無効にできます。この場合、アップグレード
の後で SPAR を再び有効にしてください。
環境の確認
次の手順は現在の PureDisk 環境を確認する方法を説明します。アップグレード方針は
現在の環境によって異なります。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
環境の確認
環境を確認するには
1
(該当する場合) どのストレージプールを 1 番目、2 番目、3 番目等にアップグレード
する必要があるかを判断します。
複数のストレージプールがあり、それらすべてを Puredisk 6.5 にアップグレードする
には、このステップを実行します。優先度について詳しくは次のトピックを参照してく
ださい:
p.179 の 「ストレージプールのアップグレードの優先度付け」 を参照してください。
2
次のマニュアルの手順に従ってディザスタリカバリバックアップを実行してください:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
前述のマニュアルの現在のリリースを使ってください。
ディザスタリカバリバックアップを実行するとき、何かがアップグレードの間にうまくい
かなければ PureDisk 環境をリカバリできることを確認します。このバックアップは
PureDisk のデータベースを保存します。環境をリストアしなければならなかったら、
PureDisk 6.2 リリースにストレージプールをリストアするためにこのバックアップを使
います。PureDisk 6.5 のストレージプールをリストアするために PureDisk 6.2.x の
ディザスタリカバリバックアップを使うことができません。
3
(該当する場合) ストレージプールのバックアップを作成するために NetBackup を使
うなら、ストレージプールを完全修飾ドメイン名 (FQDN) で定義し直します。
次の条件が該当する場合、このステップを実行します。
■
ストレージプールのバックアップを作成するために NetBackup を使います
■
環境のストレージプールのノードは IP アドレスかホスト名で定義されています
アップグレード後、ストレージプールが IP アドレスかホスト名で定義されていれば
NetBackup にもはやストレージプールのバックアップを作成できません。ストレージ
プールは FQDN で定義されなければなりません。NetBackup のストレージプール
のバックアップを作成する場合は PureDisk 6.5 はそのストレージプールが FQDN
で定義されることを必要とします。
ストレージプールのバックアップを作成するために別の方式を使う場合はこのステッ
プを実行する必要はありません。
次の通り変換できます。
■
環境が IP アドレスで定義されれば、FQDN に直接変換できます。
■
環境がホスト名で定義されたら、最初に IP アドレスに変換し、次に FQDN に変
換します。
FQDN で 6.2.x ストレージプールを定義し直す方法については、次のマニュアルの
6.2.x バージョンを参照してください。
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
181
182
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
環境の確認
4
PureDisk の Web UI からログオフしてください。
5
すべてのブラウザインターフェースを閉じてください。
6
root としてストレージプール認可ノードにログオンしてください。
7
ストレージプール認可の PDOS のレベルを確認する次のコマンドを入力してくださ
い:
# cat /etc/pdos-release
たとえば、次の出力例はこのノードが PDOS 6.2.0.13 を実行していることを示します。
6.2.0.13
実行している PDOS レベルによって次の通り進んでください:
■
ストレージプール認可が 6.2 より前の PDOS リリースを実行していれば、cat (1)
コマンドは次の形式でリリースレベルを戻します。
6.1.0.7
6.0.2.4
このような場合は、現時点で 6.5 にアップグレードできません。PDOS 6.2 に最初
にアップグレードする必要があります。PDOS 6.2 にこのノードをアップグレード
する方法については、PureDisk 6.2 のマニュアルを参照してください。
■
ストレージプール認可が PDOS 6.2 以降を実行していれば、cat(1) コマンドは
次の形式でリリースレベルを戻します:
6.2.0.13
このような場合は、現時点で 6.5 にアップグレードできます。この手順の次のス
テップに進みます。
8
(該当する場合) アップグレードを始める前に別のシステムに crontab ファイルをコ
ピーしてください。
PureDisk 6.2 から PureDisk 6.5 へのアップグレードの間に、PureDisk はストレー
ジプール認可ノードの crontab ファイルを新しいファイルと置換します。PureDisk
6.2 の環境のストレージプール認可ノードの crontab ファイルを修正している場合
があります。その場合、6.5 インストールにある crontab ファイルでこれらの修正を
再び実行する必要があります。
9
ストレージプールが EMC PowerPath のソフトウェアと組み合わせて EMC Clariion
CxX00 のアレイを使うかどうか確認します。
PureDisk 6.5 の部分である Veritas VxVM Volume Manager は EMC PowerPath
のソフトウェアと互換性がありません。EMC PowerPath のソフトウェアを使ったら、
VxVM を無効にするために次のステップを完了してください:
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード
■
root としてノードにログオンしてください。
■
次のコマンドを実行してください:
# insserv -r boot.vxvm
■
ノードを再ブートしてください。
将来、アップグレードされたストレージプールに新しいノードを追加したら、それらの
新しいノードでも VxVM を確実に無効にしてください。これらのノードにストレージを
追加し、VxVM を使うことができません。
10 次のトピックに進みます。
p.183 の 「PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード」
を参照してください。
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェア
のアップグレード
各ノードの PDOS のソフトウェアを PDOS 6.5 にアップグレードするために次の手順を使っ
てください。
オペレーティングシステムのソフトウェアをアップグレードするには
1
(該当する場合) 新しいライセンスキーを追加します。
p.183 の 「(該当する場合) 新しいライセンスキーの追加」 を参照してください。
2
PDOS のアップグレードを開始します。
p.184 の 「PDOS のアップグレードの開始」 を参照してください。
3
PDOS のアップグレードを実行します。
p.186 の 「PDOS のアップグレードの実行」 を参照してください。
4
PDOS のアップグレードを完了します。
p.187 の 「PDOS のアップグレードの完了」 を参照してください。
5
次のトピックに進みます。
p.189 の 「ストレージプールソフトウェアのアップグレードの開始」 を参照してくださ
い。
(該当する場合) 新しいライセンスキーの追加
シマンテック社の販売担当者から新しいライセンスキーを受け取ったら、この手順を実行
してください。PureDisk 6.5 の一部の機能は、追加のライセンスキーを必要とします。次
の手順を使って、この時点で新しいライセンスキーを追加します。
183
184
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード
新しいライセンスキーを追加するには
1
root としてストレージプール認可ノードにログインしてください。
2
トポロジーエディタを起動する次のコマンドを入力します。
# /opt/pdinstall/edit_topology.sh
3
[9 Manage license keys]を選択し、[OK]を選択します。
4
[2 Add license key]を選択し、[OK]を選択します。
5
[Add License Key] の画面で、ライセンスキーを記載されているとおりに正確に入
力し、[OK]をクリックします。
6
[Back]を選択します。
7
[10 Save topology]を選択し、[OK]を選択します。
8
[11 Quit]を選択し、[OK]を選択します。
9
トポロジーファイルの暗号化に関するプロンプトに応答します。
10 次のトピックに進みます。
p.184 の 「PDOS のアップグレードの開始」 を参照してください。
PDOS のアップグレードの開始
次の手順は PDOS 6.5 にノードをアップグレードする場合に実行する予備のステップを
説明します。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード
PDOS のアップグレードを開始するには
1
ストレージプール認可またはアップグレードしたいノードへログインしてください。
ストレージプール認可ノードを最初にアップグレードし、この手順を繰り返して他の
ノードをアップグレードします。
2
ノードのソフトウェアを確認し、追加の、標準外のカーネルのモジュールを含むかど
うかを判断し、別のサーバーの安全な場所にこれらのモジュールを格納してくださ
い。
管理者はこのノードに標準外のカーネルのモジュールを追加した可能性があります。
たとえば、ディスクまたは /Storage へのアクセスを容易にするために、標準外カー
ネルモジュールが必要であることがあります。
メモ: PDOS のアップグレード処理はカーネルをアップグレードします。PDOS 6.2 に
標準外のカーネルのモジュールを追加した場合があります。その場合、おそらく、
ディスクか /Storage にアクセスできる前に PDOS 6.5 のノードのソフトウェアにこれ
らのモジュールを追加する必要があります。この手順は PDOS 6.5 システムにこれら
のモジュールを戻すためのステップを含みます。このアクティビティのヘルプを必要
としたらシマンテック社のテクニカルサポートに問い合わせてください。
3
CD-ROM ドライブに「PureDisk Operating System」のラベルが付いているディスク
を挿入してください。
メモ: PureDisk 6.5 リリースは、シマンテック社が CD で配布する予定の最後の
PureDisk リリースです。将来のメジャーリリースのためのメディアキットは DVD のメ
ディアを含みます。すべてのリリースはシマンテック社のダウンロードの Web サイト
から利用可能であり続けます。
4
メディアをマウントする次のコマンドを入力してください:
# mkdir /cdrom
# mount /dev/cdrom /cdrom
少数のハードウェアプラットフォームでは、cdrom のデバイスの /dev/cdrom はデ
フォルトでは利用可能ではありません。デバイスが /dev/cdrom を見つけることがで
きなかったら次のトピックを参照してください。
p.245 の 「CD-ROM デバイスのトラブルシューティング」 を参照してください。
この問題を直した後、この手順に戻ってください。
5
pdextras ディレクトリに変更する次のコマンドを入力します:
# cd /cdrom/pdextras
185
186
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード
6
インストール前のスクリプトを開始する次のコマンドを入力します:
# sh 62_to_65.sh pre
インストール前のスクリプトは PDOS のカーネルとログファイルのバックアップを作成
します。
7
(該当する場合) スクリプトが既存のトポロジーファイルを暗号化するように促す場合
は、yes か no を入力します。
促されたらこのステップを実行します。ストレージプール認可ノードのスクリプトを実
行し、ストレージプール認可ノードが CIFS のサービスをホストしているとき、スクリプ
トは暗号化の情報を入力するように促します。トポロジーファイルを暗号化する場合
は、yes と入力し、暗号化のプロンプトに答えます。
8
(該当する場合) 追加の標準外のカーネルのモジュールを再インストールしてくださ
い。
PDOS 6.2 にモジュールを追加したときのみこのステップを実行してください。
詳しくは、ステップ 2 を参照してください。
9
システムを再ブートする次のコマンドの 1 つを入力します:
# reboot
または
# shutdown -r
システムは再ブートし、YaST を起動します。
10 次のトピックに進みます。
p.186 の 「PDOS のアップグレードの実行」 を参照してください。
PDOS のアップグレードの実行
次の手順は PDOS をアップグレードする方法を説明します。
PDOS のアップグレードを実行するには
1
PDOS の開始画面で、矢印キーを使って[Manual]を選択し、Enter キーを押しま
す。
2
[Language]の画面で、[English(US)]を選択し、[Next]を選択します。
3
[License Agreement]の画面で、[Yes, I Agree]を選択し、[Next]を選択します。
4
2 つ目の[License Agreement]の画面で、[Yes, I Agree]を選択し、[Next]を選
択します。
5
[Installation Mode]の画面で、[Update]を選択し、[Next]を選択します。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード
6
[Select for Update]の画面で、[/] (ルート) ディレクトリのパーティションが選択され
ていることを確認し、[Next]を選択します。
7
[Installation Settings]の画面で、表示を確認し、[Accept]を選択します。
8
[Confirm Update]の画面で、[Start Update]を選択します。
9
システムが新しいソフトウェアをインストールして再ブートする間、待ちます。
最終的にシステムは PDOS の開始画面に戻ります。ハードディスクから再ブートす
ることをシステムに許可します。システムは再ブートの処理の各種ポイントで数分間
停止しているように見えることがあります。
10 [Test Internet Connection] の画面で、[Select:]のペインの[No, Skip This Test]
を選択し、[Next]を選択します。
11 [Release Notes]の画面で、[Next]を選択します。
12 (省略可能)[Installation Completed]の画面で、[Clone this System for Autoyast]
を選択解除し、[Finish]を選択します。
インストールは[Clone this System for Autoyast]を選択解除すればもっとすばや
く完了します。
13 次のトピックに進みます。
p.187 の 「PDOS のアップグレードの完了」 を参照してください。
PDOS のアップグレードの完了
次の手順は PDOS のアップグレードを完了する方法を説明します。
PDOS のアップグレードを完了するには
1
root としてノードにログインしてください。
2
メディアをマウントする次のコマンドを入力してください:
# mkdir /cdrom
# mount /dev/cdrom /cdrom
少数のハードウェアプラットフォームでは、cdrom のデバイスの /dev/cdrom はデ
フォルトでは利用可能ではありません。デバイスが /dev/cdrom を見つけることがで
きなかったら次のトピックを参照してください。
p.245 の 「CD-ROM デバイスのトラブルシューティング」 を参照してください。
この問題を直した後、この手順に戻ってください。
3
pdextras ディレクトリに変更する次のコマンドを入力します:
# cd /cdrom/pdextras
187
188
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェアのアップグレード
4
インストール後のスクリプトを開始する次のコマンドを入力します:
# sh 62_to_65.sh post
5
終了スクリプトを開始する次のコマンドを入力します:
# sh pdos-postinstall.sh
6
ディレクトリを変更し、CD-ROM をマウント解除し、取り出します。
例:
# cd /
# umount /cdrom
# eject
7
次の通りより多くのノードを PDOS 6.5 にアップグレードするか、またはストレージプー
ルソフトウェアをアップグレードし続けてください:
■
より多くのノードを PDOS 6.5 にアップグレードする必要があったら次のステップ
を実行してください:
ステップ
タスク
1
root としてノードにログインしてください。
2
オペレーティングシステムのレベルを確認する次のコマンドを実行
してください:
# cat /etc/pdos-release
3
ノードが 6.2 より前のリリースを実行している場合は、PureDisk 6.2
のマニュアルを参照して、このノードを PureDisk 6.2 にアップグ
レードしてください。
ノードが PureDisk 6.2 を実行している場合は、このノードをアップ
グレードする方法について次のトピックに戻ってください。
p.183 の 「PDOS 6.5 へのオペレーティングシステムのソフトウェア
のアップグレード」 を参照してください。
■
このノードが PDOS 6.5 にアップグレードする必要がある最後のノードであれば、
次のトピックに進んでください:
p.189 の 「ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード」 を
参照してください。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアッ
プグレード
ストレージプールソフトウェアのアップグレードの間に、ソフトウェアは十分なディスク容量
がアップグレード操作のために利用可能であることを確認します。ディスク容量が不十分
であれば、アップグレードは警告メッセージを発行し、アップグレードは停止します。ディ
スクを追加し、アップグレードを再開できます。
次の手順では、ストレージプールのアップグレードの処理がいくつかの段階に分割され
ています。手順では、ストレージプールソフトウェアをアップグレードする方法とアップグ
レードを終了する方法が説明されます。
ストレージプールソフトウェアをアップグレードするには
1
アップグレードを開始してください。
p.189 の 「ストレージプールソフトウェアのアップグレードの開始」 を参照してくださ
い。
2
各ノードについて、メタベースエンジンをホストするメタベースエンジンのクリーンアッ
プのスクリプトを実行してください。
p.191 の 「メタベースエンジンのクリーンアップスクリプトの実行」 を参照してください。
3
アップグレードを再開します。
p.191 の 「アップグレードの再開」 を参照してください。
4
アップグレードを終了します。
p.193 の 「アップグレードの終了」 を参照してください。
ストレージプールソフトウェアのアップグレードの開始
次の手順はストレージプールソフトウェアのアップグレードを開始する方法を説明します。
ストレージプールソフトウェアのアップグレードを開始するには
1
root としてストレージプール認可にログインしてください。
2
(該当する場合) 保存した crontab ファイルをストレージプール認可ノードに書き込
んでください。
次の手順の一部として別のシステムに crontab ファイルを保存した場合は、このス
テップを実行してください:
p.180 の 「環境の確認」 を参照してください。
3
ストレージプール認可ノードの CD-ROM ドライブに「PureDisk Application」のラベ
ルが付いているディスクを挿入してください。
189
190
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード
4
メディアをマウントする mount(8) コマンドを使ってください。
たとえば、次のコマンドを入力してください:
# mkdir /cdrom
# mount /dev/cdrom /cdrom
少数のハードウェアプラットフォームでは、cdrom のデバイスの /dev/cdrom はデ
フォルトでは利用可能ではありません。デバイスが /dev/cdrom を見つけることがで
きなかったら次のトピックを参照してください。
p.245 の 「CD-ROM デバイスのトラブルシューティング」 を参照してください。
この問題を直した後、この手順に戻ってください。
5
PureDisk ソフトウェアをストレージプール認可ノードにコピーし、正しいディレクトリ
に書き込む次のコマンドを入力してください:
# /cdrom/puredisk/software/upgrade.sh
6
アップグレードのスクリプトが画面に表示する情報を読み込み、Enter キーを押しま
す。
7
(該当する場合) プロンプトで topology.ini のファイルの解読パスワードを入力し
ます。
topology.ini ファイルが暗号化されたら、そしてシステムがプロンプトを示したらこ
のステップを実行します。
8
次のプロンプトに応じて Enter キーを押します。
Please enter any key to stop this upgrade in order to run this
MBE cleanup first or enter ‘proceed’ when this has already been
done.
Enter キーを押すと、アップグレードの処理を停止します。これは必要です。アップ
グレードの処理をこの時点で停止する必要があります。後のステップでアップグレー
ドの処理を再開します。この時点で、メタベースエンジンのクリーンアップスクリプトは
ストレージプールのすべてのノードに存在します。
9
次のプロンプトで Enter キーを押します。
Do you want to start the Cron Daemon?(yes/no):no
Enter キーを押すと、cron (1) デーモンを抑止します。現時点で cron(1) デーモン
を開始しないでください。この処理はシステムプロンプトに戻します。
10 次のトピックに進みます。
p.191 の 「メタベースエンジンのクリーンアップスクリプトの実行」 を参照してください。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード
メタベースエンジンのクリーンアップスクリプトの実行
次の手順はメタベースエンジンのクリーンアップスクリプトを実行する方法を説明します。
メタベースエンジンをホストするすべてのノードのクリーンアップスクリプトを実行すること
を確かめます。
メタベースエンジンのクリーンアップスクリプトを実行するには
1
(該当する場合) メタベースエンジンをホストするノードの 1 つにログインします。
メタベースエンジンをホストするノードにすでにログインしていなかったらこのステップ
を実行します。
2
メタベースエンジンのクリーンアップスクリプトを実行する次のコマンドを入力します。
# /opt/pdag/bin/php /opt/pdmbe/cli/MBECleanUp.php
メタベースエンジンのサイズによって、この処理は長い時間がかかることがあります。
3
(該当する場合) ステップ 1 に戻ります。
メタベースエンジンをホストする他のノードがストレージプールにあるなら、別のノー
ドでこの手順を再び実行します。メタベースエンジンをホストするすべてのノードのク
リーンアップスクリプトを実行することを確かめます。
4
次のトピックに進みます。
p.191 の 「アップグレードの再開」 を参照してください。
アップグレードの再開
次の手順はストレージプール認可ノードのアップグレードスクリプトを再び実行する方法
を説明します。今回スクリプトを実行すると、アップグレードを完了します。
アップグレードを再開するには
1
ストレージプール認可ノードにログインします。
2
アップグレードを再開する次のコマンドを入力します。
# /cdrom/puredisk/software/upgrade.sh
3
アップグレードのスクリプトが画面に表示する情報を読み込み、Enter キーを押しま
す。
4
(該当する場合) プロンプトで topology.ini のファイルの解読パスワードを入力し
ます。
topology.iniファイルが暗号化されたらこのステップを実行します。
191
192
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード
5
次のプロンプトに応じて proceed と入力します。
Please enter eny key to stop this upgrade in order to run this
MBE cleanup first or enter ‘proceed’ when this has already been
done.
6
アップグレードスクリプトのディスク容量の概略を確認し、データベースのダンプファ
イルのための場所を指定します。
アップグレードのこのステップで、スクリプトはストレージプール認可のデータベース
(CA データベース)、メタベースのデータベース (MB データベース)、コンテンツルー
ターのデータベース (CR データベース) のダンプディレクトリを指定するように要求
します。オプションは次の通りです。
■ /Storage/tmp に十分な容量があったら、そして PureDisk でこの場所にディレ
クトリを書き込むなら Enter キーを押します。
■ /Storage/tmp に十分な容量がなかったら、代替のダンプディレクトリへの絶対
パスを入力します。たとえば、/mydir/dumpdir などです。スクリプトは、この場
所を入力してから確認するように促します。
ディスク容量の概略を読み込んだ後で、次のプロンプトに応じて Enter キーを押す
か、またはダンプファイルへの代替パスを入力します。
Please enter the full path to a dump directory for node name (/Storage/tmp)
7
(省略可能) アップグレードの処理を監視してください。
アップグレードの処理を監視する場合は次のステップを実行してください:
■
第 2 端末ウィンドウを使ってノードにログインしてください。
■
次のコマンドを入力してください:
# tail -f /Storage/log/upgrade/6.5_date_and_timestamp.log
date_and_timestamp には、対応するアップグレードの日時タイムスタンプを指
定してください。アップグレードのスクリプトはアップグレードのはじめに完全な
ファイル名を表示します。
ストレージプールのサイズによって、インストーラがこのログファイルに 1 つのメッセー
ジを書き込んでから、別のメッセージを書き込むまでの間に数分経過する場合があ
ります。
8
トポロジーファイルの暗号化に関するプロンプトに応答します。
たとえば、アップグレードが終わった後ストレージプールにノードを追加する場合は、
このファイルを暗号化しないことがあります。
9
アップグレードのファイルを確認します。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード
アップグレードの処理はストレージプール認可ノードに次のファイルそしてディレクト
リを作成します:
■
空ファイルである、/etc/puredisk/6.5-upgrade-main-timestamp。PureDisk
は正常なアップグレードの後でこのファイルを書き込みます。
■
アップグレードのログファイルであ
る、/Storage/log/upgrade/6.5_timestamp.log。
■
PureDisk をアップグレードした時変わった、ファイル、設定とデータベースエン
トリのディレクトリである、/Storage/log/upgrade/6.5_timestamp-backup。
これらのディレクトリが 1 つ以上あることがあります。
■
別のトポロジーファイルである、/Storage/etc/topology_nodes.ini。PureDisk
6.5 は topology.ini ファイルと新しい topology_nodes.ini ファイルを両方
使います。PureDisk 6.5 では、これらのトポロジーファイルは /Storage/etc に
存在します。/opt/pdinstall ディレクトリはこれらのファイルへのリンクを含ん
でいます。
■
空ファイルである、/etc/puredisk/6.5-upgrade-node-timestamp。PureDisk
は正常なアップグレードの後でこのファイルを書き込みます。アップグレード処理
は、他のすべてのノードにもこのファイルを書き込みます。
10 ディレクトリを変更し、CD-ROM をマウント解除し、取り出します。
例:
# cd /
# umount /cdrom
# eject
11 CD-ROM ドライブからディスクを取り出してください。
12 次のトピックに進みます。
p.193 の 「アップグレードの終了」 を参照してください。
アップグレードの終了
次の手順は PureDisk がエージェントソフトウェアをアップグレードしたことを確認する方
法とアップグレードを完了する方法を説明します。
193
194
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
ストレージプールソフトウェアの PureDisk 6.5 へのアップグレード
アップグレードを終えるには
1
(該当する場合) CIFS インターフェースを再び有効にします。
このストレージプールが CIFS インターフェースを使う場合、また、このストレージプー
ルが外部 LDAP または Active Directory サービスによってユーザーを認証する場
合、このステップを実行します。
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』は外部ユーザー認証が LDAP また
は Active Directory サービスによって有効である場合に CIFS インターフェースを
有効にする方法を説明する手順を含んでいます。
2
エージェントのアップグレードジョブを監視します。
ネットワークに接続されるすべてのクライアントのために、PureDisk は 15 分以内の
エージェントのアップグレードジョブをスケジュールします。15 分以上後で、エージェ
ントのアップグレードジョブが正常に終わったかどうか確認するために次のステップ
を完了します:
■
Web UI を開始してください。
■
[Workflows]タブをクリックしてください。
■
[Agent update]のワークフローを選択してください。このワークフローはエージェ
ントのアップグレードジョブ用です。
いずれかのエージェントのアップグレードジョブが失敗すれば、PureDisk はエー
ジェントを非アクティブにします。これらのエージェントを再びアクティブにすると、
PureDisk は新しいアップグレードジョブをスケジュールします。どのエージェントが
非アクティブにされたか判断するためには、次の処置をとってください:
3
■
Web UI を呼び出してください。
■
[Data Management]タブをクリックしてください。
■
右から 3 番目のビューであるストレージプールのビューによって、非アクティブに
されたエージェントを選択してください。
すべてのエージェントのアップグレードジョブが完了したことを確認してください。
アップグレードジョブは 14 日後にタイムアウトになります。クライアントがその 14 日
間の期間内にストレージプールに接続しなかったら、そのクライアントのための別の
アップグレードジョブを開始してください。
エージェントを手動でアップグレードする方法について詳しくは、次のトピックを参照
してください。
p.196 の 「PureDisk クライアントの手動アップグレード」 を参照してください。
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
トラブルシューティングと注意
4
ディザスタリカバリバックアップを実行してください。
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』の手順を使ってください。このバック
アップはデータベースとコンテンツルーターデータを両方保存します。
メモ: 現時点で PureDisk 6.5 のディザスタリカバリバックアップを実行することは非
常に重要です。PureDisk 6.2.x のソフトウェアで作成された古いバックアップは
PureDisk 6.5 のストレージプールにリストアできません。
5
(該当する場合) 他のストレージプールをアップグレードします。
複数のストレージプールがあればこのステップを実行してください。
環境の他のストレージプールに PDOS とストレージプールソフトウェアをインストール
します。
トラブルシューティングと注意
次のセクションはトラブルシューティング情報を記述し、アップグレードの処理についての
注意を含んでいます。
失敗したアップグレードの修正
アップグレードが失敗したら、次を参照してください:
■
診断情報のために、次のファイルを参照してください:
/Storage/log/upgrade/6.5_timestamp.log
■
トラブルシューティングについて詳しくは、次のトピックを参照してください。
p.243 の 「PureDisk のインストールのトラブルシューティングについて」 を参照してく
ださい。
PureDisk 6.5 にアップグレードした後のパッチの適用
PureDisk 6.5 にアップグレードした後でストレージプールに古い EEB かパッチを適用す
ることを試みないでください。将来、EEB、パッチのみ適用するか、または PureDisk 6.5
対応と明示的に記載されているリリースをアップグレードしてください。
アップグレードの間のレポート
中央ストレージプールをアップグレードした後、中央レポートの情報は中央ストレージプー
ルの PureDisk 6.5 報告データを含んでいます。中央プールのレポートの範囲にあるリ
モートストレージプールをどのようにすばやくアップグレードするかによって、レポートには
195
196
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PureDisk クライアントの手動アップグレード
リモートストレージプールの PureDisk 6.5 とPureDisk 6.2 の情報が混在することがあり
ます。
図 10-1に、容量の使用状況データの例を示します。
図 10-1
アップグレードの間の容量の使用状況データ
As 図 10-1 に示すように、ストレージプールの合計容量は PureDisk 6.2 と PureDisk 6.5
で異なって表示されることがあります。次の要因がこの統計に影響します。
■
PureDisk は、コピー元のデータの容量に相当するフロントエンドによって使われる容
量に基づいて、6.5 の容量レポートを計算します。PureDisk は、ストレージプールで
使われている容量と利用可能な容量の合計であるバックエンド容量に基づいて 6.2
の容量レポートを計算します。
■
アップグレードの時に、コンテンツルーターのキューにデータが処理されるために残っ
ていることがあります。このデータの一部はこのレポートを取り込む前に処理されてい
た可能性があります。
■
容量の数値は 15 分毎に更新されます。
■
アップグレード後、クライアントインストーラと新しい内部ストレージレイアウト用に、新
しいファイルがコンテンツルーターに存在しています。
PureDisk クライアントの手動アップグレード
PureDisk はストレージプールのノードとクライアントに新しいソフトウェアをプッシュ型で
転送するときに、各クライアントのエージェントのソフトウェアを自動的にアップグレードし
ます。クライアントがアップグレードの時にストレージプールに接続していなければ、
PureDisk はそのクライアントが再び接続するときに自動的にそのエージェントをアップグ
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PureDisk クライアントの手動アップグレード
レードします。PureDisk がストレージプールのクライアントの一部のアップグレードに失
敗した場合、手動アップグレードを実行するために次の手順を使うことができます。
PureDisk が特定のストレージプールまたは特定の部門と同時に関連付けしたクライアン
トすべてをアップグレードできます。次の手順では、[Upgrade Agents]をクリックすると、
PureDisk は選択されたエージェントを最新の PureDisk エージェントのソフトウェアにアッ
プグレードします。アップグレードは最新版がすでにあっても発生します。この動作は最
初の試行が失敗したり、割り込まれたり、または壊れたインストールという結果になった場
合に、アップグレードの試行を繰り返すことを可能にします。
クライアントを手動でアップグレードするには
1
[Data Management]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、ラベルの左側にあるプラス記号 (+) をクリックしてツリー表示を展開し
てください。アップグレードしたいクライアントと関連付けされる部門かストレージプー
ルが表示されたら停止してください。
クライアントのビューを単純化するためにクライアントのビューの 1 つを選択できま
す。デフォルトの表示は[Client agents by storage pool]です。この手順はその表
示を使いたいことを想定します。
3
ストレージプールか部門を選択してください。
単一のクライアントか複数のクライアントを同時にアップグレードできます。
4
[Upgrade Agents]をクリックしてください。
5
適切なエージェントのソフトウェアのレベルを選択するために各クライアントのオペ
レーティングシステムの右にあるドロップダウンリストを使ってください。
クライアントの種類が混在していたら、必要とする各クライアントのオペレーティング
システムについてエージェントのソフトウェアのレベルを選択してください。PureDisk
は各クライアントをアップグレードするジョブを作成します。
不正なオペレーティングシステムの種類を選択すれば、PureDisk はこのアップグ
レードのためにジョブは作成されなかったことを示すメッセージを発行します。
6
[Save]をクリックしてください。
[Save]をクリックすると、PureDisk は選択された項目の下のすべてのエージェント
でエージェントのソフトウェアをアップグレードします。アップグレードの処理は仮想
エージェントと非アクティブなエージェントをスキップします。仮想エージェントは
PureDisk がレプリケートされたデータ選択のために自動的に作成するエージェント
です。
アップグレードの後で、古く、非アクティブなエージェントをアクティブにすれば、
PureDisk は自動的にそのクライアントの更新のワークフローを開始します。
197
198
第 10 章 PureDisk ソフトウェアのアップグレード
PureDisk クライアントの手動アップグレード
1 個のクライアントを手動でアップグレードするには
1
[Data Management]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、ラベルの左側にあるプラス記号 (+) をクリックしてツリー表示を展開し
てください。
アップグレードしたいクライアントが表示されたら停止してください。
3
アップグレードしたいエージェントを選択してください。
4
[Upgrade Agents]をクリックしてください。
5
適切なエージェントのソフトウェアのレベルを選択するためにクライアントのオペレー
ティングシステムの右にあるドロップダウンリストを使ってください。
クライアントに不正なオペレーティングシステムの種類を選択すれば、PureDisk は
このアップグレードのためにジョブは作成されなかったことを示すメッセージを発行
します。
6
[Save]をクリックしてください。
A
YaST2 インターフェースのナ
ビゲート
この付録では以下の項目について説明しています。
■
YaST2 インターフェースについて
YaST2 インターフェースについて
PDOS のインストール手順は DNS と他の情報を指定するために YaST2 のテキストベー
スのインターフェースを使うように要求します。
YaST2 ウィンドウは次のペインに分けられます:
■
左のペインは情報のペインです。それは選択中のモジュールを表示するか、または
追加情報を提供します。
■
右のペインは編集のペインです。このペインでシステム情報を編集できます。
■
下部のペインはナビゲーションのペインです。画面をナビゲートするために、ヘルプ
の情報を入手するために、入力するデータを確認するために、他の機能を実行する
ために下部のラベルを使うことができます。
YaST2 インターフェースについて詳しくは、次の URL で Novell 社のマニュアルの Web
サイトの SUSE のマニュアルを参照してください:
www.novell.com/documentation/suse/index.html
YaST2 の開始
PDOS をインストールするために手動オプションを選択すればシステムはようこその画面
で YaST2 を起動します。
自動化された PDOS のインストール方式の 1 つを選択すれば、システムは YaST2 を起
動し、インストールを自動的に実行します。
200
付録 A YaST2 インターフェースのナビゲート
YaST2 インターフェースについて
YaST2 ナビゲーションのキー順
表 A-1 は画面で選択し、動かす方法を示します。
表 A-1
YaST2 ナビゲーションキー
キー
処理
↑
カテゴリを変更します。隣接する上のカテゴリを選択します。
↓
カテゴリを変更します。隣接する下のカテゴリを選択します。
→
選択されたカテゴリのモジュールを開始します。
Shift+→
右に水平にスクロールします。画面で、右矢印キーの使用によっ
てアクティブなペインまたは現在の選択リストが変更される場合に
有用です。
Ctrl+E
Shift+←
Ctrl+A
左に水平にスクロールします。画面で、左矢印キーの使用によっ
てアクティブなペインまたは現在の選択リストが変更される場合に
有用です。
Enter
選択されたカテゴリのモジュールを開始し、処理を実行し、また
はメニュー項目をアクティブにします。
Alt+yellow_letter
画面のラベルそして選択されたフィールドは黄色い英字を含ん
でいます。そのラベルか処理を選択するために Alt か Esc と黄
色い英字を押してください。
Esc+yellow_letter
Tab
Alt+Tab
ラベルからラベルへ、または選択リストから選択リストへ移動しま
す。
Esc+Tab
Shift+Tab
Exit
YaST2 インターフェースを中止します。
ファンクションキー
キーボードのファンクションキーは YaST2 ラベルへのアクセスを可能にします。モジュー
ルを承認するか、次のモジュールに移動するか、またはモジュールを終えるには、F10 を
押します。他のファンクションキーのマッピングはアクティブな YaST2 のモジュールによっ
て決まります。そのモジュールのためのファンクションキーのマッピングを表示するには、
モジュールで F1 を押してください。
B
ワークシートのインストール
(クラスタ化されていない場
合)
この付録では以下の項目について説明しています。
■
インストールワークシートについて
■
インストールワークシート
インストールワークシートについて
インストールワークシートはシステムを設定した後で完了できる表です。各表はインストー
ル処理の後に各ストレージプールのトポロジーを記録することを可能にするワークシート
を構成します。これらの表はホスト名、IP アドレス、ロールと PureDisk の識別を記録する
場所を与えます。
完了したワークシートは安全な場所に保管してください。これらのワークシートの情報は、
災害で PureDisk 環境をリカバリする必要がある場合にも使うことができます。
メモ: クラスタ化されたストレージプールをインストールした場合は、これらのワークシート
は作成しないでください。インストールを始める前に完了した表計算ワークシートは必要
とする情報を含んでいます。
次の手順はインストールワークシートを完了する方法を説明します。
202
付録 B ワークシートのインストール (クラスタ化されていない場合)
インストールワークシートについて
インストールワークシートを完了するには
1
ストレージプールのストレージプール ID 番号を入手してください。
ファイル /Storage/etc/topology.ini または PureDisk Web UI からストレージ
プールの ID 番号を入手できます。
この手順について詳しくは、次を参照してください:
p.202 の 「ストレージプールの ID 番号の入手」 を参照してください。
2
ストレージプールのエージェント ID 番号を入手してください。
ファイル /Storage/etc/topology.ini または PureDisk Web UI からストレージ
プールのエージェント ID 番号を入手できます。
この手順について詳しくは、次を参照してください:
p.202 の 「エージェントの ID 番号の入手」 を参照してください。
3
ワークシートを完了し、安全な場所に保存してください。
ワークシートのコピーについては、次を参照してください:
p.203 の 「インストールワークシート」 を参照してください。
ストレージプールの ID 番号の入手
次の手順は Web UI からストレージプールの ID 番号を入手する方法を説明します。
ストレージプールの ID 番号を Web UI から入手するには
1
Web UI で[Topology]タブをクリックしてください。
2
ストレージプールを選択してください。
3
このストレージプールの情報を表示するために左ペインの[Edit storage pool]をク
リックしてください。
このダイアログボックスは次に類似した行を含んでいます:
System data selection
System DS for STP1
前述の行はこの情報がストレージプール 1 の情報であることを示します。
エージェントの ID 番号の入手
次の手順は Web UI からエージェントの ID 番号を入手する方法を説明します。
付録 B ワークシートのインストール (クラスタ化されていない場合)
インストールワークシート
ノードのためのエージェントの ID 番号を Web UI から入手するには
1
Web UI で[Topology]タブをクリックしてください。
2
ストレージプールを展開してください。
3
ノードの IP アドレスの左側にカッコ内に表示されるエージェントの ID を記録してく
ださい。
ストレージプール認可ノードのエージェント ID は 7 桁の番号です。他のすべての
ノードのエージェントの ID は 1 桁の番号です。
インストールワークシート
次のセクションはインストールワークシートを含んでいます。各ワークシートは他のワーク
シートと同一です。
ワークシート 1
次はワークシートです。
表 B-1
ノード番号
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
場所
ストレージプール ID:__________________、ストレージプールの名
前:____________________
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
203
204
付録 B ワークシートのインストール (クラスタ化されていない場合)
インストールワークシート
ノード番号
場所
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
.
.
.
.
.
.
ワークシート 2
次はワークシートです。
表 B-2
ノード番号
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
場所
ストレージプール ID:__________________、ストレージプールの名
前:____________________
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
付録 B ワークシートのインストール (クラスタ化されていない場合)
インストールワークシート
ノード番号
場所
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
.
.
ワークシート 3
次はワークシートです。
表 B-3
ノード番号
場所
ストレージプール ID:__________________、ストレージプールの名
前:____________________
ホスト名
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ワークシート 4
次はワークシートです。
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
205
206
付録 B ワークシートのインストール (クラスタ化されていない場合)
インストールワークシート
表 B-4
ノード番号
場所
ストレージプール ID:__________________、ストレージプールの名
前:____________________
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ワークシート 5
次はワークシートです。
表 B-5
ノード番号
.
.
場所
ストレージプール ID:__________________、ストレージプールの名
前:____________________
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
付録 B ワークシートのインストール (クラスタ化されていない場合)
インストールワークシート
ノード番号
場所
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ワークシート 6
次はワークシートです。
表 B-6
ノード番号
.
.
.
.
.
.
場所
ストレージプール ID:__________________、ストレージプールの名
前:____________________
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
207
208
付録 B ワークシートのインストール (クラスタ化されていない場合)
インストールワークシート
ノード番号
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
場所
ホスト名
FQDN/IP アドレ
ス
PD のサービス
エージェント ID
C
外部ディレクトリサービスの
認証の設定
この付録では以下の項目について説明しています。
■
外部ディレクトリサービスの認証について
■
ディレクトリサービスの情報の入手
■
(省略可能) PureDisk グループのディレクトリサービスへの追加
■
(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー
■
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
■
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポリシーの有
効化
■
Common Internet File System (CIFS) の設定
■
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期するPureDisk のシステムポリシーの有
効化
■
ユーザーかグループの追加、変更、削除
■
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの youruserclass、yourloginattrib、
yournameattrib 変数の変更
■
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの yourdescriptionattrib 変数または
yourmailattrib 変数の変更
■
外部認証の無効化
■
TLS の指定の変更
■
基礎検索パスの修正
210
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスの認証について
外部ディレクトリサービスの認証について
デフォルトで、PureDisk は内部 OpenLDAP ディレクトリサービスによってユーザーを認
証します。ユーザー認証に PureDisk の内部 OpenLDAP ディレクトリサービスだけを使
う場合は、追加設定を実行する必要はありません。
代わりに、ユーザー認証についてサイトの外部 OpenLDAP または Active Directory
サービスを設定することができます。PureDisk は次のレベルを必要とします:
■
OpenLDAP、バージョン 2.3.27
■
Active Directory、Windows Server 2003、Service Pack 1
■
Active Directory、Windows Server 2000、Service Pack 4
次の処理は外部ディレクトリサービスの認証を設定するために完了する必要があるタスク
を説明します。
外部ディレクトリサービスの設定を設定するには
1
ディレクトリサービスの情報を入手します。
p.211 の 「ディレクトリサービスの情報の入手」 を参照してください。
2
(省略可能) PureDisk グループをディレクトリサービスに追加します。
p.220 の 「(省略可能) PureDisk グループのディレクトリサービスへの追加」 を参照し
てください。
3
(省略可能) Transport Layer Security (TLS) を確認して、認証局の証明書をコピー
します。
p.221 の 「(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー」 を参照してください。
4
外部ディレクトリサービスに PureDisk をリンクします。
p.224 の 「外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク」 を参照してください。
5
ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のポリシーを有効にしてくだ
さい。
p.232 の 「外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポ
リシーの有効化」 を参照してください。
6
Common Internet File System (CIFS) を設定します。
p.235 の 「Common Internet File System (CIFS) の設定」 を参照してください。
仮定
この付録の手順は OpenLDAP と Active Directory サービスの理解を前提としていま
す。これらの手順はまた、サイトのディレクトリサービスの管理者がディレクトリサービスが
どのように設定されているかについての情報を与えることができることを想定します。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
ユーザーアカウント
次の情報は外部認証が有効な場合にユーザーアカウントに関係します。
■
Web UI の[Edit LDAP Server Configuration]の画面は[Enable LDAP
Authentication]というラベル付きのチェックボックスを含んでいます。このフィールド
が選択されると、PureDisk は外部ディレクトリサービスによって認証します。このチェッ
クボックスのチェックがはずされると、PureDisk は内部 OpenLDAP ディレクトリサー
ビスによって認証します。これらのディレクトリサービスをマージできません。
PureDisk は内部ディレクトリサービスか外部ディレクトリサービスのいずれかを使うこ
とができますが、両方を同時に使うことができません。PureDisk が内部ディレクトリ
サービスによって認証するように設定される場合、ローカルユーザーアカウントのみが
有効です。ただし、外部ディレクトリサービスを使うように PureDisk が設定される場
合、その外部ディレクトリサービスのアカウントのみが有効です。
■
外部サービスが停止すれば、PureDisk の内部 OpenLDAP サービスから認証できま
す。たとえば、外部ディレクトリサービスは停止することがあります。外部ディレクトリサー
ビスを同期することを試みれば、[system policy for syncing external ldap users]
を実行するジョブは失敗します。
■
PureDisk ユーザーとグループを追加する場合はディレクトリサービスにそれらを追加
し、PureDisk にインポートしてください。外部ディレクトリサービスによる認証が有効
な場合、ユーザーそしてグループを PureDisk で直接作成できません。
外部ディレクトリサービスからユーザーとグループをインポートした後、それらのユー
ザーとグループに PureDisk の権限を認可する必要があります。
■
外部ディレクトリサービスから root のログインのプロパティを持つユーザーをインポー
トできません。PureDisk と外部ディレクトリサービス両方のための root ユーザーは常
に存在し、一意です。デフォルトで、PureDisk の root ユーザーの権限と特権は常に
同じです。それらは認証が PureDisk の内部ディレクトリサービスによるか、または外
部ディレクトリサービスによるかどうかに関係なく変わりません。
ディレクトリサービスの情報の入手
サイトのディレクトリサービスの管理者は、外部ユーザー認証を実行するように PureDisk
を設定するために必要な情報を集めるのを支援することができます。この管理者は、サイ
トの既存の認証設定の分析も支援します。
次の手順はサイトのディレクトリサービスの管理者から入手する必要がある情報を説明し
ます。
211
212
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
サイトのディレクトリサービスについての情報を入手するには
1
サイトの外部ディレクトリサービスの管理者から概要を入手してください。
次の表は入手する必要がある情報の概略を示します。必要条件についてのメモを
取るために表の右の列を使うことができます。
必要な項目
サイト固有の値
ディレクトリサービスのホストの完全修飾ドメイ
ン名 (FQDN) (優先)、ホスト名、または IP アド
レス。
ディレクトリサービスをホストするサーバーに
対するポート番号
ldapsearch(1) コマンドと PureDisk がリス
トを入手するために必要とするパラメータ。
認証局ファイルのコピー。
ディレクトリサービスの管理者はストレージプー
ル認可にこのファイルの複製を置くことを必要
とします。
認証局ファイルの共通名。
2
(該当する場合) サイトの外部ディレクトリサービスの管理者から TLS の情報を入手
してください。
サイトが TLS を必要としたらこのステップを実行してください。
サイトに Active Directory サービスがあれば、受信する証明書ファイルを PEM の
形式に変換する必要があります。この処理の後述の手順は、変換をいつどのように
実行するかを説明します。
3
ディレクトリサービスのリストを確認してください。
各 OpenLDAP または Active Directory サービスは一意です。ディレクトリサービス
自身、それらの構造とスキーマはサイト固有であり、それらの目的に特有です。従っ
て、ディレクトリサービスのオブジェクトのクラスそして属性を確認し、PureDisk の設
定情報の画面にマップする必要があります。
次の例はディレクトリサービスのリストを示します:
■
p.213 の 「Active Directory サービスの例」 を参照してください。
■
p.216 の 「OpenLDAP ディレクトリサービスの例」 を参照してください。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
4
ディレクトリのリストを保存してください。
後の設定の処理でこのリストを使う必要があります。
5
次のトピックの 1 つに進んでください:
■
現時点でディレクトリサービスに PureDisk ユーザーのグループを追加する場合
は次のトピックに進んでください:
p.220 の 「(省略可能) PureDisk グループのディレクトリサービスへの追加」 を参
照してください。
■
TLS がサイトで必要になったら、次のトピックに進んでください:
p.221 の 「(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー」 を参照してください。
■
その他の場合は次のトピックに進んでください:
p.224 の 「外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク」 を参照してください。
Active Directory サービスの例
表 C-1 は Active Directory サービス例の構造を示します。
表 C-1
Active Directory サービス構造
ドメインコントローラ ドメインコントローラ 組織単位
共通名
dc=com
dc=acme
ou=users
cn=Alice Munro
cn=Bob Cratchit
cn=Claire Clairmont
cn=Dave Bowman
ou=groups
cn=chicago
cn=atlanta
このディレクトリサービスには users と groups の 2 個の組織単位があります。
このディレクトリサービスのリストを入手するために ldapsearch(1) コマンドを使うことがで
きます。ユーザーとグループのリストを入手するコマンドは次の通りです:
213
214
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
# ldapsearch -H ldap://100.100.100.101:389 -x ¥
-D "cn=Alice Munro,ou=users,dc=acme,dc=com" -W ¥
-b dc=acme,dc=com "(objectClass=*)" > /tmp/example.txt
より多くのディレクトリエントリが同じディレクトリのサブツリーにあれば、前述の例のような
コマンドはユーザーとグループより多くについての情報を戻します。コマンドはファイル
example.txt に出力を書き込みます。次のサンプルファイルでは、太字の文字は後の
設定の処理で必要な、このファイルの定義を表します:
# extended LDIF
#
# LDAPv3
# base <dc=acme,dc=com> with scope subtree
# base search path
# filter:(objectClass=*)
# requesting:ALL
#
# Alice Munro, users, acme.com
dn:CN=Alice Munro,OU=users,DC=acme,DC=com
objectClass:top
objectClass:person
objectClass:organizationalPerson
objectClass:user
# youruserclass
objectClass:inetOrgPerson
cn:Alice Munro
# yournameattrib
sn:Munro
description:Alice's Description
# yourdescriptionattrib
givenName:Alice
distinguishedName:CN=Alice Munro,OU=users,DC=acme,DC=com
displayName:Alice
memberOf:CN=chicago,OU=groups,DC=acme,DC=com
uSNChanged: 21751
name:Alice Munro
sAMAccountName:alice.munro
# yourloginattrib
userPrincipalName:[email protected]
mail:[email protected]
# Bob Cratchit, users, acme.com
dn:CN=Bob Cratchit,OU=users,DC=acme,DC=com
objectClass:top
objectClass:person
objectClass:organizationalPerson
objectClass:user
# yourmailattrib
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
objectClass:inetOrgPerson
cn:Bob Cratchit
sn:Cratchit
description:Bob's Description
givenName:Bob
distinguishedName:CN=Bob Cratchit,OU=users,DC=acme,DC=com
displayName:Bob Cratchit
memberOf:CN=chicago,OU=groups,DC=acme,DC=com
name:Bob Cratchit
sAMAccountName:bob.cratchit
userPrincipalName:[email protected]
mail:[email protected]
# Claire Clairmont, users, acme.com
dn:CN=Claire Clairmont,OU=users,DC=acme,DC=com
objectClass:top
objectClass:person
objectClass:organizationalPerson
objectClass:user
objectClass:inetOrgPerson
cn:Claire Clairmont
sn:Clairmont
description:Claire's Description
givenName:Claire
distinguishedName:CN=Claire Clairmont,OU=users,DC=acme,DC=com
displayName:Claire Clairmont
memberOf:CN=atlanta,OU=groups,DC=acme,DC=com
name:Claire Clairmont
sAMAccountName:claire.clairmont
userPrincipalName:[email protected]
mail:[email protected]
# Dave Bowman, users, acme.com
dn:CN=Dave Bowman,OU=users,DC=acme,DC=com
objectClass:top
objectClass:person
objectClass:organizationalPerson
objectClass:user
objectClass:inetOrgPerson
cn:Dave Bowman
sn:Bowman
description:Dave's Description
givenName:Dave
215
216
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
distinguishedName:CN=Dave Bowman,OU=users,DC=acme,DC=com
displayName:Dave Bowman
memberOf:CN=atlanta,OU=groups,DC=acme,DC=com
name:Dave Bowman
sAMAccountName:dave.bowman
userPrincipalName:[email protected]
mail:[email protected]
# chicago, groups, acme.com
dn:CN=chicago,OU=groups,DC=acme,DC=com
objectClass:top
objectClass:group
# yourusergroupclass
sAMAccountName:chicago
# yournameattrib
member:CN=Bob Cratchit,OU=users,DC=acme,DC=com
# yourmemberattrib
member:CN=Alice Munro,OU=users,DC=acme,DC=com
distinguishedName:CN=chicago,OU=groups,DC=acme,DC=com
name:chicago
sAMAccountName:chicago
# atlanta, groups, acme.com
dn:CN=atlanta,OU=groups,DC=acme,DC=com
objectClass:top
objectClass:group
sAMAccountName:atlanta
member:CN=Dave Bowman,OU=users,DC=acme,DC=com
member:CN=Claire Clairmont,OU=users,DC=acme,DC=com
distinguishedName:CN=atlanta,OU=groups,DC=acme,DC=com
name:atlanta
sAMAccountName:atlanta
# search result
search: 7
result:0 Success
# numResponses: 7
# numEntries: 6
OpenLDAP ディレクトリサービスの例
表 C-2 は OpenLDAP ディレクトリサービス例の構造を示します。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
表 C-2
OpenLDAP ディレクトリサービスの構造
ドメインコントローラ ドメインコントローラ 組織単位
共通名
dc=com
dc=marlins
ou=commuters
cn=Florence
Leeds
cn=Mary Evans
cn=Diana Goyer
cn=Adam Smith
cn=Eric Meyer
cn=Joe McKinley
ou=groups
cn=bikers
cn=drivers
このディレクトリサービスには commuters と groups の 2 個の組織単位があります。
このディレクトリサービスのリストを入手するために ldapsearch(1) コマンドを使うことがで
きます。ユーザーとグループのリストを入手するコマンドは次の通りです:
# ldapsearch -H ldap://100.100.100.100:389/ -x ¥
-D "cn=Diana Goyer,ou=commuters,dc=marlins,dc=com" -W ¥
-b "dc=marlins,dc=com" "(objectClass=*)">/tmp/example.txt
この例はファイル example.txt に出力を書き込みます。次の例では、太字の文字は後
の設定の処理で必要な定義を表します。外部ディレクトリサービスの認証の設定手順は
このリストの例を使います。ファイル example.txt は次の通りです:
# extended LDIF
#
# LDAPv3
# base <dc=marlins,dc=com> with scope subtree
# filter:(objectClass=*)
# requesting:ALL
#
# base search path
217
218
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
# marlins.com
dn:dc=marlins,dc=com
dc:marlins
objectClass:domain
# commuters, marlins.com
dn:ou=commuters,dc=marlins,dc=com
ou:commuters
objectClass:organizationalUnit
# groups, marlins.com
dn:ou=groups,dc=marlins,dc=com
ou:groups
objectClass:organizationalUnit
# Florence Leeds, commuters, marlins.com
dn:cn=Florence Leeds,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
mail:[email protected]
# yourmailattrib
uid:fleeds
# yourloginattrib
objectClass:inetOrgPerson
# youruserclass
sn:Leeds
cn: Florence Leeds
userPassword::cGFzc3dvcmQ=
# Mary Evans, commuters, marlins.com
dn:cn=Mary Evans,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
mail:[email protected]
uid:mevans
objectClass:inetOrgPerson
sn:Evans
cn:Mary Evans
userPassword::cGFzc3dvcmQ=
# Diana Goyer, commuters, marlins.com
dn:cn=Diana Goyer,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
mail:[email protected]
uid:dgoyer
objectClass:inetOrgPerson
sn:Goyer
cn:Diana Goyer
userPassword::cGFzc3dvcmQ=
# yournameattrib
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの情報の入手
# Adam Smith, commuters, marlins.com
dn:cn=Adam Smith,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
mail:[email protected]
uid:asmith
objectClass:inetOrgPerson
sn:Smith
cn:Adam Smith
userPassword::cGFzc3dvcmQ=
# Eric Meyer, commuters, marlins.com
dn:cn=Eric Meyer,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
mail:[email protected]
uid:emeyer
objectClass:inetOrgPerson
sn:Meyer
cn:Eric Meyer
userPassword::cGFzc3dvcmQ=
# Joe McKinley, commuters, marlins.com
dn:cn=Joe McKinley,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
mail:[email protected]
uid:jmckinley
objectClass:inetOrgPerson
sn:McKinley
cn:Joe McKinley
userPassword::cGFzc3dvcmQ=
# bikers, groups, marlins.com
dn:cn=bikers,ou=groups,dc=marlins,dc=com
objectClass:groupOfNames
cn: bikers
member:cn=Florence Leeds,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
member:cn=Mary Evans,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
member:cn=Diana Goyer,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
# drivers, groups, marlins.com
dn:cn=drivers,ou=groups,dc=marlins,dc=com
objectClass:groupOfNames
cn:drivers
member:cn=Adam Smith,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
member:cn=Eric Meyer,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
member:cn=Joe McKinley,ou=commuters,dc=marlins,dc=com
# yourusergroupclass
# yournameattrib
# yourmemberattrib
219
220
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
(省略可能) PureDisk グループのディレクトリサービスへの追加
# search result
search: 2
result:0 Success
# numResponses: 12
# numEntries: 11
(省略可能) PureDisk グループのディレクトリサービスへ
の追加
この時点で PureDisk ユーザーのグループを作成する場合はこの手順を実行してくださ
い。今か、または外部ディレクトリサービスの認証の設定を完了した後でこの手順を実行
できます。この手順では、PureDisk 操作に固有のグループとユーザーを作成します。
ディレクトリサービスで定義されるユーザーグループの一部または全員を認証するように
PureDisk を設定できます。ディレクトリサービスのユーザーまたはグループ情報を追加、
削除、または変更した後、PureDisk のシステムポリシーを実行してください。このポリシー
は PureDisk の内部ディレクトリサービスと外部ディレクトリサービスのユーザーを同期し
ます。初期設定の後で同期ポリシーをいつでも実行できます。PureDisk に固有のユー
ザーとグループを今設定すれば、設定を完了した直後に Web UI でそれらを参照できま
す。
PureDisk ユーザーとグループを作成するには
1
ディレクトリサービスを編集して、次の標準的な PureDisk ユーザーのグループの 1
つ以上を追加してください:
■
Administrators。完全な管理者権限のユーザー。
■
Users。データのバックアップを作成し、リストアできるユーザー。
■
Reporters。レポートを実行できるユーザー。
■
Installers。クライアントシステムに PureDisk エージェントをインストールできる
ユーザー。
■
Backup operators。1 つのストレージプールにファイルのバックアップを作成で
きるが、リストアまたは削除できないユーザー。
次のマニュアルはユーザーとユーザーグループに認可できる異なる種類の権限に
ついての情報を含んでいます:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
2
次のトピックの 1 つに進んでください:
■
TLS がサイトで必要になったら、次のトピックに進んでください:
p.221 の 「(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー」 を参照してください。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー
■
その他の場合は次のトピックに進んでください:
p.224 の 「外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク」 を参照してください。
(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー
ユーザー認証の処理の間に TLS を使うことができますが PureDisk は TLS を必要としま
せん。TLS が必要である場合は、次の手順を実行してください。ディレクトリサービスには
ストレージプール認可に対する認証が必要です。PureDisk は Active Directory サー
バーとストレージプール認可が互いに認証する必要がある状況の相互認証をサポートし
ません。
TLS を確認して CA 証明書をコピーするには
1
サーバー名を確認します。
p.221 の 「サーバー名の確認」 を参照してください。
2
ストレージプール認可に証明書を書き込みます。
p.222 の 「ストレージプール認可への証明書の書き込み」 を参照してください。
3
次のトピックに進みます。
p.224 の 「外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク」 を参照してください。
サーバー名の確認
次の手順は TLS の証明書のサーバー名を確認する方法を説明します。TLS を使う場合
は、[LDAP Server Host Name]を入力する必要があるときに共通名を指定します。解決
できない共通名はサーバー証明書のエラーの最も一般的な原因です。
証明書のサーバー名を確認するには
1
ディレクトリサービスの管理者から証明書の共通名を入手します。
2
ストレージプール認可ノード (クラスタ化されていない場合) またはストレージプール
認可のサービス (クラスタ化されている場合) に root としてログインします。
3
証明書の共通名に対して ping(8) コマンドの発行によって共通名を確認します。
例:
# ping mn.north.stars
PING mn.north.stars (100.100.100.101) 56(84) bytes of data.
64 bytes from mn.north.stars (100.100.100.101):icmp_seq=1 ttl=64 time=4.71 ms
64 bytes from mn.north.stars (100.100.100.101):icmp_seq=2 ttl=64 time=0.353 ms
221
222
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー
4
(該当する場合) /etc/hosts ファイルを編集してください。
前のステップの ping(8) コマンドが正常に完了しなかったときのみこのステップを実
行します。
/etc/hosts のファイルの最後に次の形式の行を追加します。
ip_addr_of_external_directory_services
common_name
たとえば、ディレクトリサービスの証明書の共通名が mn.north.stars なら、行は次
のようになります。
100.100.100.101 mn.north.stars
5
次に進みます。
p.222 の 「ストレージプール認可への証明書の書き込み」 を参照してください。
ストレージプール認可への証明書の書き込み
次の手順は証明書をストレージプール認可ノードに書き込み、サーバー側の認証を確認
する方法を説明します。
ストレージプール認可に証明書を書き込むには
1
ストレージプール認可ノード (クラスタ化されていない場合) またはストレージプール
認可のサービス (クラスタ化されている場合) に root としてログインします。
2
ストレージプール認可の適切なディレクトリに次の証明書ファイルの 1 つをコピーし
ます。
■
OpenLDAP サーバーの cacert.pem ファイル。cacert.pem は OpenLDAP
サーバーによって生成されたときのこのファイルのデフォルト名です。このファイ
ル名はサイトで異なることがあります。
■
Active Directory サーバーの生成された証明書。
証明書ファイルのための適切なディレクトリは次の通りです。
■
クラスタ化されていないストレージプールでは、シマンテック社は証明書ファイル
を /var/ldap/certstore/ のディレクトリに書き込むことを推奨しますが、あら
ゆるディレクトリにこのファイルを書き込むことができます。
■
クラスタ化されたストレージプールでは、シマンテック社はストレージプール認可
にログインし、/Storage/var/keys に証明書ファイルを書き込むことを推奨しま
す。/Storage に証明書ファイルを書き込む場合、フェールオーバーが起きると
証明書がストレージプール認可とともに移動することを確認します。
ファイルをコピーするには、任意のファイル転送プログラムを使うことができます。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー
3
(該当する場合) Active Directory の証明書を PEM の形式に変換するために
openssl(1) コマンドと x509(1) ユーティリティを使ってください。
Active Directory サービスが証明書を生成したときのみこのステップを実行してくだ
さい。OpenLDAP ディレクトリサービスが証明書を生成したらこのステップを実行す
る必要がありません。
openssl(1) コマンドと x509(1) ユーティリティによって、ファイルと OpenSSL との互
換性が得られます。
次のコマンドを入力してください:
# /usr/bin/openssl x509 -inform DER -outform PEM -in file.cer -out file.pem
このコマンドの変数は次の通りです:
4
file.cer
Active Directory の証明書を含んでいるファイルの名前。このファ
イル名は .cer で終了します。サイトのディレクトリサービスの管理
者からこのファイルを入手してください。
file.pem
OpenSSL と互換性のある形式の証明書の名前。このファイルは
.pem で終了します。
ポートの接続をテストし、SSL 証明書が正しく動作することを確認する openssl(1)
コマンドと s_client(1) プログラムを使ってください。
次のコマンドを入力してください:
# /usr/bin/openssl s_client -connect FQDN:port -showcerts -state -CAfile cert_loc
このコマンドの変数は次の通りです:
FQDN: port
ディレクトリサービスサーバーの FQDN と、証明書をインポートする
ポート。この変数は FQDN:port の形式をとります。 次の値を指定し
ます。
FQDN には、ディレクトリサービスサーバーの FQDN を指定してく
ださい。
■ port には、ディレクトリサービスサーバーが入力通信のために使
うポートを指定してください。デフォルトでは、値は 636 です。
■
たとえば blink.acme.com:636。
cert_loc
証明書ファイルへの絶対パスを指定してください。このファイルはス
テップ 2 でコピーしたものです。
例:/var/ldap/certstore/mycertfile.pem。
223
224
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
5
ストレージプール認可とディレクトリサービスサーバー間の接続をテストする
ldapsearch(1) コマンドを使ってください。
接続は認証のアクティビティの継続を可能にするために開いている必要があります。
次の通りコマンドを入力してください:
このコマンドは次の形式です:
# /usr/bin/ldapsearch -H ldaps://ds_serv:port -x -D "uid" -W -b base "(filter)"
例:
# /usr/bin/ldapsearch -H ldaps://100.100.100.101:636 -x ¥
-D "cn=Alice Munro,ou=users,dc=acme,dc=com" -W ¥
-b ou=groups,dc=acme,dc=com "(objectClass=group)"
コマンドの変数は次の通りです:
ds_serv
ディレクトリサービスサーバーの FQDN、ホスト名、または IP アドレ
ス。シマンテック社は FQDN を指定することを推奨します。
port
PureDisk が TLS 通信のために使うポート。このポートは外部
OpenLDAP サーバーが ldaps を実行するポートです。デフォル
トでは、値は 636 です。
uid
バインドするべきテストユーザーの識別名。
base
基礎検索パス。
filter
オブジェクトのクラス名。コマンドはテストとしてこのオブジェクトの
クラス名を検索します。
接続が開いているなら、ディレクトリサービスサーバー情報のリストを表示します。コ
マンドが失敗するか、またはメッセージを生成したら、進む前に接続の問題を修正し
てください。
6
次のトピックに進みます。
p.224 の 「外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク」 を参照してください。
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
PureDisk と外部 Active Directory または OpenLDAP ディレクトリサービスをリンクする
ために次の手順を使ってください。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
外部ディレクトリサービスに PureDisk をリンクするには
1
PureDisk の Web UI で通信を設定します。
p.225 の 「通信の設定」 を参照してください。
2
ユーザーグループを管理します。
p.231 の 「ユーザーグループの管理」 を参照してください。
通信の設定
次の手順は PureDisk Web UI の通信を設定する方法を説明します。
PureDisk の Web UI で通信を設定するには
1
ストレージプール認可の開始画面を表示してください。
ブラウザウィンドウを開き、次の URL を入力してください:
https://URL
URL には、ストレージプール認可への URL を指定してください。たとえば、オール
インワン環境では、この値はすべての PureDisk ソフトウェアをインストールした
PureDisk ノードの URL です。たとえば、https://acme.mnbe.com。
次の図は PureDisk がブラウザでどのように見えるかを示します。
2
ログイン画面のプロンプトでユーザー名とパスワードを入力してください。
3
[Configuration]タブをクリックしてください。
4
中央のツリーペインで、[LDAP server]の左側のプラス (+) 記号をクリックしてくださ
い。
5
[External LDAP]を選択してください。
225
226
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
6
左ペインで、[Edit LDAP Server Configuration]をクリックしてください。
7
[Connection]タブを完了してください。
p.226 の 「Connection tab」 を参照してください。
8
[Mapping]タブを完了してください。
p.228 の 「[Mapping]タブ」 を参照してください。
9
ユーザーグループの管理を有効にしてください。
p.231 の 「ユーザーグループの管理」 を参照してください。
Connection tab
次の手順は [Connection]インストールを完了する方法を説明します。
[Connection]タブを完了するには
1
(省略可能)[Enable LDAP Authentication]ボックスをチェックします。
外部の OpenLDAP もしくは Active Directory サービスを有効にする場合はこの手
順に従います。 このボックスにチェックするとデフォルトの OpenLDAP ディレクトリ
サービスを使用するか、次の外部ディレクトリサービスを使用するかを決定します。
2
■
PureDisk の内部 OpenLDAP ディレクトリサービスを使用する場合は、このボッ
クスをオフにします。 デフォルトではこのチェックボックスはオフです。
たとえば、外部サービスが使用不可能なときはこのチェックボックスをオフにしま
す。 このチェックボックスがオフであれば、PureDisk は内部認証のしくみを使用
し、ユーザーは外部ディレクトリサービスが停止状態になっても PureDisk を使
用することが出来ます。
■
OpenLDAP または Active Directory サービスを有効にするためには、このチェッ
クボックスをオンにしてください。
[LDAP Server Host Name]を指定します。
このフィールドの内容は、次の通り TLS を有効にしたかどうかによって異なります:
■
TLS が有効になっている場合は外部 OpenLDAP サーバーの FQDN を指定し
ます。 この FQDN は、外部 OpenLDAP サーバーの証明書を作成した時に指
定した共通名と一致しなければならないことに注意してください。 この情報がま
だなかったら、ディレクトリサービスの管理者からこの名前を入手してください。
■
TLS を有効にしていない場合、外部 OpenLDAP または Active Directory サー
ビスが存在するサーバーの FQDN か IP アドレスを指定してください。
PureDisk 環境でノードとクライアント間のシングルポート通信を有効にするため
には、シマンテック社はこのフィールドに FQDN を使うことを推奨します。 例:
blinkie.acme.com.
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
3
PureDisk と外部 OpenLDAP もしくは Active Directory サービスを接続する[Port]
番号を確認して必要であれば再度指定します。
指定するポート番号は次のように TLS が有効になっているかどうかによって異なりま
す。
4
■
TLS が有効なとき、デフォルトのセキュリティのポートは 636 です。
■
TLS が有効でないとき、デフォルトポートは 389 です。
[※Enable TLS for LDAP Communication※]をチェックするか空白にします。
このチェックボックスをオンにするかどうかで TLS を有効にするかどうかを決定しま
す。 TLS は外部ディレクトリサービスと PureDisk 間のデータトランザクションを暗号
化します。 Check or clear this box, as follows:
5
■
TLS を有効にするためには、このフィールドを選択してください。 デフォルトで
は、このチェックボックスは選択されています。
■
TLS を無効にするためには、このボックスのチェックを解除してください。
(該当する場合) [CA Certificate Location]を指定します。
[※Enable TLS for LDAP Communication※]を選択したらこの手順を実行してく
ださい。
外部ディレクトリサービスサーバーへの接続を確認するために PureDisk が使うこと
ができる認証局を含んでいるファイルへの絶対パスを指定してください。 これは外部
ディレクトリサーバーからストレージプールにコピーされたファイルです。通常このファ
イルは /var/ldap/certstore/ に存在します。 次の手順で設定した場所を指定
してください:
p.221 の 「(省略可能) TLS の確認と CA 証明書のコピー」 を参照してください。
このファイルは PEM の形式でストレージプール認可に存在する必要があります。
6
[User Distinguished Name]を指定します。
外部ディレクトリサービスの管理者アカウントの識別名。 この管理者アカウントにディ
レクトリサービスサーバーの完全な権限がある必要はありません。 PureDisk は検索
の権限のみ必要とします。 この値を入手するためにサイトのディレクトリサービスの
管理者に連絡してください。
7
[Password]で、User Distinguished Name のアカウントに対するパスワードを指
定します。
このパスワードを入手するためにサイトのディレクトリサービスの管理者に連絡してく
ださい。
8
[Service Type]プルダウンメニューで、Active Directory もしくは OpenLDAPを選
択してください。
9
外部サービスの[Base Search Path]を指定してください。
227
228
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
全てのユーザーグループを定義するエントリーを PureDisk が検索するための外部
サービス内のディレクトリを指定します。 このフィールドに識別名を入力してください。
必要とするグループの共通の祖先である最も上位のエントリを指定してください。
PureDisk ユーザーとして認証するユーザーを定義するグループを指定する手順は
この後であることに注意してください。 後の手順は次のとおりです。
p.231 の 「ユーザーグループを管理するには」 を参照してください。
たとえば PureDisk に OpenLDAP の marlins.com のディレクトリサービスからのグ
ループを使ってほしいと想定してください。 すべてのグループを指定するためには、
ldapsearch(1) コマンドの出力を確認し、次のステップを完了してください:
■
[※Base Search path※]のラベルの下のフィールドに次を入力してください:
dc=marlins,dc=com
■
[※Add※]をクリックしてください。
1 つの検索パスのみ指定できます。
多重 Active Directory サーバー階層で Windows 2003 SP1 Active Directory の
環境を有効にしたら、PureDisk は階層のルートのサーバーのみを検索できることに
注意してください。 Active Directory サーバーの匿名バインドを有効にしなかった
ら、PureDisk は照会を試みるときエラーを報告します。
10 次に進みます。
p.228 の 「[Mapping]タブ」 を参照してください。
[Mapping]タブ
次の手順は[Mapping]タブのフィールドを完了する方法を説明します。この手順の例は
次に記述されている examples.txt の値を示します。
p.216 の 「OpenLDAP ディレクトリサービスの例」 を参照してください。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
[Mapping]タブを完了するには
1
[Mapping]タブをクリックしてください。
2
次の手順を完了したときに入手したディレクトリサービスのリストを集めてください:
p.211 の 「ディレクトリサービスの情報の入手」 を参照してください。
まだリストを入手していなかったら、今生成してください。この出力を利用可能にして
ください。[Mapping]タブを完了するためにリストの情報が必要になる場合がありま
す。
たとえば、小さい設定の場合、ldapsearch(1) の出力の複製を入手してください。
大きい設定の場合、次の場所にあるようなディレクトリのブラウザを使うことができま
す:
http://www-unix.mcs.anl.gov/~gawor/ldap/
シマンテック社は特定の LDAP のブラウザを保証または推奨するわけではありませ
ん。
229
230
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
3
[User attributes]の見出しの下のフィールドを完了します。
次の表はこれらのフィールドを完了する方法を説明します。
User object class
外部ディレクトリサービスのユーザーのための
オブジェクトクラスを定義する属性を指定して
ください。
Active Directory の例:user。
OpenLDAP の例:inetOrgPerson。
Login attribute
ユーザーを識別する属性を指定してください。
各ユーザーのためのユーザー ID は一意で
す。
Active Directory の例:sAMAccountName。
OpenLDAP の例:uid。
Name attribute
ユーザーの実名を定義する属性を指定してく
ださい。この値はユーザーのログイン ID で
す。
Active Directory の例:cn。
OpenLDAP の例:cn。
Description attribute
(省略可能) 説明のフィールドのための属性を
指定してください。一部のディレクトリサービス
はこの属性はありません。
Active Directory の例:description。
OpenLDAP の例:description。
Email address attribute
(省略可能) ユーザーの電子メールアドレスを
記述する属性を指定してください。
Active Directory の例:mail。
OpenLDAP の例:mail。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスへの PureDisk のリンク
4
[Group attributes]の見出しの下のフィールドを完了します。
次の表はこれらのフィールドを完了する方法を説明します。
Group object class
外部ディレクトリサービスのグループのための
オブジェクトクラスを定義する属性を指定して
ください。
Active Directory の例:group。
OpenLDAP の例:groupOfNames。
Membership attribute
グループの各メンバーを定義する属性を指定
してください。
Active Directory の例:member。
OpenLDAP の例:member。
Name attribute
ユーザーグループを定義する属性を指定し
てください。
Active Directory の例:sAMAccountName。
OpenLDAP の例:cn。
5
[Save]をクリックしてください。
6
(該当する場合) ストレージプール認可で、/etc/hosts ファイルを編集し、ストレー
ジプール認可サービスが証明書の名前の使用によってディレクトリサーバーを解決
することを可能にする行を追加してください。
TLS を有効にしたらこのステップを実行してください。
たとえば証明書ファイルの共通名が blinkie.acme.com であることを想定してくださ
い。この文字列はディレクトリが存在するサーバーの FQDN でないことに注意してく
ださい。次のエントリを追加してください:
100.100.100.101 blinkie.acme.com
7
次に進みます。
p.231 の 「ユーザーグループの管理」 を参照してください。
ユーザーグループの管理
次の手順はユーザーグループを管理する方法を説明します。
ユーザーグループを管理するには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[LDAP server]の左側のプラス (+) 記号をクリックしてください。
231
232
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポリシーの有効化
3
[External LDAP]を選択してください。
4
左ペインで、[Manage User Groups]をクリックしてください。
5
[Manage User Groups]の画面を完了してください。
この画面で、次のステップを完了してください:
■
[Manage User Groups]のラベルの下のフィールドで、このフィールドにユー
ザーグループの識別名を入力してください。例:
CN=atlanta,OU=groups,DC=acme,DC=com または
cn=bikers,ou=groups,dc=marlins,dc=com。
■
[Select]をクリックしてください。
■
PureDisk が認証する必要のあるすべてのユーザーグループの識別名を追加
するために、前述のステップを繰り返してください。
■
[Save]をクリックしてください。
[Save]をクリックした時に外部ディレクトリサービスが停止していれば、PureDisk
は次のメッセージを生成します:
Error: Invalid Search Path
6
次に進みます。
p.232 の 「外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポ
リシーの有効化」 を参照してください。
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する
PureDisk のシステムポリシーの有効化
PureDisk はバックアップ、データ削除と他の多くの目的のために複数の異なるポリシー
を作成することを可能にします。ただし、その他のタスクのためには、1 つの汎用のポリ
シーのみを必要とします。PureDisk はこれらの汎用のタスクのための複数のシステムポ
リシーを含んでいます。ほとんどの場合 PureDisk がポリシーを実行できる前に、システ
ムポリシーを有効にする必要があります。このトピックの手順はディレクトリサービスを同期
できるシステムポリシーを有効にする方法を記述します。この同期によって、PureDisk は
外部ディレクトリサービスに追加されるグループとユーザーを確実に認識します。
同期の間、PureDisk はユーザーパスワードを同期しません。パスワードは外部ディレク
トリサービスファイルにのみ存在します。
PureDisk の Web UI は空のパスワードを受け入れません。外部ディレクトリサービスに
よって認証するすべてのユーザーに空白以外のパスワードがあることを確かめます。空
のパスワードのユーザーは PureDisk の Web UI にログインできません。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポリシーの有効化
同期のためのシステムポリシーを有効にするには
1
[Workflows]タブをクリックしてください。
2
[Miscellaneous Workflows]の下で、[External LDAP server synchronization]
の隣にあるプラス記号 (+) をクリックしてください。
3
[system policy for syncing external ldap users]を選択してください。
4
左ペインで、[Edit policy]をクリックしてください。
メモ: [Edit policy]ダイアログボックスには、各タブに[Save]オプションがあります。
各タブのフィールドを完了するまで[Save]をクリックしないでください。各タブを完了
する前に[Save]をクリックすれば、その時点までに行った指定を保存し、ダイアログ
ボックスを閉じます。より多くのフィールドを完了するためには、ダイアログボックスを
再び編集モードで開いてください。
5
[General]タブを完了してください。
p.233 の 「[General]タブの入力」 を参照してください。
6
[Scheduling]タブを完了してください。
p.234 の 「[Scheduling]タブの入力」 を参照してください。
[General]タブの入力
このタブはこのポリシーの一般特性を指定します。
[General]タブを完了するには
1
(省略可能) [Name]フィールドにこのポリシーの新しい名前を入力してください。
このポリシーの名前を変更する必要はありません。デフォルト名は[System policy
for Syncing external LDAP users]です。
2
[Enabled]か[Disabled]を選択してください。
この設定は、[Scheduling]タブで指定するスケジュールに従って PureDisk がポリ
シーを実行するかどうか制御することを可能にします。
■
[Enabled]を選択すれば、PureDisk はスケジュールに従ってポリシーを実行し
ます。
■
[Disabled]を選択すれば、PureDisk はスケジュールに従ってポリシーを実行し
ません。[Disabled]はデフォルトです。
たとえば、システム保守の期間にこのポリシーを実行することを止めたいことがあ
ります。[Disabled]を選択すれば、このポリシーを中断し、次に再び有効にする
ために[Scheduling]タブで情報を入力する必要はありません。
233
234
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポリシーの有効化
3
昇格処理を指定してください。
PureDisk はレプリケーションが指定の時間内に完了しなければ通知できます。たと
えばレプリケートポリシーワークフローが 1 時間で完了しなければ、個人に電子メー
ルメッセージを送るように PureDisk を設定できます。
経過時間を指定するために、[Escalate warning after]または[Escalate error and
terminate after]のドロップダウンリストの時間を選択してください。警告のタイムア
ウト前にポリシーワークフローが完了しなければ、PureDisk は警告のイベントを生成
します。エラーのタイムアウト前にポリシーワークフローが完了しなければ、PureDisk
はエラーイベントを生成します。
どちらかのオプションを選択すれば、ポリシーとイベントの昇格処理を作成する必要
があります。これらの昇格処理は電子メールメッセージを定義し、受信者を定義し、
そしてポリシーと昇格処理を関連付けします。
ポリシーとイベントの昇格について詳しくは、次のマニュアルを参照してください:
『Veritas NetBackup PureDisk バックアップ操作ガイド』を参照してください。
4
次に進みます。
p.234 の 「[Scheduling]タブの入力」 を参照してください。
[Scheduling]タブの入力
このタブで、いつポリシーが動作するか指定するためにドロップダウンリストとチェックボッ
クスを使ってください。
スケジュールを指定するには
1
システムデフォルトを受け入れるか、またはポリシーがいつ動作するか指定するため
にドロップダウンリストを使ってください。
2
[Save]をクリックしてください。
3
次に進みます。
p.235 の 「Common Internet File System (CIFS) の設定」 を参照してください。
同期の前後の Web UI のビューの例
同期ポリシーを実行する前に Web UI の次のタスクを実行したと想定してください:
■
[Configuration]タブをクリックしました。
■
[User management]を展開しました。
■
[Users]を展開しました。
図 C-1 は同期の前の Web UI を示します。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
Common Internet File System (CIFS) の設定
図 C-1
同期の前の Web UI のビュー
同期ポリシーを実行した後、[Groups]を展開し、PureDisk が外部ディレクトリサービス
に存在するグループとユーザーをどのようにインポートしたか参照できます。
図 C-2 は同期の後の Web UI を示します。
図 C-2
同期の後の Web UI のビュー
Common Internet File System (CIFS) の設定
外部ディレクトリサービスの認証の設定の最後のステップは CIFS を有効にすることです。
CIFS インターフェースは省略可能な PureDisk サービスです。CIFS インターフェースと
外部ディレクトリサービスの認証処理を両方使いたい場合、CIFS を手動で設定する必要
があります。CIFS ゲートウェイは次の状況で終了します。
■
PureDisk のサービスを再ブートするか、または再起動する前に CIFS の設定に失敗
した場合。
■
クラスタ化されたストレージプールでのフェールオーバーの後。フェールオーバーの
後、次の手順を再び実行します。ディレクトリサービスのユーザーはフェールオーバー
235
236
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期するPureDisk のシステムポリシーの有効化
の後ストレージプールに接続できますが、CIFS はディレクトリサービスに接続されま
せん。
外部ディレクトリサービスの認証と連携して働くように CIFS を設定するには
◆
次のマニュアルの、インターフェースを共有する PureDisk ファイルシステムに関す
るトピックの設定手順を実行してください:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する
PureDisk のシステムポリシーの有効化
時間がたつにつれて外部ディレクトリサービスのユーザーかグループを変更する場合が
あります。ユーザーやグループを変更すると、PureDisk と外部ディレクトリサービスを同
期するシステムポリシーを実行する必要があります。このポリシーの詳細について、次を
参照してください:
p.232 の 「外部ディレクトリサービスと PureDisk を同期する PureDisk のシステムポリシー
の有効化」 を参照してください。
次のトピックは、場合によっては行う必要がある、認証の設定に対する他の変更を記述し
ます。:
p.236 の 「ユーザーかグループの追加、変更、削除」 を参照してください。
p.237 の 「ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの youruserclass、yourloginattrib、
yournameattrib 変数の変更」 を参照してください。
ユーザーかグループの追加、変更、削除
外部ディレクトリサービスのユーザーそしてグループを追加、変更、または削除する必要
があったら、ディレクトリサービスが提供する手順を使ってください。ただし、変更した後、
PureDisk の Web UI で適切なグループの情報を確実に編集してください。それから外
部ディレクトリサービスのユーザーを同期するためのシステムポリシーを実行してください。
たとえば Active Directory サービスからユーザーグループを削除し、そのグループの識
別名を削除し損うことを想定してください。PureDisk は同期ジョブのためのジョブログファ
イルに次のようなメッセージを生成することがあります:
Start to load group cn=redfox,cn=users,dc=gerardtest,dc=local from
EXTERNAL LDAP
*** Error Message ***
0
severity: 6
server: 1000000
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの youruserclass、yourloginattrib、yournameattrib 変数の変更
source:SPA-CLI_Component
description:
[2]ldap_read():Search:No such object
*** End ***
ユーザーグループを追加または削除するためにこの同じ手順を使うことができます。手順
は次の通りです:
p.231 の 「ユーザーグループの管理」 を参照してください。
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの
youruserclass、yourloginattrib、yournameattrib 変数
の変更
ディレクトリサービスで youruserclass、yourloginattrib、または yournameattrib
変数を変更した場合は、PureDisk の /etc/puredisk/ldap.xml ファイルを更新する
必要があります。
youruserclass、yourloginattrib、または yournameattrib の変数を変更するには
1
ディレクトリサービスのソースファイルのオブジェクトのクラス名を変更するためにディ
レクトリサービスの方式を使ってください。
2
root としてストレージプール認可ノードにログインしてください。
3
ディレクトリサービスに行なった変更を反映するためにファイル
/etc/puredisk/ldap.xml を編集してください。
4
PureDisk の Web UI にログインします。
5
[Workflows]タブをクリックしてください。
6
[Miscellaneous Workflows]の下で、[External LDAP server synchronization]
の隣にあるプラス記号 (+) をクリックしてください。
7
[system policy for syncing external ldap users]を選択してください。
8
左ペインで、[Run policy]をクリックしてください。
237
238
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの yourdescriptionattrib 変数または yourmailattrib 変数の変更
ディレクトリサービスの ldap.xml ファイルでの
yourdescriptionattrib 変数または yourmailattrib 変数
の変更
ディレクトリサービスで yourdescriptionattrib 変数または yourmailattrib 変数を
変更した場合は、PureDisk の /etc/puredisk/ldap.xml ファイルを更新する必要が
あります。
yourdescriptionattrib の変数か yourmailattrib の変数を変更するには
1
ディレクトリサービスのソースファイルのオブジェクトのクラス名を変更するためにディ
レクトリサービスの方式を使ってください。
2
root としてストレージプール認可ノードにログインしてください。
3
ディレクトリサービスに行なった変更を反映するためにファイル
/etc/puredisk/ldap.xml を編集してください。
4
PureDisk の Web UI にログインします。
5
[Configuration]タブをクリックしてください。
6
中央ペインで、[LDAP Server]を展開してください。
7
[External LDAP]を選択してください。
8
左ペインで、[Manage User Groups]をクリックしてください。
9
各グループを選択してください。
10 [Remove]をクリックしてください。
11 [Save]をクリックしてください。
12 外部ディレクトリサービスのユーザーを同期するためのシステムポリシーを実行して
ください。
次のステップを完了してください:
■
[Workflows]タブをクリックしてください。
■
[Miscellaneous Workflows]の下で、[External LDAP server
synchronization]の隣にあるプラス記号 (+) をクリックしてください。
■
[system policy for syncing external ldap users]を選択してください。
■
左ペインで、[Run policy]をクリックしてください。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
外部認証の無効化
13 ユーザーグループを再び追加するために次のトピックの手順を使ってください:
p.231 の 「ユーザーグループの管理」 を参照してください。
14 外部ディレクトリサービスのユーザーを再び同期するためのシステムポリシーを実行
してください。
このポリシーを実行する方法の手順はステップ 12 にあります。
外部認証の無効化
外部認証を無効にし PureDisk の内部 OpenLDAP の認証を有効にすることができます。
外部ディレクトリサービスが停止または利用不能になれば認証を変更したいことがありま
す。
メモ: 外部ディレクトリサービスの認証を無効にすれば、PureDisk は TLS も無効にしま
す。外部ディレクトリサービスの認証を再び有効にしたら、必ず、そのときに TLS を再び
有効にしてください。
認証方式を変更するには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[LDAP server]の左側のプラス (+) 記号をクリックしてください。
3
[External LDAP]を選択してください。
4
左ペインで、[Edit LDAP Server Configuration]をクリックしてください。
5
[Enable LDAP Authentication]と呼ばれるチェックボックスのチェックをはずしてく
ださい。
このチェックボックスのチェックがはずされると、PureDisk はユーザーを認証するた
めに内部ディレクトリサービスを使います。
6
[Save]をクリックしてください。
7
外部ディレクトリサービスのユーザーを同期するためのシステムポリシーを実行して
ください。
次のステップを完了してください:
■
[Workflows]タブをクリックしてください。
■
[Miscellaneous Workflows]の下で、[External LDAP server
synchronization]の隣にあるプラス記号 (+) をクリックしてください。
■
[system policy for syncing external ldap users]を選択してください。
■
左ペインで、[Run policy]をクリックしてください。
239
240
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
TLS の指定の変更
TLS の指定の変更
初期設定の後でサイトの TLS の指定を有効または無効にすることができます。
TLS の指定を変更するには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[LDAP server]の左側のプラス (+) 記号をクリックしてください。
3
[External LDAP]を選択してください。
4
左ペインで、[Edit LDAP Server Configuration]をクリックしてください。
5
次の通り、指定を変更してください:
■
TLS を有効にするためには、[Enable TLS for LDAP Communication]のフィー
ルドを選択してください。
■
TLS を無効にするためには、[Enable TLS for LDAP Communication]のチェッ
クボックスのチェックをはずしてください。
6
[Save]をクリックしてください。
7
root としてストレージプール認可へログインしてください。
8
pdweb を再起動する次のコマンドを入力してください:
# /etc/init.d/puredisk restart pdweb
基礎検索パスの修正
[Base Search Path]フィールドの情報を修正できます。外部ディレクトリサービスの階層
を変更する場合にこの手順を使うことができます。
基礎検索パスを修正するには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[LDAP server]の左側のプラス (+) 記号をクリックしてください。
3
[External LDAP]を選択してください。
4
左ペインで、[Edit LDAP Server Configuration]をクリックしてください。
5
右下のフィールドで、削除したい検索パスを選択してください。
6
[Remove]をクリックしてください。
7
左下のフィールドに、新しい基礎検索パスを入力してください。
8
[Add]をクリックしてください。
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
基礎検索パスの修正
9
[Save]をクリックしてください。
10 外部ディレクトリサービスのユーザーを同期するためのシステムポリシーを実行して
ください。
次のステップを完了してください:
■
[Workflows]タブをクリックしてください。
■
[Miscellaneous Workflows]の下で、[External LDAP server
synchronization]の隣にあるプラス記号 (+) をクリックしてください。
■
[system policy for syncing external ldap users]を選択してください。
■
左ペインで、[Run policy]をクリックしてください。
241
242
付録 C 外部ディレクトリサービスの認証の設定
基礎検索パスの修正
D
トラブルシューティング
この付録では以下の項目について説明しています。
■
PureDisk のインストールのトラブルシューティングについて
■
PureDisk のオペレーティングシステム (PDOS) のインストールのトラブルシューティン
グ
■
ストレージプールのインストールのトラブルシューティング
■
1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ化されていない場合)
■
1 つの PureDisk ノードでスタ化されている場合)
■
マルチノードの PureDisk ストレージプールの停止と開始
■
クラスタ化されたストレージプールのネットワーク情報カード (NIC) の置換
PureDisk のインストールのトラブルシューティングにつ
いて
この章は PureDisk のインストール処理をトラブルシューティングする方法と、他の管理タ
スクを実行する方法を説明します。
PureDisk のオペレーティングシステム (PDOS) のインス
トールのトラブルシューティング
次のセクションは考えられる PDOS のインストールエラーを記述します。
244
付録 D トラブルシューティング
PureDisk のオペレーティングシステム (PDOS) のインストールのトラブルシューティング
ディスクの誤設定によって引き起こされるエラー
PDOS が検出するディスクのデバイス形式と一致しないディスクの設定の名前を入力す
ることがあります。システムは次のメッセージを表示します:
Error - The device configured in the control file does not exist on this system
このメッセージが表示されたら、Enter キーを押してください。インストールソフトウェアは
開始画面に戻ります。インストールを再び開始する前にディスクのデバイスを調べ、ハー
ドリブートをしてください。
自動化されたインストールの間にこのメッセージが表示されれば、手動インストール方式
を実行する必要があることがあります。
ディスク容量の不足によって引き起こされるエラー
PDOS のインストール処理は十分なディスク容量がないことを検出することがあります。そ
れはまた特定のディレクトリに十分なディスク容量がないことを検出することがあります。シ
ステムは次のメッセージの 1 つを表示します:
Error - Could not set up swap partition /location. [OK]
Partition /Storage needs amount more disk space. Please deselect some packages.
これらのメッセージのどちらかが表示されたら、ハードリブートをし、ディスク容量を再割当
てしてください。
パーティションの以前の Windows のインストールによって引き起こされ
るエラー
以前の Windows のインストールからの Windows のソフトウェアを含んでいるパーティ
ションがあるディスクに PDOS をインストールすることがあります。この場合、インストーラは
PDOS のインストールの[Preparing your Hard Disk]段階の間に次のメッセージを生成
することがあります:
A failure occurred while formatting the partition /dev/disk
メッセージでは、disk は、たとえば sda4 といったパーティション名です。この 状況を解決
するために次の手順を実行してください。
以前の Windows のインストールに起因するインストール問題を解決するには
1
エラーポップアップウィンドウで[OK]をクリックしてください。
YaST のインストーラはインストーラメニューに戻ります。
2
[Start installation or system]を選択してください。
3
[Start Rescue System]を選択してください。
付録 D トラブルシューティング
PureDisk のオペレーティングシステム (PDOS) のインストールのトラブルシューティング
4
ディスクを消去する次のようなコマンドを入力してください:
# dd if=/dev/zero of=/dev/disk_type bs=512 count=4096
disk_typeには、これらのディスクのための定義を入力してください。例:sda、hda、ま
たは別のディスクの種類
5
再ブートします。
6
インストールをもう一度試してください。
CD-ROM デバイスのトラブルシューティング
次のトピックは cdrom デバイスをトラブルシューティングする方法を説明します。
少数のハードウェアプラットフォームでは、cdrom のデバイスの /dev/cdrom はデフォル
トでは利用可能ではありません。デバイスが /dev/cdrom を見つけることができなかった
ら次の手順を実行してください。
CD-ROM デバイスのトラブルシューティング用のコマンド
次の手順は cdrom のデバイスを検出してリンクする方法を示します。
CD-ROM デバイスをトラブルシューティングするには
1
cdrom のデバイス名を判断する次のコマンドを入力します。
# grep "^drive name" /proc/sys/dev/cdrom/info
2
grep(1) コマンドが戻す出力情報を書き留めます。
3
ドライブ名を作成する次のコマンドを入力します。
# ln -s /dev/your_drive_name /dev/cdrom
例1
次の例は 1 つのドライブ名を戻す grep(1) の出力を示します。
# grep "^drive name" /proc/sys/dev/cdrom/info
drive name:hda
# ln -s /dev/hda /dev/cdrom
245
246
付録 D トラブルシューティング
ストレージプールのインストールのトラブルシューティング
例2
次の例は 2 つのドライブ名を戻す grep(1) の出力を示します。この場合、2 つの ln(1) コ
マンドを入力し、両方のドライブ名で試行する必要がある場合があります。ほとんどの場
合、hda を使うと、ソフトウェアのディスクがマウントできます。
# grep "^drive name" /proc/sys/dev/cdrom/info
drive name:sr0
hda
# ln -s /dev/hda /dev/cdrom
停止した VxVM のドライバによって引き起こされるエラー
まれに、VxVM ドライバは PDOS をインストールした後、開始に失敗する場合があります。
これが起こると、VxVM コマンドを実行することを試みるときシステムはエラーメッセージ
を発行します。たとえばストレージのパーティションを作成する VxVM コマンドを使おうと
すると、これを検出することがあります。この問題を解決するには、VxVM ドライバを手動
で再開する次のコマンドを入力します。
# /etc/init.d/boot.vxvm start
ストレージプールのインストールのトラブルシューティン
グ
install_NewStoragePool.sh のスクリプトが失敗したら、インストールを再起動するた
めに install.sh のスクリプトを再び実行してください。install.sh のスクリプトは
topology.ini と topology_nodes.ini ファイルがあるかどうかを判断します。それらが
あれば、install.sh のスクリプトはこれらのファイルを使い続けたいかどうか尋ねます。
既存のトポロジーファイルを再利用することにすれば edit_topology.sh のスクリプトを
再び実行する必要がありません。
1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ
化されていない場合)
個々のサービスかすべてのサービスを停止または開始できます。
個々のサービスを開始または停止するとき注意してください。シマンテック社はサービス
を停止するか、または開始するとき、action を指定し、サービスのリストを指定しないこと
を推奨します。この場合、PureDisk はすべてのサービスの処理を実行し、すべてのサー
ビスは正しい順序で開始し、停止します。
付録 D トラブルシューティング
1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ化されていない場合)
シマンテック社は PureDisk のマニュアルが指示するか、またはシマンテック社のテクニ
カルサポートが指示するときのみ、個々のサービスを開始または停止することを推奨しま
す。
すべてのサービスの停止
すべてのサービスを停止するために次の手順を使ってください。
すべてのサービスを停止するには
◆
すべてのサービスを停止する次のコマンドを入力してください:
# /etc/init.d/puredisk stop
たとえば PureDisk 環境のインストールを中止しなければならないと想定してくださ
い。ソフトウェアを再びインストールすることを試みる前にホストのすべてのサービス
を停止する必要があります。環境を再インストールすることを試みる前に、すべての
サービスを正しく停止する前述のコマンドを入力できます。
すべてのサービスの開始
すべてのサービスを開始するために次の手順を使ってください。
すべてのサービスを開始するために次の手順を使ってください。
◆
すべてのサービスを開始する次のコマンドを入力してください:
# /etc/init.d/puredisk start
再ブートなしでのすべてのサービスの開始
PureDisk ノードを再ブートすれば、システムはノードのすべての PureDisk のサービス
を再起動します。次の手順は PureDisk のサービスを手動で停止し再起動する方法を説
明します。
PureDisk の処理を再起動するには
◆
すべての PureDisk の処理を再起動する次のコマンドを入力してください:
# /etc/init.d/puredisk restart
個々のサービスの停止と開始
次の手順は個々のサービスを停止または開始する方法を説明します。
個々のサービスを停止または開始するには
◆
個々のサービスを停止するか、または開始する次のコマンドを使ってください:
247
248
付録 D トラブルシューティング
1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ化されていない場合)
/etc/init.d/puredisk action [service] [service] ...
引数は次の通りです:
action
サービスで実行されるべき操作を指定します。次のいずれかを指定し
てください:
■
start。指定されたサービスを開始します。
■
stop。指定されたサービスを停止します。
■
restart。指定されたサービスを停止し、それから開始します。シ
ステムはサービスを再起動しますが、再開するサービスをメッセー
ジで列挙しません。
■ reload。指定されたサービスがすでに開始されていなければ、指
定されたサービスのための設定ファイルを再ロードし、開始します。
■ status。指定されたサービスの状態を表示します。
付録 D トラブルシューティング
1 つの PureDisk ノードでスタ化されている場合)
service
省略可能。個々のサービス指定を指定するときは注意してください。
サービスを指定しなければ、コマンドはすべてのサービスに影響しま
す。この構文はこのコマンドを使う好ましい方法です。個々のサービス
を指定する場合は次のリストで表示される順序でそれらを指定してくだ
さい。
複数のサービスを停止する場合は各サービスの間に空白文字を入力
してください。以下の順でそれらを停止してください。
■
pdvfs。PureDisk の CIFS サービス。
■
pdworkflowd。PureDisk のワークフローデーモン。
■
pdcr。PureDisk のコンテンツルーター。
■
pdagent。PureDisk サーバーエージェント。
■
pdctrl。PureDisk のコントローラ。
■
pdweb。PureDisk の Web サーバー。
■
pddb。PureDisk のデータベースサービス。
■
pdmemcached。memcache デーモン。
複数のサービスを開始する場合は各サービスの間に空白文字を入力
してください。以下の順でそれらを開始してください。
■
pdmemcached。memcache デーモン。
■
pddb。PureDisk のデータベースサービス。
■
pdweb。PureDisk の Web サーバー。
■
pdctrl。PureDisk のコントローラ。
■
pdagent。PureDisk サーバーエージェント。
■
pdcr。PureDisk のコンテンツルーター。
■
pdworkflowd。PureDisk のワークフローデーモン。
■
pdvfs。PureDisk の CIFS サービス。
例:
# /etc/init.d/puredisk start pdcr pdagent
1 つの PureDisk ノードでスタ化されている場合)
クラスタ化されたストレージプールの 1 つの PureDisk ノードでの処理を停止または開始
する手順は、クラスタ化されていないストレージプールのノードのための手順に類似して
います。違いはノードの処理が停止する間、ノードをフリーズする必要があることです。つ
まり、1 つ以上の PureDisk のサービスを停止すれば、サービスを再び開始するまでリ
ソースグループ全体がフリーズされている必要があります。
249
250
付録 D トラブルシューティング
マルチノードの PureDisk ストレージプールの停止と開始
たとえばストレージプールの node1 の PureDisk の処理を停止することを想定します。
node1 のサービスは pd_group1 として Cluster Manager Java コンソールに表示され、
そのノードの 1 つ以上のサービスを再開するとします。手順は次の通りです:
ノード 1 の例 (pd_group1 として VCS に認識されるノード) でサービスを停止および開始
するには
1
Cluster Manager Java コンソールで、pd_group1 を右クリックし、[Freeze
Temporary] を選択します。
この処理は、あるサービスの停止を VCS が検出するとき pd_group1 がフェールオー
バーすることを防ぎます。
2
そのノードのサービスを停止するか、または再開するために PureDisk の手順を使
います。
詳しくは、次を参照してください。
p.246 の 「1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ化されていない場
合)」 を参照してください。
3
目で見て Cluster Manager Java コンソールの Web UI を確認し、障害状態がある
かどうかを調べてください。
PureDisk サービスがどのくらい前に停止したかによって、VCS はサービスが停止状
態になっていることを検出することがあります。この場合、リソースは PureDisk の
Web UI に[faulted] として表示されることがあります。このような場合は、次のステッ
プを完了します。
■
そのリソースを右クリックし、[Clear Fault - Auto]を選択します。
■
障害を消去した後、リソースは[Offline] として表示されます。リソースは再び開
始されますが、VCS にリソースを監視するように指定します。再び監視を有効に
するには、リソースを右クリックし、[probe - node1]を選択します。これは node1
の他のサービスが現在オンライン状態であることを想定しています。
4
目で見て表示を確認し、pd_group1 のすべてのリソースが今[Online] の状態と表
示されることを確かめます。
5
リソースグループ (pd_group1) を右クリックし、[Unfreeze] を選択します。
この処理はノードをアンフリーズします。
マルチノードの PureDisk ストレージプールの停止と開
始
このセクションの手順はマルチノードの PureDisk ストレージプールのサービスを停止お
よび開始する方法を説明します。この手順は、クラスタをフリーズしてアンフリーズするス
付録 D トラブルシューティング
マルチノードの PureDisk ストレージプールの停止と開始
テップを除き、クラスタ化されたストレージプールとクラスタ化されていないストレージプー
ルで同じです。
マルチノードの PureDisk 環境のサービスを停止するには
1
( 省略可能) クラスタをフリーズします。
ストレージプールがクラスタ化されている場合は、このステップを実行します。
この処理は VCS がノードにフェールオーバーすることを防ぎます。クラスタをフリー
ズするには、Cluster Manager Java コンソールを使い、すべてのサービスグループ
をフリーズします。
2
ストレージプール認可ノード以外のすべてのノードのサービスを最初に停止してくだ
さい。
これらのノードを停止する順序は重要ではありませんが、この時点でストレージプー
ル認可ノードを停止しないでください。次のセクションの手順を使ってください:
p.246 の 「1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ化されていない場
合)」 を参照してください。
3
ストレージプール認可ノードのサービスを停止してください。
p.246 の 「1 つの PureDisk ノードでの処理の停止と開始 (クラスタ化されていない場
合)」 を参照してください。
4
実行する必要がある必要な保守操作を実行します。
5
サービスを再起動します。
p.251 の 「To start services in a multinode PureDisk storage pool」 を参照してく
ださい。
To start services in a multinode PureDisk storage pool
1
マルチノードの PureDisk 環境のサービスを開始するには
p.247 の 「再ブートなしでのすべてのサービスの開始」 を参照してください。
2
ストレージプール認可ノードのサービスを開始してください。
p.247 の 「再ブートなしでのすべてのサービスの開始」 を参照してください。
3
(省略可能) クラスタをアンフリーズします。
ストレージプールがクラスタ化されている場合は、このステップを実行します。
この処理は VCS がノードにフェールオーバーできるようにします。クラスタをアンフ
リーズするには、Cluster Manager Java コンソールを使い、すべてのサービスグルー
プをアンフリーズします。
251
252
付録 D トラブルシューティング
クラスタ化されたストレージプールのネットワーク情報カード (NIC) の置換
クラスタ化されたストレージプールのネットワーク情報カー
ド (NIC) の置換
クラスタ化された PureDisk ノードは 3 つのネットワーク情報カード (NIC) を必要とします。
1 つは公開する必要があります。他の 2 つのプライベート NIC は VCS のハートビートと
クラスタ状態の監視のために内部的に使われます。インストールと冗長の量によって、公
開ネットワーキングと内部ネットワーキングのためにプライベートネットワークスイッチを使
うことを選択することがあります。再ブート後、設定がそのまま残ることを保証するため、す
べての NIC は永続的な名前を使わなければなりません。
PDOS は次の設定ファイルを通して永続的な名前付けを達成します:
/etc/udev/rules.d/30-net_persistent_names.rules
ネットワークカード ( 新しい MAC アドレス) を置換すれば、新しいデバイス名が生成され、
このファイルに追加されます。
設定内でデバイス名を更新するには
1
Java コンソールの正しい項目を参照します。
2
[編集]を選択します。
3
[更新]を選択します。
E
PureDisk での Veritas
Storage Foundation のツー
ルを使用
この付録では以下の項目について説明しています。
■
PureDisk ストレージプールの Veritas Enterprise Administrator ロールについて
■
VEA のインストールと設定について
■
PureDisk ストレージプールにおける VxVM の役割について
PureDisk ストレージプールの Veritas Enterprise
Administrator ロールについて
Veritas Enterprise Administrator (VEA) は GUI からディスクを設定し、管理すること
を可能にします。VEA は Windows システムで動作します。ストレージのパーティション
を設定するためにこのインターフェースを使うことができます。VEA について詳しくは、
PureDisk の CD に含まれているマニュアル、または次の Web サイトを参照してください:
http://sfdoccentral.symantec.com/sf/5.0/hpux/pdf/vea6x_users.pdf
VEA は各 PureDisk ノードにインストールするサーバーソフトウェアを含み、Windows ク
ライアントにインストールするクライアントソフトウェアを含んでいます。リモートで VxVM ボ
リュームを管理するために VEA の Java ベースのクライアントを使うことができます。この
Java のクライアントは複数のノードへの並列アクセスを提供します。単一のクライアントセッ
ションから、複数のノードに接続し、各ノードのオブジェクトを表示し、各ノードで管理タス
クを実行できます。
254
付録 E PureDisk での Veritas Storage Foundation のツールを使用
VEA のインストールと設定について
VEA のインストールと設定について
各 PureDisk ノードに VEA サービスをインストールしてください。クラスタ化されたストレー
ジプールがある場合、スペアノードにも VEA のサービスをインストールします。次のトピッ
クは PureDisk ノードと Windows クライアントに VEA をインストールする方法を説明しま
す。
p.254 の 「各 PureDisk ノードでの VEA のサーバーソフトウェアのインストール」 を参照し
てください。
p.255 の 「VEA クライアントソフトウェアのインストール」 を参照してください。
各 PureDisk ノードでの VEA のサーバーソフトウェアのインストール
次の手順は PureDisk ノードに VEA のサーバーソフトウェアをインストールする方法を説
明します。ストレージプールに含めたい各ノードに VEA のサーバーソフトウェアを確実に
インストールしてください。
VEA サーバーを PureDisk ノードにインストールするには
1
PDOS がノードにインストールされていることを確かめてください。
2
PureDisk Operating System のラベルが付いているディスクをノードのディスクドラ
イブに挿入します。
3
ディスクをマウントする次のコマンドを入力してください:
# mount /dev/cdrom /cdrom
4
インストールディレクトリに VEA のソフトウェアをコピーする次のコマンドを入力しま
す。
# cp /cdrom/pdextras/install_vea.sh /opt/install_vea.sh
5
CD-ROM をマウント解除する次のコマンドを入力します。
# umount /cdrom
6
High Availability 2 (これは PD-VCS-4.1MP4 です) とラベル付けされたディスクを
ノードのディスクドライブに挿入します。
7
ディスクをマウントする次のコマンドを入力してください:
# mount /dev/cdrom /cdrom
8
ソフトウェアをインストールする次のコマンドを入力してください:
# /opt/install_vea.sh
付録 E PureDisk での Veritas Storage Foundation のツールを使用
PureDisk ストレージプールにおける VxVM の役割について
9
マウントポイントを要求された場合次を入力します。
/cdrom
10 ソフトウェアがインストールされるのを待ってください。
11 ディスクをマウント解除し取り出すために次のコマンドを入力します:
# umount /cdrom
# eject
12 次の通り進みます:
■
他のノードに VEA のサーバーをインストールするには、この手順のステップ 1 に
戻り、別のノードにソフトウェアをインストールします。
■
これがストレージプールの最後のノードの場合、次のトピックに進みます:
p.255 の 「VEA クライアントソフトウェアのインストール」 を参照してください。
VEA クライアントソフトウェアのインストール
次の手順は Windows クライアントに VEA をインストールする方法を説明します。Windows
クライアントのクライアントインターフェースからディスクを設定し、管理します。1 つの
Windows のホストのみに VEA のクライアントソフトウェアをインストールしてください。
VEA のクライアントソフトウェアを Windows クライアントにインストールするには
1
Windows クライアントのディスクドライブに High Availability 1 とラベルの付いた
ディスク (PD-VCS-4.1MP3) を挿入します。
2
Windows のエクスプローラのウィンドウで、disk_drive を選択し、[WINDOWS]を
クリックします。
3
ファイル VRTSobgui.msi をクリックします。
これで、Windows クライアントの VEA を呼び出し、ストレージのパーティションを設
定するか、または修正するために VEA のソフトウェアを使うことができます。
PureDisk ストレージプールにおける VxVM の役割につ
いて
PureDisk は PDOS のインストールの間に Veritas Volume Manager (VxVM) をインス
トールします。次は PureDisk ストレージプールでの VxVM の使用についての一部の注
意です。
VxVM はより小さいサイズにボリュームを縮小することを可能にします。ただし、ボリュー
ムの新しいサイズはすでにボリュームに格納されているデータの合計サイズより小さくで
255
256
付録 E PureDisk での Veritas Storage Foundation のツールを使用
PureDisk ストレージプールにおける VxVM の役割について
きません。たとえば、2 TB のデータを保持するボリュームを、2 TB より小さいサイズに縮
小できません。可能な最も小さいサイズより小さいサイズにボリュームを縮小するために
YaST インターフェースを使うように試みれば、YaST はこの変更をコミットすることを試み
るときにエラーを発行します。
F
シングルポート通信の設定
この付録では以下の項目について説明しています。
■
シングルポート通信について
■
シングルポート通信の設定
■
(該当する場合) レプリケートポリシーでの 443 番のポートの設定
■
クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストールまたはクライアントの移動
シングルポート通信について
シングルポート通信はすべてのネットワーク通信を 1 つの TCP/IP ポートに方向付けま
す。
デフォルトで、クライアントとノード間のネットワーク通信は複数のポートで起きます。この
通信はホスト間の複数の開いているポートを必要とします。サイトでセキュリティの必要条
件によって、シングルポート通信機能を使うためにストレージプールを再設定したいこと
があります。
PureDisk は複数の環境をサポートします。ただし、シングルポート通信を使うために修
正するストレージプールは、より少ないファイアウォールポートが PureDisk サービスと
PureDisk クライアント間で開いているように要求します。この付録の章はシングルポート
機能を設定する方法を記述します
シングルポート通信機能はストレージプールのすべてのノードが FQDN で定義されるこ
とを必要とします。ホスト名か IP アドレスで定義されたストレージプールでシングルポート
通信を有効にできません。FQDN でストレージプールを定義し直すために次の手順を
使ってください。
『PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
258
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
再設定の手順の例では 2 つの PureDisk ノードと 2 つのクライアントを持つストレージ
プールを想定します。
表 F-1 はストレージプールの例を示します。
表 F-1
例の環境
エンティティ
IP アドレス
クライアント 1
IP-out1
クライアント 2
IP-in3
ファイアウォール
IP-in4、IP-out2、IP-out3、IP-out4、IP-out5、
IP-out6 など。
次のサービスをホストする PureDisk ノード 1:
IP-in1
■
CIFS インターフェース
■
コンテンツルーター 1
■
コントローラ 1
■
メタベースエンジン 1
■
メタベースサーバー
■
NetBackup エクスポートエンジン
■
ストレージプール認可
次のサービスをホストする PureDisk ノード 2:
■
コンテンツルーター 2
■
コントローラ 2
■
メタベースエンジン 2
IP-in2
この表では次の略語を使います。
■
IP-inx は、ファイアウォールの後ろにあるプライベート範囲の IP アドレスです。たとえ
ば、100.100.100.100 から 100.100.100.024 です。
■
IP-outx は、ファイアウォールの外の、インターネットのどこかの IP アドレスです。
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
シングルポート通信を設定するには
1
ストレージプールが完全修飾ドメイン名で定義されていることを確認します。
ストレージプールがホスト名または IP アドレスで定義されている場合、この機能を実
装できません。FQDN でストレージプールを定義し直す必要がある場合、次のトピッ
クを参照してください。
p.259 の 「(該当する場合) FQDN を使うための PureDisk ストレージプールの再定
義」 を参照してください。
2
現在使っているポートを分析し、ファイアウォールを設定します。
p.260 の 「DNS サーバー (DNS) とファイアウォールの設定」 を参照してください。
3
各 PureDisk サービスに FQDN を追加します。
p.262 の 「各サービスへの FQDN の追加」 を参照してください。
4
シングルポート通信を使う部門を作成します。
p.263 の 「シングルポートの設定を持つ新しい部門の作成」 を参照してください。
5
設定を編集し、シングルポート番号を指定します。
p.265 の 「設定ファイルテンプレートでのデフォルトポートとしてのポート番号 443 の
指定」 を参照してください。
6
(該当する場合) レプリケートポリシーでシングルポートを設定します。
他のストレージプールがこのストレージプールにデータをレプリケートする場合はこ
のステップを実行してください。
p.266 の 「(該当する場合) レプリケートポリシーでの 443 番のポートの設定」 を参照
してください。
7
シングルポートを使う新しい部門にクライアントを割り当てます。
p.267 の 「クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストールまたはクライアン
トの移動」 を参照してください。
(該当する場合) FQDN を使うための PureDisk ストレージプールの再定
義
ストレージプールがホスト名または IP アドレスで定義されている場合、このトピックの手順
を実行してください。
シングルポート通信機能はストレージプールのすべてのノードが FQDN で定義されるこ
とを必要とします。ホスト名か IP アドレスで定義されたストレージプールでシングルポート
通信を有効にできません。FQDN でストレージプールを定義し直すために次の手順を
使ってください。
259
260
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
PureDisk ストレージプールを FQDN で定義し直すには
1
次のマニュアルの手順を使って、FQDN を使うノードに IP アドレスかホスト名を使う
ノードを定義し直してください:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
convert_to_hostnames.sh スクリプトは名前を変換します。PureDisk ノードのう
ちのどれかが IP アドレスで定義されていればシングルポート通信を設定できませ
ん。
convert_to_hostnames.sh スクリプトを使うとき、次を注意してください:
■
PureDisk でマッピングファイルを作成するには、--build オプションを指定して
ください。
■
プロンプトが表示されたらマッピングファイルを確認してください。スクリプトはマッ
ピングファイルを作成した後、ファイルの正しさを確認するよう促します。マッピン
グファイルが正しくなければスクリプトを再び実行できます。
2
この処理の次のステップへ進む前に、バックアップ、レプリケーションと他のすべての
PureDisk 操作がストレージプールでまだ動作していることを確認してください。
3
次に進みます。
p.260 の 「DNS サーバー (DNS) とファイアウォールの設定」 を参照してください。
DNS サーバー (DNS) とファイアウォールの設定
このトピックの手順は、サイトの DNS とファイアウォールを分析し設定するために役立ち
ます。
DNS とファイアウォールを設定するには
1
DNS で、ストレージプールが使うポートを設定してください。
現時点で使用中であるインバウンドポートとアウトバウンドポートを判断するのに役立
つ、ファイアウォールのソフトウェアのマニュアルを使ってください。次のタスクを実行
してください:
■
どのサービスがファイアウォールの後ろにあるか判断してください。
■
クライアントがインターネットにあるかまたはファイアウォールの後ろにあるかどう
かに関係なく、DNS が正しい IP アドレスを解決できることを確かめてください。
例のストレージプールは次のポートを使います:
DNS 名 (FQDN の形式)
クライアント 1 (ファイアウォー クライアント 2 (ファイアウォー
ルの外)
ルの中)
PureDiskCR1.acme.com IP-out3
IP-in1
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
2
PureDiskCR2.acme.com IP-out4
IP-in2
PureDiskCTRL1.acme.com IP-out5
IP-in1
PureDiskCTRL.acme.com2 IP-out6
IP-in2
PureDiskSPA.acme.com IP-out2
IP-in1
PureDiskMBS.acme.com IP-out2
IP-in1
PureDiskDebug.acme.com IP-out7
IP-in1
IP アドレスと外部ポートを内部アドレスと内部ポートに変換するためにファイアウォー
ルを設定してください。
ポートを変換するのに役立つファイアウォールのソフトウェアのマニュアルを使ってく
ださい。
例のストレージプールでは、外部ポートの変換は次の通りです:
外部 IP
外部ポート
IP-out2
443
IP-out3
443
IP-out4
443
IP-out5
443
IP-out6
443
IP-out7
443
例のストレージプールでは、内部ポートの変換は次の通りです:
内部 IP
内部ポート
IP-in1
443
IP-in1
10082
IP-in2
10082
IP-in1
10101
IP-in2
10101
261
262
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
IP-in1
3
10087
次に進みます。
p.262 の 「各サービスへの FQDN の追加」 を参照してください。
各サービスへの FQDN の追加
次の手順は各サービスの設定情報に FQDN を追加する方法を説明します。
各サービスの FQDN の情報を追加するには
1
[Topology]タブをクリックしてください。
2
PureDisk にすべてのストレージプールのサービスが表示されるように、中央ペイン
のすべての項目を展開します。
3
サービスを選択し、FQDN の情報を追加してください。
たとえば、表示される最初のコンテンツルーターを選択し、次のステップを完了して
ください:
4
■
左ペインで、[Edit Content Router]をクリックしてください。
■
[Host Name]フィールドにこの特定のサービスのための FQDN を入力します。
このフィールドはホスト名を受け入れますが、この機能を有効にするために、この
特定のサービスの FQDN を指定します。
■
[Save]をクリックしてください。
あらゆるノードの各コンテンツルーター、メタベースエンジン、メタベースサーバー、
ストレージプール認可と NetBackup エクスポートエンジンのサービスで、ステップ 3
を繰り返します。
CIFS インターフェースまたはメタベースエンジンでこれらのステップは実行しないで
ください。CIFS インターフェースとメタベースエンジンについては、ストレージプール
認可とコントローラを更新するときに、PureDisk によって FQDN の情報がそれぞれ
自動的に更新されます。
5
ストレージプール認可ノードの convert_to_hostnames.sh のスクリプトを実行して
ください。
convert_to_hostnames.sh スクリプトについて詳しくは、次のマニュアルのストレー
ジプールの管理情報を参照してください:
『Veritas NetBackup PureDisk 管理者ガイド』を参照してください。
6
次に進みます。
p.263 の 「シングルポートの設定を持つ新しい部門の作成」 を参照してください。
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
シングルポートの設定を持つ新しい部門の作成
シングルポートのクライアントとして有効にしたいクライアントは、カスタマイズされた設定
ファイルとシングルポートの使用を専用とする部門を必要とします。このトピックの手順は
新しい部門を作成する方法とこの新しい部門にクライアントの設定ファイルのテンプレー
トを適用する方法を説明します。
PureDisk では、部門名で指定した先頭または末尾のスペースが無視されます。
メモ: 確実に新しい部門を追加してください。シングルポート機能は新しい場所を追加し
た場合働きません。
次の通りこのトピックの手順を使ってください:
■
■
新規インストールにシングルポート機能を実装するには
または
シングルポートのクライアントとして有効にしたいクライアントが異なる部門に存在する
既存のインストールにシングルポート機能を実装するには
次のタスクを実行してください:
■
新しい部門を作成してください。
p.263 の 「(該当する場合) 新しい部門の作成」 を参照してください。
■
新しい設定テンプレートを作成してください。
p.264 の 「新しい設定テンプレートの作成」 を参照してください。
■
新しい部門に新しいテンプレートを割り当ててください。
p.265 の 「新しい部門への新しい設定テンプレートの割り当て」 を参照してくださ
い。
シングルポートのクライアントとして有効にするクライアントが同じ部門に存在する場
合、既存のストレージプールのシングルポートの機能を実装するには、次のタスクを
実行してください:
■
新しい設定テンプレートを作成してください。
p.264 の 「新しい設定テンプレートの作成」 を参照してください。
■
新しい部門に新しいテンプレートを割り当ててください。
p.265 の 「新しい部門への新しい設定テンプレートの割り当て」 を参照してくださ
い。
(該当する場合) 新しい部門の作成
次の状況の下でこのトピックの手順を実行します。
■
新規インストールにシングルポート機能を実装するには
263
264
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
■
シングルポートのクライアントとして有効にしたいクライアントが異なる部門に存在する
既存のインストールにシングルポート機能を実装するには
新しい部門を作成するには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[User management]>[Departments]を展開してください。
3
[Departments]を選択してください。
4
左ペインで、[Add Department]をクリックしてください。
5
[Name]フィールドに、この新しい部門の名前を入力してください。
たとえばシングルポートの使用のためにこの部門に名前を付けたいことを想定してく
ださい。この部門を、すべて 1 ポートを介する部門 (All Through One Port
Department) を意味する[ATOP Dept]と呼ぶことができます。
6
[Add]をクリックしてください。
7
次に進みます。
p.264 の 「新しい設定テンプレートの作成」 を参照してください。
新しい設定テンプレートの作成
この手順は新しい設定テンプレートを作成する方法を説明します。
新しい設定のテンプレートを作成するには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[Configuration file templates]>[PureDisk Client Agent]を展開
してください。
3
[Default ValueSet for PureDisk Client Agent]を選択してください。
4
左ペインで、[Copy ValueSet]をクリックしてください。
5
中央ペインで、[Copy of Default ValueSet for PureDisk Client Agent]を選択し
てください。
6
左ペインで、[Edit ValueSet]をクリックしてください。
7
[ValueSet Name (new)]フィールドに、新しい名前を入力してください。
たとえば、[ATOP Template]。
8
[Save]をクリックしてください。
9
次に進みます。
p.265 の 「新しい部門への新しい設定テンプレートの割り当て」 を参照してください。
付録 F シングルポート通信の設定
シングルポート通信の設定
新しい部門への新しい設定テンプレートの割り当て
この手順は新しい部門に新しい設定テンプレートを割り当てる方法を説明します。
新しい設定のテンプレートを新しい部門に割り当てるには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[Configuration file templates]>[PureDisk Client Agent]を展開
してください。
3
次の手順で作成した新しいテンプレートを選択してください:
p.264 の 「新しい設定テンプレートの作成」 を参照してください。
たとえば、[ATOP Template]を選択してください。
4
左ペインで、[Assign Template]をクリックしてください。
5
新しい部門の名前の左側にあるフィールドをクリックしてください。
たとえば、[ATOP Dept]の左側をクリックしてください。
6
[Assign]をクリックしてください。
7
次に進みます。
p.265 の 「設定ファイルテンプレートでのデフォルトポートとしてのポート番号 443 の
指定」 を参照してください。
設定ファイルテンプレートでのデフォルトポートとしてのポート番号 443
の指定
次の手順は、PureDisk がクライアント通信のために単一の 443 番のポートを使うことを
指定するために編集する必要がある設定セクションを説明します。この機能は 443 番の
ポートのみによるシングルポート通信をサポートします。
443 番のポートを指定した後、クライアントにエージェントのソフトウェアをインストールで
きます。エージェントのソフトウェアをインストールするとき、シングルポートを使う新しく作
成された部門を指定してください。これらの新しいクライアントは新しい部門に割り当て済
みの新しい設定のテンプレートの指定を前提とします。
443 番のポートをデフォルトポートとして指定するには
1
[Configuration]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、[Configuration file templates]>[PureDisk Client Agent]を展開
してください。
3
次の手順で作成した新しいテンプレートを展開してください:
p.264 の 「新しい設定テンプレートの作成」 を参照してください。
たとえば、[ATOP Template]を展開してください。
265
266
付録 F シングルポート通信の設定
(該当する場合) レプリケートポリシーでの 443 番のポートの設定
4
[Sections]を展開してください。
5
次のオブジェクトを展開してください:
■
[contentrouter]>[port]
■
[ctrl]>[tcport]
■
[debug]>[dldport]
6
展開された[contentrouter]>[port]の下にある、[All OS: portnumber]を選択し
てください。
7
左ペインで、[Edit Config File Value]をクリックしてください。
8
[Value]フィールドに、443 を入力してください。
9
[Update]をクリックしてください。
10 [ctrl]>[tcport]と[debug]>[dldport]のために、ステップ 7 に戻ってください。
ステップ 9 を完了するまで続行してください。
これらのポート値を 443 に変更してください。
11 次のタスクの 1 つを実行してください:
■
(該当する場合) レプリケートポリシーで 443 番のポートを設定する
p.266 の 「(該当する場合) レプリケートポリシーでの 443 番のポートの設定」 を参
照してください。
■
クライアントにエージェントのソフトウェアをインストールする、またはクライアントを
移動する
p.267 の 「クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストールまたはクライ
アントの移動」 を参照してください。
(該当する場合) レプリケートポリシーでの 443 番のポー
トの設定
PureDisk 6.5 にアップグレードし、他のストレージプールにレプリケートポリシーがあるこ
とがあります。これらのポリシーは 443 番のポートを通してこのストレージプールにデータ
をプッシュする必要がある場合もあります。次の手順はそのようなポリシーを設定する方
法を説明します。
たとえば 2 つのストレージプールがあると想定してください。名前は Remote と Central
です。両方のストレージプールを PureDisk 6.5 にアップグレードし、シングルポート通信
を使うように Central を設定しました。Remote から Central にデータをレプリケートす
る場合、Remote にログインし、次の手順を実行する必要があります。
付録 F シングルポート通信の設定
クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストールまたはクライアントの移動
443 番のポートにデータを送るようにレプリケートポリシーを設定するには
1
データをレプリケートするストレージプールでストレージプール認可の Web UI にロ
グインしてください。
たとえば、Remote ストレージプールから Central ストレージプールにデータをレプ
リケートする場合、Remote ストレージプールにログインしてください。
2
[Workflows]タブをクリックしてください。
3
中央ペインで、他のストレージプールにデータを送るレプリケートポリシーを表示す
るためにツリーを展開してください。
4
レプリケートポリシーを編集するために次のステップを完了してください:
■
レプリケートポリシーを選択してください。
■
左ペインで、[Edit Replication Policy]をクリックしてください。
■
[Parameters]タブをクリックしてください。
■
[Communication Port]フィールドに 443 を入力してください。
■
[Save]をクリックしてください。
5
各レプリケートポリシーについてステップ 3 を繰り返してください。
6
次に進みます。
p.267 の 「クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストールまたはクライアン
トの移動」 を参照してください。
クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストー
ルまたはクライアントの移動
シングルポートを使う部門にクライアントを割り当てるために、次の手順の 1 つを実行して
ください。使う手順は初期インストールとアップグレードのどちらを実行したかによって異
なります。
初期インストールでのエージェントのソフトウェアのインストール
初期インストールの後でシングルポート通信を有効にする必要があれば次のステップを
実行してください。
267
268
付録 F シングルポート通信の設定
クライアントへのエージェントのソフトウェアのインストールまたはクライアントの移動
エージェントのソフトウェアをインストールし、新しい部署の名前を指定す るには
◆
各々の新しいクライアントに PureDisk エージェントのソフトウェアをインストールする
には
『Veritas NetBackup PureDisk クライアントインストールガイド』の手順を使ってくだ
さい。
ソフトウェアが部署名を求めるとき、この手順で作成した新しい部署の名前を指定し
てください。
アップグレードのための新しい部門へのクライアントの移動
アップグレードの後でシングルポート通信を有効にするには次の手順を実行してくださ
い。
クライアントを新しい部門に移動するには
1
[Data Management]タブをクリックしてください。
2
中央ペインで、移動する必要があるクライアントを表示するためにツリーを展開して
ください。
3
各クライアントを編集して新しい部門を追加するために次のステップを完了してくだ
さい:
4
■
クライアントを選択してください。
■
左ペインで、[Edit Agent]をクリックしてください。
■
シングルポート通信のために作成した部門を選択するために[Department]の
ドロップダウンリストを使ってください。
■
[Save]をクリックしてください。
新しい部門に移動する必要がある各クライアントのためにステップ 3 を繰り返します。
G
Veritas NetBackup
PureDisk: 他社製ソフトウェ
アの権利に関する通知
この付録では以下の項目について説明しています。
■
Veritas NetBackup PureDisk: 他社製ソフトウェアの権利に関する通知
Veritas NetBackup PureDisk: 他社製ソフトウェアの権
利に関する通知
AIX, IBM, PowerPC, and Tivoli are trademarks or registered trademarks of
International Business Machines Corporation in the United States, other countries,
or both.
AMD is a trademark of Advanced Micro Devices, Inc.
Intel, Itanium, Pentium, and Xeon are trademarks or registered trademarks of
Intel Corporation or its subsidiaries in the United States and other countries.
Linux is a registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other
countries.
UNIX is a registered trademark of The Open Group.
OpenLDAP is a registered trademark of the OpenLDAP Foundation.
All SPARC trademarks are used under license and are trademarks or registered
trademarks of SPARC International, Inc., in the United States and other countries.
Products bearing SPARC trademarks are based upon an architecture developed
by Sun Microsystems, Inc.
270
付録 G Veritas NetBackup PureDisk: 他社製ソフトウェアの権利に関する通知
Veritas NetBackup PureDisk: 他社製ソフトウェアの権利に関する通知
Red Hat and Enterprise Linux are registered trademarks of Red Hat, Inc., in the
United States and other countries.
Java, Sun, and Solaris are trademarks or registered trademarks of Sun
Microsystems, Inc., in the United States and other countries.
Mac OS is a trademark of Apple Inc., registered in the U.S. and other countries.
Novell and SUSE are registered trademarks of Novell, Inc., in the United States
and other countries.
Active Directory, Excel, Internet Explorer, Microsoft, Windows, Windows NT, and
Windows Server are either registered trademarks or trademarks of Microsoft
Corporation in the United States and other countries.
Firefox and Mozilla are registered trademarks of the Mozilla Foundation.
NetApp is a registered trademark of Network Appliance, Inc. in the U.S. and other
countries.
Third-party software may be recommended, distributed, embedded, or bundled
with this Symantec product. Such third-party software is licensed separately by
its copyright holder. All third-party copyrights associated with this product are
listed in the Third Party Legal Notices document, which is accessible from the
PureDisk Web UI.
索引
C
R
Could not set up swap partition エラー 244
RAID の設定 49、73
D
S
device configured in the control file does not exist
error 244
SSH の公開キー 96、98
V
J
VCS
JBOD-Onedisk インストールオプション 37
VCS 4.1 MP3 ソフトウェアのインストール 99
VCS 4.1 MP4 ソフトウェアのインストール 104
インストールの準備 86
設定 107
M
memtetst メニューオプション
PDOS 自動インストール 22
N
NIC
アドレス指定の削除 91
アドレス指定の設定 29、42、66
既存のアドレスの確認 88
クラスタ化されたストレージプールのカードの置
換 252
O
Onedisk の PDOS のインストール 38
P
Partition /Storage needs more disk space エラー 244
PDDO 173
PDOS
サーバーでの 1 回目のインストールの確認 33、57、
82
サーバーでの 1 回目の手動インストール 61
サーバーでの自動化された 1 回目のインストール 39
自動化されたインストール
JBOD-Onedisk 37
Onedisk 38
初回インストール 19
PureDisk ノード
接続 132
VEA
/Storage パーティションの作成 119
インストールと設定 253
VxVM
/Storage パーティションの作成 120
ボリュームの縮小 255
Y
YaST 117、186
YaST2 インターフェース 199
あ
アップグレード
PureDisk エージェントの手動アップグレード 196
新しいライセンスキー 183
オペレーティングシステム (PDOS) 183
現在の環境の確認 180
ストレージプールソフトウェア 189
ストレージプール認可ノードのアップグレードスクリプ
トの再開 191
ストレージプールのアップグレードの優先度付け 179
トラブルシューティング 195
必要条件と効果 178
メタベースエンジンのクリーンアップスクリプト 191
インストール
JBOD-Onedisk オプション 37
Onedisk 方式 38
PDOS のインストール 19
272
索引
アップグレード。 「アップグレード」を参照
エージェントまたは PDDO プラグインの配布 173
計画のワークシート 201
サーバーでの PDOS のインストールの確認 33、57、
82
サーバーでの PDOS の自動化されたインストール 39
サーバーでの PDOS の手動インストール 61
サーバーへの PDOS のインストール 19
ストレージプール認可 150
ストレージプール認可ノード 132
トポロジーウィザード 134
トラブルシューティング 243
ワークシートの完了 (クラスタ化されていない場
合) 173
エラーメッセージ
Could not set up swap partition 244
device configured in the control file does not
exist 244
Partition /Storage needs more disk space 244
か
外部ディレクトリサービスの認証
CIFS の設定 235
PureDisk グループの追加 211
PureDisk グループの保守 236
PureDisk との同期 232
PureDisk とのリンク 224
PureDisk の同期 236
TLS の確認 221
TLS の指定の変更 240
概要 210
基礎検索パスの修正 240
無効化 239
概要
インストール 13
確認
サーバーでの 1 回目の PDOS インストール 33、57、
82
クラスタ化
/Storage パーティション 113
NIC からのアドレス指定の削除 91
NIC のアドレス指定の確認 88
NIC の置換 252
VCS 4.1 MP3 ソフトウェアのインストール 99
VCS 4.1 MP4 ソフトウェアのインストール 104
VCS ソフトウェアの必要条件 86
Veritas Cluster Server マネージャの Java コンソー
ルのインストール 168
クラスタサーバーソフトウェアのインストール 162
サービスグループの設定 162
設定 17
設定スクリプト 161
設定の例 86
パスワードの同期 95
計画
インストールワークシート 201
高可用性
。 「クラスタ化」を参照
さ
処理
PureDisk ノードの停止と開始 (クラスタ化されていな
い場合) 246
マルチノードの PureDisk ストレージプールの停止
と開始 250
処理の停止と開始
PureDisk ノード (クラスタ化されていない場合) 246
PureDisk ノード (クラスタ化されている場合) 249
マルチノードの PureDisk ストレージプール 250
シングルポート通信 257
ストレージプール
インストールのための情報の収集 134
コンポーネントの設定 134
処理の停止と開始 250
設定 150
トポロジーウィザード 134
トラブルシューティング 246
ファイアウォールの設定 175
ストレージプール認可
インストール 150
インストールのためのノードの準備 132
ファイアウォールの設定 175
ストレージプール認可ノード
アップグレードスクリプトの再開 191
設定
インストールワークシート 201
クラスタ化 17
ストレージプール 150
た
ディスクの誤設定 244
ディスク容量問題 244
データ選択
削除のポリシー
スケジュール 234
トポロジーウィザード
インストールロール 134
索引
トラブルシューティン
PDOS インストール 243
トラブルシューティング
PDOS の 1 回目のインストール
ディスクの誤設定 244
ディスク容量問題 244
アップグレード 195
ストレージプールのインストール 246
な
認証キー 95、97
ノード
PureDisk ノードへの接続 132
は
パスワードの同期 95
ハードディスクメニューオプション
PDOS 自動インストール 22
プロセス
PureDisk ノードの停止と開始 (クラスタ化されている
場合) 249
ま
メタベースエンジンのクリーンアップスクリプト 191
わ
ワークシート
インストール 201
完了 (クラスタ化されていない場合) 173
273